日光 東照宮 徳川 家康。 徳川家康の墓が日光東照宮にある理由とは?2代目将軍秀忠との関係

日光東照宮|家康のお墓がある世界遺産の見どころ

日光 東照宮 徳川 家康

パワースポットとしての日光東照宮 日光の人気観光スポット「 日光東照宮」は1617年に、徳川家康公を祀る神社として、2代将軍徳川秀忠公により建てられました。 その後、1634年~1636年にかけて、3代将軍徳川家光公により造替されました。 現在そのほとんどの建築物などが、 国宝や重要文化財に指定され、1999年には、世界遺産にも登録されました。 国内はもとより、海外からの観光客でも連日賑わっています。 日光東照宮は江戸城(現在の皇居)の真北にあり、北の守りを固める重要な位置にあります。 風水・陰陽道のさまざまな手法を使って、運気の良い場所、大地のエネルギーがみなぎる場所に造り上げられたパワースポットとなっています。 本殿前に造られた 陽明門は真南を向いていて、真北を向いている江戸城と向かい合わせになっている位置にあります。 長きにわたって続いた江戸時代の繁栄を思うと、 「日光東照宮」のおかげとも考えられます。 ですから、 日光東照宮は、単に世界遺産というだけではなく、その パワースポットとしての恩恵を被ろうと世界中の人が集まって来ます。 日光東照宮は日光連山の霊山と言われている「男体山」から、男性的な力強いエネルギーを「女峰山」からは 女性的な柔らかで優しさに包まれたエネルギーを受けていると言われ、「子宝」「恋愛成就」によいとされています。 この地形が大地のエネルギーを産み、仕事運、勝負運、上昇運などのパワーをもらえる場所として、有名になりました。 そして、地元の方も驚いていましたが、 東照宮の建っている岩盤は非常に強いそうです。 江戸城を護る役目の 日光東照宮が地震で壊れたということになったら困りますから、そうしたことも考慮されて建てられたのでしょう。 日光東照宮の3大強烈パワースポット いろは坂を登って、湯元温泉に向かう道、中禅寺湖北岸の、男体山山麓に位置する「二荒山神社 中宮祠」があります。 男体山の山頂の 二荒山神社奥宮と、日光市内の 二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれているようです。 言うまでもなく、ここも強力なパワースポットの一つとなります。 勝ち運をあやかる、 商売繁盛、勝ち運上昇、家運隆昌、良縁成就、子授け、安産、子育てと多種多様なパワーがあると言われています。 実は、筆者である私、先日ここを訪れました。 写真はその時のものです。 少し蒸し暑い日でしたが、境内は少しひんやりした感じがしました。 これがパワーか!?と思ったほどです。 手水舎で手と口をきれいにしてから、参拝します。 他に参拝者は1組くらいしかいなかったので、ゆったり参拝することができました。 建物の多くは重要文化財に指定されていますから、建築物の鑑賞も楽しめます。 霊山と言われる男体山の入り口はこの敷地内にあり、何とも言えない霊験あらたかな感じが漂っています。 東京方面から奥日光まで車でお越しになる場合、清滝ICで降りると日光駅付近を通り過ぎてしまいますから、東照宮・二荒山本社へは立ち寄りにくくなります。 そういう場合でも、ここは、中禅寺湖沿い、奥日光への通り道にあり、脇道に入ることもなく立ち寄れますから、おすすめのパワースポットです。 この日は仕事もあり、男体山登山はできませんでしが、いつか挑戦したいものです。 右の画像は男体山への入り口ですが、ほんの少しだけ(といっても10mくらい)登ってみました。 先ほど感じたよりもさらにひんやりとして、心身共に洗われたような感触を受けました。 "マイナスイオン"も"パワー"もたっぷりもらえる滝で心身ともに元気になろう! パワースポットではその効果を活かすためにはコツがあります。 とにかく行けばご利益があるというものでもないようです。 東照宮など神社を訪れた場合は、神社のしきたりを守りましょう。 鳥居をくぐる時は一礼します。 参道の真ん中は神様が通るところなので、 神前への道は端を歩きます。 参拝の前には、身を清める意味で、手水舎で手と口を清めます。 (柄杓に口はつけません) 神様の前へは身も心も清らかな状態で臨みます。 そのために、本来は毎回沐浴をするのが正式でしたが、負担が大きいため、手と口をすすぐ「手水舎」を設けたのは日光東照宮が一番初めだったそうです。 パワーをいただくためには晴れた日の早朝がいいと言われています。 晴れた日の早朝は何もなくてもすがすがしいもの。 人があまり多くない時間帯、そして陽がまだ高く登らない時間がいいとされています。 パワースポットを待ち受け画面に 最近、運気が上がるとしてパワースポットの待ち受け画面というのが流行っているようですが、 せっかくですから、自分で訪れたパワースポットの写真を撮影して、パソコンのデスクトップや、スマホや携帯の待ち受け画面にしてみましょう。 いつも持ち歩いているスマホならより効果的かもしれません。 日光東照宮からいろは坂を登って、滝を巡り、奥日光湯元温泉へ.

次の

御遺訓|久能山東照宮について|久能山東照宮|静岡

日光 東照宮 徳川 家康

入り口の門に彫られた「眠り猫」と「雀(すずめ)」 その意味は、平和な世の中を願って作られていると言われております。 ・坂下門 静寂な石畳と石段 石畳を包み込む東照宮の森 徳川家康からのメッセージ(遺訓) 「人の一生は荷物を負うて、遠き道を行くが如し、急ぐべからず」 東照宮御遺訓 はっ!最近、焦ってた!なんて気付きを与えて頂いたり。 ・御宝蔵 ・狛犬 奥宮の拝殿 徳川家康公のお墓 宝塔 5m 周りをぐるりと1周する事が出来ます。 ・宝塔の前に鶴と亀 ・叶杉(かなうすぎ) 御宝塔から空を見上げると、そこにはさえぎる物が無い「空」がありました。 石畳 著者個人としては一番印象に残っており、その雰囲気から身が引き締まる感覚を得ました。 まとめ 拝殿や東宝があるエリアも神秘的です。 また日光の深い森の中をすすむ石畳や石段も神聖な雰囲気が漂います。 近代的なものが一切ない空間なので古き時代にタイムスリップしたかの様な感覚を得られるかもしれません。 徳川家康公へのご挨拶や、願い事をしに行ったり、パワーをもらいに行くなど、日本に来たら一度は訪れたい場所の一つと言っていいでしょう。 ビジネスマンや経営者の方にもお勧めです!.

次の

日光東照宮の歴史とは?小学生や子供にも分かるよう簡単に解説

日光 東照宮 徳川 家康

パワースポットとしての日光東照宮 日光の人気観光スポット「 日光東照宮」は1617年に、徳川家康公を祀る神社として、2代将軍徳川秀忠公により建てられました。 その後、1634年~1636年にかけて、3代将軍徳川家光公により造替されました。 現在そのほとんどの建築物などが、 国宝や重要文化財に指定され、1999年には、世界遺産にも登録されました。 国内はもとより、海外からの観光客でも連日賑わっています。 日光東照宮は江戸城(現在の皇居)の真北にあり、北の守りを固める重要な位置にあります。 風水・陰陽道のさまざまな手法を使って、運気の良い場所、大地のエネルギーがみなぎる場所に造り上げられたパワースポットとなっています。 本殿前に造られた 陽明門は真南を向いていて、真北を向いている江戸城と向かい合わせになっている位置にあります。 長きにわたって続いた江戸時代の繁栄を思うと、 「日光東照宮」のおかげとも考えられます。 ですから、 日光東照宮は、単に世界遺産というだけではなく、その パワースポットとしての恩恵を被ろうと世界中の人が集まって来ます。 日光東照宮は日光連山の霊山と言われている「男体山」から、男性的な力強いエネルギーを「女峰山」からは 女性的な柔らかで優しさに包まれたエネルギーを受けていると言われ、「子宝」「恋愛成就」によいとされています。 この地形が大地のエネルギーを産み、仕事運、勝負運、上昇運などのパワーをもらえる場所として、有名になりました。 そして、地元の方も驚いていましたが、 東照宮の建っている岩盤は非常に強いそうです。 江戸城を護る役目の 日光東照宮が地震で壊れたということになったら困りますから、そうしたことも考慮されて建てられたのでしょう。 日光東照宮の3大強烈パワースポット いろは坂を登って、湯元温泉に向かう道、中禅寺湖北岸の、男体山山麓に位置する「二荒山神社 中宮祠」があります。 男体山の山頂の 二荒山神社奥宮と、日光市内の 二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれているようです。 言うまでもなく、ここも強力なパワースポットの一つとなります。 勝ち運をあやかる、 商売繁盛、勝ち運上昇、家運隆昌、良縁成就、子授け、安産、子育てと多種多様なパワーがあると言われています。 実は、筆者である私、先日ここを訪れました。 写真はその時のものです。 少し蒸し暑い日でしたが、境内は少しひんやりした感じがしました。 これがパワーか!?と思ったほどです。 手水舎で手と口をきれいにしてから、参拝します。 他に参拝者は1組くらいしかいなかったので、ゆったり参拝することができました。 建物の多くは重要文化財に指定されていますから、建築物の鑑賞も楽しめます。 霊山と言われる男体山の入り口はこの敷地内にあり、何とも言えない霊験あらたかな感じが漂っています。 東京方面から奥日光まで車でお越しになる場合、清滝ICで降りると日光駅付近を通り過ぎてしまいますから、東照宮・二荒山本社へは立ち寄りにくくなります。 そういう場合でも、ここは、中禅寺湖沿い、奥日光への通り道にあり、脇道に入ることもなく立ち寄れますから、おすすめのパワースポットです。 この日は仕事もあり、男体山登山はできませんでしが、いつか挑戦したいものです。 右の画像は男体山への入り口ですが、ほんの少しだけ(といっても10mくらい)登ってみました。 先ほど感じたよりもさらにひんやりとして、心身共に洗われたような感触を受けました。 "マイナスイオン"も"パワー"もたっぷりもらえる滝で心身ともに元気になろう! パワースポットではその効果を活かすためにはコツがあります。 とにかく行けばご利益があるというものでもないようです。 東照宮など神社を訪れた場合は、神社のしきたりを守りましょう。 鳥居をくぐる時は一礼します。 参道の真ん中は神様が通るところなので、 神前への道は端を歩きます。 参拝の前には、身を清める意味で、手水舎で手と口を清めます。 (柄杓に口はつけません) 神様の前へは身も心も清らかな状態で臨みます。 そのために、本来は毎回沐浴をするのが正式でしたが、負担が大きいため、手と口をすすぐ「手水舎」を設けたのは日光東照宮が一番初めだったそうです。 パワーをいただくためには晴れた日の早朝がいいと言われています。 晴れた日の早朝は何もなくてもすがすがしいもの。 人があまり多くない時間帯、そして陽がまだ高く登らない時間がいいとされています。 パワースポットを待ち受け画面に 最近、運気が上がるとしてパワースポットの待ち受け画面というのが流行っているようですが、 せっかくですから、自分で訪れたパワースポットの写真を撮影して、パソコンのデスクトップや、スマホや携帯の待ち受け画面にしてみましょう。 いつも持ち歩いているスマホならより効果的かもしれません。 日光東照宮からいろは坂を登って、滝を巡り、奥日光湯元温泉へ.

次の