アレジオン 点眼 コンタクト。 アレジオンLXが発売|LXの意味は?薬価や発売日、コンタクトの可否、従来品との違いなどの特徴

ソフトコンタクトの上から点眼可能な抗アレルギー点眼薬【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

アレジオン 点眼 コンタクト

参天製薬 アレジオンLX点眼液0. 1%(R1年11月発売)勉強会 従来のアレジオン点眼液0. 1%の0. 1%に注目!!濃度が2倍です。 現在発売されている抗アレルギー点眼液は1日4回の用法ですが、 今回発売されたアレジオンLX点眼液0. 1%は国内初の1日2回(朝、夕)、8時間持続型の抗アレルギー点眼液です。 防腐剤もフリーのため、コンタクトレンズの上からでも点眼が可能です。 アレジオンLX点眼液が開発に至った理由…。 1日4回の点眼用法は就業、家事、就学時の点眼は困難、特に就学時においては昼、夕の点眼が特に難しいと言われている。 実際に抗アレルギー剤を1日4回用法通りに点眼できている方は全体の4%程度という統計が出ています。 そのなかでも、かゆみの症状があるときに症状に合わせて点眼を少なく使用したり、多く使用したりされている場合もあると報告がありました。 抗アレルギー剤点眼の1日4回(朝、昼、夕、および就寝前)点眼(1日2回点眼液の場合は1日2回(朝、夕)点眼)の用法・用量をきちんと守って点眼しましょう。 目のかゆみなどの症状に伴いQOL(生活の質)も低下することが分かっています。 かゆみを感じてからの点眼では遅い場合が多く、かゆみの発生抑制のために持続した点眼濃度、用法・用量の遵守が必要になってきます。 アレジオンLX点眼液%は従来発売されているアレジオン点眼液0. 05%より濃度が2倍であり、効果の持続時間も8時間であるため、かゆみの発生抑制に有効であります。 濃度が2倍であるために、従来品よりかゆみの減少も早く実感できることが期待できます。 アレルギー初期療法として、かゆみが起こる前からの点眼開始が勧められています、点眼回数を減らすことで患者さんの負担も減り、かゆみの発生抑制が期待できます。 また、涙液に近いpH、浸透圧のため、点眼時に沁みにくい。 という液性でもあり、患者さんが負担なく点眼継続できるように考えられています。

次の

花粉症の目薬比較 コンタクト着用の可否

アレジオン 点眼 コンタクト

記事の内容• 回答:装着したまま点眼して大丈夫 2014年12月から、『アレジオン(一般名:エピナスチン)』点眼液は、コンタクトレンズをつけたまま点眼ができるようになりました。 通常、点眼する際はコンタクトレンズを外してから点眼し、更に10分の間隔を置いてから装着し直す必要があります。 これは、点眼液に使われている防腐剤「ベンザルコニウム」が、ソフトコンタクトレンズに吸着し、目に悪影響を及ぼす恐れがあることが理由の一つです。 『アレジオン』点眼液は、他の点眼液に先駆けて「ベンザルコニウム」を使わない製剤になり、ソフトコンタクトレンズを装着したままの点眼が可能になりました。 そのため、多くの点眼液では防腐剤である「ベンザルコニウム」が使用されています。 この「ベンザルコニウム」は通常、全く問題にはなりません。 点眼液が眼と接触している時間は僅かだからです。 しかし、「ベンザルニコウム」はソフトコンタクトに吸着しやすい性質を持っています。 そのため、レンズコンタクトレンズを装着したまま点眼すると、「ベンザルコニウム」はレンズに吸着し、長時間、眼の角膜と接触することになります。 長時間、角膜と「ベンザルコニウム」が接触し続けていると、角膜に害を及ぼすことが報告されています1。 1 第25回日本緑内障学会「角膜ジストロフィと塩化ベンザルコニウム」 ただし、点眼時にはレンズを外し、その後10分の間隔を置いて装着し直すことで、この吸着は回避することができます2。 2 CLAO J. これらの成分はソフトコンタクトレンズに吸着されないため、装着したまま点眼することも可能です3。 3 アレジオン点眼液0. がありますが、治療効果にはそれほど大きな違いはありません。 コンタクトレンズの着脱が面倒な場合は、一度主治医と相談することをお勧めします。 4 CLAO J. 23 2 :96-9, 1997 PMID: しかし、1日使い切りのコンタクトレンズなどでは吸着量も少なく、問題にならない可能性も考えられます。 短期間しか点眼しない場合には着脱を繰り返す方が角膜に良くない場合もありますので、一度主治医と相談するようにしてください。 本記事は、2016年3月29日の「MEDLEYニュース」にも寄稿させて頂きました。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

ソフトコンタクトの上から点眼可能な抗アレルギー点眼薬【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

アレジオン 点眼 コンタクト

アレジオン点眼液はコンタクトレンズの上からでも点眼「OK」です。 結論から言うと、 アレジオン点眼液はコンタクトレンズを装着した上からでも 問題なく点眼することができます。 コンタクトレンズユーザーで アレジオン点眼液を眼科や病院で処方されたという人は安心して使ってください。 アレルギーを抑える点眼液としては「唯一」の点眼液です。 今のところ。 ちなみに、花粉症や結膜炎などのアレルギーを抑える点眼液としては、 コンタクトレンズの上から点眼OKなのはアレジオン点眼液が「 唯一」です。 アレルギーを抑える点眼液としてはアレジオン点眼液の他にもいくつかあります。 「リザベン点眼液」 「パタノール点眼液」 「リボスチン点眼液」 などですが、 コンタクトレンズの上から点眼OKと 公式にアナウンスされているのはアレジオン点眼液だけです。 実は2014年12月にコンタクトレンズの上からでも使えるように「仕様変更」になりました。 ちなみに、実はアレジオン点眼液も、 2014年12月以前はコンタクトレンズの上からは点眼することができませんでした。 というのも、2014年12月にアレジオン点眼液は ちょっとした仕様変更になったからです。 配合されている成分の「一部」が変更になったんです。 防腐剤に「ベンザルコニウム塩化物」が使われなくなったからです。 なにが変更になったのかというと「 防腐剤」です。 アレルギーを抑える点眼液の多くは防腐剤として 「 ベンザルコニウム塩化物」が使われています。 ベンザルコニウム塩化物という成分は粒子のサイズがわりと大きめで、 しかもコンタクトレンズにくっつきやすいという特徴があるため、 コンタクトレンズを装着した上からの使用は推奨されていません。 おそらく、洗浄液でも落ちにくいんだと思います。 なので、長期間使っているとだんだん、 レンズの表面にベンザルコニウム塩化物が蓄積していってしまい、 目の角膜を傷つけてしまう可能性があるんです。 実はアレジオン点眼液は2014年12月にそんな「ベンザルコニウム塩化物」から 「リン酸水素ナトリウム水和物」と「ホウ酸」に防腐剤を変更しました。 それによって コンタクトレンズの上からの点眼もOKになったんですね。 ネックは「お値段」が他の点眼液の2倍くらいしてしまうところかも。 コンタクトレンズユーザーとしては嬉しい、 レンズの上からでも点眼OKなアレジオン点眼液なのですが、 ネックが1つあります。 それは、 お値段がとても高いというところです。 他のアレルギーを抑える点眼液に比べると約2倍ぐらいしてしまいます。 具体的に言うと、 パタノール点眼液が1本約1000円(保険未適用の場合)だとすると、 アレジオン点眼液は1本約2000円(保険未適用の場合)します。 結構高いですね〜。 コンタクトの上から使えない点眼液でも、ワンデーなら「OK」になることもあります。 ちなみに、公式には、 コンタクトレンズを装着した上から点眼できる アレルギーを抑える点眼液はアレジオン点眼液しかないんですが、 1日で使い捨てることができるワンデーコンタクトレンズを使うのであれば、 コンタクトレンズには使ってはいけないと言われている 他の点眼液でも使っていいと言っている眼科医の先生も意外に多いです。 「 パタノール点眼液でも ワンデーコンタクトレンズで1日で使い捨てるのであれば 装着した上から点眼しても大丈夫ですよ」 とかですね。 もし、ワンデーコンタクトレンズを使っていない人で、 コンタクトを装着したまま点眼したいという人は、 ワンデーコンタクトレンズを検討してみるのもいいかもしれません。 参考記事: コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。 コンタクトレンズってどうやって買っていますか? 眼科に行って買うという人。 駅前のコンタクトレンズショップに行って買うという人。 通販で買うという人。 いろいろいるのではないかなと思います。 でも、やっぱりお得に買いたいのであれば 通販で買うのがいいのではないかなと思います。 なんといっても1箱あたりの値段が安いですし、 最近では送料無料というところも多いです。 処方箋不要もあたりまえになってきていますし。 ちなみに価格比較をしたい場合は、 というサイトが結構便利です。 送料込みの価格で比較しているのですごく分かりやすいです。 しかも、価格情報は毎日更新されています。 コンタクト通販ショップをひとつひとつチェックしていくのは 結構大変だったりするので手間もはぶけると思います。 検索: 検索 最近の投稿• 2017年11月12日• 2017年11月12日• 2017年11月12日• 2017年11月1日• 2017年10月29日 カテゴリー• 258• 105• 2 アーカイブ アーカイブ.

次の