タツマキ。 【ワンパンマン】タツマキの強さや技まとめ!敗北無しのヒーローガール!

戦慄のタツマキとは (センリツノタマツキとは) [単語記事]

タツマキ

タツマキは 妹のを溺愛しており、その生き方に対して過保護である。 姉妹の精神的な結び付きは強く、2人の人生においてお互いこそが最も重要な存在で、すれ違いながらも 根底には愛がある。 なお2人の姉妹関係の23年という時間は、設定としては作中主要キャラ達の中で指折りに長い関係性。 妹に接する時や妹について考える時は「おうちにかえりなさい フブキ」 「~しなくちゃ」等とまるで子どもに話しかけるかのような口調を用いたり、時折 「お姉ちゃん」という一人称を使って「お姉ちゃんは~」と話しかける。 また周囲の者に対しては、 「私の妹を危険な目に遭わせるようなことはやめて。 戦いに巻き込んだら許さないから。 」と妹を守ろうとする。 さらに自分達姉妹に危害を加えようと考えている敵に対しては、 「ちょっと教えてあげましょ。 私達に手を出すとどうなるか。 」と激昂する。 姉妹は体型こそ対照的だが、顔立ちや美貌はよく似通っている。 さらに姉妹で同じ眼をしていて、家族の絆と血の繋がりを象徴している。 ファンブックの情報 キャラ本人がヒーロー協会へ回答したという設定 によれば、タツマキの好きなものは「 妹、自分の能力を行使できる居場所」。 タツマキは妹への愛を世間にオープンにしている。 因みに姉妹は近くにいる場合、互いの居場所を感知することが可能。 姉妹愛 タツマキは最愛の妹・フブキを可愛がると共に心配し、「信用できない他人から、私の手であの子を守る」と考えている。 一方、フブキは姉の過保護な面を窮屈に感じ、姉に認めて欲しいと思っている。 しかしそれでも姉のことを 「お姉ちゃん」と呼び、反発しつつも 心の奥では姉を愛している。 タツマキが妹の人間関係へ干渉し、他者を拒む生き方を押し付けてしまうのは、 妹への深い愛情の裏返しである。 なんだかんだ言ってもちゃんと守ってくれると信じているんですよね。 フブキちゃんにとっては、お姉ちゃんはヒーローみたいな存在なのかもしれません。 コンプレックスが空回って素直になれないだけで、フブキちゃんは 本当はお姉ちゃんのことが大好きなんじゃないかなと私は思っているんです」 と解説されている。 またタツマキ役のさんも、イベント『ワンパン秋祭り』で早見さんと並んで登壇した際に、二人で姉妹と同じペアルックの花飾りをつけて「お揃い~」とアピールされたり、 「姉妹で来られてよかったです。 」と姉妹の絆を大切にされている。 戦闘能力 強大な超能力 テレキネシス を攻撃手段とする。 人間や無機物に干渉して自在に浮かせたり飛ばしたりでき、タツマキ自身は浮遊していることが多い。 多数の巨大砲弾を受け止めて弾き返す、ビルを丸ごと浮遊させ空中要塞に叩き付ける、地下2000メートルの敵を地盤ごと引きずり出す、衛星軌道上から隕石を引き込んで敵に叩き付ける、巨大な瓦礫の竜巻を起こす等、多くの手段に利用可能。 他にも衝撃波を放ったり、バリアーを展開することもできる。 敵の持つ気やオーラに干渉し、それを操り身体に影響を及ぼさせる「 ねじ切り攻撃」を得意技とし、怪人の首を直接触れずにねじってもいだり、潰して圧死させる。 余談 ・読者に名前を「タマツキ」と間違えられることがある。 またリメイク版で時折ONE氏の絵を思わせるデフォルメ調の見た目になる。 ・フブキ役のさんは、タツマキ役のさんについて、「『ワンパンマン』で姉妹役に決まったときは「ご縁だなあ~」って二人で話していたんです。 悠木さんとは10年来のお付き合いで、お仕事でご一緒することも多いですし、よくご飯に行ったりもしています。 」と語られている。 自分がやりたい!と思う企画をカタチにするための具体的なアイデアを出すのがとても上手で、物事をこんなにもいろんな角度からみているんだ!という一面はホントに尊敬していて…まるで先輩のようでもあります。 エッジが効いている面と、周囲をよく見ていたりする繊細な面を持ち合わせていて…確かにお姉ちゃん(タツマキ)と似ているところがあるかもしれませんね(笑)。 」 と回答されている。 さらにイベント『ワンパン秋祭り』にて、「一緒に祭りに行くならどのキャラと行きたいか?」という質問に対して 悠木さんは 「フブキちゃんの浴衣姿を見たいです。 だからフブキちゃんといきたいです。 もう一度言いますね。 フブキちゃんの浴衣姿を見たいです。 」 早見さんは 「タツマキ。 一緒にお化け屋敷に入りたいです」 と回答されている。 早見さんは特番で 「タツマキお姉ちゃんが全キャラのなかで1,2を争うほど好きですね」と発言されており、悠木さんも頻繁に 「フブキちゃんが好き。 フブキちゃん推しです。 」と発言されている。

次の

地獄のフブキ (じごくのふぶき)とは【ピクシブ百科事典】

タツマキ

強力な怪物と戦う際には「こんなのが街に出る前に仕留めなければ大変なことになる」と、市民の安全を真っ先に心配している。 また原作者氏原案OVAでは、列車内に爆弾が仕掛けられた際に乗客の避難を最優先し、超能力を用いて乗客を安全に降車させたり、爆発を命懸けで防ごうとしている。 さらに賞金首や怪人を倒すヒーロー活動をコツコツ続けており、ヒーローとしての正義感や責任感を持ち合わせている。 そして劣等感を抱く自分を変えるべく、日々地道な努力や超能力の修練を重ねている。 組織:フブキ組 フブキが率いるB級ヒーローを束ねた組織。 フブキはメンバーのことを大切に思っており、彼らにも慕われている。 との関係 さん・さんの発言 や特番でフブキ役のさんは、フブキとタツマキについて 「 姉妹どっちかがいなくては語れない存在というか」「 愛情があるからこそ 姉妹で互いに すごい気になるじゃないですか」 「お姉ちゃん タツマキ とのやり取りを見ていると、いじらしさもあるんですよね。 強くなりたい、一番になりたいと思っているけど、お姉ちゃんは超えられない高い存在だということもずっと意識していて…。 葛藤も強いけど自分の成長の糧にもなっている。 コンプレックスが空回って素直になれないだけで、 本当はお姉ちゃんのことが大好きなんじゃないかなと私は思っているんです。 フブキちゃんは大きな恨みや憎しみを抱えきれるタイプではないと思うので。 なんだかんだ言ってもちゃんと守ってくれると信じているんですよね。 フブキちゃんにとっては、お姉ちゃんはヒーローみたいな存在なのかもしれません。 」 と解説されている。 またタツマキ役のさんも、イベント『ワンパン秋祭り』で早見さんと並んで登壇した際に、二人で姉妹と同じペアルックの花飾りをつけて「お揃い~」とアピールされたり、 「姉妹で来られてよかったです。 」と姉妹の絆を大切にされている。 設定 またフブキは身長167cmで、タツマキの身長はフブキのおよそ胸や肩辺りまでと体型こそ対照的だが、顔立ちや美貌はよく似通っている。 さらに姉妹で同じ眼をしていて、家族の絆と血の繋がりを象徴している。 ファンブックの情報 キャラ本人がヒーロー協会へ回答したという設定 によれば、タツマキの好きなものは「 妹、自分の能力を行使できる居場所」。 タツマキは妹への愛を世間にオープンにしている。 因みに姉妹は近くにいる場合、互いの居場所を感知することが可能。 姉妹愛 タツマキは最愛の妹・フブキを可愛がると共に心配し、「信用できない他人から、私の手であの子を守る」と考えている。 一方、フブキは姉の過保護な面を窮屈に感じ、姉に認めて欲しいと思っている。 姉妹は幼少期に養父母のもとで生活し、その後は2人だけで生きてきた。 そのため姉妹共に本当の親というものを知らず、タツマキが長年独りでフブキを育て上げた。 フブキにとって姉の タツマキこそが唯一の肉親であり、母親代わり。 フブキが複雑な思いを抱いたり反発しつつも、タツマキを「お姉ちゃん」と呼ぶのは、 心の奥では姉を愛しているからである。 過去 ・小学校時代にフブキは超能力者であることからいじめに遭い、それに憤怒したタツマキがフブキの周囲の人間を過剰に牽制した。 そのためフブキは孤独な幼少期を過ごし、遊び相手は姉しかいなかった。 さんはこの話について、「特に、フブキちゃんが電車に仕掛けられた爆発物から乗客を守るというエピソードが気に入っています。 フブキ組に憧れるC級ヒーローの女の子とのやり取りがあるんですが、その中でフブキちゃんがお姉ちゃんを思い出すシーンは印象的でした。 」と解説されている。 戦闘能力 超能力を攻撃手段とする。 災害レベル竜の怪人「育ち過ぎたポチ」の攻撃をバリアで防いで味方を守ったり、飛行も可能。 またS級第3位ヒーロー・シルバーファングことバング、およびその兄ボンブと共闘した際は、二人の肉体のバイタルに超能力で干渉して肉体強化を行いコンディションを高めるという、バッファー的な使い方も行っていた。 地獄嵐:周囲の瓦礫と風を操り相手にぶつける。 念打:念動力で衝撃を与える。 相手を吹き飛ばす事も可能な近接攻撃。 念動金縛り:念動力で相手の動きを封じる。 地獄団子:瓦礫で相手を押し潰す。 A級 フブキは本来ならば状況次第でS級並みの強さを発揮したり、ヒーローランキングで上位に食い込むことも可能な実力を持つ。 しかしA級1位を保守し続けているヒーロー「アマイマスク」の実質的な強さはS級上位レベルである。 ゆえにフブキはA級では1位を獲得できないと判断して、B級から昇格しなかった。 アマイのすぐ下のランクA級2位~4位には三剣士と呼ばれる3人のヒーローがおり、彼らもまたアマイを超えられない。 「フブキは"アマイと三剣士"に勝てない」と誤解している読者がいるが、フブキは自身が三剣士に勝てないと発言したことはない。 余談 ・リメイク版人気投票で2位を獲得している。 ・フブキ役のさんは、タツマキ役のさんについて、「『ワンパンマン』で姉妹役に決まったときは「ご縁だなあ~」って二人で話していたんです。 悠木さんとは10年来のお付き合いで、お仕事でご一緒することも多いですし、よくご飯に行ったりもしています。 」と語られている。 自分がやりたい!と思う企画をカタチにするための具体的なアイデアを出すのがとても上手で、物事をこんなにもいろんな角度からみているんだ!という一面はホントに尊敬していて…まるで先輩のようでもあります。 エッジが効いている面と、周囲をよく見ていたりする繊細な面を持ち合わせていて…確かにお姉ちゃん(タツマキ)と似ているところがあるかもしれませんね(笑)。 」 と回答されている。 さらにイベント『ワンパン秋祭り』にて、「ワンパンマンのキャラと一緒に祭りに行くなら誰と行きたいか?」という質問に対して 悠木さんは 「フブキちゃんの浴衣姿を見たいです。 だからフブキちゃんといきたいです。 もう一度言いますね。 フブキちゃんの浴衣姿を見たいです。 」 早見さんは 「タツマキ。 一緒にお化け屋敷に入りたいです」 と回答されている。 早見さんは 「タツマキお姉ちゃんが全キャラのなかで1,2を争うほど好きですね」と発言されており、悠木さんも頻繁に 「フブキちゃんが好き。 フブキちゃん推しです。 」と発言されている。 関連イラスト 氏Twitter上の と の絵 pixivイラスト.

次の

戦慄のタツマキとは (センリツノタマツキとは) [単語記事]

タツマキ

戦慄のタツマキ()とは、による作品「」の登場である。 だが「タツ」は本名でもある。 た、玉突きじゃないたつまきだぷんすか! 版のは。 概要 S級第。 S級のが滅多なことでは表に立とうとしないため、実質が協会の最終と呼べる存在。 【】の。 同様いコートに身をまとい、念動やバをケタ違いの規模で操る。 「正攻法でに勝てる生命体はこの世にいない」とまでうたわれている。 実年齢は歳とより年上だが、外見・言動共にっぽく非常に短気でワガ、協調性もあまりいなど「傍若人」と呼ぶのが妥当な性格をしている。 からは「化物中の化物」と評され、を侮辱されたには「」と呼ばれ、にはのと勘違いされて「(はだが)タツはもっとだし」とつぶやかれるなど、その性格のせいか内からは慕われているとは言いがたい。 を「」「」など扱いするとするため、本人が自らこの容姿でいるわけではない様である。 だが「お嬢ちゃん」には喜んでいた。 幼少時に親元から離され半ばのような扱いをされて育った。 その中で「自分以外に頼れる存在は居ない」と断じて自己中心的な性格になり、に対しなほど過保護になった。 になった理由は18年前に出会ったにされたため。 本人く「私たち()には生まれつき特別ながある」らしいが、は2歳当時は施設のに「が使えない」と判断されている。 と戦った際には「私が物心ついた頃でも今のよりがあった」と述べている。 数少ないであり、・からのは高い。 ではに負けたけど 戦闘能力 は非常に高く、他のS級が苦戦するの複数を一人で圧倒するほど。 の際は捩じ切りなどのテネシスを駆使して戦う。 そのはビルを丸ごと浮遊させに付け、地下の敵を地盤ごと引きずり出し、軌上からを引き込んで敵に付けるなど人智を越えたである。 万全の状態でなくともの動きを一時的に封じており、ここからも作中の登場人物の中でも抜きん出たを持つ事が分かる(しかしは非常に「重たい」らしく、やビルを軽々飛ばしたタツですら、地面からわずかに浮かせる程度で表情を崩して唸るほどんでいた)。 の上、頭に強いを受けるとが不安定になる弱点を持つ。 協会編では同じ者であり弱点を熟知するに不意打ちを受けて、強なに畳みかけられにまで追い込まれた。 原作(ONE版) に似たの絵が多く、演出なのか頭が異様に伸び縮みしている事がある。 渦巻き状の前と外ハネが特徴()。。 疑惑があるが、ばっちりがある。 リメイク(村田版) は一変し強なクセっ毛として描写されている。 さりげなくが増したりかなりのとなったが、時折版のようなに崩される。 どうやら意図的に混ぜ込んでるらしい。 コートのスリットがかなり深くなり、一部で疑惑ももたれたが版ではいてることが確定した。 関連動画 関連静画 原作風 リメイク版風 関連項目•

次の