皮 むき 手袋。 里芋の下ごしらえと簡単な皮のむき方!皮むき後の冷凍保存の仕方

じゃがいもの皮のむき方!簡単に一瞬でむける裏技伝授♪

皮 むき 手袋

ふとした瞬間、指の皮をむいてしまうようなクセはありませんか?指の皮でなくても、唇の薄皮や爪のささくれなど…身体の皮をむいてしまうようなことを「強迫性皮膚摘み取り症」と呼びます。 意外と多くの人が無意識の内にやっている指の皮むき、そこに隠された心理や改善方法についてご説明します。 強迫性皮膚摘み取り症の心理 強迫性皮膚摘み取り症は、他にも「自傷性皮膚症」や「スキン・ピッキング」という名称でも知られています。 指の皮をむく行為自体は自傷癖の一つとされていますが、実際にはリストカットのような深刻な状態ではありません。 特に「誰かから認められたい」と思う承認欲求が満たされないときなどにもあらわれますね。 指の皮をむく行為と同じように、ニキビや吹き出物などを必要以上に触ってしまうor潰してしまう行為も似たような心理がかかわっています。 爪を噛む行為にも似たように精神的な理由 がありますよ。 ストレスの解消が一番の改善法 強迫性皮膚摘み取り症は、皮をむいた部分だけが色素沈着を起こしたり出血したりしてデメリットだらけです。 また、周囲の人も見ていてあまり気持ちの良いものではないですよね。 これを改善・解消するには、ストレスの解消が最も有効的です。 指の皮をむいているときは、なるべく「自分が今指の皮をむいている」ということに気づけるようにしましょう。 もし気づいたら、そのタイミングでストレス解消に向けて行動してみてください。 甘いお菓子を食べたり、ゆっくりコーヒーを飲んだり、深呼吸してみたり…。 自分が皮をむくタイミングが、ストレスのあらわれるタイミングです。 そのタイミングさえ掴んでしまえば、症状も一気に快方へと近づけますよ。 ネイルや手袋で物理的な対策をする 指の皮をむいてしまう人や、爪のささくれをむしる・もしくは爪を噛むような人は、ハンドクリームやマニキュアなどで対策しましょう。 こまめにハンドクリームを塗っておけば、クリームを塗った箇所の皮をわざわざむしる気も起きにくくなります。 マニキュアの塗られた爪を噛んだりささくれをむしるのも、ちょっと抵抗がありますよね。 「皮をむきたい」、「爪を噛みたい」といった自分の心境に気づいたら、すぐにハンドクリームやマニキュアで対処しましょう。 唇の皮をむいてしまう人は、リップクリームを塗ると良いですね。 writer:さじや 外部サイト.

次の

山芋は皮ごと食べる?すりおろしの裏技やかゆくならないコツ、保存と冷凍方法も!

皮 むき 手袋

もくじ• com 山芋の栄養と、山芋の皮の栄養 山芋の主な栄養素は、炭水化物です。 エネルギー源になる糖質ですね。 そして、炭水化物、ビタミンB1などのビタミン群とミネラルが、豊富にバランス良く入っているのが、滋養に良いと言われる特徴です。 このように山芋の皮にも、重要な栄養が含まれていると言うことになりますよね。 つまり、 山芋は、丸ごと食べた方が、より栄養が摂れると言うことになります。 しかし、皮ごと食べるデメリットもあります。 それは、皮には残留農薬がついている可能性が高いので、よく洗う必要があるからです。 また、山芋のひげ根は、食感が悪いので、キッチンハサミでしっかり切り落とした方が良いでしょう。 皮ごと食べて、美味しいの? ではほんとうに、山芋を皮ごと食べて美味しいのかどうか?気になりますよね。 そこで、山芋を皮ごと調理して、食してみました。 山芋を皮ごとすりおろした時 まず、山芋を皮ごとすりおろしてみました。 上の写真で、所々茶色く見えているのが、山芋の皮です。 見た目は、ナチュラルな感じで、悪くありませんでした。 では、肝心のお味は、どうでしょうか? 多少、皮の歯ざわりがありますが、風味が良くて、土の香りが漂います。 美味しいですよ。 山芋の皮は薄いので、ちょっとしたアクセントとして、見た目も悪くありませんでした。 では、肝心のお味は?と言うと、これも、まったく問題ありませんでした。 皮のお味は、微かな土の香りと言う感じで、自然派の方には、オススメです。 山間部の民宿で出て来そうなお味で、美味しいですよ。 山芋は、皮ごと食べる 結論として、 山芋は、皮ごと食べるのがオススメです。 ビジュアルも、ナチュラルな印象を受けて、美味しそうですよ。 さらに、山芋の皮は栄養価も高いので、一石二鳥ですね。 com 山芋は冷凍して保存しておくのも、オススメです。 山芋を冷凍すると、細胞が細かく壊れて、すりおろしやすくなり、またかゆくなりにくくなります。 この時に、気をつけたいのが、 山芋は、皮ごと冷凍することです。 次の手順で、山芋を冷凍してください。 冷凍方法 山芋の両端の切り口には、湿らせたキッチンペーパーを当てて、山芋全体をラップで密着して包んで冷凍します。 すりおろし方 山芋をすりおろす時は、ラップを使う分だけ取り外して、ピーラーで 山芋の皮を凍ったままむきます。 この時、残ったラップの部分を持つか、手袋をはめて、山芋に触らないようにすると、かゆくなりにくいです。 山芋の皮がむけたら、 山芋を凍ったまますりおろします。 ただし、冷凍保存してすりおろしますと、多少風味が落ちることがあります。 スポンサードリンク 山芋 長芋 をむいたあとのその後の処理は? 山芋は皮をむくと、黒く変色しやすくなります。 これは、山芋の中のポリフェノールが酸化した色ですので、食べることに問題はありませんが、彩りが良くないですよね。 そこでオススメなのは、昔ながらの色止めの方法として酢水に浸ける方法、これが1番のオススメです。 その他の方法も、ご紹介しますと次のとおりです。 山芋の皮をむいたら、素早く 酢水に浸けましょう。 塩水に浸ける• レモン汁をかける• 熱湯に10秒程度くぐらせる いずれにしても、山芋は変色しやすいので、手早く行った方が良いでしょう。 com 山芋を上手におろす方法は、次のとおりです。 山芋を必要な長さにカットして皮をむき、手早く酢水に浸けましたら、山芋を下ろし金に対して垂直に持って、おろします。 この方が、山芋の繊維が細かくなり、よりねばねばになります。 また、下ろし金は、金属製ではなく、プラスチック製の方が、変色しにくいです。 山芋 長芋 をすりおろすとかゆくなる?理由と対処・予防法! なぜ、山芋はかゆくなるの? 山芋を触るとかゆくなる原因は、山芋に含まれる シュウ酸ナトリウムです。 このシュウ酸ナトリウムは、とげとげした結晶を作り、それが手に刺さる為、手がかゆくなります。 シュウ酸ナトリウムは、酸性のモノで中和されますので、山芋を酢水に浸けたり、レモン汁をかけると、色止めと同時にかゆみ止めにもなります。 電動おろし器を使う など、山芋を触らないでおろすことが、かゆくならない為にオススメの方法です。 でももし、触ってしまいましたら、慌てずに温水に手を浸してくださいね。 シュウ酸ナトリウムが中和されますので、かゆみが引きますよ。

次の

【100均】Seriaの「野菜の皮むきスポンジ」がマジで超すごい件

皮 むき 手袋

スポンサードリンク ダイソーの皮むき手袋使ってみました! ダイソーで見つけた野菜の皮むき手袋。 初めて見た時は、あの「ムッキー」が100円?とびっくりしました〜。 あ、誤解のないように一応書いておきますと、これは「ムッキー」ではありません! 「ムッキーもどき」とか「ムッキーっぽいもの」です。 よくよく見ると片手のみで、右手用・左手用があります。 サイズは1種類のみで、色は濃いピンクとオレンジ。 とりあえず右手用だけ購入して試してみました。 袋から取り出してみると、ゴム手袋自体はめちゃくちゃ厚手。 そこにさらにゴツゴツした突起がいっぱい付いています。 「ムッキー」の実物をじっくり見たことはないんですが、ムッキーより粗い感じがします。 その辺が100円? 早速、じゃがいもの皮をむいてみると・・・。 痛い痛い! これ、結構力がいるんですよ、皮剥くのに。 で、 じゃがいもを支えている素手の左手にも手袋がこすれてしまうんですが、それが痛くて。 手の皮まで剥けそうなので途中で諦めて、後日、左手用も買ってきました。 再度チャレンジ! 両手でじゃがいもを持って、揉むようにこすりますが・・・。 やっぱり結構力が要りますね〜。 しかも手袋がとても厚いので、手を思うように自由に動かせない。 つまり、とっても使いにくいです。 これは私の手が小さくて手袋がぶかぶか過ぎるっていうのもあるとは思うんですが。 なんとか頑張って剥き終わりましたが、めっちゃ疲れました。 で、かなりガシガシやったので、じゃがいもの実もざらざら。 ちょっとしたへこみなら、指先をグリグリやれば皮は取れますが、深いへこみは無理。 芽やキズで傷んだところは包丁を使わないといけないので、時短にはなりませんね。 と言うか 、ピーラーや包丁を使うより倍以上時間かかってる気がする。 まあ、ピーラーや包丁より皮は薄く剥けるので、エコや栄養面を考えるといいのかもしれませんが、とにかく時間と手の疲れが・・・。 でこぼこの少ないメークインだと、ちょっとは楽ですがやっぱり時間はかかります。 で、実の表面もザラザラになりました。 ですが、悪いことばっかりでもないですよ。 新ジャガなら皮が薄いので軽い力でつるつるにむけました! ちょっとしたヘコミもつるん! 人参は持ちやすくこすりやすいので簡単です。 といっても、私は人参は皮むいて使うことがほとんどないんですけどね。 形がいびつで皮をむきにくい生姜も、簡単につるつる。 ヘコミもきれいにむけてます。 で、 一番いいなと思ったのは、ごぼう。 今までは泥を洗い流して、金属たわしで挟んでゴシゴシやってたんですよ。 でも金属たわしに皮が絡んで洗っても落ちにくいし、使いにくいし、不便でした。 でも、この皮むき手袋なら簡単。 ごぼうをつかんですりすりするだけで綺麗に薄皮が取れます。 ごぼうも皮をむく必要はないって聞くんですが、黒いからなんとなく薄皮くらいは取りたいんですよね。 野菜の皮むきスポンジは簡単? 野菜の皮むきスポンジも試してみました。 とうもろこしでできているそうですが、とうもろこしをどうすればこうなるのか、さっぱりわかりませんね。 ちょっと硬めのスポンジの上にとうもろこしでできた研磨面がくっついてます。 この角度で見ると焼き豆腐っぽいな〜。 まずはじゃがいもを剥いてみました。 手袋よりは力は要らないかな〜?って感じですが、時間は結構かかります。 こちらも時短にはなりませんね^^; でも手袋よりは表面はつるっと剥けます。 このスポンジに向いてると思ったのは、れんこん。 レンコンはでこぼこが少ないので平面的なスポンジでもこすりやすく、軽い力できれいに剥けます! 今までレンコンの皮はピーラーで剥いてたんですが、レンコンの皮って薄いのにもったいないなと思ってたんですよね。 このスポンジ、説明書には水で流しながらこすると書いてあるんですが、水出しっぱなしはもったいなさすぎる! なんで水で流しながらかっていうと、スポンジの研磨面に皮が詰まって滑って剥けなくなるから(と思います)。 なら、スポンジに詰まった皮を落としながら、野菜をこすればいいのね。 ってことで、 ボウルや洗い桶に水を貯めて、洗いつつこすると少量の水で済みます! 手袋も同様に、手袋のゴツゴツに挟まった皮を落としながらの方が擦りやすいので、ためすすぎがおすすめです! ちなみに、使った後で手袋やスポンジを洗う時にはたわしを使うと詰まった皮が取れてきれいになりますよ〜。 スポンサードリンク 野菜の皮むきで便利なのはどっち? 手袋、スポンジともすごく便利かって聞かれると「うーん、野菜によるかな?」って感じですかね。 手袋は生地が厚すぎて野菜が持ちにくいっていうのもあります。 私は手が小さいので余計に使いにくいのかも。 じゃがいもは手袋、スポンジとも剥くのに時間も力も必要。 その割にあんまり綺麗に剥けないってことで、私はもう使わないでしょう。 新ジャガなら使ってもいいですが、新ジャガって皮むかないことが多いんですよね。 里芋にはまだ使ったことがないんですが、包丁だとヌルヌルして危険な時もあるから便利なのかな? 便利といえば、手袋の場合、ポテトサラダとかでじゃがいもを皮付きのまま丸ごと茹でてから皮をむく時。 手袋が厚いので、熱いじゃがいもの皮でも剥けます。 これはいいかも。 ただし、手袋が厚いので指が使いにくく、力を入れすぎると実までボロボロになるので、力加減が必要ですけどね。 ごぼうや人参、生姜は早く薄く皮がむけるのでいいと思います。 スポンジはでこぼこが少なく、皮が薄い野菜にはいいと思います。 私が使ってみた中では、レンコンと人参は楽で便利ですね。 <追記> 里芋むいてみました! 結論を言うと、めっちゃいいです。 左が手袋、右がスポンジでむいたもの。 手も痒くならず、滑って怪我をすることもなく、手袋でもスポンジでも簡単に剥くことができました。 里芋の皮って意外と薄いんですね。 モジャモジャの毛がいっぱい生えてるから厚く感じるだけだったようです。 ただし、手袋の場合は毛が絡みつくので後の掃除の方が大変〜。 後のことを考えると、里芋は皮むきスポンジがおすすめ! 管理人のcocaです。 好奇心旺盛で面白いものが大好き!最近は日々進化し続ける100均パトロールにはまってます。 主にダイソー、セリア、キャンドゥ、たまーにワッツ系やフレッツ(詳しい自己紹介と店内撮影許可についてはをご覧ください)。 インスタグラム・ツイッターでは小ネタやブログ更新情報などを投稿しています。 フォロー・いいね喜びます!(無言OK!)• 最近の投稿• 本日の人気記事• 姉妹ブログ カテゴリー• 最近のコメント• に coca より• に real より• に coca より• に より• に 岡田 より アーカイブ•

次の