はなちゃん。 安武信吾さんとはなちゃんの、今。あれから10年、父の子育て 第2話

はなちゃんず(日向坂46) まさか 偶然… 歌詞&動画視聴

はなちゃん

略歴 [ ] 貿易商の父親と、の老舗高級中華料理店『華正楼』を実家に持つ母親との間に生まれる。 インターナショナルスクールの高校2年生の時に、雑誌『』の専属モデルとしてデビュー。 以降、『』や『』といった雑誌でも専属モデルとして活躍。 また、教育番組や情報番組の司会やコメンテーター、ラジオのパーソナリティ、CM出演などで活躍する一方、趣味である仏像やお菓子に関する本を執筆するなど、幅広く活動。 尚、弟も「 聖(せい)」の名でモデルデビューしている。 人物 [ ]• 出身校 - の。 同級生にはがいる。 比較文化学部比較文化学科美術史専攻を卒業。 特技 - 、(2級)• 好きな映画監督 - 、、• 好きな作家 - 、、• 好きな音楽 - 気分に合わせて色々と聴き、最近ではソフト・ロックやラウンジ系ミュージックを好む。 趣味 - お菓子づくり、仏像鑑賞、イラスト・文章を書く、旅行、写真• スポーツ - 、、、、• 将来の夢 - 「すてきなおばあちゃんになる事」• フォトブロガーの「hana」が運営するブログに「東京散歩」という物があるが、これは全く別人の同名女性によるもので、多くの人が誤解している。 ちなみに、はなのラジオ番組『タイム・フォー・ブランチ』でのコーナー「はなの東京散歩」の方が開始時期は早い。 尊敬する人 - (画家であり写真家でもあった太郎に魅了されている)• 右顎の口の横辺りに大きなホクロと小さなホクロが2連星をなしているのが特徴である。 は10代の頃からのモデル仲間で親友でもある。 この節のが望まれています。 作品 [ ] DVD [ ]• (1)「わたしのワンピース」他2話収録• (2)「ちいさなきいろいかさ」他2話収録 () 出演 [ ] テレビ(地上波) [ ]• (スカイポート)「クラシックMTV」VJ(1992年4月? - 1998年? 「」(1998年4月 - 2001年1月)- 準レギュラー• 「未来者」(1999年 - 2000年? )司会• 「」(2001年4月12日 - 2002年3月14日、2007年1月 - 3月)- 司会• NHK教育テレビ「」(2000年) - レギュラー• NHK教育テレビ「」(2002年4月 - 2006年3月)- 司会• TBS「」(2006年7月)- 旅人レポーター• 「」(2006年4月 - )- ナレーション• 「」(2006年11月 - 2008年3月)- ナビゲーター• 「(2008年10月17日)• NHK教育テレビ「」すてきな仏像(2009年5月20日)• テレビ朝日「」(2010年1月31日、4月11日、7月25日)- ナレーション• 「1300年目の奈良 やすらぎと彩りを求めて」(2010年3月27日) - 旅人• NHK教育テレビ「」(2010年3月30日 - 2013年3月)- 司会• テレビ朝日「」(2014年8月22日)副題「ありがたくて楽しい!大人の仏教系ホビーをたしなむ」 ほか多数 テレビ(衛星) [ ]• 「シネマ・アイ」(現在放送中)- ナビゲーター。 「パンダ幼稚園」- ナレーター。 映画 [ ]• カメオ出演 ラジオ [ ]• J-WAVE「」(2001年8月5日 - 2013年3月31日)• (2012年8月 - 2013年)• (2016年4月1日 - ) CM [ ]• 「JCBカード」(、との共演)• 「ジョア」・「ソフール」・「ピュアラ」• 「VELTRO」• 「CHATTY TOM」• (2006年、2009年)• WiLL スムースビア(1999年)• (放送終了)• (カタログで弟の聖と共演)TVCM不明• 「ラステア」• 携帯電話• 「ゆたぽん」• 「週刊日本の仏像」創刊キャンペーンTVCMイメージキャラクター• ラフィネ・リフレッシュサロン ()• 「カフェ・プロジェクト」• 「ディフェ Defe changes篇」- ナレーター• 「カンボウ専科」 (、)• ラジオCM「公共広告をあきらめない。 「Neo」- ナレーター その他 [ ]• 2009年度全国キャンペーン「公共広告をあきらめない。 」(ラジオCM・新聞広告) 雑誌 [ ]• (モデルデビュー作)• 他多数 書籍 [ ]• はなのおはなし(1999年、)• はなのとっておきスウィーツBOOK(2002年、文庫)• Oops! ゆっくり英語を好きになる(2002年、)• ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう(2003年、)• はなさんのまだ行ったことのない南九州(2004年、)• タイム・フォー・ブランチ はなの東京散歩(2004年、)• はなのWalkie-Talkie(2005年、)• tiki and dodo's little love(2006年、東京書籍)• おくるおかし(2006年、) 脚注 [ ] [].

次の

はなちゃんず(日向坂46) まさか 偶然… 歌詞&動画視聴

はなちゃん

この作品が含まれるテーマ• はなちゃんがかよう保育園では、毎月、避難訓練があります。 園長先生の放送が流れたら、みんなでテーブルの下にかくれてから避難場所へ急ぎます。 でもすみれ組のはなちゃんは、ちょっとのんびりやさん。 ニコニコちょうちょやお花を見て、おそ〜い。 「はなちゃん、のんびりしてるとつなみにさらわれるぞ! がおがおがお〜んって!」 先生にそういわれたはなちゃんは、そんなのやだ!と、それから「はやあるき」の練習です。 どんなときも、すっすっ さっさっ すっすっ さっさっ すっすっ さっさっ。 ある日、ほんとうに大きな地震がきて……。 東日本大震災で、岩手県の北にある野田村保育所の園児90名、職員14名は、全員、津波を逃れました。 その奇跡的な避難の背景には、毎月の地道な訓練があったといわれます。 あの日の、「だれも泣かず、だれもぐずらず、それはそれはりっぱだったんですよ」と職員(じつは作者の義妹)から聞いた園児たちの姿……。 それが作者の宇部京子さんの心にはずっと残っていて、震災から4年近くの時を経て絵本になりました。 宇部京子さんは岩手県久慈市在住の詩人。 語りかけるようなやわらかな言葉と、イラストレーター菅野博子さんの絵から、園児さんたちの非常時の緊張感やいつもの笑顔がまっすぐつたわってきます。 子どもたちがなぜがんばれたのか。 あるいてあるいて、あるきとおすことができたのか。 不思議でたまりません。 でもこの絵本を読むと、そのわけがわかる気がします。 はなちゃんのはやあるき。 それはじぶんをじぶんでまもる、はやあるき。 ちいさな笑顔と必死さが、わたしたちの胸に力強くやさしく迫ってくる絵本です。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 「奇跡の脱出」としてニュースになった、岩手県野田村保育所をもとにした絵本です。 はなちゃんの通う保育園では、月に一度、避難訓練があります。 でも、のんびりやのはなちゃんは、いつもおくれてしまうので、はやあるきの練習をすることにしました。 そんなある日、とつぜんおおきな地震がおこったのです…。 保育園の子どもたちが、じっさいにおきてしまった災害に立ち向かいます。 じぶんでじぶんの命をまもることの大切さを伝えるお話。 わたし自身も、小学生の頃に、定期的に行っていた避難訓練。 でも、大きな地震を経験したことのなかった自分は、 心のどこかで、「本当に必要になることはない」と甘く考えていたのだと思います。 この絵本を読んでようやく、「避難訓練」の重要さをしっかりと理解しました。 大人がこんなことではいけない、と、恥ずかしく思うと同時に 訓練の機会がなくても、確認と対策をしようと考えるきっかけになりました。 (なーお00さん 30代・その他の方 ).

次の

居酒屋はなちゃん(鶴舞/居酒屋)

はなちゃん

この作品が含まれるテーマ• はなちゃんがかよう保育園では、毎月、避難訓練があります。 園長先生の放送が流れたら、みんなでテーブルの下にかくれてから避難場所へ急ぎます。 でもすみれ組のはなちゃんは、ちょっとのんびりやさん。 ニコニコちょうちょやお花を見て、おそ〜い。 「はなちゃん、のんびりしてるとつなみにさらわれるぞ! がおがおがお〜んって!」 先生にそういわれたはなちゃんは、そんなのやだ!と、それから「はやあるき」の練習です。 どんなときも、すっすっ さっさっ すっすっ さっさっ すっすっ さっさっ。 ある日、ほんとうに大きな地震がきて……。 東日本大震災で、岩手県の北にある野田村保育所の園児90名、職員14名は、全員、津波を逃れました。 その奇跡的な避難の背景には、毎月の地道な訓練があったといわれます。 あの日の、「だれも泣かず、だれもぐずらず、それはそれはりっぱだったんですよ」と職員(じつは作者の義妹)から聞いた園児たちの姿……。 それが作者の宇部京子さんの心にはずっと残っていて、震災から4年近くの時を経て絵本になりました。 宇部京子さんは岩手県久慈市在住の詩人。 語りかけるようなやわらかな言葉と、イラストレーター菅野博子さんの絵から、園児さんたちの非常時の緊張感やいつもの笑顔がまっすぐつたわってきます。 子どもたちがなぜがんばれたのか。 あるいてあるいて、あるきとおすことができたのか。 不思議でたまりません。 でもこの絵本を読むと、そのわけがわかる気がします。 はなちゃんのはやあるき。 それはじぶんをじぶんでまもる、はやあるき。 ちいさな笑顔と必死さが、わたしたちの胸に力強くやさしく迫ってくる絵本です。 (大和田佳世 絵本ナビライター) 「奇跡の脱出」としてニュースになった、岩手県野田村保育所をもとにした絵本です。 はなちゃんの通う保育園では、月に一度、避難訓練があります。 でも、のんびりやのはなちゃんは、いつもおくれてしまうので、はやあるきの練習をすることにしました。 そんなある日、とつぜんおおきな地震がおこったのです…。 保育園の子どもたちが、じっさいにおきてしまった災害に立ち向かいます。 じぶんでじぶんの命をまもることの大切さを伝えるお話。 わたし自身も、小学生の頃に、定期的に行っていた避難訓練。 でも、大きな地震を経験したことのなかった自分は、 心のどこかで、「本当に必要になることはない」と甘く考えていたのだと思います。 この絵本を読んでようやく、「避難訓練」の重要さをしっかりと理解しました。 大人がこんなことではいけない、と、恥ずかしく思うと同時に 訓練の機会がなくても、確認と対策をしようと考えるきっかけになりました。 (なーお00さん 30代・その他の方 ).

次の