海外挙式 参列。 ハワイ結婚式の服装|男性&女性の参列者・ゲストに合うズボンやワンピース・靴は?

グアム結婚式はこれで参列!服装や髪型、海外挙式のお呼ばれマナー特集

海外挙式 参列

ご友人のハワイ挙式に参列される皆様、おめでとうございます! 今回は、ハワイでの結婚式に招かれた ゲスト参列者の方々の服装についてのお話です。 ハワイでの挙式となると、日本と文化も気候も異なるため、服装選びに悩んでしまうこともあるかと思います。 そこで、 友達のハワイ挙式に招かれた際の服装はどうすればよいか、 アロハシャツや ムームーは正装として扱われるのか、 ワンピースやスーツ、ズボンであればどのようなものを選ぶべきか、衣装を レンタルできる会社はあるのかなどの疑問に答えていきたいと思います。 筆者自身、2015年にハワイで結婚式を挙げたため、自分自身の体験談もまじえながら解説していますので、是非参考にしてみて下さい。 ハワイ挙式の招待状には、ドレスコードとして「 ハワイアンスタイル」や「 アロハスタイル」と書かれていることがあります。 そんなときはぜひ、思いっきりハワイアンを演出できる アロハシャツやムームーをチョイスしましょう。 アロハシャツとは、ヤシの木やウミガメなどハワイアンなモチーフがプリントされた、男性用の カラフルな襟付きシャツのことです。 また ムームーとは、ハイビスカスやプルメリアなどハワイならではのモチーフがかわいらしい、女性用の ワンピースに似たリゾートドレスです。 どちらも、ハワイ旅行などで旅行者がリゾートスタイルの服装として楽しんでいるイメージがありませんか? しかし、実はこの2つの衣装は、 どちらもハワイでは正装と見なされており、結婚式の服装として着用することができるのです。 それでは、男女別にそれぞれの着こなしを確認してみましょう。 足元は デッキシューズやモカシン、革靴などを選ぶのが無難です。 上でご紹介したような服装に、デッキシューズやモカシン、革靴を合わせれば、メンズのハワイアンスタイルの完成です。 リゾート挙式とはいえ、スニーカーのような カジュアルすぎるものは避けてください。 なお 靴下は、リゾート挙式のため多少色があってもよいでしょう。 ただしフォーマル度の高い挙式の場合は、派手なデザインは避けてください。 アロハの色やデザインに工夫を! また、 アロハの色やデザインは、新郎の衣装と被ってしまうのを避けるために、白以外のものを選びましょう。 白以外でしたら、基本的にどのようなものでも可です。 アロハシャツのモチーフには意味を持つものもある(波の柄は「幸運を運ぶ」、釣り針は「幸せを手にいれる」など)ため、それを調べながらデザインを選ぶのも面白いですね。 続いて、女性の服装について見ていきましょう。 ハワイ結婚式におすすめ|女性のハワイアンスタイルの服装 足元は、 パンプス以外にも サンダルやミュールでも可です。 しかし、教会での挙式ですと サンダルがNGであることもあるため、パンプスを選ぶのが無難です。 一方ビーチやガーデンでの挙式の場合は、 低めのヒール、あるいは ウェッジソールのサンダルを選ぶことで、 足への負担を減らしつつドレスコードをクリアすることができます。 髪型やアクセサリー アクセサリーには、ぜひ貝殻やビーズを使ったものや、プルメリアやハイビスカスなどのワイアンなモチーフのものをチョイスしてみましょう。 リゾート感をしっかり演出できますよ。 ゆるめに巻いた ナチュラルな髪型にハワイアンなお花のヘアアクセサリーをつけるだけでも、ハワイアンスタイルが光りますよね。 バッグ バッグは、クラッチやショルダーなどの 身軽でコンパクトなものを選ぶのがベターです。 麻編みのものにしても、ムームーとの相性が良くリゾート感を演出できるのでおすすめです。 肌の露出に注意! なお、教会での挙式の場合、肌の露出を控えるためにも ストールやカーディガンを羽織るのがマナーです。 冷房や日焼け対策としても効果を発揮するため、(教会でなくとも)羽織れるものを持ち物リストに入れておくことをおすすめします。 ハワイ結婚式でのその他の正装|ワンピースやスーツ、ズボンなどを着用する場合 ハワイ挙式に参列する際、上でご紹介したようなアロハシャツやムームーを選ばない場合であれば、日本での挙式同様、 スーツや ワンピースを着用することもできます。 男性におすすめの服装 男性陣は全員筆者の同僚5人だったため、互いに連絡を取りやすかったのですが、女性陣は妻の同僚3人と妻の友人2人で、同僚と友人は初対面でした。 しかし、この挙式の準備を機に連絡を取り合うようになり、事前に衣装の打ち合わせなどをしてくれていたのでした。 おかげで写真のような統一された華やかな衣装での参列となり、大変思い出に残る挙式になりました。 また、妻の友人が別のリゾート挙式に呼ばれた際は、花嫁から事前に「これを着て欲しい」と衣装がブライズメイドたちに送られて来たそうです。 花嫁の理想の挙式イメージに沿って、それに合わせて参列者の服装を決めてもらうというのも、一つの手段かもしれませんね。 ちなみに、ご自身でも「ハワイで結婚式をあげてみたい・・・」と思っている方は、こちらのハワイ挙式に必要な費用についての記事も参考にしてみて下さい。 ハワイの結婚式はユニークで思い出に残る上、意外と国内挙式の相場よりも安くすませられるため大変おすすめです! スポンサーリンク ハワイ結婚式の服装の調達方法 さて、どのような服装にすべきかが決まったら、次はそれを 調達する必要があります。 服装調達の方法は主に、 レンタルと 購入の2つです。 またそれぞれ、 日本での調達と ハワイでの現地調達があります。 レンタルと購入、それぞれのメリットとデメリット まずは、レンタルと購入それぞれの メリットとデメリットを確認しましょう。 ハワイ挙式に参列する服装をレンタルする場合 メリット• 購入するより 費用を安く抑えられ、旅費を安く済ませられる• 日本でのレンタルであれば、 現地で調達する時間を割く必要がない• 現地ハワイでのレンタルであれば、 渡航時の荷物を減らせる レンタルのメリットは、何と言っても費用を安く抑えられる点です。 特に、今回の挙式参列以外、これからアロハシャツやムームーを着る機会がほとんどない方にとっては、購入するよりもレンタルする方が良いでしょう。 デメリット• 選択肢が限られるため、好みのデザインやサイズが 選べない可能性がある• 現地ハワイでのレンタルの場合、自身に合うものを選べないと、そこから 改めて衣装探しが必要となる• 衣装が手元に残らないため、次の挙式の参列時には また調達が必要となる レンタルの場合のデメリットは、やはりレンタルとなると品数が限られているため、場合によっては自分の好みのデザインやサイズがないことがある点です。 また、今後アロハシャツやムームーを使う必要がある場合、その都度レンタルをしなければならないため、場合によっては購入してしまった方が安く済むこともあります。 では続いて、レンタルではなく購入する場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。 スポンサーリンク ハワイ挙式に参列する服装を購入する場合 メリット• サイズやデザインなど、 自身にあったものを選べる• 今後 何度でも使える• 日本での購入なら、現地で探さずに済むため 式までの時間を有効活用できる• ハワイでの現地調達であれば、 日本からの荷物を少なく抑えられる アロハシャツやムームーを購入することのメリットは、やはり豊富なデザインの中から選べることでしょう。 また、一度購入してしまえば、今後ハワイに遊びに行く際や他の方のハワイ挙式に参列する場合でも、何度でも使うことができます。 デメリット• レンタルに比べると 費用がかかる• 日本ではアロハシャツやムームーを取り扱う店が少なく、自分に合った衣装を探すのに 時間を要する可能性がある (後述のサイトなどを有効活用してみてください)• 特に、今回の挙式のみ必要な場合などは、その後使い道がなく、タンスの中で眠ったまま・・・ということになりがちです。 このように、レンタル・購入ともに、メリットもデメリットもあります。 どれが正しいということはないため、個人の考え方や参列者同士での話し合いで決めるのがおすすめです。 では続いて、ハワイ挙式で使えるアロハシャツやムームーをレンタル・購入できるおすすめの会社をご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。 ハワイ挙式参列用の服装レンタルにおすすめの会社 レンタルを選ぶのなら、現地で慌てずに済むよう日本で調達しておくのがおすすめです。 というのも、特にハワイに慣れていない方であれば、現地での調達は言葉の問題やサイズの点などから、トラブルにもなりかねません。 そこで、あらかじめ日本でレンタルをして行く方が安心なのですが、その中でも楽天にある「ムームーアロハレンタル宅配店」がおすすめです。 こちらのショップは、リゾートウェディングの参列者向けにムームーやアロハシャツをレンタルしており、最安で 6日間のレンタルが940円からと、コスパに優れたショップです。 こちらのアロハシャツはハイビスカス柄で、色違いが多数揃っており、選ぶ楽しみがあります。 価格は上のものより少し安い 1,620円です。 購入する場合でも、安いものを探せば1,000円台からと リーズナブルなものが手に入ります。 ぜひ根気よく探してみてください。 ちなみに、これからハワイに行かれる方は、ぜひ ハワイで人気のお土産も現地でチェックしてみて下さいね。 特に 女性におすすめなのが、ハワイの高級スパでも使われているオーガニックコスメ「 マリエオーガニクス」とハワイ限定の 日焼けスヌーピーグッズで、また 男女ともにおすすめなのがスタイリッシュで高機能の水筒&タンブラー「 ハイドロフラスク」です。 まとめ 〜ゲストのおしゃれな服装で友達夫婦の結婚式を盛り上げよう!〜 ハワイ挙式にゲストとして参列する際の服装についてまとめてみましたが、いかがでしたか? 今回取り上げた服装は3種類、• ハワイでの結婚式に参列者として着ていける正装としての アロハシャツや ムームー• それ以外のワンピースやズボン着用の際の コーディネート• 参列する友人同士で服装を統一する ブライズメイドや グルームズマン となっており、新郎新婦の意向に合わせて適切なものを選ぶと良いでしょう。 また、服装のレンタルにおすすめの会社や購入時におすすめのサイトなどもご紹介していますので、口コミなども参考にしながら、自分に合うものを選ぶのがおすすめです。 この記事を参考に、友達夫婦の結婚式を盛り上げ、ぜひ最高の思い出を作ってくださいね! Aloha! この記事を書いた人.

次の

【海外挙式】結婚式の参列者の服装はこんな感じ!ヨーロッパの教会で結婚式

海外挙式 参列

ウェディング会社とチャペルの関係 ハワイには多くのチャペルがありますが、それぞれのチャペルと日本のウェディング会社は提携しています。 逆に言えば日本のウェディング会社によって予約できるチャペルが限られています。 自分の好きなチャペルが決まっているなら、そのチャペルを扱っているウェディング会社を訪れましょう。 まだ分からない、決まっていない人は先に旅行社(やHIS)のウェディングデスクに行くと挙式と旅費をまとめて予約してくれるのでオススメです。 逆にここの式場がいい!と決まっている方は直接ウェディング会社に行くのも手です。 具体的な式についての情報を早く手に入れることができます。 また、ウェディング会社のデスクからやパックなどのツアーを申し込むことも出来ます。 主要ウェディング会社 この4社がハワイ主要ウェディング会社と式場です。 ワタベウェディング コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ アクアベール フレ・マリーナ・コオリナ・ル・プラージュ アロハ・ケ・アクア・チャペル ホヌカイ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ ジ・アカラ チャペル アールイズウェディング ザ・モアナチャペル ザ・マカナチャペル キャルバリー・バイ・ザ・シー ザ モダン ウエディング タカミブライダル ザ・テラス バイ・ザ・シー クチュールナオコウェディング ダイヤモンドヘッド・アネラ・ガーデン・チャペル 海が奇麗な式場、ホャペル、格式高い式場など各社いろいろなタイプの式場を抱えています。 現地には日本人スタッフもいるため英語が苦手でも全く問題ありません! モアナチャペルについて モアナチャペルはワイキキ最古の名門ホテル「モアナサーフライダー」内になるチャペルです。 白く格式高い建物が特徴です。 モアナチャペルは白く透明感のあるチャペルです。 窓の奥には青い空と ワイキキビーチを眺めることができます。 素人が撮影してもこんなに奇麗に撮影できます。 さらにチャペルの窓が扉になっており、そこからプライベートガーデンに行くことが出来ます。 白一色のチャペルとは一転、緑と青の空間にドレスが映え良い写真が沢山撮れます! 挙式後はモアナ8Fにあるダイヤモンドヘッドスイートでレセプションパーです!本格フルコースを参列者と一緒に楽しむことが出来ます。 この部屋はテラス ラナイ にも出る事ができて最高の眺めも楽しめます! 3日目(挙式当日) 朝、担当者が部屋にドレス・スーツを持ってきます。 その日の流れをもう一度確認してくれます。 その後メイク担当者が部屋に来て新婦のメイクが始まります。 新郎は放置。 メイクは日本人が担当でしたが「日本人のメイクっぽくないくて濃い」との妻評でした。 心配な方は事前にメイク打ち合わせもオプションで追加することも可能です。 モアナを知り尽くしたプロのカメラマンの指示で色々なところでポーズをとります。 この階段は次から次へと新郎新婦が撮影にやってくるフォトスポットです! 挙式の時間帯にもよりますがアルバム撮影後、挙式が始まります。 式後、ガーデンでフラワーシャワーや撮影会のスタートです。 撮影が終わったらレセプションパー(食事会)です。 美味しいコース料理をいただきます。 あとは部屋に戻り着替えを済ませれば自由です。 観光に行っても良し、部屋で休んでもよし! 合計金額 こちらが私の挙式内容・旅行プランです。 日程 :5泊7日 チャペル:モアナチャペル アールイズウェディング ホテル :モアナサーフライダー泊 部屋 :タワーウィング95号室 飛行機 : 時期 :9月のシルバーウィーク(嵐のコンサート) 参列者 :9名 新郎側 : 6名(両親2、兄1、叔母1、従兄弟2) 新婦側 : 3名(両親2、弟1) 全てウェディングデスク経由で予約をしました。 合計金額は約230万円かかりました。 金額だけみるとかなり高いように思いますが、 新婚旅行代も含まれていると思えば大したことはありません。 実際に日本で挙式を挙げると300万〜500万はかかり、ご祝儀で200万〜400万戻ってきても実費は100万〜200万はかかります。 そう考えれば海外挙式の200万円は安いもんです!満足できる挙式も挙げられるし良い部屋にも宿泊できてにも乗れちゃいます! では230万円の内訳(挙式・パー・旅費)をお見せします。 挙式費用 こちらは挙式だけの費用明細です。 費用は約76万円かかりました。 基本料金の31万円に衣装やアルバムのアップグレードや小物をオプションで加えました。 衣装のドレス・スーツは初期料金内では満足できる衣装ではないためアップグレードは必須です。 新婦へのチップ等は不要です。 全て込みとの説明がありました。 ただ、担当してくださった方がとても素晴らしい段取りで進めてくださったため気持ち程度お渡ししました。 アールイズウェデイングの場合、日本で試着したドレスと同じドレスを現地で用意 レンタル してくれます。 そのため荷物にもならず不安要素もなくとてもGOODです! 確かワタベはドレス購入 買取 だったと思います。 0円と記載してある項目は全て基本料金に含まれているものです。 挙式の飾り付けにこだわる人はもっと費用がかかります。 造花を生花に変えるだけで数千数万円UPします。 さらに追加料金がかかるでしょう。 パー費用 パー費用とは挙式後にパールームで参列者と食事をするのにかかった費用です。 これにウェでイングケーキ代44,000円、ウェルカムドリンク トロピカルジュース 9,600円を追加して約30万円かかりました。 このパーの料理が大好評でした。 今でも「あの料理は美味しかった」と言われるくらい美味しかったみたいです!私も食べましたが、疲れや緊張でせっかくの料理も味わえなかったのが残念です。 緊張と疲れで味わえなかった。 ケーキについている人形は持ち帰れます。 旅費・宿泊費 挙式費用とは別に旅費・宿泊費にかかった費用をまとめました。 合計で123万円。 これが一番贅沢したと思います。 旅行代金98万円には航空券+宿泊費が含まれています。 高い理由はモアナの タワーウィング95号室にしたためです。 スタンダードルームだとドレスに着替えたりメイクをするのにスペースが足りません。 そのため思い切ってスイートルームにしちゃうのも手です!一生の思い出になります。 とにかく眺めが最高です。 この部屋を経験したらもう他の部屋には泊まれないです。 冷蔵庫にはスパークリングワインも用意されていました。 オプションでエコノミークラスからに変更することも可能です。 への変更は1人10万と格安でした。 理由は名古屋発にしたためです。 東京発だと1人20万円かかり名古屋発の倍 当時レート:今は往復15万程度 かかってしまいます。 名古屋発はハン専用料金が設定されているため、意外と穴かもしれません。 成田・羽田発 中部発 関西・伊丹発 その他の空港発 成田-HNL - 20,000 20,000 無料 中部-HNL 10,000 - 設定なし 無料 関西-HNL 10,000 設定なし - 無料 パックを利用して予約すれば国内乗継も格安で、もしくは無料で追加することができます。 この表からわかるように沖縄は「その他の空港発」に該当するため国内はナント無料になります。 マイルやFOPを稼ぎたい方は沖縄発成田経由ホノルル行きなんて素敵なルートを選択してみるのもお得でイイかもしれません。 ハワイ挙式のメリット ではわざわざハワイで挙式をするメリットを洗い出してみます。 ・新婚旅行も兼ねることが出来る ・旅行先なので、両家とも会話が弾む ・会社の上司を呼ばずに済む ・披露宴準備がないため楽、もめない ・家族も式を楽しめる ・挙式後すぐに観光できる ハワイ挙式のメリットは 新郎新婦・親族共に気を使わずに楽しめるというメリットがあります。 日本のように披露宴はなく、あっても親族だけのパーです。 来賓にお酒をつぎにまわったり、上司にスピーチをお願いする必要もありません。 全員がハッピーになれるのが海外挙式のメリットです!! また披露宴がないため、席次や招待状に食事を考える必要もありません。 この披露宴準備で多くの新郎新婦がケンカをするみたいですが、私は海外挙式だったため準備も少なくケンカも一切無く最高のコンディションで挙式を迎えることが出来ました。 色々と考えるのが面倒な人はハワイ挙式がオススメですね!! ハワイ挙式のデメリット さてハワイ挙式はメリットだけではありません。 デメリットについても考えてみます。 ・日本から遠い ・旅費が高い ・長期休暇がとれるか心配 ・新婦のメイクがイメージと違うことも やっぱりハワイは遠いです。 日本から飛行機で移動するのはかなりの労力です。 (ビジネスなら楽ですが)休みについては、自分も親族も休みを取れるかがポイントです。 自分は休めても家族が休めないと寂しい挙式になってしまうこともあるでしょう。 事前に相談をしっかりしてから日程を決めましょう。 また一番のネックは新婦のメイクがイメージと違うことです。 モアナチャペルの場合は日本人の方がメイクを担当しますがイメージと違ったメイクになることもあります。 モアナチャペルの事前にメイク相談もできるため 追加オプション 新婦のイメージとすり合わせれば問題ないでしょう。 家族の旅費についてどうするかという問題もあります。 日本国内なら数万のため負担は少ないですがハワイとなると宿泊込みでもかなりの金額になります。 新郎新婦が負担するのか、家族が出すのかという問題をスッキリさせておく必要もあります。 やっぱり航空券代は高いです。 せっかくの挙式だから豪華にで行きたいがお金の問題からエコノミークラスで我慢するという方も多いと思います。 そんな方に朗報です。 マイルを貯めて特典航空券でやファーストクラスを発券する方法です!! 行く前にマイル発券という選択肢に気づけていたらと後悔。。。 「僕 私 が用意しといたからハワイに来てね!! 」 なんて、マイルを貯めて 家族分の航空券を特典ビジネスで用意してあげたらかっこいいですね!! の最新はなんと、 シートが180度倒れるフルフラットシートです。 とにかく楽で到着後の疲れは一切ありません。 その最新機材に乗りハワイへ行った時の搭乗記もあわせてご覧ください。 航空券代は浮き、優雅に旅行が出来て、家族も喜ぶ。 最高ですね!! 結婚式や新婚旅行は豪華にしてみたい方は是非になり結婚費用の足しにしてみるのもいいと思います。

次の

【完全ガイド】ハワイ・グアムの結婚式に参列する服装|マナー違反に注意しよう

海外挙式 参列

海外挙式に際し、列席者の旅費を負担するかについては「一部負担する」といった回答が一番多い結果となりました。 ・両親は負担するが、列席者までは厳しい。 それでも来てくれるのであれば、前後の食事代などを負担する ・本当は全部自分たちが負担したいところですが、予算的に難しいと思います。 心ばかりの金額を負担すると思います ・半額は出すと思います。 出せないなら初めから呼びません。 両親などの身内は払うものの列席者全員の分まで用意するのは難しいという答えが多く見られますが、その分一部負担するだけでなく、滞在中の食事代を用意し、挙式のみならず少しでも現地での滞在時間を楽しんでもらいたいという配慮が見られます。 また、旅費を半額は出せないのならば、最初から呼ぶこともしないという答えも見られました。 海外挙式の旅費は新郎新婦が全額負担するという回答も! 海外挙式に際し、列席者の旅費を負担するかについて「一部負担」についで「新郎新婦負担」「列席者負担」という回答が続きました。 新郎新婦負担と回答した方 ・新郎新婦側の事情で海外挙式するので、こちらが全額負担するのは当然のことだと思います。 ・わざわざ海外まで足を運んでもらうので、その感謝として出すべきだと思います。 ・お財布には痛いですが、来てもらう側なので負担すると思います。 できれば一部にしたいところですが。 列席者負担と回答した方 ・挙式への参列プラス海外旅行でもあるだろうから、旅費は負担してもらって代わりにご祝儀をなしにします。 また、中には「本当は一部負担にしたい」といった本音も見える答えも見られました。 列席者負担と回答した方の中には、自費で列席してもらう代わりにご祝儀を頂かないと答えた方もいました。 自費での海外渡航は費用がかさみますが、ご祝儀の分旅行を楽しんでもらいたい、という新郎新婦の気持ちの表れかもしれません。 海外挙式をするなら、全員が幸せを感じられるプランを!.

次の