猫が寝る場所。 猫と一緒に寝る?寝ない?猫をケージに入れて寝る理由

猫のケージ設置に最適な場所は?暑さ,寒さ対策も考え快適に!

猫が寝る場所

YKK APのCMでもありましたが、「時間ごとに違った特等席をつくる。 窓にはそういうチカラがある」のあのCM。 猫が窓から差し込む太陽の光に沿って、寝床を少しずつ移動している様子をCMにして反響を呼びました。 猫を飼っていない人から見ると、猫可愛すぎ!と癒されたようですね。 猫は人間より温度や湿度の変化に敏感で、常に家の中でどこが一番気持ちいい場所かどうかを探っています。 できるだけ猫が気に入るような寝床を1つではなく、複数設けてあげているといいですね。 今回は猫の最適な寝床についてをご紹介します。 5度ほどが目安となります。 猫の祖先は砂漠に生息しており、灼熱の砂漠を生き抜いてきた猫は比較的暑さに強いという特徴を持っています。 でも夏場の猫を見ていると、床にべったりと寝転がって、とても暑さに強いとは思えません。 これは日本のような高温多湿の国は例外で、湿気を多く含むムシムシした日本では、猫も夏は苦手なようです。 沖縄に旅行に行ったとき気が付きましたが、沖縄は湿度が低いため夏でもからっとした爽やかな暑さを感じました。 野良猫たちもすたすたと歩いたり、木陰で涼しげな顔でお昼寝したりと、うちの猫より元気そうに見えました。 そのため日本の猫は暑さにも弱く、寒さにも弱いという特徴があります。 人間の基礎体温は36度ほどなので、それから2度ほど猫とは体温が違うわけですから、その辺りも考慮した環境づくりが必要となります。 基本的に夏場は人間が快適だと思えるクーラーの温度は低すぎて、猫には寒く感じられます。 逆に冬場はちょっと熱いと感じるほどのこたつの温度でも、猫は気にせずに入っていたりします。 外で猫が好む寝床 寝床は猫にとって危険を含んでいます。 危険なポジション取りをしてしまうと、外敵に襲われてしまう危険性があるからです。 そのため昔から猫は高い場所を好み、木の上などの外敵に狙われにくい場所を寝床に好みます。 とくに木の根元やくぼみが好きで、体をすっぽりと覆ってくれる隙のない狭い場所が好きです。 その名残として、小さな箱や段ボールなどを見ると、必ず猫は入りたがります。 また、高い場所は周囲の状況をすぐに見渡せるための安全対策もばっちり取れます。 この習性を利用して、お家の中でも自然に猫が落ち着いて眠れるような場所を作って、みましょう。 夏場の寝床 日本の夏は世界的に見てもジメジメとした高温多湿で、体感的にとても暑く感じるといった特徴があります。 とくに寒い地域出身の毛がふさふさなダブルコートの特長を持つ、ロシアンブルーやメインクーンなどは寒さには強いですが、暑さにはとても弱いです。 ・エアコンは28度~30度 人間にしてみるともう少し下げたいところですが、猫には28度~30度ほどが最適な温度です。 その上で除湿モードに設定することで、完璧です。 クーラーをつけるとなぜか部屋から猫が出て行ってしまうという場合は、クーラーの温度が寒すぎる場合があります。 ・クーラーの風が当たらない場所にベッドを 猫は自然のそよ風は好みますが、なぜかクーラーの人口の風は嫌いです。 クーラーの直風が当たると、すぐに立ち去ってしまうほどです。 猫は自然と生きる生き物なので、クーラーの風がいかに人体に悪い物なのかがわかりますね。 人間も自然の生き物なので、猫を見習って直風には当たらないようにするのが健康的ですね。 ・窓は開けて風通しをよくする 猫は自然の風が大好き!そのため夏は窓際でよくぺたっとなっています。 そこで必ずカーテンを絞めて直射日光を遮っておきましょう。 風でカーテンがゆらゆら揺れてしまう場合は、木製のカーテンなどの重いタイプを使用するといいですね。 ・できるだけドアは開けておく 家のドアは風の通り道となるので、できるだけどこでもドアは開けておきましょう。 猫は風の通り道であるドアが開閉する場所にちょうど寝そべったりします。 そこで気を付けてほしいのが、ドアが強風で突然閉まらないように、必ずドアストッパーをつけておきましょう。 ・押入れを開けておく 暑そうに見えますが、押入れの中は意外と涼しいようです。 猫が押入れに入れるように隙間を開けておきましょう。 押入れの中には布団やタンスなどが眠っていると思うので、とくに猫用のベッドを設ける必要はありません。 ・夏でもふわふわな寝床を好む 夏だから大理石の上や床の上がいいだろうと、猫用のベッドやクッションは直さないようにしましょう。 家猫は人間との生活に毒されているので、夏でもふわふわなベッドやソファーの上で寝ます。 ベッドの上の方が暑いですが、涼しい床とベッドを行き来するので、二つの場所を猫が選べるようにさせてあげましょう。 冬の寝床 猫は寒さに弱く、人間が寒いと感じるなら猫はもっと寒いと感じています。 そのためもうこたつは必要ないかな~と思っても、猫のために数週間長めに置いておくなど、猫への配慮をしてあげましょう。 ・エアコンの温度は25度前後 冬にしてはちょっと暑いかもしれませんが、このくらいが猫にとっては適温です。 ・エアコンよりこたつが好き ぜひ猫飼いさんにはエアコンよりこたつをおすすめします。 猫がこたつで寝ている様子は、とても癒され、幸せそうにします。 冬の寝る場所として絶対的な定位置となるので、こたつだけを管理していれば他に心配もほとんどありません。 ・寒い場所を用意する 猫は温度調節をこまめにする生き物です。 そのためこたつや部屋を温めていると、猫は必ず一時的に体温を下げる行動を取ります。 暖かい部屋から猫が出ていこうとするのは、体温を下げたいというのが理由です。 そのため部屋の中にフローリングを設けるなど、猫が体温を冷やせる場所を一つ用意しておきましょう。 ・カーテンを開けて日光浴を 猫は寒くても必ず毎日日光浴をすることを好みます。 日光浴をすると猫の体内に必要なビタミンが作られるので、自分が元気になることを本能で知っているんですね。 そのため日中はカーテンを開けて、太陽の光が当たる場所にクッションやタオルなどしいて寝る場所を作っておきましょう。 フローリングなどの場合は、寒くて日光浴をしたくでもできなくなってしまいます。 ・お布団に入口を作っておく うちでは1日数時間は家に誰もいないという時間帯があります。 そのときは必ず猫のために布団の入り口をぽこっと開けて、猫が自由に入れるようにしておきます。 こうすると穴掘りが苦手な猫でも自由のお布団や毛布の中に入り、温かく眠ることができます。 家に帰ると高確率で布団にもぐっているので、気づかずに寝ころばないように注意しましょう。 スポンサーリンク 毛布から出てこない猫.

次の

猫の寝相!寝方でわかる猫の本当の気持ちとは?

猫が寝る場所

【目次】• 猫がトイレで寝る理由は? 猫によってトイレで寝る子と寝ない子で分かれるようではありますが、何かしらの原因が生じるとトイレで寝ることが無かった子でも、寝るようになってしまうことがあるようです。 自分の排泄物があるトイレ内は、決して衛生的とは言えませんが、好んで何回もトイレで眠っている姿を見かけるようであれば、猫にとってトイレしか安心出来る場所がないとも言えますよね。 とくに猫は縄張り意識の強い動物ですので、自分のニオイが付いていない場所だと、緊張して不安に感じてしまう習性を持ち合わせています。 ニオイに関してはとても敏感なので、猫がトイレで寝るときは、何か不安を感じているのでは?と原因を追究してあげるようにしましょう。 やはりこの理由も元は「ニオイ」になりますが、前の住居で使用していたトイレをそのまま継続して使う場合、新居での自分のニオイが染みついた場所は、猫にとってトイレだけとなってしまいますよね。 そのような状況になってしまったとき、慣れない場所では安心出来ないということから、トイレで寝るようになってしまうようです。 引っ越しの初日はともかく、新しい住居に慣れてくれれば次第にトイレで寝なくなるはずなので、しばらくは様子を見てみるようにしましょう。 猫が引っ越し後に隠れて出てこない時の対処法と、新居に慣れてもらい、ストレスを解消してもらう方法をご紹介します。 多頭飼育の場合はどうしても、それぞれの猫にお気に入りの場所が出来てしまうので、自分の望み通りの場所が確保出来ない場合には、トイレを落ち着ける場所として認識してしまうことがあるようです。 また、頻繁に部屋の模様替えを行う場合は、猫の居場所も変えてしまうと、すぐに馴染むことが出来る訳ではないので、トイレで寝るようになってしまうことも。 頭の良い猫ちゃんであれば、「トイレは汚れているもの」と解釈していますので、そこであえて寝ることによって、うっぷんを晴らしているとも考えることが出来ますよね。 他にも部屋の中が芳香剤や香水などのニオイが充満しているときも、猫はそのニオイにストレスを感じてトイレで寝ることがあるので、猫の居るご家庭では猫が住みやすい生活環境を心掛ける必要があると言えるでしょう。 家の中にそのような場所が無いときに、猫にとってトイレは好都合な場所として認識されてしまうことも。 そしてこのトイレの狭い空間は、部屋の温度調整が猫にとって不快に感じる場合、トイレが居心地よく感じることがあるようです。 そのような場合はトイレで寝るようになってしまいますので、あくまでトイレはトイレとして使用してもらえるように、狭くて暗い場所がトイレだけにならないように心掛けましょう。 母猫と離ればなれになってしまった子猫や、飼い主さんが家を空けている時間などが長いなど、一匹で寂しい思いをすると、自然と自分のニオイのするトイレが落ち着くと思うようになります。 猫は飼い主に依存しないように思われがちですが、実際のところ寂しがり屋で甘えん坊な猫は多いです。 自由の中で共存するというよりも、一緒に日々の生活を共有していくという考え方の方が、猫は嬉しいと思っているかもしれません。 トイレには猫砂が敷き詰めてあり、その砂は時に猫にとって遊び道具となってしまうことがよくあります。 好奇心旺盛な子や子猫はとくに、猫砂を見て遊びたいと思ってしまっても不思議ではないですよね。 愛猫にトイレを本来の目的通り使用してもらうためにも、しっかりと排泄をする場所として認識させてあげる必要性が出てきます。 猫がトイレで寝る時の対策は? 飼い主としては愛猫がトイレで寝ることがある場合、本来の目的通り使用してほしいものですし、何よりも不衛生で困ってしまいますよね。 もし飼い主さん側でトイレの位置を変えてしまったり、猫砂を猫が気に入らない物を使用したりしているのでしたら、愛猫が好む場所にトイレを設置し、しっくりくるような猫砂に変えてあげる必要があると言えるでしょう。 そして愛猫が少しでも不安を感じないように、常にトイレを掃除して清潔に保ってあげることも重要です。 トイレで寝ることが多い場合は、トイレは寝る場所ではないことを飼い主さんが教えなくてはいけないので、愛猫がトイレに入った際にどのような行動をとるのか、しっかりと監視するようにしましょう。 上手に排泄が出来たのなら褒め、眠る準備をしたのなら、フードやおもちゃなどで誘導してトイレの外に愛猫を出してあげるようにしてください。 習慣づけることが出来さえすれば、トイレのことを排泄する場所と認識してくれるはずなので、覚えてくれるまで根気よく続けるようにしましょう。 中でもトイレは、特にしつけが心配な方も多いのではないでしょうか。 猫のトイレのしつけについて、置き場所のことや失敗する原因についてもご紹介します。 私たちが涼しい、暖かいと感じる温度は、猫にとっては寒すぎる、暑すぎる可能性が高いです。 猫にとって室温や湿度は健康にも直結してきますので、常に気を遣ってあげたい部分であると言えるでしょう。 最初は興味を持たず眠ってくれなかったとしても、いつかその場所が気に入って眠ってくれるようになるかもしれませんし、気まぐれに好んで使用してくれるかもしれません。 なるべく人目につかないような場所や狭くて暗い場所、部屋の中を見渡せる高い場所や日中陽の当たる場所など、猫が好みそうな場所に寝床を設置しておくことによって、気に入って眠ってくれるようになってくれるはずです。 なかなか寝てくれない場合は、愛猫がお気に入りの毛布やタオル、飼い主さんにニオイが付いた物を一緒に置いておくと、すぐに使ってくれることも多いですよ。 やなどで尿意が頻繁に起こっている場合には、トイレの回数が多くなりますし、などを患っている場合は少量のオシッコしか出ないことから、トイレに長時間留まることが多いです。 何度も行き来するのが面倒になり、そのままトイレで寝ることがあると言えます。 他にもを患っていてトイレを排泄する場所と認識出来ないときは、トイレで寝ることがあるようです。 猫がトイレで寝るということは、病気の可能性も否めないということを、頭の中に入れておくと良いかもしれません。 猫がトイレで寝ることがあるのなら、愛猫の排泄の回数や量なども把握しておくと、異常があったときにすぐに気付くことが出来るので、日頃から注意深く観察しておくようにしましょう。 まとめ 愛猫がトイレで寝ることがあったり、いつの間にかペット用のケージ内のトイレで寝ていたりすると、なぜあえてトイレで眠ってしまうのか、飼い主として不安になってしまいますよね。 なにかの病気なのかと心配になってしまいますが、ほとんどの場合原因は違う部分にあると考えることが出来るようです。 飼い主さんは猫が抱えている不満を取り除き、生活環境を整えてあげることでしか解決策はないような気もします。 大切なのは愛猫の不可解な行動でも、叱らず原因を追究することです。 言葉が通じ合わないからこそ、猫の気持ちを理解する努力は必要ですし、気持ちを理解することが出来たのなら、もっと絆が深まると思いますので、愛猫が健康で幸せに暮らせる環境づくりを心掛けてあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の

寝る場所作ってあげてる?猫にとって一番快適な寝床を用意するためのポイント

猫が寝る場所

猫が飼い主のそばで寝る意味、二つ目は「添い寝してくれている」これは先ほどと逆で、飼い主のことを自分の子どもや妹弟だと思っているパターンです。 しっかり者や姉御・兄貴タイプの猫に多く見られる傾向で、飼い主のことを「こいつは私(俺)が付いてなきゃダメなんだ」と考えて、そっと守ってくれています。 中には、なかなか寝ない飼い主に「もう寝なさい!」と鳴いて注意したり、飼い主が寝付くまでそばでじっと見ていたりする子もいます。 そしてそのまま朝まで一緒に寝てくれる場合もありますし、飼い主が眠ったのを見届けた後、自分の寝床に移動することもあり、その子の性格や気分によって色々なパターンがあります。 飼い主は利用されているだけなのですが、逆にこの「冬だけ!」の限定感にテンションが上がってしまいますよね。 お互いのぬくもりで心も身体もぽかぽか、愛猫のいい匂いは最高のおやすみアロマ、そして可愛いイビキは至高のヒーリングミュージックです。 思わず「生きてて良かった」と呟いてしまう瞬間です。 ただし、あまり調子に乗ってモフモフスーハーしていると怒られてしまうのでご注意を。 愛猫と仲良く布団で一緒に寝るのは、すべての飼い主にとっての夢ですよね。 これは「飼い主さんの布団の中で暖まりたい」「姿を隠して寝たい」「飼い主さんの匂いに包まれたい」などいくつかの理由が考えられます。 猫は布団に「入る派」と「入らない派」とに割とはっきり分かれていて、後者の子は布団の中の息苦しさや圧迫感が苦手なためか絶対に入ってきません。 珍しく入るそぶりを見せてくれても、ほんの少し布団や飼い主の手がさわっただけで脱兎のごとく逃げていってしまいます。 これも猫あるあるですよね。 ちょうど今のような寒い時期には、猫はたいてい飼い主のそばで寝てくれるのですが、中には「自分の寝床で寝たい」という強いこだわりを持つ子もいます。 そんな子のためにちょっと趣向を変えて「猫用ハンモック」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?以下の記事では就寝用ハンモックの作り方もご紹介しています。 猫が寝る位置と信頼度の関係性、二つ目としては「身体の一部がくっついていると信頼度が高い」という考え方もできます。 よく、仲良しの猫同士がお互いの背中やおしり、尻尾などをくっつけた状態で寝ていることがありますが、これは無防備に寝ている間の安全性を高める習性であるといわれています。 私たち人間も、好きな人や信頼する存在に触れていると何となく安心しますよね。 ただ人間の場合は仕方なく苦手な人にも頼ることがありますが、猫は信頼していない人にわざわざ自分から寄っていくようなことはしません。 これらのことから、猫が身体の一部をくっつけてくる時はあなたを信頼しているということになります。 というのも、飼い主のことを深く信頼していても「自立心が強い」「飼い主の寝相が悪い」「自分専用の寝床が好き」という猫の場合、一緒に寝てくれない可能性があるからです。 また子猫の頃から飼い主さんと一緒に寝てきた場合は、大人になってもそのまま一緒に寝てくれる子が多いのですが、元野良猫だった子の場合、そもそも「人間と一緒に寝る」という考え方を持ち合わせていない子もいます。 一緒に寝てくれないからといって信頼されていないわけではないので、がっかりしないで下さいね。 「猫が一緒に寝てくれるのは信頼の証し」という話を聞くと、どうしても「うちの子は私を信用してくれていないのでは」と思いがちですが、どうか落ち込まないで下さい。 むしろ「猫用ベッドが気に入ってくれたのね、ありがとう!」くらいに思ってみましょう。 猫には、ベタベタするのが苦手なクールな性格の子もいますし、気を遣って飼い主さんのそばになかなか寄り添えないシャイな子もいます。 飼い主さんのがっかりする姿を見て「私のせいだ」と逆に愛猫の方を落ち込ませてしまうことも少なくありません。 そうならないためにも、愛猫と接する時はできるだけ笑顔でいてあげましょう。 優しい飼い主さんの気持ちは必ず伝わります。 猫は意外と、毎日の飼い主の行動をしっかり観察しています。 ご飯をあげる時、いつも適当にお皿に盛っていませんか?トイレを片付ける時、ため息をつきながら掃除していませんか?そんな姿もすべて見られています。 猫は人間と同じで「自分が大切にされている」ということが分かると、とても安心して喜んでくれます。 自分勝手な生き物だと言われることも多いのですが、とても繊細で、飼い主の気持ちをびっくりするほど察知してくれる生き物でもあります。 「猫の信頼度アップは毎日の丁寧なお世話から」ぜひこれを実行してみて下さい。 猫との信頼関係を強めるために「どんな人が猫から好かれるのか」ということを知るのも大事なポイントです。 以下の記事では「猫に好かれる人・嫌われる人」の特徴を解説しています。 愛猫ともっと仲良くなるために、こちらもぜひ参考にしてみて下さいね。

次の