新 大久保 コロナ。 【コロナ禍】東京「新大久保」でマスクが大量に売られているワケ…ただし今だけ?(デイリー新潮)

コロナ禍で急進化!新大久保でテイクアウト可能「絶品アジア料理」

新 大久保 コロナ

新型コロナ対策で配布される「アベノ」こと、2枚の布マスクが、そろそろあなたの自宅にも届くはずだ。 が、これに先立ち妊婦に配られていた布マスクに、髪の毛混入などの不備があったと報じられている。 となると、やはり頼れるのは使い捨ての「不織布マスク」……? あるところにはあるのに、近所では売っていない。 そんなマスク事情に流通アナリストの渡辺広明氏が迫った。 *** 前回「コロナで続くトイレットペーパー品薄 試される民度…買い占め不要を数字で読み解く」記事で紹介したのは、トイレットペーパーの「供給量」は「消費量」に対して十二分にあり、だから買い占めは不要という話でした。 コロナウイルスの拡大前、アジア以外の国々では、一般の人はよほどの病気のとき以外、マスクを着ける習慣がなかったといいます。 それが一転、世界人口77億人がマスクを求める環境となってしまった。 世界のマスクの約半分が中国で作られていると言われますが、供給量は1日当たり約2億枚だそう。 となると、世界中にマスクが十分に行きわたることは考えにくいわけです。 こうした需要拡大により、中国では今、原材料である不織布「メルトブロー」の値段が高騰しています。 中国の通信社CNSが報じたところによれば〈医療用マスクの「心臓」といわれるメルトブロー式不織布の価格は10倍以上に跳ね上がった〉(3月27日)とのこと。 マスクを中国に頼る日本も、この影響をもろに受けています。 コロナ前に1枚あたり売価10円ほどだった中国製のマスクは、品質にもよりますが、いまや80〜100円で売らなければもとがとれなくなっている。 1箱50枚入りとすれば、4000〜5000円ほどにもなります。 3月末にスーパーマーケットチェーンの「イズミヤ」が、50枚入りマスクを税抜き3980円で販売し、「高すぎる」とネットで炎上していました。 税込み価格でいえば4378円。 なぜなのでしょうか。 店先に並ぶのは50枚入りで「税込み3780円」や「税込み3800円」といった売価のマスクです。 それも一軒や二軒ではありません。 いわゆる韓流エリアとは別の「イスラム横丁」エリアには、税込みで3500円というものもありました(写真2)。 新大久保エリアに通う知人によれば、 「マスクは3月の終わりごろからちらほら売ってはいました。 新大久保に来る人ってだいたい決まっているから、売っている光景にも慣れちゃって、いまやわざわざ買う人はあまり見かけませんね」 だそう。 なぜ、新大久保エリアではマスクを売っているのか。 チェーン展開する小売り店と違って、高い売価で売っても批判されにくい、ということもあるでしょう。 ただ、それにしても安い。 中国からマスクを調達し、小売店に売るビジネスを行っているブローカー氏によると、売り先への卸値は1枚あたり33〜55円とのこと。 コロナ前には3〜10円だったといいますから、高騰のほどがよくわかります。 一方、新大久保のお店は、大手のチェーンと違う独自のルートで、卸しを介さずに仕入れられる。 中間マージンが浮く分、価格を安くできるわけです。 3月末、中国製のコロナ検査キットが粗悪品だとして、輸入したスペインが約5万8000個を返品する騒動がありました。 そのため、先のブローカー氏によると、4月18日付で、中国はマスク輸出の取り締まりを厳しくしたそう。 〈「医療用」といえるか否か、基準を明確にし、そうでなければ「非医療用」と包装に明記しなくてはならない〉〈メーカー名や生産日などの情報は包装に印刷しなくてはならない(シールでの後付けはNG)〉といったルールの厳格化のお達しがあったといいます。 今後の輸出に影響するため、粗悪品は輸出しないという、中国共産党の決意の現れでしょう。 〈包装は小売りのできる形で〉というのも新たなルールです。 こうなるとバルク包装、つまり先の(写真2)のような簡易包装で中国から仕入れることもできなくなります。 包装がしっかりすると、そのぶんモノの容積は増える。 「輸送時に積み込める量が減り、コストアップにつながります」と先のブローカー氏は嘆いていました。 となるとそのコストは、売価にも反映されます。 日本ではシャープなど、マスクの生産を始めた企業があります。 シャープは4月21日から、個人に向けてネット販売も始めました(50枚で税抜き2980円、別途660円の送料)。 こうした新たな生産体制があるから安心だ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本国内生産の一日当たりの供給量は推定650〜850万枚です。 これとは別に、ソフトバンクが中国の自動車メーカーBYDと連携し、医療現場を中心に1日1000万枚を5月から供給すると発表しています。 それでも日本の人口は1億2596万人ですから、やっぱり品不足は続きそうです。 ここまで見てきたように、使い捨てマスクの価格高騰は、日本ではコントロール出来ないため、やむを得ません。 医療従事者など、使い捨てできる不織布マスク不足に困っている人は多いです。 いろいろ言われても、一般人は、使い捨てから布マスクにシフトするべきかもしれません。 渡辺広明(わたなべ・ひろあき) 流通アナリスト。 株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。 現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年4月22日 掲載.

次の

ECナビ

新 大久保 コロナ

新型コロナウイルス感染拡大の防止策として3月から営業自粛を続けている東京都内のライブハウス、新大久保EARTHDOMを支援するBandcampプロジェクトが始動する。 このプロジェクトは、同店にゆかりのあるアーティストらの有志による「HELL Communications」が運営するもの。 6月3日(水)より、FORWARD、STRUGGLE FOR PRIDE、ENDON、サン O ら、国内外100組以上のアーティストが参加するデジタルV. シリーズ『2020, the Battle Continues』が順次配信されていく。 新録や未発表曲など、貴重な音源も多数リリース予定とのことだ。 アートワークは河村康輔が担当した。 第一弾のリリースに合わせて、プロジェクトTシャツの予約受付もスタートする。 本プロジェクトの売り上げは、経費を除き、全てがEARTHDOMの支援に充てられるそうだ。 EARTHDOM支援プロジェクト『2020, the Battle Continues』 Vol. bandcamp. MULTINATIONAL CORPORATION liliih.

次の

【新大久保】韓国料理おすすめ7選!コスパ抜群&本当に美味しい店を厳選!

新 大久保 コロナ

当店は東京都新宿区 JR新大久保駅から徒歩1 分 コリアンタウンの玄関口で 韓国海鮮専門店として営業しています。 『サンナッチ』や 『カンジャンケジャン』 が最近では話題になり3月までは休日になると列ができてお待ちいただくほどに多くのお客様にお楽しみいただけていました。 【新型コロナウィルスによる影響】 多くの観光客や買い物客、お食事で多数が訪れていた新大久保の街も4月〜5月 特に緊急事態宣言がだせれた後は新型コロナウィルスの自粛要請の中、飲食店は客足が少なくお店を辞める方も少なくない状況になってまいりました。 【インターネットを活用して希望を繋ぐ】 当店も苦肉の策ではございますが通信販売やテイクアウトに力をいれ残ってくれた従業員と共に営業をしております。 通信販売を特に力をいれた理由としましては 事態がおさまった時に また新大久保の街にみなさまが旅行やお食事、お買い物でまたご家族やご友人、お一人ででも足をお運びいただくきっかけづくりになればという思いからです。 この不況の中で営業時間を短縮してテイクアウトや通信販売で凌ぐ店舗ばかりですが、 コロナ渦の中、飲食店はみんな頑張ってます!テジョンデも頑張ってます!このような大変な情勢のなかではございますが 当店の料理を一度御賞味ください。 当店『テジョンデ』は韓国式の海鮮専門店として東京No. 1のコリアンタウン新大久保で 2000年の開店からみなさまに愛されつづけて今年で20年目を迎えました。 コリアン タウン新大久保駅から1分の玄関口に位置し地元の皆様や、常連のお客様に支持していた だき連日盛況をいただいています。 テレビ番組「とんねんるずのみなさんのおかげでした」のコーナー食わず嫌い王決定戦 や、めざましテレビに取り上げられました、生イイダコの踊り食い『サンナッチ』や、 週間誌女性セブンの「お取り寄せグルメ」などでも紹介されてました渡り蟹の醤油漬け 『プレミアムカンジャンケジャン』など当店の魅力ある商品です ご興味ありましたら是非当店にてお求めください。

次の