メガ ソーラー と は。 2020年 メガソーラーたけとよへ行く前に!見どころをチェック

【メガソーラーランキング】日本で一番大きな太陽光発電事業者は?

メガ ソーラー と は

メガソーラー こちらでは、太陽電池パネルを設置して太陽光の力を利用する「太陽光発電」と、企業や自治体が事業として展開している大規模太陽光発電所「メガソーラー」についてのご紹介をしています。 発電そのものの仕組みやメリットデメリットなどをいった解説をご覧頂けるほか、日本全国のメガソーラー一覧もまとめて公開しています。 概要 太陽光発電とメガソーラーについての基本情報を扱っている項目です。 以下の各ページを一通りご覧頂ければ、太陽光発電やメガソーラーがどのようなものなのかを把握することができるのではないでしょうか。 なお、メガソーラーの定義は「出力1メガワット(1,000キロワット)以上の太陽光発電所」とされています。 まだページ数は少ないですが、これからは発電所見学やインタビューなどといった様々な特集を組んでいきたいと思います。 太陽光発電とは 太陽電池パネルを用いて太陽光を電力に変換する発電方式のことを「太陽光発電」と言います。 別の言い方に「ソーラー発電」というものもありますが、全く同じ意味として使われています。 一般住宅の屋根に太陽光発電システムを設置するケースが増えてきていますので、見たことがあるというケースも多いのではないでしょうか。 一般住宅に導入する太陽光発電システムは、「電気代の節約になる点」や「売電して収入を得ることが可能である点」などといったメリットがあります。 これらのメリットに加えて、導入にあたって国や地方自治体からの補助金が支給されるという大きな後押しがあることから、2000年代中盤から普及が進むようになりました。 一方で、規模の大きな太陽光発電所が注目を集め始めたのは2011年からです。 福島第一原子力発電所の事故によって原子力発電が見直され、太陽光発電を始めとした地球環境に優しい「再生可能エネルギー」が一気に知られるようになったのです。 同時に、1メガワット以上の大きな出力規模を持つ太陽光発電所のことを意味する「メガソーラー」という言葉も広く一般に知られるようになりました。 経済産業省が2012年7月1日に再生可能エネルギーによる発電電力の固定価格買取制度を始めてからは、特に多くの企業や自治体が事業としてメガソーラーに乗り出し始めました。 そんなメガソーラーですが、実は発電を行うために欠かせない太陽電池には様々な種類が存在します。 上記のページで、その仕組みと種類を画像付きで解説していますので、ご興味お有りの方はぜひチェックしてみて下さい。 メリットとデメリット 家庭用太陽光発電システムの普及が進み、そして産業用のメガソーラーの建設件数も増えてきているということは、それだけ太陽光発電にメリットがあると言えます。 「太陽光という再生可能エネルギーを使っている点」と「電気代の節約や事業としての収益化などといった金銭面についての点」が特に大きなメリットです。 しかしながら、太陽光発電も完璧な発電方法というわけではなりません。 火力発電や水力発電などといった他の発電方法と同じように、デメリットや課題も存在します。 上記ページでより詳しく解説しておりますので、ぜひご覧下さい。 メガソーラーの一覧 一昔前までは両手で数えられるほどしかなかったメガソーラーですが、現在では北海道から九州までほとんどの都道府県に建設されています。 なお、前述の固定価格買取制度が始まってからは、事業として収益化の見通しが立てやすくなったということもあり、ラッシュと言っても過言ではないほどの勢いで建設計画が立ち上げられています。 基本的には既に稼働しているものしか取り上げませんが、数の少ない都道府県に関しては建設中や計画中のものもご紹介しています。 北海道・東北 北海道・東北にあるメガソーラーの一覧です。 この地方は他の地方よりも年間の日射量がかなり少ないというデメリットを抱えているため、発電所の数は少なめとなっています。 日本海側は特に日射量が少ないです。 しかし、雪国でも効率的に太陽光発電を行うための様々な工夫や実証研究が行われています。 関東 関東地方にあるメガソーラーの一覧です。 日本全体で見ると日本海側は年間の日照時間が比較的短い傾向にあるのですが、関東地方の各都県は日本海に面していないため、どの都県でもしっかりと発電できるというメリットがあります。 大きな差はありませんが、群馬県と埼玉県は特に年間日照時間が長めです。 中部・北陸 中部・北陸地方にあるメガソーラーの一覧です。 この地方は太平洋側と日本海側と内陸部に分類することができますが、日本海側の各県は比較的日射量が少ないため、太平洋側と内陸部の各県と比べると年間の発電量は小さくなりがちです。 なお、愛知県と静岡県の沿岸部は特に日射量が豊富となっています。 関西・近畿 関西・近畿地方にあるメガソーラーの一覧です。 太平洋に面している和歌山県と電力の大消費地である大阪府という2府県に加えて、工業地帯としても知られる兵庫県の瀬戸内海側が特に年間日照時間が長めであるため、太陽光発電に適しています。 逆に奈良県や京都府や滋賀県は短めとなっています。 中国・四国 中国・四国地方にあるメガソーラーの一覧です。 瀬戸内海に面している各県の沿岸部と、太平洋に面している各県の沿岸部が豊富な日射量を誇ることで知られています。 事業としてメガソーラーを考えると、中国地方の日本海側各県や四国の内陸部は比較的日射量が少ないため、あまり向いていないと言えます。 九州 九州地方にあるメガソーラーの一覧です。 他の地方と比べると、九州地方は全体的に年間日照時間が長めであるという特徴があるため、メガソーラーの数も多くなっています。 特に宮崎県沿岸部の年間日照時間は日本トップクラスです。 逆に、福岡県・大分県・宮崎県・熊本県の県境周辺の内陸部は短めです。 都道府県別(50音順) 先に地方別のページをご紹介させて頂きましたが、以下に都道府県別のページもリストアップしてみました。 既に47の全都道府県でメガソーラーが稼働しており、電力会社運営のものだけではなく、地方自治体や民間企業などが運営しているものも増えてきています。 これから更に増えていくことは間違いないでしょう。 あ行~さ行 た行~わ行 蓄電池 最後に太陽光発電との関係が深い蓄電池についてのご紹介をさせて頂きます。 当サイトのメインコンテンツは太陽光発電とメガソーラーになりますので、蓄電池に関する詳しい解説はしておりませんが、「」にて詳細をご覧頂けます。 また、最近は「太陽光発電システム」と「リチウムイオン蓄電池システム」を標準装備した「スマートハウス」という次世代型の住宅も販売されていますが、このスマートハウスに関係したコンテンツも掲載されています。

次の

仙台市のゴルフ場にメガソーラー計画、出力51MW

メガ ソーラー と は

忠臣蔵で知られる兵庫県播磨地方の赤穂市。 JR赤穂線の播州赤穂駅から海に向かって約3キロ、御崎地区の小高い山頂は、緑がはぎ取られています。 現在は工事がストップしていますが、住民の反対を押し切って業者がメガソーラーの整備工事を進めた跡です。 山から緑がはぎ取られたのは2015年のことです。 メガソーラーの建設計画を市が許可した直後、説明会が開かれないまま、工事が始まりました。 この地域は都市内の自然を維持保存する風致地区に指定され、一部が山腹崩壊危険地区に当たります。 地元の自治会が3,372筆の署名とともに、兵庫県に反対の意向を伝えましたが、工事が強行されました。 業者が地元住民を工事妨害で刑事告発するなど、大きなトラブルにも発展しました。 その後、別の業者が事業を引き継ぎ、工事がいったんストップしましたが、現地は大雨が降ると、水路が濁流であふれ、道路がまるで川のようになる場所です。 過去にもたびたび、浸水被害や土砂崩れを起こしていることもあり、住民が不安を募らせているのです。 法整備追いつかず、赤穂市は対応に苦慮 本来なら自治体が間に入り、こうしたトラブルを解決すべきですが、国内では法整備が追いついていません。 このため、自治体が違法でない工事に対し、なかなか口出しできないのが現状です。 赤穂市は事態が発覚したあと、再生可能エネルギー調和条例を制定しました。 自然災害の発生が危惧される場所などを抑制地域に指定し、出力50キロワット以上の太陽光発電などを整備しないよう業者に協力を求める内容です。 しかし、法的な強制力はなく、条例制定前に工事に入っている御崎地区は適用されません。 赤穂市都市整備課は「行政としてはスムーズに解決してほしいが、明確な法律違反がなければ、口をはさむことはできない」と対応に苦慮しています。 メガソーラー整備、全国で急加速 メガソーラーは出力1メガワット(1,000キロワット)以上の大規模太陽光発電を指します。 経済産業省によると、2017年9月末時点で稼働している全国のメガソーラーは、出力2,000キロワット未満が5,411施設、2,000キロワット以上が374施設の合計5,785施設に及びます。 太陽光など再生可能エネルギーで発電した電力は、国の固定価格買取制度により、一定額で一定期間電力会社が買い取ることになっています。 太陽光の買取価格は2017年度で1キロワット時当たり21円、買取期間は20年です。 発電施設の年間発電量は東京都で少なめに見て出力1キロワット当たり約1,000キロワット時といわれています。 1,000キロワットのメガソーラーなら、100万キロワット時以上の発電が可能になるわけです。 平均的な1,000キロワットのメガソーラー整備には、2億5,000万円程度の費用がかかりますが、年間の売電収入は2,000万円を超します。 このため、固定価格買取制度がスタートして以来、全国で整備が急激に進んでいるのです。 霧島市でも業者と住民のトラブル 業者と住民のトラブルが発生しているのは、赤穂市だけでありません。 市内に30近い太陽光発電施設が乱立する鹿児島県霧島市もその1つです。 霧島市牧園町ではむき出しの山肌に業者がメガソーラーを設置したことにより、住民が土ぼこりに悩まされています。 業者は当初、防風林の整備を計画していましたが、地下に岩盤があり、植樹できないとして防風フェンスを設置しました。 しかし、そのフェンスが強風で吹き飛ばされる事態も起きています。 霧島市は2016年、業者に事前協議や地元への配慮を求めるガイドラインを制定しました。 しかし、罰則がなく、強制力に欠けるのは赤穂市と同じです。 霧島市地域政策課は「自治体の立場では住民とよく話し合うよう求めるしかない」と頭を抱えています。 ガイドライン策定の自治体も続々と 再生可能エネルギーに関心を持つ市民らでつくるNPO法人太陽光発電ネットワークが2017年にまとめた調査報告書では、全国で発生した業者と住民のトラブルや自治体の対応がまとめられています。 地元住民がメガソーラーの反対の声を上げたのは、京都府南山城村、三重県志摩市、栃木県日光市、栃木県鹿沼市、高知県土佐清水市など全国に及びます。 これに対し、条例は茨城県古河市、千葉県我孫子市、和歌山県、長野県南木曽町など、ガイドラインや要綱は鹿児島県南九州市、埼玉県羽生市、兵庫県宍粟市、山形県鶴岡市などが制定しました。 急激に進むメガソーラー建設の中、乱開発といえる状況が相次ぎ、住民や自治体が対応に追われています。 そこに見えるのは本来、環境を守るはずのメガソーラーが自然破壊するという皮肉な現実です。 最近の主なメガソーラー反対運動 栃木県日光市 市民団体が反対署名6,931人分を市議会に提出 三重県志摩市 地元住民 漁協が中止を求める要望書 高知県土佐清水市 大岐地区の新設計画で住民が市へ指導要望 鹿児島県霧島市 17団体と個人が施設建設への不同意書を県に提出 京都府南山城村 メガソーラー建設に地元自治会が反対 栃木県鹿沼市 市民団体が市へ建設差し止めを求める署名提出 岡山県岡山市 市内の山林で浮上した整備計画に住民が反対の声 長野県飯田市 風越山での整備計画に住民が中止要望書を市に提出 静岡県伊東市 八幡野地区の設置計画に市議会が反対決議 香川県土庄町 豊島で地元住民が反対運動 滋賀県高島市 メガソーラー建設反対の署名を住民が市に提出 福岡県飯塚市 白旗山の計画に対し、住民が反対署名を市に提出 出典:NPO法人太陽光発電所ネットワーク「事業用太陽光発電施設等に対する地方自治体の条例等の制改訂状況の調査報告」 兵庫県は条例で森林保護義務づけ こうした中、一歩進んだ条例を制定する自治体も出てきました。 兵庫県は2017年に事業用地5,000平方メートル以上の太陽光発電を設置する業者に地域住民への事前説明や事業計画の届け出を義務づける条例を制定しましたが、2018年3月末からこの条例に森林保護規定を追加しました。 50ヘクタール以上のメガソーラーを整備する業者に対し、区域内の60%以上の森林を残すよう求める内容で、国立公園や国定公園、県立自然公園を区域に含む場合は、保全する森林を80%以上にしています。 兵庫県建築指導課は「本来、太陽光発電など再生可能エネルギーは自然と共生するためのもの。 住民の不安を解消し、乱開発を防ぐため、森林保全規定を盛り込んだ」と狙いを語りました。 伊東市議会は市長の同意を必要とする条例案可決 静岡県伊東市議会は3月議会で市が作成した条例案の施行期日を1カ月早めて6月1日とする議員提出の修正案を可決しました。 設置事業を届け出制とし、市長の同意を必要とするもので、別に規則で定める抑制地区では太陽光パネルの総面積が1万2,000平方メートルを超すケースについて、市長は同意しないとしています。 伊東市議会には設置事業を許可制にし、既存設備も規制するより厳しい内容の市民案も提案されましたが、市の指摘を基に市民案を修正した議員提案の修正案とともに否決されました。 伊東市都市計画課は「行政としてできる範囲は市が提出した条例案の内容」と述べています。 このほか、福島県福島市や和歌山県和歌山市は条例やガイドラインで一定規模以上の太陽光パネルを景観法の届け出対象としました。 しかし、山梨県富士河口湖町は太陽光発電施設の設置に不同意処分をしたところ、裁判に持ち込まれて甲府地裁で処分取り消しの判決を下されています。 全国に広がる混乱収拾へ国の対応が必要 NPO法人太陽光発電ネットワークの吉田幸二主任研究員は「法令の縛りがなくても業者と住民が共存共栄を目指し、互いに理解し合う努力が必要」と提言していますが、こじれた対立の糸をほぐすのは大変です。 香川県議会は3月、国に対して業者に住民への事前説明を義務づける法整備を求める意見書を可決しました。 混乱が全国に広がっている以上、国としても何らかの対応が必要になってきそうな状況です。

次の

日本の太陽光発電所

メガ ソーラー と は

これまで発電事業を行う会社は一部の電力会社に限られており、その会計・税務処理は限られた会社や会計事務所が行っていました。 2012年の再生可能エネルギーの固定買取制度の開始に伴い、発電事業を行う会社が増えたことにより、その会計・税務処理は広く一般的に認識されるようになりました。 当社が100社前後のメガソーラーSPCを受託している中で、気になる部分について触れていきたいと思います。 メガソーラー案件は自治体が関与することも多く、自治体側からの要請によりSPCの本店をメガソーラーが所在する自治体に設けることが多くあります。 一方で、特に関係者からの要請がないSPCについては、管理会社がオペレーションをしやすい場所(大半が東京都に集中している)に本店を設置しており、本店とメガソーラーの設置場所が異なるケースがあります。 メガソーラーに課せられる法人事業税において、複数の都道府県に「事務所又は事業所」を設けて事業を行う法人については、それぞれの都道府県に課税権があり、分割基準により事業税を分けることになります。 この分割基準は業種により異なっており、電気供給業については固定資産の価格で分けることになっています。 一見すると、広大な土地を利用しメガソーラー設備を設置している都道府県に多くの税額を払い、本店だけがある都道府県にはほぼ税額を納める必要がないため、合理的に見えます。 ただし、この分割基準は「事務所又は事業所」の固定資産の価格で分けることを前提としているため、メガソーラー設備がこの「事務所又は事業所」に該当するかによって分割方法が異なってきます。 ただ、結論としてメガソーラー設備はこの「事務所又は事業所」に該当しないため、本店所在地の都道府県に事業税の全ての課税権があることになります。 これは、「事務所又は事業所」の要件として、事業に対して役務を提供する人が存在する必要があり、メガソーラー設備の設置場所が無人の場合にはそもそも「事務所又は事業所」に該当しないためです。 法人住民税も同様に「事務所又は事業所」が存在しない場合には課されないため、メガソーラー設備の設置場所の自治体は、メガソーラー設備に対する償却資産税しか税収を得ることができないことになります。 メガソーラー事業は、人間ではなく発電設備が事業活動を行っているものの、その事業活動には設置場所の自治体のインフラが活用されていることは疑いがなく、その事業規模からもその設置場所に課税権があることが妥当と考えられますが、現状の税制では本店所在地にほぼ全ての納税がなされているのが実情です。

次の