窯 出し プリン の パフェ。 窯だしチーズケーキのブランド紹介

窯出しプリンのパフェ【ファミリーマート】

窯 出し プリン の パフェ

このページの目次• 6g 脂質 18g 炭水化物 50. 4g ナトリウム 153mg 3. 0 1年ほど前にも販売していたスイーツが新しくなってきて帰ってきたと思ったら、凄まじいボリュームに進化しててビックリしました(笑) 特にプリンの大きさが以前とは明らかに違うものでしたね。 ただ、変わらずかためのプリンになっており、柔らかいプリンが好きな人にはあまり合わない感じかなと。 恐らく、持ち運びの際に崩れないことを考えてこのようなプリンにしてくれたんだと思いますが、今って柔らかいプリンの方が好きって人の方が多い気がするんですよね。 また、全体的に甘い味でまとまっており、プリンに欠かせないカラメルソースの苦みは楽しめないものだったので、その点も注意した方が良いかもです。 形が崩れにくい硬めのプリンが好き。 しっとりとしたスポンジが好き。 という人には、おすすめのスイーツですね!.

次の

窯出しプリンのパフェ【ファミリーマート】

窯 出し プリン の パフェ

目まぐるしい勢いで展開される、コンビニスイーツ戦線。 昨日まであった商品が翌日には無くなっていることもしょっちゅうで、各社ともに新商品の開発に余念がない。 大手コンビニエンスストア・ ローソンも、もちろんその一つ。 そして「ついにローソンが本気出してきやがった……!」と思わざるを得ない商品を発見してしまったのでご報告したい。 それがグルメ王国北海道の老舗メーカーが送るスイートポテト、その名も『 窯焼ポテト』だ! ・以前もローソンで販売していた 『窯焼ポテト』は、北海道にある創業39年の老舗スイーツメーカー「 かわいや」の看板商品。 茨城産の「紅あずま」に、北海道産のバター・生クリーム・グラニュー糖、そしてジャガイモを加えたスイートポテトである。 中に入ったカスタードクリームとの相性も抜群の 有名激うまスイーツなのだ。 実は以前にもローソンでは、何度か『窯焼ポテト』を販売していたことがあった。 スイーツとして絶対的なクオリティでありながら、540円(税込)というお手頃価格の『窯焼ポテト』は季節の定番人気商品なのだろう。 それだけなら「 単なる再販」という話であるのだが……! ・近所のローソンで見かけたところ…… 今回ローソンが『窯焼ポテト』にかける情熱はハンパなものではない。 なぜなら、筆者が訪れたローソンのスイーツコーナーには、ざっと見ても 50個以上の『窯焼ポテト』が所せましと積まれていたのだ。 棚でいうと…… 実に3段分! 3段分である!! おそらくローソンの担当者は「かわいや」にかけ合い、やっとの思いで大量の『窯焼ポテト』を手配することに成功したのだ。 これはローソンの「 プチ・プロジェクトX」と呼んでええで! ・100%ウマい 購入した『窯焼ポテト』はズッシリと重く、一人で食べるには多いだろう。 新聞紙風のパッケージを開けると、黄金色のスイートポテトが姿を現す……。 ま、まぶしい! 食べてみると、なめらかな口当たりと上品な甘さは、まさに サツマイモスイーツの完全体ともいうべきウマさで、牛乳との相性は最強レベル!! リピート確定や! まだ『窯焼ポテト』を食べたことがない人には、 猛プッシュでオススメしたいスイーツである。 1度でも食べたことがある人ならば、とっくのとうにローソンへ駆け込んでいるに違いない。 おそらく販売期間は短いから、興味がある人は早めにチェックしてほしい。 なお『窯焼ポテト』は「かわいや」の通販サイトでも購入可能だ。 ただし、通販の場合は送料がかかるので、ローソンにあるうちはローソンで購入した方がお得だぞ! 参考リンク: 、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

ファミリーマートのスイーツ!蜜出しプリンのパフェのカロリー、消費期限と食べた感想を紹介します。

窯 出し プリン の パフェ

蓋を開けると、こんな感じです。 パッケージの外から見た状態よりも黄色いなーと思いました。 きれいなカスタード色といったところでしょうか。 固めと言ってもいろいろありますが、このプリンの場合は、ちょっとゼラチン質な感じの弾力のある固さといった感じです。 (原材料にゼラチンは入ってませんが) 卵プリンというだけあって、たまごの風味が感じられて、美味しいです。 甘さは控えめな感じでした。 表面は弾力のある固さですが、下の方はちょっと柔らかめでした。 以前食べたほどではないですが… 下まで食べ進むと、カラメルソースが。 ジュレタイプで、甘めのカラメルソース。 量はちょっと少なめかも。 個人的には、もうちょっと多い方が良いなーと思いました。 甘さ控えめのプリンに、甘みのあるカラメルソースを合わせて食べると、なかなか良い感じです。 まとめ パッケージに、『昔ながらの固めのプリン』と書いてあったので、手作り感あふれるカスタードプリンを想像していたのですが… 実際はゼラチン質っぽいプルンプルンのプリンだったので、ちょっとイメージと違うかな~と思ってしまいました。 こういうのが好きな人もいると思いますが… 私は同じロピアだったら、ふわとろ系のの方が好きだなというのが率直な感想です。 ごちそうさまでしたーー^^.

次の