ポケモン あく 一覧。 【ポケモン剣盾】あくタイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

あくタイプ (あくたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン あく 一覧

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

あくタイプ (あくたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン あく 一覧

相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、自分の『ぼうぎょ』ランクが1段階下がる。 なお、『ときはなたれしフーパ』以外のポケモンが使用した場合、失敗する。 ダブルバトル・トリプルバトル用。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 投げつけた道具はなくなる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。

次の

あくタイプ:ポケモン ダイヤモンド・パール・プラチナ攻略Wiki

ポケモン あく 一覧

『』におけるタイプ相性のわかりやすい覚え方、【あく】タイプ編をお届けします! 悪人は超能力者に強い? こじつけで覚えよう ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 それぞれに 相性が存在し、バトルをする上で相性はとっても大切。 そんな相性の覚え方を紹介する連載企画第2回です。 前回の、今回はロケット団が多様するタイプである【あく】についてお届け! あくタイプ相性の覚え方 【あく】タイプはズル賢く、超常現象に耐性があると覚えましょう。 有利な2タイプ ゴースト・エスパー はいずれも「オカルト」と言えるものです。 ご注意ください。 【あく】タイプとは 『』ではゲーム配信時から実装されている【あく】タイプですが、ポケモンの原作では『ポケットモンスター金・銀』から追加されたタイプでした。 『ポケットモンスター赤・緑』で猛威を振るったエスパータイプ、ゴーストタイプに強い新タイプとして登場。 すでに登場から20年近くが経ったためか、追加タイプといえどプレイヤーの間でも浸透したものになっています。 もし恐れるなら、火事場泥棒や廃墟を漁る人物など存在しないでしょう。 そもそも信じていないかもしれません。 また悪人は正攻法以外の手段を取ることが多く、お化けにも一方的に攻撃できる「ズルい手段」を使うと考えれば、攻撃する時も有利が取れることに納得できるのではないでしょうか。 ・対【エスパー】タイプ エスパーは超能力なので手品とは違いますが、ズル賢い【あく】タイプには通用しません。 【あく】タイプのわざに「イカサマ」というものがあるくらいです。 こちらも【ゴースト】と同じく 正攻法以外の手段に弱いと覚えておきましょう。 なお【エスパー】タイプに対する【あく】タイプの耐性は通常よりも強く、2重耐性となっています。 これは原作で「効果なし」になっていたものの名残です。 【かくとう】タイプは正面切っての正々堂々とした戦いをするため、搦め手を使う【あく】タイプは単純なパワーには押されてしまうのです。 ・対【むし】タイプ 今回紹介する中で個人的には一番納得している一方、もっともこじつけが強いのがこの相性。 突然ですが、正義の味方といえば何を思い浮かべるでしょうか。 銀色の巨人? 正義の5人組? 彼らももちろんですが、他に有名なのが等身大のヒーローにいますよね? バイクに乗って悪の怪人にキックをかますヒーローが。 初代と2号の某ライダーは、 バッタ怪人でした。 覚える理屈は以上です。 ・対【フェアリー】タイプ 【フェアリー】タイプは、ふわふわした可愛いポケモンが多め。 メルヘンな見た目には、少し天然が入った性格をイメージしますよね。 そう、そんな柔らかな少女は 悪意を認識できないのです。 言ってしまえば、 連れ出したお嬢様に振り回される誘拐犯のようなものですね。

次の