ガーゼハンカチマスク作り方立体。 簡単!「手作りマスクの作り方」4種類をご紹介!【まとめ】~ハンカチ・手ぬぐい・キッチンペーパーで!立体的マスクも!(2020年花粉対策)

【あさイチ】「立体的手作りマスク」の作り方!手縫いで25分!(花粉&マスク対策2020)

ガーゼハンカチマスク作り方立体

真っ直ぐ縫うだけマスク 仕事や家事で忙しかったりと、手作りガーゼマスクに時間を割けない方も多いかと思います。 出来るだけ簡単に手作りガーゼマスクを作るなら、縫う工程の少ないレシピを活用しましょう。 裁断部分などのほつれてしまう部分を中に織り込む方法なら、縫う場所はゴムを通す2箇所のみ。 折り方を変えるだけで仕上がりサイズを変えることができるので、大人サイズだけでなく子供サイズにも使えるレシピです。 既製品のマスクを型紙代わりに使用する方法なら、定規やメジャーで細かい採寸をしなくてもちょうど良いサイズの手作りガーゼマスクが完成します。 使い捨てのマスクは土台にするだけではありません!間に挟んで使うことでノーズワイヤーをそのまま活かせる画期的なアイデアレシピです。 縫わない貼らないマスク 買い物だけなどのちょっとした外出時に使うなら、道具を使わず折るだけの簡単手作りガーゼマスクがおすすめ。 こちらは細長くガーゼハンカチを折りたたみ、重なり合う片方を入れ込む方法で固定するだけの手間もコツもいらない簡単マスクレシピです。 縫い合わせていないので、使ったガーゼハンカチは洗濯後にまた本来のハンカチとして使用できますよ! 子供と作れる安心マスク 手作りガーゼマスクの作り方《立体型》 フィットする大人用立体型マスク 立体型ガーゼマスクは顔の形にフィットするように立体的なデザインが特徴。 顔とマスクの隙間は少なくなりますが、口元にはほどよく空間が出来るので、マスクの息苦しさが苦手な方におすすめの形です。 こちらは材料は100均セリアのダブルガーゼとゴムのみの大人用ガーゼマスクの作り方。 手の込んだ作り方ですが、仕上がりは本格的且つ機能的なガーゼマスクになります。 こちらは100均セリアのサイトから無料ダウンロードできる、子供用立体型ガーゼマスクの型紙を使用。 縫う箇所もわかりやすく、簡単で優しいレシピですね。 1枚型紙を印刷しておけば何枚もガーゼマスクを作れるので、洗い替え用を作っておくと毎日清潔なガーゼマスクを使用できます。 手縫いでのレシピは作業スペースがゆっくりなので、裁縫初心者にもおすすめです。 ミシンならもっとスピーディーに仕上がります。 男性や通常サイズのガーゼマスクより広範囲をカバーしたい方におすすめの作り方です。 ノーズワイヤーは使い捨てマスクのものを再利用しています。 サイズが大きくなっても、材料は基本的な作り方は普通サイズと同じです、自分の顔にジャストフィットするサイズに出来るのも手作りの良さですね! 市販マスクにそっくり手作りマスク ハンドメイド感たっぷりのガーゼマスクは、男性や職場用としては少し抵抗がありますよね。 それなら市販のマスクにそっくりな白色のプリーツ入りガーゼマスクを手作りしましょう。 見た目は本格的ですが、材料は100均ダイソーのガーゼハンカチとマスクゴムのみのプチプラレシピ。 プリーツ入りガーマスクはミシン必須のイメージがありますが、柔らかいガーゼ素材なら手縫いでもOKです。 フィルターを入れられるマスク プリーツ型の手作りガーゼマスクにさらにひと工夫すれば、ポケット付きのガーゼマスクも手作りできます。 フィルターとなるガーゼや不織布を入れることが可能なので、手作りでも心強いガーゼマスクが完成します。 顔とマスクの密着度を高めるノーズワイヤーは、ラッピングなどで使うワイヤータイで代用。 身近にある物を材料にしたナイスアイデアな作り方ですね! 針不要の縫わないマスク 一見難しそうに見えるプリーツ柄のガーゼマスクですが、布用接着剤で貼るだけのレシピならミシンや針も不要です。 こちらは材料のガーゼの代わりに、救急時などに使う三角巾を使ったアイデアレシピ。 アイロンでしっかり折り目をつけならが布用接着剤でくっつけるだけの簡単な作り方で、市販のマスクのような出来栄えのガーゼマスクが完成します。 手作りガーゼマスクの簡単レシピまとめ 手作りガーゼマスクのレシピは、ミシンや針で縫う方法だけでなく、折るだけの簡単な手作り方法もあります。 材料が揃わない場合は、家にあるものや代用品でOK。 また使い捨てマスクを再利用する方法もおすすめです! 手作りガーゼマスクは洗って繰り返し使えるのでコスパも良く、環境にも優しいエコなアイテムですね。

次の

簡単!「手作りマスクの作り方」4種類をご紹介!【まとめ】~ハンカチ・手ぬぐい・キッチンペーパーで!立体的マスクも!(2020年花粉対策)

ガーゼハンカチマスク作り方立体

生地に折り目を付けたり、縫い終わったマスクの形を整えるのにアイロンを使用します。 また、縫い始める前の 水通しという作業にもアイロンを使用します。 ダブルガーゼは縮みやすい生地なので、そのまま縫って洗濯をすると生地が縮んで歪んでしまう事があります。 そうならないために、生地を切る前にあらかじめ水に浸して生地のゆがみを直しておく必要があります。 水通しのやり方は、まずは生地を畳んだまま20~30分くらい水に浸しておきます。 そのあと水が滴らなくなる程度まで脱水をして、広げて干します。 まだ少し濡れていると感じるくらいの時に、生地を整えながらアイロンをかければ水通しは完了です。 スチームは使わないので、スチーム機能のないアイロンでも大丈夫です。 まずは表布から縫っていきます。 布の表を内側に合わせた中表の状態で一番大きなカーブを縫っていきます。 裏布も同様に縫い合わせます。 縫い終わったら縫い代をアイロンで割って開いておくとこの後の作業がやりやすくなりますよ。 表布と裏布を上下を間違わないように合わせます。 初めに縫った縫い代がピッタリ合うようにして、表布の表と裏布の表を合わせ、まち針で留めます。 次にマスクの上と下を縫っていきます。 縫い終わったら左右の開いているところから布をひっくり返し形を整えます。 上下にコバステッチをかけます。 コバステッチには洗濯をしたときに表布と裏布がずれないようにする効果もあります。 両脇を三つ折りにして縫います。 これがマスクゴム通しになります。 縫い代は5mm~8mmくらいです。 同じように裏布も縫っていきます。 表布と裏布が中表になるように合わせ、まち針で留めます。 この時先に縫った縫い代がピッタリ合うように先にまち針で留め、、そのあと両端を留めるとずれにくくなります。 しっかり合わせたら上下を縫っていきます。 開いているところから布を表に返し、形を整えます。 整えたら両端を内側に1cm折り込み、裏布側に1cm折り待ち針で留めます。 これがゴムが通る部分になります。 折ったところをゴムが通るスペースが残るように縫い合わせます。 そんな時は ガーゼ生地を100均で揃えてみてはいかがでしょうか。 白の無地のガーゼで作ったマスクは清潔感も感じられます。 普段使いに何枚あっても重宝しますよね。 ガーゼハンカチも 型紙が収まるサイズであればマスクを作ることができますよ。 無地のマスクに味気無さを感じている方はこんなガーゼハンカチを使ってマスクを作ってみてはいかがでしょうか。

次の

簡単!「手作りマスクの作り方」4種類をご紹介!【まとめ】~ハンカチ・手ぬぐい・キッチンペーパーで!立体的マスクも!(2020年花粉対策)

ガーゼハンカチマスク作り方立体

フィルター等を入れられるように、立体布マスクの内側にポケットを付ける方法を解説します。 これは、のアレンジです。 型紙は、のページからダウンロードしてください。 完成写真 と 解説 まずは完成写真を見て出来上がりのイメージをつかんでください。 外側から見ると普通の立体布マスクです。 内側にフィルターなどを入れられるポケットが付いています。 マスクの形にフィルターなどをカットして、 入れることができます。 左右どちら側からも入れられます。 鼻やアゴの部分までカバーしたい場合は、真ん中を11cmぐらいにしてみてください。 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター を入れることも出来ます。 ノーズフィッターを入れても、ポケットにフィルターが入ります。 フィルターポケット付きのマスクは、「表地」「裏地」「ポケット布」「ポケットに入れたフィルター」の4枚重なります。 なので、使用する生地はダブルガーゼなど 通気性のいい生地がおすすめです。 通気性のよくない生地ですとかなり息苦しくなります。 私が使った材料の詳細 表地は、です。 裏地は生成りのダブルガーゼ、ポケットは、薄紫色のダブルガーゼです。 マスクゴムも薄紫色です。 作り方 アレンジの仕方 大人用のマスクで説明しますが、子供用も同じです。 マスクを使う人によって顔の大きさ・形・好みがかなり違うため、まずは 試作品を1つ作ってサイズを確認し、小さすぎたら型紙の周囲をプラス0. 5cm~プラス1. 5cmしてみてください。 サイズを確認せずにたくさんのマスクを作ると布がムダになることがあります。 表地と裏地を作る 《1》まずは、の工程【1】~【5】まで作ってください。 (では工程【1】~【44】です)すると、表地と裏地が出来上がります。 ポケット布を切る 《2》表地と裏地を作るときに使った型紙の端を2. 5cmカットした型紙 型紙の左側の縦点線の位置でカット で、ポケット用の布を左右対称に1枚ずつ切ります。 「鼻側」の位置にしるしを付けておくと後々布を合わせるときにわかりやすいです。 5cmカット 型紙の左側の縦点線の位置でカット です。 型紙を拡大した場合も2. 5cmカット 型紙の左側の縦点線より少し右です してください。 ポケット布を縫い合わせる このポケット布も、表地と裏地と同じように縫い合わせます。 詳しくは、の工程【2】~【5】をご覧ください。 (では工程【11】~【44】です) 《3》簡単に説明しますと、中表に合わせて赤線を縫い代1cmで縫って、縫い代を5mm残して切り落とし、ミシン線に垂直に切り込み 緑線 を入れます。 (ミシン線を切らないように注意してください。 ) 《4》縫い代を片側に倒します。 どちら側に倒してもOKです。 《5》【省略OK】縫い代の上を縫います。 これで、ポケット布を、の工程【2】~【5】まで作り終えました。 (では工程【11】~【44】です) 《6》すると、このように表地・裏地・ポケット布の3つが出来上がったことになります。 ポケット布の両端を縫う 《7》ポケット布の端を5mm裏側に折り、 《8》そのままさらに1cm折ります。 これで、三つ折りになりました。 《9》反対側も同じように折ります。 すると両端が三つ折りになります。 《10》この三つ折り部分を、赤線を縫ってとめます。 布を重ねる 《11》裏地の表が見えるように置いた上に、ポケット布の表が見えるように置きます。 つまり、裏地の表とポケット布の裏がくっつくように置くということです。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 《12》その上にさらに表地の裏が見えるように置きます。 鼻とアゴの位置もそれぞれ合わせてください。 最後まで作る ここからは、の工程【7】~【14】と同じですので、詳しくはそちらをご覧ください。 (では工程【48】~【76】です) 《13》簡単に説明しますと、赤線を縫い代1cmで縫ってから、縫い代を5mm残して切り落とします。 そして、ミシン線に垂直に切り込みを入れます 緑線。 《14》表に返します。 この時、表地の表とポケット布の表が見えるようになっているか確認してください。 《15》アイロンなどをかけて形を整えます。 表地側に折ると見た目はあまりよくありませんが、肌当たりも良く、密閉度も上がります。 《17》さらに、1. 5cm折ってください。 《18》赤線を縫います。 この時、ポケット布を一緒に縫ってしまわないように注意してください。 《19》反対側も同じように縫って、マスクゴムを入れます。 簡単に説明してしまいましたが、詳しくは、の工程【7】~【14】を見てください。 (では工程【48】~【76】です) ノーズフィッターの入れ方 鼻の部分にワイヤー ノーズフィッター については、でも解説していますので、まずはそちらをご覧ください。 このポケット付きマスクの場合は、出来上がってからもノーズフィッターを入れられるので、ここではその方法を簡単に解説します。 《20》使い捨てマスクなどから取ったワイヤーを用意します。 《21》ポケットと裏地の間の鼻部分にワイヤーを入れます。 写真では見えませんが、赤線部分にワイヤーが入っています。 《22》ワイヤーを囲むように縫います。 これで出来上がりです。 お疲れさまでした。

次の