お 花見 禁止。 和歌山城の花見宴会を「禁止」 和歌山市長「静かに…」

一部の公園が「封鎖」に 3連休に花見をした人たちに聞いた理由

お 花見 禁止

新宿御苑のお花見でお酒を飲むのは禁止なのかどうかを説明しています。 まず、 新宿御苑での禁止事項を8つ紹介しています。 また、新宿御苑で夜桜見物はできないのかどうかや、お花見のお弁当のおすすめも紹介しています。 最後に、お花見の後にデートするならどこがおすすめなのか3つのレストランを紹介しています。 スポンサーリンク 新宿御苑のお花見でお酒を飲むのは禁止なの? 基本的に新宿御苑では、 小さい子供さんから、お年寄りの方まで、いろんな方たちに安心して利用してしてもらうことを目標として、 飲酒、お酒の持ち込みもしくは、 遊び道具を用いることにつきましてはお控え頂いております。 とのことだそうです。 それから、お酒類の園内持ち込みを厳禁としているために、利用者の 手荷物を確かめさせて頂く場合もあるようです。 また、飲酒、アルコールの持ち込み以外にも以下の 8つの禁止事項があるそうです。 お花見み以外でも新宿御苑に行くときは、しっかり理解しておきたいですね。 新宿御苑での8つの禁止事項• 飲酒、アルコール類の持ち込み• 指定場所以外での喫煙• ボールやフリスビー、バドミントンなどの遊具の使用• ランタン等火気の持ち込み• 楽器やラジカセ等の使用• イスやテーブル等の使用• ペットの持ち込み• 動植物の採取・持ち込みおよび餌やり 新宿御苑で夜桜見物はできないの? 新宿御苑の営業時間は 朝9時~16時までが入園可能時間と決められているため、夜に入場するということがが許されていないそうです。 ちなみに閉園は16時半のようです。 お花見のお弁当のおすすめは? 新宿御苑は、大都市新宿にありますので、超有名な 高級百貨店がひしめき合っています。 ですから、わざわざ手作り弁当を持っていくようなことはしなくても大丈夫です。 また、お花見の時期ともなれば、各百貨店食品販売コーナーでは「 お花見弁当」を陳列していますので、お好みのお弁当を新宿周辺にある百貨店で購入される事をオススメします。 お花見の後にデートするなら新宿御苑は最適! お花見デートを考慮しているようならば、新宿御苑は最適なデートスポットです。 その理由は2つあります。 まず1つめの理由は、 アクセスのしやすさです。 都内の新宿からほど近い職場で勤務されている場合は、時間の無いカップルでも時間を作って短時間でデート楽しむことが可能です。 2つめの理由は、 お洒落な身だしなみでお花見ができるところです。 公園内のいろんなところに桜の樹があるわけですから散策しながらお花見を楽しむことができます。 ベンチもいっぱいありますので お弁当はベンチに座って食することが出来ますので例えスカートであろうとも心配はいりません。 やはり、カップルでしたいと思う事と言うとピクニックですね。 けれどもお料理が得意ではない人や、荷物がかさばるのも嫌ですよね。 しかし、そういったことを気にする必要はないです。 行く途中にある「 伊勢丹新宿店」のデパ地下でほんの少し贅沢なお弁当や食材を購入してそのまま新宿御苑でピクニックが可能なんです。 スポンサーリンク 新宿御苑の近くの人気のレストランは? お弁当も確かに良いですが、やはり新宿までせっかく足を運んだので、オシャレなレストランで食事を楽しむのも良いですよね。 なので、おすすめのレストランを3つ紹介しています。 カフェ ラ・ボエム 新宿御苑でイタリアンを楽しむ! まず、新宿御苑に面したエレガントなイタリアンのお店です。 天井が高く大きな店内と、その開放感で一面ガラス張りとなった大きな窓から差し込む陽射しとすぐそこに広がる御苑の緑。 本当に居心地が素晴らしく、時間が過ぎゆくのも忘れ思わず長居してしまうような雰囲気です。

次の

「花見の宴会禁止」の上野公園を歩くと...ベンチの陰でこそこそと。そうまでして飲みたいか!: J

お 花見 禁止

都によると、対象となるのは井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)や代々木公園(渋谷区)など計82公園。 上野公園では昨シーズン、外国人観光客らを含めて約360万人が花見を楽しんだが、都は「多くの人が密集して飲食をともにする宴会は、感染リスクが高いと判断した」としている。 「花見酒自粛」の要請に、観光関係者などの間では動揺が広がっている。 上野公園の近くにあり、花見シーズンには訪日外国人の団体客などで満室状態が続く「きぬやホテル」。 中国人などの宿泊客が激減している今年は、従業員の勤務時間を削減して経費を抑え、何とかやり繰りしてきた。 平井祐子支配人は経営へのさらなる影響を懸念し、「屋外で行われる花見まで自粛の必要があるのだろうか」とため息交じりに語った。 感染拡大で、東京国立博物館や上野動物園といった施設は軒並み休館や休園している。 同公園は4日も閑散とした状態で、公園内の飲食店に勤める30歳代男性は「書き入れ時なのに、まさか花見まで自粛とは……」と落胆。 月末に同公園で100人規模の花見イベントを企画していた都内のある企業の担当者は、都の自粛要請に「開催は無理だろう」と残念がった。 毎年、井の頭公園で花見を楽しんでいるという近くの男性(76)は「井の頭池沿いに桜が咲き誇る様子を多くの人に見てもらいたいが、感染防止を考えれば、自粛は仕方ないのかな」と理解を示した。 一方、公園近くのコンビニ店の男性副店長は、「酒類やスナック菓子、レジャーシートなど、花見の時期は普段の倍くらいの売り上げがある。 稼ぎ時なので、自粛要請は残念だ」とショックを隠しきれない様子だった。 関連催し中止相次ぐ 都内各地では、花見の時期に開かれるイベントの中止が相次いでいる。 墨田区は、例年3月下旬~4月上旬に開かれ、約20万人の花見客を集める「墨堤さくらまつり」を今年は実施しない。 区観光協会によると、区立隅田公園周辺から桜橋まで隅田川沿いに約300本の桜が咲き、ちょうちんやライトアップされた夜桜の下で宴会などが行われるという。 同協会の担当者は「非常に残念だが、来場者の安全を考えると仕方がない」と話した。 目黒区は4日、花見の時期の目黒川沿いでの飲食物販売を自粛するよう求める方針を決めた。 川沿いでは例年多くの花見客が訪れ、約150か所で料理や飲み物が提供されている。

次の

花見

お 花見 禁止

(以下、新型コロナ)の東京都内の感染者数が急増している。 3月25日、小池百合子都知事は緊急の記者会見を開き、現在の都内の状況を「感染爆発の重大局面」と発表。 週末の不要不急な外出を控えるように呼びかけた。 そして27日、東京都は都立公園などでの全面自粛を求め、週末を前に桜の名所として知られる上野公園、代々木公園、井の頭公園では、ロープやテープを張って一部が通行止めに。 先週の3連休は、ちょうど東京の桜が見頃を迎え、花見に出かけた人も多くいた。 実際に上野公園で花見をする人たちに、足を運んだ理由を取材した。 新型コロナさえ流行しなければ昨年同様、宴会が催されただろう。 しかし、花見スペースにはロープが張られて「宴席禁止」の看板が並び、園内では「宴会等の行為はお控えいただきますよう、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします」というアナウンスが流れていた。 酒やつまみを片手に園内を散策しながら桜を楽しむ人々に話を聞いた。 朝5時から場所取りをして、10年以上も続けている会なので、中止するのは忍びなくて今日は参加できる5人だけ集まりました。 このあと『居酒屋に移動しようか』なんて言っていたけど、飲食店で密集してお酒を飲むほうが危なそうですよね」(男性・会社員・30代) 「大人数が密室に集まるのは抵抗があるけど、歩きながらならいいかなと思って、同僚とふたりで来ました。 毎年、会社全体で花見の席が設けられていたんですけど、今年はさすがに中止になりました。 残念ですけど仕方ないですよね」(男性・会社員・30代) 「自分は大丈夫だろうという妙な自信があるかも」 「あまりナーバスになりすぎても、なんだか気落ちしてしまって……。 せっかく天気もいいし、少人数で外に出るくらいなら大丈夫かな、と思って友人と3人で来ました。 平日は時差出勤も在宅勤務もできなくて、仕方なく毎朝満員電車の密閉空間にすし詰め状態で出勤してるのに、休日の花見は自粛しろって言われたら、さすがにイラッとしますよ」(女性・保育士・20代) 「公園は屋外だし、個人的にそれほど気にしていないのが正直なところですね。 シートを広げて桜を楽しむグループ 立ち花見、歩き花見客よりも数は少ないものの、シートを広げて桜を楽しむグループもちらほら。 感染のリスクを上げるといわれる「人の密集」と「近距離の会話」について、彼らはどう考えているのだろうか。 「今日集まったのは全員医療従事者なので、普段から感染に気をつけています。 もちろん、自覚症状があったらムリにはやらないですね。 食べ物もあまり気にしてないけど、たこ焼きとか、からあげとか一つひとつ分かれているものを選んでます。 でも、世の中全体が過敏になりすぎてる気がしてて、もう少し普段通りに過ごしたいなと思って花見に来ました。 ただ毎年、花見のときは上野公園に来るんですけど、これまでのなかで一番ちょうどいい混み具合ですね。 いつもこれくらいならいいな……」(男性・会社員・30代) 「東京に住む子どもたちに会うために京都から来たんですけど、名古屋以降はガラガラ。 新幹線を貸し切れる体験なんて、今後一生ないと思います(笑)。 政府が『花見を自粛しろ』と言いたい気持ちもわかるけど、桜くらいは見たいですよね。 実際、上野公園に来たら意外と人がいて驚きました。 もしかしたら、みんな自粛のストレスが溜まっているのかもしれないね」(男性・会社員・60代) それぞれ花見を楽しみつつも、バカ騒ぎをするようなグループはごく少数。 なかには「宴席禁止」看板の隣で酒を飲む人もいたが、多くは不忍池周辺の人目につかない場所でシートを広げていたのが印象的だった。 今回、話を聞かせてくれた花見客全員が「結構人がいるので驚いた」という感想を抱いていた。 ただ、今週末の上野公園には、桜並木の通りに「きけん立ち入り禁止」と書かれた黄色いテープが張られ、事態は一変しているのではないだろうか。 写真=真島加代/清談社 (清談社) 外部サイト.

次の