マッチョハイランダー。 【グラブル】 念願のティターン編成でのハイランダーデビュー カイム、英雄王の戦斧、支配の天秤でどこまで戦えるか・・・

土神石ハイランダー編成

マッチョハイランダー

土マグナハイランダー編成という可能性 水有利古戦場も終わって落ち着いて来たので、古戦場前に加入してちょっとずつ使いはじめている土属性賢者であるカイムの使用感などをあげてみようと思います。 まずはカイムのアビリティ編成 おそらく使い勝手が良いのは2アビです。 いわゆるコピースキルであり、分かりやすく言うとグラゼロのあとに打つともう一発グラゼロが打てるというようなスキル。 ただ、スキルによってはコピーできないものもあり、剣聖の剣神解放やザ・グローリーのグロリアス・アーツなどはコピーが出来ないようです。 そして、カイムの特徴とも言うべき3アビのブランクフェイス。 スタメンが使ったアビリティによってアビリティの内容が変わるというリミテッドリーシャのブレイブコマンドとちょっと似たアビリティとなります。 ブレイブコマンドはアビリティ使用後に使った種類によってアビリティ内容が変わりますが、ブランクフェイスの方はブランクフェイス状態の時に使われた直前のアビリティによって内容が変わります。 また、ブレイブコマンドの方は号令レベルの高さが非常に重要になりますが、ブランクフェイスの方はランクによって変わるのはカイムにかかる効果だけになるのであまり重要ではない気がします。 そして、ブランクフェイス及び変化した各トリックの再使用ターン数は一応5ターンとなっていますが、奥義を打つごとに各トリックがリセットされ、即ブランクフェイスが使用可になるので奥義回りがいい土属性だと5ターンかからずに打てることが多々ある感じです。 2アビの使用間隔が1ターンなのでダイヤトリックを多用していくことになる感じでしょうか。 カイムも正位置と逆位置のアビリティを持っていますが、カイムのもう1つの特徴とも言うべき刑死者の逆位置のサポートアビリティ、すべて違う武器を並べるといういわゆるハイランダー編成です。 メンバーと召喚石は全く一緒で 装備の方を変えてみました。 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 これで試しに通常マキュラを同じような進行で殴ってみたのですが どちらも両面ユグマグでリロード無し 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 差は少ないもののマグナハイランダー編成の方が強いという結果に・・・ これ以前にも同様にマキュラを殴っているのですが、やはりマグナハイランダーの方が僅かに早い結果でした。 マグナハイランダー編成の方はニーベルンホルンが3本並んでないのでクリティカル確定とはなりませんが、逆位置効果や白虎邪のダメージ上限アップ効果もありマグナハイランダー編成の方に分があるようでした。 通常マグナ編成ダメージ例 マグナハイランダー編成ダメージ例 まぁ、どちらの編成も進行する上で多少のブレはあると思いますが、少なくとも火力的には甲乙つけがたい性能と言えるのではないでしょうか。 また、HPを比べてみると 通常マグナ編成 マグナハイランダー編成 ほぼ変わらず・・・ マグナ編成の方はニーベルンクリンゲをもっと並べてHPを盛るというのもあると思いますが、自分のユグ杖はスキルレベル15までしか上げていなかったのでそれを考慮すると、マグナ編成に勝てないまでもなかなかいい勝負になるのではないかと思います。 そして、やはり本命は両面ティターンによるハイランダー編成・・・ 仮にティターンを引くことができれば違う武器を1本ずつ並べるだけなので比較的容易にティターンでのハイランダー編成を組むこともできます。

次の

【グラブルQ&A】ハデスハイランダーorマッチョハイ...[No262516]【グランブルーファンタジー】

マッチョハイランダー

以前に書いたの続編。 無料ガチャも終了し、どれにしようか迷っていた未開放神石(光・闇・土)。 リミテッド武器の本数が少なく、手っ取り早く強くなれそうなティターンを選択しました。 おお、もう・・・。 いやいや成立しないだろう、成立しないでくれ、と祈りつつ検証してみることに。 ユグマッチョハイランダー編成。 マグティマス編成とでも言うべきか。 メインで持ちたい。 守護とDA率を確保出来る武器。 片面でもDA率は21. メイン武器としても優秀。 新土リミ武器の性能によっては交換候補となる可能性も。 これを入れないとユグティタにする意味が無い。 こちらも新リミ武器のぶっ壊れ具合によっては外れる可能性もある。 より火力重視で行くなら四象槍と交換する。 片面でも加護が乗るので、当然編成候補。 別枠攻刃渾身武器に加護が乗るわけだから当然か。 ゼノ武器よりこちらを編成した方が良い。 より上限を確保したい場合は編成。 有利属性なら当然必須。 石編成。 以前書いた通り、マグナハイランダーをやるなら楽に上限を叩けるようになるウリエルは欲しい。 自分は2枚引いてもう土はいいだろう、と満足していたのだが、火力を極めるなら4凸ゴリラやベリアルの編成まで考慮しなければならない。 全く以て際限が無い。 上記編成のランク230のHP。 流石に両面神石編成に比べれば劣るものの、全員3万以上確保出来るので及第点である。 ウナマリスを10回ほど試し切りしてみた結果・・・。 あ、これはやばい。 リミテッド武器を編成することで、火力が少々心もとなかったマグナハイランダーを一段階上にに上げることが出来る。 編成コストも低い。 もちろん総合力では神石の方が上回る。 例えばギルガメッシュ斧編成。 第2スキルのヒロイック・テイルは全ての武器種を揃えるという非常に難易度の高い縛りだが、カイム逆位置効果、支配の天秤効果と全て共存する。 ギルガメッシュ斧編成なら素殴り100万ダメージ突破。 運よくガチャチケで引けたので編成したが、ここまでやるのにアッキヌフォートまで用意するべきなのかは疑問な所ではある。 新リミテッド武器が弓だったら悲惨。 このように極めれば神石の方が強いが、ユグマッチョでもそこまで不足は感じられなかった。 繋ぎとしては十分だと思う。

次の

【マッチョ移行考察】かっぺきくうし様の日常 #74【優柔不断】

マッチョハイランダー

リミテッド武器の有無は理想編成を目指す場合だけでなく、マグナ編成を超える場合にも重要となる。 新リミ武器「八幡薙刀」実装 6月下旬のリミテッドレオナ実装に合わせて、新たな土属性リミテッド武器「八幡薙刀」が追加。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり汎用性が高まる。 メイン武器や英雄王の槍などは通常軸や奥義軸など、運用によって変動する枠となります。 高難易度を想定しており上限UPの恩恵が少ないため、「支配の天秤」の優先度は低めとなっています。 最大HPが高いほど堅守を活かして低HP時に受けられる攻撃が増えるため、守護によるHP上昇も重要な要素ですね。 自発的にHPを減らす手段が少ないため、初動の火力を補える「一期一振」を採用しています。 上記の編成例をベースにしつつ、敵の火力や行動次第で守護武器でや背水武器の本数など、場面に応じた細かい調整をしていくことになります。 TA率UPの効果量は控えめだが、高いATKと34%の攻刃で基礎ダメージを大きく底上げ可能。 一期一振の方が4凸優先度は高いが、 状況次第で理想編成に入るため、無理なく作成できるなら4凸しておきたい武器。 HPを確保したい場面で攻刃と守護を兼ねた枠として編成候補。 Lv120で取得する攻刃 中 に加え、守護IIを併せ持つのが特徴。 既に所持している場合はHPを確保したい高難易度マルチ等で編成候補となるが、 代用武器も多くサプチケやムーン交換での取得優先度は低い。 パラシュと同様に既に所持している場合はHPを高くする必要がある 高難易度バトルで編成候補だが、優先して入手を目指す必要性は低い。 2倍、4凸時点で1. 23倍にする強力なスキル持ち。 神威でHP底上げもでき、対水属性の場合は必須武器。 上限付近のダメージを出せる編成では火力を伸ばす手段として有効。 一振など刀武器の数を用意できる場合は編成に組み込んでいきたい。 白虎邪に比べて攻刃量では劣るが、Lv150ならATKの差でこちらが優先される。 ソロモンドライブと比較するとHP最大時の攻撃力が下がる代わりに、低HP時の攻撃がより強力になる。 低HP想定のバトルならこちらを優先。 背水寄りのティターン編成では、空いた枠にはこの武器を入れたい。 5凸後は第2スキルのメイン装備縛りがなくなり、サブ装備時にも恩恵を得られるようになる。 ユグドラシルブランチより優先度は下がるものの、5凸追加で奥義の回復性能やHP確保も可能となり、フルオート適性も高まった。 高難度のソロバトルなど耐久編成を組む際に候補となる。 5凸SLv20まで強化済みなら1本程度編成しておきたい。 必殺武器.

次の