シロカ ホームベーカリー。 siroca(シロカ)ホームベーカリーでお餅を作りました

ホームベーカリー│シロカ株式会社

シロカ ホームベーカリー

・作り方• ボウルに冷やご飯とお湯を入れ、水気がなくなるまで30分くらいふやかします。 ふやけたらホームベーカリーに材料をすべて入れ、パン生地コースを選択して発酵させます。 材料を入れる時には、バターと塩を離すようにしないと発酵しにくくなるので注意しましょう。 発酵した生地は、打ち粉をしたまな板などに出して8等分に分けます。 その生地をドーナツのような形に成形し、軽くラップをかけた状態で温かい場所に40分くらい置いて二次発酵させます。 二次発酵が終わったら、多めの油を熱したフライパンで片面ずつゆっくり揚げていきます。 この時に箸でくるくる回しながら揚げていくと綺麗な形になります。 揚げ上がったら、網などに乗せてしっかりと油を切りましょう。 ・材料• 米粉パン用ミックス(グルテンなし):250g• 水:220ml• 無塩バター:20g• 塩:4g• ドライイースト:3. いちごチョコ:200g ・作り方• ホームベーカリーのパンケースに水、米粉、塩、砂糖、バターの順に入れます。 ドライイーストは、米粉の中央をくぼませた中に入れてください。 材料をすべて入れたらパンケースを本体にセットし、コースは「米粉パン」、サイズは「1斤」、好みの焼き色を選んでスタートします。 ブザーが鳴ったら粉落としをして生地に混ぜ込むことによって、しっとりとした食感のパンを楽しめます。 さらに50分後にブザーが鳴ったら粗く刻んだいちごチョコを入れ、蓋をします。 焼き上がったら取り出して、粗熱を取れば完成です。

次の

ホームベーカリーが故障!?修理や買い替えを考える前に自分で部品交換をしてみる方法

シロカ ホームベーカリー

というわけで、今回の挑戦は…ホームベーカリーで朝昼晩の3食を作る!こと。 実は私、随分と前にホームベーカリー(割と高級なもの)を買ったことはあるのですが、すぐに飽きてしまって使わなくなり、果ては実家の母に譲ることになったという経験があります…。 でもでも、最近のホームベーカリーってスゴく進化していて、 パンだけじゃなく色々なお料理が作れるんですね!先日、「これは!」と思ったホームベーカリー「SHB-712」をこのたび我が家に迎えることになったんです。 我が家の新入り、sirocaのホームベーカリー「SHB-712」 「SHB-712」とその付属品。 かなり充実したレシピ集とシンプルなミトンがついてくるのがうれしいです。 対応メニュー数は全29種類! 付属のレシピ集をぱらぱら…パン以外にも麺類や乳製品、お菓子も簡単に作れるようです。 ふむふむ、これなら三食なんとかなりそう。 焼き色は「ふつう」(「うすい・ふつう・こい」の3つから選択可能)を選んで完成まで4時間ですが、家族が起きるちょっと前に焼き上がるようにタイマー設定をしておきました。 ふわふわの焼きたてパンを起きてすぐに食べられるのはやっぱり至福ですね〜!夫と子供たちにも大評判で、あっという間に完売です。 今回はsirocaオリジナルの「贅沢食パンミックス」を使用しました。 ドライイーストもセットになっていて計量がいらないので超お手軽。 炊飯器に朝のお米をセットしておくのとほとんど変わらない手間ですが、お味の方は本格的でしたよ。 パンに添えたジャムも前日にホームベーカリーで作っておいたもの。 細かく刻んだパイナップルとお砂糖、レモン汁をホームベーカリーに入れて、ジャムコースにお任せ。 お鍋でグツグツ煮込む手間もなく、1時間ほどで自家製ジャムの出来上がりです。 昼食メニュー:簡単で楽しい!風味豊かな打ち立て蕎麦 はい、昼食はざる蕎麦です!ちょっと麺が太く短くなってしまって素人感が溢れておりますが、これもかなり美味しかったです。 以前に蕎麦の手打ち体験したことがありとっても大変だった思い出があるのですが、 ホームベーカリーを使うと思いのほか簡単だしすぐにできるんだという新発見! 材料はそば粉と強力粉、お水。 ホームベーカリーのそば生地コースに仕掛けてわずか5分! ホームベーカリーから取り出した生地を麺棒で薄くのばしたら、好みの太さに切って茹でるだけ。 仕上がりの見た目は100点とはいかなかったものの、「なんだお蕎麦って余裕じゃん!」という感じです。 子供と一緒に作っても楽しそう。 夕食メニュー:家族みんな大好きパスタ作りに挑戦 生パスタって美味しいですよね。 sirocaホームベーカリーでもちゃんと作れます。 じゃじゃん。 ちょっと太め…?でもモッチモチで美味し〜!これも家族に大評判でした。 材料や計量はこれが一番多いですね。 強力粉に薄力粉、卵、オリーブオイル、水、塩です。 ホームベーカリーのうどん・パスタ生地コースでの調理時間は20分。 生地は冷蔵庫で1時間ほど寝かせてから使うので、食事の時間から逆算しての準備が必要です。 昼食のお蕎麦に比べて、パスタの生地はもちもちでくっつきやすいので均一に切るのがなかなか難しい。 なんとも不揃いな麺ができましたが、こういうのも手作りの面白さですね。 余った生地は冷蔵で2〜3日、冷凍で約1ヶ月保存OKです。 (おまけ)おやつ:ホームベーカリー大活用のパインケーキ 本日ラストの4回転目〜!夕食後にも必ずある「お腹すいたー!なんか食べたい!」という子供たちの声に備えて、できる母はケーキも焼いておいたのです。 材料を入れてあとは焼き上がりまで2時間ほど、ホームベーカリーにお任せ。 生地には朝食にも登場した自家製パインジャムを練りこみ、これまた前日にホームベーカリーで作っておいた甘めのフレッシュチーズを添えれば立派なスイーツです。 チーズやバター、ヨーグルトといった乳製品の調理は以前に持っていたホームベーカリーにはなかったメニューなのですごくうれしい! お腹いっぱい、大満足のホームベーカリーデイを終えて ホームベーカリーを一日中フル活用してみて、使い勝手に関する不満は特になし。 内釜 パンケース や羽根へのこびりつきもなく、洗うのは手間取らなかったです。 メニュー部もシンプルでわかりやすいので、操作にも迷いません。 サイズ感については別メーカーの製品と比べて特に大きいとも小さいとも感じませんでしたが、どうやら以前に持っていたものよりも高さがちょっと低かったようで置きたくても置けなかった場所にすっぽりとおさまってくれたのはラッキーでした。 我が家は気にならなかったですが、キッチンと寝室が近いお宅だと明け方の調理音についてはちょっぴり気になるのかも? さすがに連日毎食ホームベーカリーで!とはいかないですが、SHB-712は対応メニューが幅広いので思っていたよりも気軽に活用していけそうです。 本体価格もかなりお手頃なので、コスパは文句なしですね。 お次は生キャラメルに挑戦してみよーっと! 今回使用した商品:siroca(シロカ)ホームベーカリー「SHB-712」 最大2斤の食パンから、パン・ピザ・うどん・パスタ生地、もち、ケーキ、ジャム、ヨーグルトまで、29メニューをおうちで簡単に楽しめます。 15kg(パンケースを含む) ・実勢小売価格:14,800円(税別).

次の

【長期使用 口コミ・レビュー】シロカのホームベーカリー 4年目の感想を書きました

シロカ ホームベーカリー

「シロカSB-111って買って大丈夫かな?」「ホームベーカリーってどれがいいかな?」 こんな風に悩んでいる方へ、シロカSB-111を買った感想、レビューをお伝えします。 シロカ(SIROCA)のSB-111は、1万円以内で購入できて、食パン、ピザ生地、ジャムまで作れる優れもののホームベーカリーです。 結果、めっちゃいいです。 買って損なし。 いつも自炊している方でも、パンはまだまだ市販のものが主流ですよね。 でも、せっかくならパンも焼き立てを食べてみたいですよね。 正直、ホームベーカリーで焼いたパンって、超熟とかより全然うまいです。 (超熟が世界一うまいと思ってました)(超熟ファンの方ごめんなさい) ということで、購入してとても良かったホームベーカリーのシロカSB-111をレビューします。 さらに焼ける大きさの幅も1斤~2斤から選べるうえ、実際めちゃくちゃ美味しいパンが焼けましたので、コスパは良好です。 そんなシロカSB-111ホームベーカリーの特徴を深堀りしていきます。 シロカSB-111 ホームベーカリーの特徴 SB-111の特徴は下記の通り。 作り方レシピ付き• タイマー最大13時間• 1斤~2斤の食パンを作れる• 焼き色を3段階で選べる• 安心の日本製 作り方レシピ付き 説明書に、一通りのレシピがついていて安心です。 書いてある分量通りにいれてスイッチを押すだけで、パンや生地が出来上がります。 シロカSB-111ホームベーカリーで作れるレシピを下にまとめました。 「パン作ってるところ見せろよ!」って方はここは飛ばして下へ進んでください。 それでは開けます。 けっこう大きいです。 梱包は丁寧。 炊飯器と同じくらいでしょうか。 こんな感じです。 中に付属品が入っています。 付属品はシンプルにこれだけ。 計量カップ• 軽量スプーン• 生地をこねる羽• 羽がうまったときに取り出す金具 この4つ。 分かり易いです。 シロカSB-111を使って食パンを作った感想 食パンを作ってみました。 感想を一言で言うと、「普通に簡単だけど、まあまあうるさい」です。 うるさいのは対策できるので、8,000円でこれなら十分満足です。 というわけで、食パンを作る実際の流れをご紹介します。 7 g(小1弱) 上記を調合して作ればパンミックスを使うよりも少しだけ安く済むと思いますが、 初めからやると普通に失敗しそうだったのでパンミックスを用意しました。 それでは作っていきます。 1 水をいれる まず水をいれます。 今回使ったパンミックスだと、1斤分で160ml。 水の量を適当にすると大変なことになるので、ミリ単位で測ります。 2 パンミックスをいれる 水の上からドシャーっといれます。 ただいれるだけ。 3 パンミックスをなだらかにする 指でツンツンしてなだらかにして、すこし窪みを作ります。 ちなみに食パンが焼きあがるには4時間半ほどかかりますので、基本的には 寝る前にセットして、朝に出来上がっているというルーティンがおすすめです。 とはいえ、こねるときの音が結構うるさいです。 グワン、グワン、グワン、みたいな音がそれなりに大きいので、テーブルの上とかに置くとテーブルで反響(?)してぶっちゃけ目が覚める程度にはうるさいです。 マットを敷くなどして対策すれば問題ないので、それだけお気を付けください。 焼けた食パンをご紹介 あんなに簡単だったのに最高の焼き上がり具合で完成しました。 フリフリしてパンを取り出します。 これが公式の取り出し方。 ゴロンと出ます。 なまらうまそう。 早速切ります。 シロカSB-111ホームベーカリーを使うメリット というわけで、使ってみて感じたメリットは以下です。 シロカSB-111ホームベーカリーのメリット• 1万円で生活がちょっと豊かになる• ピザ生地とか餅も作れるオールラウンダー• とてもカンタンにパンを焼ける• 焼いたパンが市販のものより明らかに美味い• パンミックスを使えば1斤200円程度で毎日焼き立てパンを食べられる 朝おきたら焼き立てパンの香りがする生活。 もう市販の食パンは無理かもしれません。 Q:ホームベーカリーの食パン作りは複雑ですか? A:専用のパンミックスと水をセットするだけで超カンタンです。 こだわる方は強力粉などを混ぜても作れますが、レシピ通りにいれてセットするだけなので誰でもできます。 Q:1斤にどのくらいの時間がかかりますか? A:だいたい4時間半くらいかかります。 タイマー機能があるため、夜にセットして朝に出来上がっているようなルーティンがおすすめです。 焼き立てパンの香りで目覚める生活、最高です。 Q:食パン以外に何が作れますか? A:ピザやうどんなどの生地から、ジャム、お餅など。 様々な物を作れます。 詳しくは記事内で解説しています。 シロカSB-111ホームベーカリーは最高 ホームベーカリーを導入することで、毎日の朝ごはんがとても楽しみになります。 ピザ生地を作って焼くのもとてもカンタンです。 ぜひあなたのライフスタイルにも取り入れてみて下さい。

次の