着圧レギンス 昼用。 【着圧レギンス 人気ランキング3選】おすすめは?効果やステマの真偽を比較検証

着圧レギンスは寝るときに使っていいの?商品選びや利用ポイントを解説

着圧レギンス 昼用

着圧レギンスや着圧ソックスは昼に履くと「着やせ・ヒップアップ・浮腫み」などのサポートをしてくれますが、寝るときに履いてもいいか少し不安ですよね。 特に 「 履いてどんな効果があるかしりたい!」 「 余計に浮腫んだり副作用がでない?」 と思っている方は多いのではないでしょうか。 実は寝るときに履くレギンスには 「履いて良い効果のあるレギンス」と「履くと副作用のリスクがあるレギンス」に分かれます。 そこで今回は、おすすめを紹介する前に簡単にメリットとデメリットを解説していきます。 ランキングを先に見たいという方は下記のボタンから見ることができます。 着圧レギンス・ソックス寝るときに履いてもいいのは? 結論からいうと、 スタイルアップを狙う昼用の着圧レギンスは寝るときに使用するとデメリットが多いので、おすすめできません。 しかし、 夜用の着圧レギンスは寝るときに履いても問題が生じにくいよう設計されており、副作用を感じることは少ないです。 それだけでなく、 夜用は上手に履くことで様々な効果を期待することができ、浮腫みのないスッキリとした美脚へとサポートしてくれます。 下記で「寝るときに昼用を使用するデメリット」と「寝るときに夜用を使用するメリット」まとめてみました。 【昼用】着圧レギンス寝るときに履くデメリット 1. 着圧が強いと睡眠の質が落ちる 寝るときには交感神経よりも副交感神経が優位に立つことで、良質な睡眠をとることができます。 ですがその時、体に強い着圧がかかっていると交感神経が刺激されてしまい睡眠の質が落ちてしまいます。 次の日に疲れが取れない、しっかり寝たのに眠いといった原因となる可能性があるので、注意しましょう。 浮腫みや足の疲れがとれない 昼用は着圧が強く活動中には血流をサポートしたり、運動効果をUPする役割があります。 ただ、昼用レギンス・スパッツを寝るときに使用してしまうと、浮腫みの原因となっている 毒素が足に停滞してしまい改善どころかより悪化してしまう可能性があります。 長時間の着用で様々な副作用がでる 着圧が40mmHgを超えるレギンスやソックスを長時間着用したり、重ねて使用してしまうと• しびれ• 皮膚発赤• 神経麻痺• 血流障害 といった副作用が出てしまうことがあります。 このように、 寝るときに昼用を使用するのはデメリットだらけとなっているので、できるだけ寝るときには夜用の着圧レギンスまたはスパッツを着用するようにしましょう。 【夜用】着圧レギンス寝るときに履くメリット 1. 浮腫みや疲れをとる 夜用の着圧レギンスは 適度な圧力をかけることで、足のポンプ機能を強くする役割があります。 また、あまり使わない筋肉にもアプローチし、 溜まった疲れの緩和をサポート。 毎日使用することで少しずつスッキリとした美脚に導きます。 特に、デスクワークや運動不足の方は効果を感じやすい傾向にあります。 代謝UPが期待できる 着圧レギンスは肌へ密着し吸熱効果が高い物が多いので、足がポカポカしやすい特性をもっています。 厚生労働省からも 体温が1度上がると代謝が13%上昇することが挙げられているので、寝ている間に消費カロリーUPを期待できます。 冷え性の対策になる 血流と吸温のWサポートで足の先まで温まりやすく、冷え性の対策にも最適です。 防寒着として重宝する方も多く、冬には底冷えを防ぐ助っ人となってくれます。 夜用(寝るとき)に最適な着圧レギンスの選び方 1. 着圧が強すぎないものを選ぶ 10mmHg~20mmHgが夜用として適切な着圧です。 それ以上となるとスタイルアップや医療用の着圧となってしまい寝ている間に着用すると様々なデメリットがあります。 夜用として設計されている着圧レギンス・ソックスを選ぶようにしましょう。 通気性が良くつま先が開いている 寝ている間に、放熱ができないと体が熱くなりすぎ睡眠の妨げになります。 また つま先が開いていないと、爪に圧力がかかり続け巻き爪の原因となってしまいます。 目的に合わせてタイプを選ぶ ショート・ロング・スパッツで以上のように役割が違います。 自分の目的に合ったタイプを選択することで、狙った効果を得やすくなります。 夜用(寝るとき)に最適な着圧レギンスおすすめランキング5選 おすすめポイント• 着圧が5点で変わる独自の裁縫方法• 1足1700円とコスパが高い• リブが太いので、朝までずれない• ゲルマニウム入りでポカポカ• ピンク・パープル・ホワイトの3色展開• ゴムのようなエラスタン繊維で伸縮性抜群 スラリスリムはロングタイプの着圧ソックスで、夜用として設計されているので全体的に優しい着圧があります。 着圧がふくらはぎ足首など部位の太さに合わせ、 5点で着圧が変化するように特殊裁縫されており、適切にツボやリンパを刺激し、寝ている間に浮腫み改善をサポートします。 主用素材はゴムのような伸縮性があるエラスタン繊維を採用しているので、寝るときに不快感がなく、 履き口には太めのリブがあるので、朝までズレにくい特徴があります。 色も 「ピンク・パープル・ホワイト」の3色と部屋着にあわせて選ぶことができるのも嬉しいポイントです。 なにより、 1枚1,750円ととても良心的な価格で、洗い替えとして3枚購入しても4,800円とリーズナブルです。 おすすめポイント• 特殊裁縫技術で的確にツボを刺激• 抜群の伸縮性で睡眠の邪魔にならない• ひんやり冷感素材で夏でも快適• シルクのような優しい肌触り• 銀イオンで除菌・消臭 メディソックスナイトは雑誌やメディアなどでも掲載されている人気商品で、機能性に優れたソックスとなっています。 特殊裁縫で脚全体のツボに着圧がかかるよう設計されており、 老廃物を排出し凸凹の解消をサポートします。 また、繊維にはゲルマニウムが配合されているので、 遠赤外線の効果でポカポカと暖かく代謝をUP。 銀イオンの力で、嫌な臭いもカットしてくれるので、長時間の安心して使用することができます。 伸縮性も抜群で寝るときの邪魔にならず、 シルクのような肌触りなので心地よく眠れます。 ただ、価格が1着3980円と少し高いので、洗い替えも購入するとなると割高になってしまいます。 おすすめポイント• シェアNo1の定番の着圧ソックス• 幅広いリブで寝ている間にずれにくい• 3点で着圧を調整• 伸縮性が高く睡眠を阻害しにくい• 2サイズありフィットしやすい 夜用着圧レギンスとして定番のメディキュットのロングタイプ。 ほどよい着圧が女性から指示され続けているメーカーです。 インレイ糸が使用されているので、伸縮性が抜群で睡眠の阻害されず、心地よく眠ることができます。 寝るときに捲れ上がりやすい 履き口には、リブが採用されており、朝までズレずに均一に着圧を与えてくれます。 ロングセラーのソックスなので品質一定の保証があり、口コミでも評価が高いので、安心して着用することができます。

次の

着圧ソックスの正しい履き方は?長時間着用OK?着圧ソックスのトラブルについても徹底検証!

着圧レギンス 昼用

日中に溜まった脚の疲れやむくみに働きかけ、翌朝の脚をスッキリさせる「夜用着圧ソックス」。 ドクターショールやスリムウォークなどによる定番商品に加え、最近ではリラックス効果のある5本指タイプや、ひんやり涼しい夏用素材の夜用着圧ソックスも多数登場しています。 今回は、 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位の夜用着圧ソックス9商品を全て集めて比較・検証し、おすすめの夜用着圧ソックスBEST9を決定したいと思います! mybest編集部が全ての商品を実際に使用し、以下の2つの視点から比較・検証を行いました。 翌朝のスッキリ感• 検証の結果、 数値上および体感での圧の強さと翌朝の脚のスッキリ感は必ずしも比例しないことがわかりました。 例えば、数値で比べるとニーズの「寝ながら美脚シルク混ソックス」はふくらはぎ部分の圧力が22. 4、 ダッコの「ホットキュット」は15ですが、数値の大きいニーズの商品の方が劇的に脚が軽くなるという わけではありませんでした。 また、「メディキュット」シリーズのレギュラーロングタイプとライトタイプでは、 体感の締め付け感は違うものの、翌朝のスッキリ感に大差はありません。 違いが感じられたのは、「 付加機能がある商品は脚のだるさが取れやすい」という点です。 足指セパレート機能付きの「スリムウォーク クイックリセット」や遠赤外線素材採用の「ホットキュット」を履いた翌朝には、脚の疲れがすっきりと取れ、快適に目覚めることができました! 1位に輝いたのは、オオサキメディカルの「dacco ホットキュット」でした! 妊婦さんのむくみを解消するために開発された一般医療機器だけに、たしかな実力が感じられました。 まず印象的なのは、 びっくりするほど滑らかな肌触り!柔らかくつるつるした生地で、ずっと触っていたくなるほどです。 履いた時の締め付け感は強くないものの、物足りなさを感じるわけではありません。 翌朝は脚のラインが全体的にすっきりとして、特に膝が小さくなります。 遠赤外線効果のある素材を使っていますが、 暑苦しさはないので、通年で活用できそうです。 ドラッグストアの店頭ではあまり見かけることのない商品ですが、オンラインで購入する価値はある、おすすめの逸品です!.

次の

着圧ソックスの正しい履き方は?長時間着用OK?着圧ソックスのトラブルについても徹底検証!

着圧レギンス 昼用

こんにちは、カナリです。 私は着圧レギンスは夜よりも断然日中履く派。 着圧レギンスを日中はくと、夕方になっても朝一の細い脚をキープしたまま過ごせてパンパンの脚にならずに済むので、安心感があるんですよね。 でも、着圧レギンスを昼間履くとなると、見た目が気になってしまう…という人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、日中外出するときにも履ける、普段使いにおすすめの着圧レギンスをランキング形式でご紹介していきたいと思います。 実際に履いてみた着圧レギンスの中から厳選していますので、• 服装を気にせず普段着でも履ける昼用の着圧レギンスが欲しい• 日中の間ずっと細い脚をキープしたい というあなたには参考にしてみてくださいね。 それでは行ってみましょう!• シンプルなデザインか?• 伸縮性があって動きやすいか?• 圧力の強さは適切か?• 耐久性があるか?• 無理のない価格か? ひとつひとつ詳しく見ていきましょう! シンプルなデザイン 日中に外出するときに履く着圧レギンスは、 どんな服装に出も合わせやすい、シンプルなデザインのものがいいですね。 着圧レギンスのカラーはほとんどが黒ですが、細かいデザインは多少異なります。 着圧レギンスの種類によっては加圧のリブ模様が入っているものもありますが、これは日中のお出かけにはあまりお勧めできません。 リブ模様があるといかにも着圧レギンス履いてます!となっちゃいますし、見栄えもあまり良くないですよね? リブ模様ありでもパンツの下にはく分には問題ないですが、 模様のないシンプルな着圧レギンスならスカートでもパンツスタイルでもどちらでも使えて便利ですよ。 伸縮性があるか? 日中の外出時に履くなら、 伸縮性に優れていて動きやすいことも重要ポイントですね。 生地が固めであまり伸びないと動きづらく、履き心地も不快に感じてしまいます。 履き心地が良くないと、履くのが億劫になって結局使わなくなってしまった…なんてことになりかねません。 なので、昼間のお出かけにはく着圧レギンスは、動いても不快感がなく伸びがいいものがおすすめですよ。 圧力の強さは適切か? これは昼用・夜用に限らず言えることではありますが、 圧力の強さが脚に合っているか?はとても重要です。 圧力が弱いと引き締め効果を実感できませんし、逆に圧力が強くてきつい感じるものも脚に合っていないのでよくありません。 ですが、どれくらいの圧力が適切か?は個人差があります。 弱めの方が効果を感じるという人もいますし、圧力強めの方が脚がスッキリしていいという人もいますよね? もし自分に合うものがわからない…という場合は、 圧力が中程度の着圧レギンスを1着試してみるのがおすすめです。 圧力が強すぎず弱すぎない中程度のものなら、 失敗が少ないからです。 圧力の一番強い部分が20hpa前後のものが中程度なので、これくらいの数値を目安に実際に履いてみてましょう。 耐久性があるかは、実際に使ってみないと分からない部分もありますが、 日本製が安心です。 海外製でも耐久性が優れているものもあるので一概には言えませんが、比較するとやはり日本製は品質が高いです。 迷ったら日本製の着圧レギンスを選ぶと間違いが少なくて済みます。 無理のない価格 価格が高すぎる着圧レギンスは、機能性が優れていたとしても継続して使うのは難しいですよね? その逆に、安すぎるのも低品質な場合が多いのでおすすめできません。 着圧レギンスの一般的な価格は2,000円~4000円程度なので、この価格帯を目安に選ぶとよいでしょう。 普段使いできるおすすめ昼用着圧レギンスランキング 繰り返しますが、お出かけに使う昼用着圧レギンスは、• ここからは、この5つのポイントを踏まえたおすすめの着圧レギンスランキングをご紹介していきたいと思います。 第1位 プレミアムスリムスキニーレギンス 昼間履くイチオシの着圧レギンスが、プレミアムスリムスキニーレギンス(旧商品名:プロフェッショナルスレンダーメイクレギンス)です。 シンプルでプレーンな黒のレギンス• 伸縮性あり• 中程度の適度な加圧• 丈夫な安心の日本製• 購入しやすい価格 と、 普段使いできる着圧レギンスの5つのポイントすべてを満たしているので、これを選べば間違いなし!のナンバーワン商品です。 ワンサイズですが伸縮性があるので、体形を選ばず履けます。 昼夜兼用なので、寝るときにも履けて便利ですよ。 総合評価 伸縮性 耐久性 圧力の強さ 6段階着圧(足首20hpa、ふくらはぎ下17. 3hpa、ふくらはぎ上14. 7hpa、太もも下8. 2hpa、太もも上11. ギュギュレギンスは、 4番目におすすめなのが、スリムウォークの美脚レギンス。 スリムウォークは、 中程度の程よい圧力で価格もリーズナブルなので、コスパ重視のひとにおすすめです。 今回ご紹介した着圧レギンスの中では一番 圧力が弱めなので、初心者さん向きの商品です。 比較的丈が長めで、身長の高い人でも履けますよ。 総合評価 伸縮性 耐久性 圧力の強さ 価格 2,980円(税込) サイズ フリー(M~L) 日中でもOKの昼用着圧レギンスまとめ 今回は、日中出かけるとき・普段使いできる昼用のおすすめ着圧レギンスと購入時のポイントをご紹介しました。 着圧レギンスは数多くありますが、.

次の