ギロチン 意識。 首切断後も意識あり!?首を切断した後意識があるか確認した話【怖い話】【閲覧注意】

【処刑道具】ギロチンは庶民の娯楽だった!?処刑を楽しみに変えてしまう人間の恐ろしい心理とは…

ギロチン 意識

1804年3月 プロセインでは、斬られた頭部に殺到する科学者の数が処刑ごとに増えていった。 そのため、「フリードリヒ・ウィルヘルム3世」は、政令で「斬首された者の体に関する実験のすべて」を禁止しなければならなかった。 1905年 「ボーリュー」医師と、「ランギル」死刑囚との間である合意が交わされていた。 名前を呼ばれたら、切断された頭で瞼を上下させながら返事をする、という約束だった。 ボーリュー医師の著書より抜粋。 「私は大声で「ランギル!」と呼んだ。 すると、生きている人間が見せるような安定した、明快な、正常な動きで瞼がゆっくりとあがった。 数秒後、瞼はゆっくりと閉じたが、私がもう一度名前を呼ぶと、再び瞼がゆっくりと、痙攣もせずに開いた。 そして再び閉じ、私の3回目の声には反応しなかった。 すべては、25秒から30秒の出来事だった。

次の

人は頭を切り離されたあとどれだけ意識があるのか? 科学的に検証…誰も知らない「斬首後の世界」

ギロチン 意識

シャルロット・コルデー。 画像は「 」より引用 人間は首を切断された後も意識を保っていられるのだろうか? 1793年、ギロチンで断頭されたシャルロット・コルデーの顔は処刑後に怒りの表情に変わり、1536年に斬首刑に処されたアン・ブーリンの首は処刑後に何かを話そうとしたと言われている。 2人は首を切断された後も意識を保っていたのだろうか? 科学ニュース「Science Alert」(4月25日付)が検証している。 頚動脈が切断されれば、酸素の供給が止まってしまう。 多少の酸素は首を切断した直後も残っているかもしれないが、長くは続かないだろう。 ただし、眼球や口を動かす筋肉や神経はまだ繋がっているため、それらを動かすことは可能かもしれない。 たとえば、動物は頭だけになってもしばらくの間動くことができることが知られている。 有名なところでは、20分前に頭を切断された毒蛇が中国人料理人に噛み付いたという話がある。 画像は「getty images」より引用 ヘビほどではないが、もしかしたら、コルデーもブーリンも断頭後にわずかの間だけ意識を保ち、筋肉を動かすことができていたのかもしれない。 ところで、最近の研究では人間は心臓が止まり、血液や酸素の循環が停止した後も、脳はすぐには活動を停止しないことが分かっている。 そのため心臓発作から生還した人々の中に臨死体験をする人がいると考えられている。 また、心臓停止30分後でも脳活動が見られたケースもあったそうだ。

次の

ギロチン

ギロチン 意識

うーーん、どうなんでしょうかね。 確認は難しいかと推察致します。 斬首後の意識については幾つか報告が残されているものの、その多くは出典が怪しい。 例えば化学者のアントワーヌ・ラヴォアジエは、自身がフランス革命で処刑されることになった時、処刑後の人に意識があるのかを確かめるため、周囲の人間に「斬首後、可能な限りまばたきを続ける」と宣言し、実際にまばたきを行なったと言われている。 しかしながら当時、流れ作業で行われたラヴォアジエの処刑に立ち会った目撃者の記述にそのような逸話は書かれておらず、1990年以降、ボーリュー博士の報告を元に創られた都市伝説と考えられる。 同様に斬首後のシャルロット・コルデーの頬を死刑執行人のシャルル=アンリ・サンソンの助手が殴った時、彼女の顔は紅潮し目は怒りのまなざしを向けたという逸話がある。 しかし、処刑時すでに夕方だったことから夕日が照り返したため、あるいは血が付いたためそのように見えたに過ぎないとも言われ、伝説の域を出ない。 具体的に斬首後の意識を確認した実験としては、1905年にボーリュー博士が論文として報告したものが挙げられる[2]。 1905年6月28日午前5時半に、アンリ・ランギーユ死刑囚がロアレで処刑される際、事前に呼びかけに対してまばたきをするよう依頼したところ、斬首後数秒たって医師が呼びかけると、数秒目を開けて医師を直視し閉じた。 二度目の呼びかけには応じたが、三度目以降は目が開かれなかったという。 しかし、こういった報告は筋肉のけいれんによるものとされており、斬首の瞬間に血圧が変化し意識を失うので、意図的にまばたきをするのは不可能というのが通説である。 フランスでは1956年に議会の依頼によってセギュレ博士が実験を行なっている。 この実験では瞳孔反応と条件反射を確認したが、斬首後15分は反応があったとする報告を行なっている。 意識の有無については確認手段が無いため不明のままであった。 ( by Wikipedia ).

次の