やまき レバー 生。 超ディープな“おうち居酒屋”のホルモン焼レシピ | ガジェット通信 GetNews

【しゃも料理】やまき

やまき レバー 生

(またまた再訪) 花園町~新今宮にかけての昼酒はしご呑み4軒目。 今回、萩ノ茶屋お初の同行者であったので、こちらのお店ははずせない。 さくっとホルモン食って、次の店へ向かいましょうか。 「やまき」でディープ感に浸っていただきましょう。 相変わらずの人気店。 ただ2人くらいなら端っこに潜り込めそうです。 ビールもさんざん飲んできたので、ここでは缶酎ハイ(250円)。 ここのホルモンやと、ビールよりもこっちの方が合うかも。 とりあえず、各1人、ホルモン2本と肝1枚を頼みます。 1本60円なので、これだけでもたった180円。 缶酎ハイと合わせてもワンコインいきません。 ホルモン2本。 2度漬け禁止のタレにざくっとくぐらせていただく。 このホルモン自体はまあ値段相応だなって味わいなんですけど、 にんにくたっぷり、辛みもあるパンチの効いたこのタレが私は好き。 このジャンキーさが、この店の雰囲気とぴったり合います。 そして、レバーもいただきます。 こちらは中はちょっとレア気味に焼かれているので、 生レバー好きな私にはぴったり。 うん、いつもながらB級感たっぷり! これぞ、大阪ディープB級店の代表格やと思います。 (再訪) 萩之茶屋でのはしご1軒目・・・ 結構、同行者も気に入ったらしく、長居しました。 次のお目当ての店に行く前に、 これぞ萩之茶屋って店にも寄りましょかってことでこちらに。 ホルモンのやまきです。 このオープンな立ち飲み風情。 相当有名店になりましたので、この日も満員御礼。 ただ、また優しく立ち位置を譲っていただきました(^^) ここで飲んでいる方々、いつも気さくなんですよね。 ドリンクは私はラガー350缶(280円)、同行者はハイリキ酎ハイ(250円)に。 もうすぐに1杯ひっかけて次に行くつもりやったんで、 各自ホルモン1本(60円)ずつに、レバー(60円)を一枚頼みました。 手際よく、焼かれるホルモン。 これをどぎつい色をしたタレにくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 (以前の記事) ここはディープな萩之茶屋本通商店街でもかなりのディープさを誇っています。 「やまき」です。 店先の鉄板の周りをぐるりと取り囲む形で「ホルモン焼き」をむさぼり食う。 そんな光景が目の前にあります。 まるで屋台のような店。 で焼かれているのは、ホルモンとキモというシンプルな構成であり、 両方とも1本60円という低価格設定。 ここでは飲みもんは缶ビールか、缶酎ハイか、カップ酒という選択なので、 缶ビール(280円)とホルモン串(60円)を二人で4本注文。 ご覧のような串が出来上がってくる。 これをまた、写真のようなつけダレの中へどぼどぼと串をつけて喰らうのだ。 このつけダレが「刻んだにんにく」のようなもんと、 「唐辛子」であろう赤い粒粒が効いているせいか、非常にパンチのある味付けである。 いや~ニンニク&辛いもの好きの自分にはこのタレは絶妙でしたね~ このホルモンとタレのマッチングが非常に気に入ってしまった。 合計2人で800円のおあいそ。 しかし、この店ははっきり言って、ちょっとこの街に溶け込んだ人間でないと、 その店先で食うのは勇気がいります。 ただ、地元小学生の女の子が、普通に串を持ち帰りで買って帰っていたのには、 びっくりしたなあ~(^^;) さすが西成の子やわ。 再訪) 他にもホルモン焼き屋に行ったのだが、 結局はここのを食べたくなります(^^) 以前は選択できていたのかな? 前はスーパードライだけやったと思うのですが、 今回は、LAGER(280円)をチョイスできました。 頼んだのはホルモン串、各2本。 これを強烈なパンチのある2度漬け禁止のタレにくぐらせていただく。 同行者は、ここのホルモン、初めてであったのだが、 そのにんにくの強烈さに閉口していた。 自分はにんにく好きなので、大丈夫だが、 人を選ぶホルモンかも知れませんね。 このにんにく風味ホルモンがめっちゃ旨いんやけどな~(^^;) 再訪) この界隈に飲みに来ると、無性にこの店のホルモンだけは食いたくなる。 ただ、相当な人気店のため、その鉄板周りに立とうにも、 なかなかスペースがないのだ。 そのディープな雰囲気ゆえに、普通の人間ならば、 その輪の中に入ることも躊躇してしまうだろう。 ただ、同じ酒飲み・・・皆さん、すごく優しく立ち位置を譲ってくださいます。 そんな大人気のホルモン屋台「やまき」です。 さあ、どんどんホルモンが焼かれていきます。 そのメニューはたった2種類、串にささったホルモンと、あとはキモです。 両方とも値段は60円!!! また酒も、280円のラガーかスーパードライの缶ビール、250円のハイリキ酎ハイ、 それにカップ酒が置いているだけである。 その串を2度漬け禁止のこちらのツケダレにどぼっとくぐらせます。 ニンニク、唐辛子風味がたっぷりの、パンチのあるタレなのだ。 ホルモンてっちゃんのプニュっとした舌触りと、このタレの相性が抜群! この値段で食えるホルモンとは思えない旨さである。 またキモも大雑把にカットされているが味わい深い。 ここの店の前を初めて通った方は、おそらく最初ここの鉄板の前に立つのは、 勇気がいることであろう。 しかし、立ってしまうと、どうってことありません。 「ラガーに、あとホルモン2本、キモ1!」って言ってしまえば、 ワンコイン弱460円で、ええ立ち呑み屋台雰囲気を満喫できますよ。 旨さ…………15点 安さ…………20点 店の雰囲気… 9点 B級度………18点 印象度………17点 総合評価……79点 評価Bランク 住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7 電話:06-6634-3535 営業時間:[月~金]14:00~21:00 [土・日]11:00~21:00 定休日:不定休.

次の

豚レバーを半生で食べてしまいました。

やまき レバー 生

大阪地下鉄フリー切符はしご酒ツアー7軒目。 こちらのお店は、今回どうしても行きたいという同行者の希望。 どうやらテレビで取り上げられたみたいですね。 私もその存在は知ってはいました。 ただ、大正駅からは相当歩く(15分ちょっと)し、 雰囲気が萩ノ茶屋今池の「やまき」にそっくりなんよね。 だから、ここまで来なくても、「やまき」に行けばええやんと、 今回ようやく初訪問となりました、ホルモン「ちから」です。 はい、「やまき」ご存じの方なら、 めっちゃ外観似てるやんって思いますでしょ(^^) それに、店前の鉄板もこんな感じです。 ますます、「やまき」そっくりやんって声があちこちから聞こえますね~ メニューもこんなのです。 はい、こちらも全く一緒のメニュー構成で値段も一緒、 ホルモン、キモ共に1串60円です。 あと、アルコールは缶ビールが300円。 とりあえずお試しにと、ホルモンとキモを私は1本ずつ。 鉄板のとこに置いてある、タレにずぼりとくぐらせます。 んん?味に全くパンチがありません。 このタレはやまきと違い、色合いがどぎつくないなって思いましたが、 明らかにまろやか過ぎます。 あのにんにく・唐辛子がパンチを効かせた風味を感じられない。 それに、キモがカスカスに焼き過ぎ。 やまきでは串にささず、レア状態に大きいのを出されるので、 生レバー好きな私には、あのキモの方が好きです。 ホルモン、キモ、1本ずつ食べた時点で、もういいやって状態。 「やまき」を知ってる私はそれで終わらせましたけど、 同行者はまだ食うと2本目いっとりました。 はい、欲求不満な私です・・・ さーて、どうやって続きますか・・・・ 参考記事) 旨さ…………10点 安さ…………18点 店の雰囲気… 9点 B級度………19点 印象度……… 5点 総合評価……61点 評価Cランク 住所:大阪市大正区泉尾2丁目12-15 電話:なし 営業時間:15:00~19:30 定休日:月曜.

次の

ホルモンのカロリーは低くてダイエット中に食べても痩せる!大阪の名物ホルモン「やまき」でおいしく楽しんできたよ!

やまき レバー 生

大阪地下鉄フリー切符はしご酒ツアー7軒目。 こちらのお店は、今回どうしても行きたいという同行者の希望。 どうやらテレビで取り上げられたみたいですね。 私もその存在は知ってはいました。 ただ、大正駅からは相当歩く(15分ちょっと)し、 雰囲気が萩ノ茶屋今池の「やまき」にそっくりなんよね。 だから、ここまで来なくても、「やまき」に行けばええやんと、 今回ようやく初訪問となりました、ホルモン「ちから」です。 はい、「やまき」ご存じの方なら、 めっちゃ外観似てるやんって思いますでしょ(^^) それに、店前の鉄板もこんな感じです。 ますます、「やまき」そっくりやんって声があちこちから聞こえますね~ メニューもこんなのです。 はい、こちらも全く一緒のメニュー構成で値段も一緒、 ホルモン、キモ共に1串60円です。 あと、アルコールは缶ビールが300円。 とりあえずお試しにと、ホルモンとキモを私は1本ずつ。 鉄板のとこに置いてある、タレにずぼりとくぐらせます。 んん?味に全くパンチがありません。 このタレはやまきと違い、色合いがどぎつくないなって思いましたが、 明らかにまろやか過ぎます。 あのにんにく・唐辛子がパンチを効かせた風味を感じられない。 それに、キモがカスカスに焼き過ぎ。 やまきでは串にささず、レア状態に大きいのを出されるので、 生レバー好きな私には、あのキモの方が好きです。 ホルモン、キモ、1本ずつ食べた時点で、もういいやって状態。 「やまき」を知ってる私はそれで終わらせましたけど、 同行者はまだ食うと2本目いっとりました。 はい、欲求不満な私です・・・ さーて、どうやって続きますか・・・・ 参考記事) 旨さ…………10点 安さ…………18点 店の雰囲気… 9点 B級度………19点 印象度……… 5点 総合評価……61点 評価Cランク 住所:大阪市大正区泉尾2丁目12-15 電話:なし 営業時間:15:00~19:30 定休日:月曜.

次の