喫茶店 と カフェ の 違い。 「カフェ」「喫茶店」「純喫茶」の違いは?

「カフェ」と「喫茶店」

喫茶店 と カフェ の 違い

カウンターとボックス席がある。 カウンターにいるマスターが、こだわりのコーヒーや紅茶を入れてくれる。 メニューにはサンドイッチやスパゲティなどの軽食と、ケーキやパフェなどの甘味がある。 このようなイメージが定着している喫茶店ですが、その成り立ちは大正時代の 「カフェー」に行き着きます。 明治時代よりコーヒーを提供する店はありましたが、大正時代になって様々なカフェーが登場。 その中でも女性店員が接客を行う店が、人気となっていました。 一方で、 飲食物の提供をメインとする事で住み分けを狙うお店も。 これが現代まで続く、喫茶店となっていったんです。 ちなみに女性がサービスするタイプのカフェーは、昭和初期に規制されることに。 しかしこれらは営業方法を変え、バーやスナックなどに繋がっていったんですね。 カフェとは 一方、 カフェには、次のようなイメージがありませんか?• 店内がおしゃれ。 コーヒーなども飲めるが、限定スイーツやこだわりの料理が楽しめる。 テラスに椅子や丸テーブルがある。 スターバックスやドトールのように、ちょっとした時間潰しに使える。 このようなイメージのあるカフェですが、元々カフェとは フランス語で「コーヒー」のこと。 そこから転じて、 コーヒーを始めとして飲食物を提供するお店を指すようになりました。 特にフランス・パリでのカフェは、文化人が集まる社交場の側面も。 コーヒーを飲みながら、様々な議論を交わす場だったんですよ。 日本では「カフェー」という形で登場し、それから、喫茶店という名称で浸透してきました。 その後、 こだわりの雑貨で店内を飾り軽食を提供するお店がブームに。 その際にフランスなどのカフェを参考にした店舗が多かったことから、「カフェ」と呼ばれるようになったんですよ。 違いは「営業許可」 お店のイメージの違いで区分されることの多い、喫茶店とカフェ。 しかし法律の上では、「営業形態の許可」という点で違いが出てきます。 飲食物を扱うお店を始めるには、 食品営業許可というものが必要。 この許可には、• 「飲食店営業」• 「喫茶店営業」 という区分が存在します。 飲食店営業と喫茶店営業の違いは、次の通りです。 スタバやドトールはカフェ?喫茶店? カフェでもあるし、喫茶店でもある スターバックスやドトール、タリーズと言った有名チェーン店は、 一般的には「カフェ」だと言われています。 それはカウンターで商品を受取るセルフサービスや、おしゃれな内観が「カフェらしい」と言われるからですね。 一方で、メニューを見てみると、コーヒーなどのドリンクと、サンドイッチやパンケーキなどの軽食がメイン。 プレートランチやパスタといった、食事メニューについてはほとんどありません。 最近は食事メニューも増えてきてはいますが、それでもやはり軽食がメインと言えますね。 そのため メニューだけを見た場合、喫茶店に近い部分もあります。 なので、スタバ・ドトール・タリーズなどは、• 見た目のおしゃれさで考えるなら・・・ カフェ• メニューで考えるなら・・・ 喫茶店 曖昧に感じるかもしれませんが、どちら側の良いところも取り入れているとも言えます。 どちらも違う!と感じた場合は、 「コーヒーショップ」と考えるのも良いかもしれませんね。 【関連記事】 どちらも素敵で美味しい! 喫茶店には落ち着いたこだわりのイメージがあり、カフェにはおしゃれなイメージがあると言えるかもしれません。 本格的なフードメニューが出せるのがカフェで、コーヒーがメインなのが喫茶店という人もいます。 しかし喫茶店とカフェの違いは、 法律上の営業許可の違いだけ。 またスターバックスなどのように、どちらの良い点を取り入れたお店も存在します。 喫茶店もカフェも非日常な時間を過ごせる素敵な場所。 あなた好みの味を探しに出かけませんか?.

次の

カフェと喫茶店(純喫茶)の違いは何か?実は異なる業務内容

喫茶店 と カフェ の 違い

おいしいコーヒーをゆったり飲みたい時、街なかでコーヒーを提供しているお店の種類は、 「カフェ」「喫茶店」「純喫茶」など様々です。 「カフェ」と言うと、オシャレで現代的な空間のお店。 「喫茶店」や「純喫茶」と言うと、昔ながらのレトロな雰囲気のお店。 日常的には、なんとなく、そんな使い分けや認識をしている人が多いのではないでしょうか? どのお店に入っても、お目当てのコーヒーを飲むことはできます。 しかし、「カフェ」「喫茶店」「純喫茶」は、 それぞれの店構えや店内の雰囲気の違いではなく、法律上のちゃんとした違いがあるんです。 1.営業許可の違いが分かれ目 カフェは唯一、「飲食店営業許可」を取得しているコーヒー屋 カフェも喫茶店も純喫茶も、開業出店時には行政(保健所)に対して営業許可申請を出さなければなりません。 この営業許可には種類があり、 カフェは「飲食店営業許可」を、喫茶店・純喫茶は「喫茶店営業許可」を取得することになります。 「飲食店営業許可」は「喫茶店営業許可」と比べて取得が難しい分、できること、出せる飲食品の種類も幅広いのです。 アルコールの提供の有無がポイント 「飲食店営業許可」を取得しているカフェと、「喫茶店営業許可」を取得している喫茶店・純喫茶の大きな違いは、 お酒などのアルコール類を提供できるかどうかです。 一方、「喫茶店営業許可」だけ取得している喫茶店・純喫茶では、 単純な加熱調理しか許されていません。 喫茶店や純喫茶でコーヒーと一緒に注文できる調理品が、ケーキやお菓子などの軽食しか提供できない理由も、営業許可の違いにあります。 わざわざ「喫茶店」と「純喫茶」に別れている理由には、喫茶店が普及した歴史的背景と営業実態にあります。 大正〜昭和の喫茶店では過剰なサービスも 「カフェ」という外国語が日本に定着する前の話です。 コーヒーが日本全国に広まり、ハイカラな男女が足を運ぶようになった 大正時代から昭和初期にかけての喫茶店は、お酒の提供もあり、女性の店員が過剰なサービスを行うお店も多かったそうです。 単なる「喫茶店」と呼ぶに相応しくないお店が増える一方で、 コーヒーや軽食だけを純粋に楽しめるお店が「純喫茶」と名乗り、提供するサービスを差別化しました。 これが、純喫茶のはじまりです。 現在の「純喫茶」も、そのスタイルを崩していません。 純喫茶を名乗る店舗は、大正ロマンや昭和レトロなど 「古き良きヴィンテージ感」を味わえる喫茶店であることが多いのではないでしょうか? 【まとめ】法律上の違いは明確でも、お店の「名前」は別の話 カフェ、喫茶店、純喫茶の違いは、取得している 営業許可の違いによって、法律上、明確に住み分けされています。 もちろん、その逆も然りです。 あくまで営業許可は、そのお店の営業形態を決めるもので、お店の名前はまったく別の話。 お店それぞれのコンセプトやターゲット、店舗の外装や内装の雰囲気などに合わせて、自由にネーミングすることができるのです。

次の

意外と知らない?喫茶店とカフェの違いをわかりやすく解説します!

喫茶店 と カフェ の 違い

「 カフェ 」 と 「 喫茶店 」 どんな違いをイメージしますか? カフェというと、オープンカフェの明るく、 おしゃれなイメージを思い浮かべます。 かかってる曲も、ボサノバや、スムースジャズといった明るい曲。 これに対して、喫茶店は・・・ ちょっと薄暗~いところに、頑固なマスター。 口数少なく、だまって極上のうまいコーヒーをスッと出すイメージ。 かかってる曲は、もちろんクラシックか、バラード調のジャズ。 ちょっと言いすぎですかね?(笑) イメージは、こんな感じですが・・・ でも、実際に何が違うのかと聞かれると、その違いは、よく分かりませんよね? 今回は、そんなカフェと、喫茶店の違いについて、せまってみたいと思います。 喫茶店、サロンその他設備を設けて 酒類以外の飲物又は 茶菓を客に飲食させる営業をいう。 カフェとして、飲食店営業で申請し、許可を得ている場合には、アルコール類も食事も提供してもよく・・・ 一方、喫茶店営業で申請し、許可を得ている場合 アルコール類と、食事を出してはいけない・・・ ということですね。 でも、ここで疑問が・・・ 多くの喫茶店で、モーニングサービスがあったり、ナポリタンやカレーといった食事を提供していますよね? これっていったい、どういうことなのでしょうか? カフェでなければ、食事は提供できないはずです。 飲食店?喫茶店?営業の形態と、お店の名前は関係ない 実は、 喫茶店という名前がお店の名称として付いているか、付いていないかは、法的な営業形態とは関係がありません。 (つまり、 法的には、カフェの扱い) 逆に、お店にカフェという名前が付いていたとしても、喫茶店営業だけで開業している場合には、アルコール以外の飲料と、茶菓だけで営業をしなければなりません。 ( 法的には、喫茶店の扱い) お店の名前に「喫茶店」がつくからといって喫茶店営業の形態をとらなければいけないわけではありません。 また、「カフェ」という名前がつくからといって、飲食店営業の形態をとる必要はないんですね。 う~ん、ちょっと、ややこしい!?(笑) こんなところが、実は喫茶店営業!? 喫茶店の営業許可には、面白いものもあります。 よくある、飲み物の自動販売機、カンやペットボトルのものは、必要ないんですが・・・ カップ式(紙コップ)に飲み物を注ぐタイプの自動販売機、実は、あれを設置するには、喫茶店営業の申請が必要になるんです。 上下水道をつなげているので、保健所に喫茶店営業としての許可が必要なんです。 紙コップの自販機、法的には、喫茶店なんですね(笑) カフェと喫茶店の違い 食品衛生法施行令第35条(営業の指定)• 飲食店営業 : カフェ (アルコールや食事の提供が出来る)• あとがき カフェと喫茶店の違いって、最初は調べていくと、あいまいな違いで、はっきりとした定義などないのかと、正直思っていました。 でも、調べたら意外にも、法律的に違いがきちんと定義されていて驚きました(笑) しかも、紙コップの自販機が喫茶店での申請が必要っていうのも、ビックリしましたね! ちなみに、よく駅の構内や、デパートの催事場などに出店しているジューススタンドなども、喫茶店扱いです。 逆に、実際に、喫茶店の名前がついているお店は、ほとんどが飲食店営業、つまり分類的にはカフェなんですよね。 「純喫茶」をうたっているところも、アルコール類のドリンクは出さないにしても、サンドウィッチやピラフなどは出したりしますからね。 やはり、ほとんどが飲食店で申請しています。 純喫茶なのに、カフェ・・・、う~ん、何度聞いてもなじめません(笑) スポンサーリンク 食品衛生法施行令の「カフエー」とは、現代のいわゆる(オープンカフェの明るく、 おしゃれなイメージを思い浮かべるような)「カフェ」とは全く違います。 酒類と女給の接待を売りとした、今でいうキャバレーの前身のようなもので、いわゆる風俗営業です。 そして、それとは違う営業形態について(酒と女を売り物にしない)純粋にコーヒーを始めとする喫茶を提供する店として「純喫茶」という言葉が生まれ、やがてそれらは喫茶店と呼ばれるようになり、それが現代の営業スタイルになったのが「カフェ」でしょう。 現代の「カフェ」でも、食べる物を「調理し」て提供していれば飲食店ですが、調理済みのもの(よくある、サンドイッチ類がラップ等に包まれた形のみで提供されているようなもの)を売るだけであれば(そして、アルコール類を提供しなければ)喫茶店として営業できます。 つまり「カフェ」が「飲食店」とイコールではありません。

次の