おしり 黒ずみ クリーム。 お尻の黒ずみ解消におすすめのクリーム【エステシャン監修】原因がわかれば対策することもできますよ

お尻の黒ずみは治せる!黒ずむ原因から対策まで徹底調査

おしり 黒ずみ クリーム

なぜできる?お尻の黒ずみの原因 お尻に黒ずみができてしまう大きな原因を4つご紹介します。 どれも重要なので、ひとつずつ見ていきましょう。 乾燥 乾燥はお肌の大敵です。 これはお尻にも言えることです。 なぜ乾燥がお尻に悪いのかというと、それは乾燥していると肌が刺激を受け、ターンオーバーのリズムが狂ってしまうからです。 ターンオーバーのリズムが狂うとお肌がゴワゴワしてきます。 これは肌を守ろうとして、層を厚くする「過角化」が起きてしまうからです。 これを繰り返すことで肌はくすみ、黒ずんでしまうのです。 過角化した皮膚は自然には治らないので、ピーリングや石けんを使用する必要があります。 色素沈着 座るとお尻に大きな負担がかかります。 この刺激のせいでお尻はメラニンを生成してしまいます。 メラニンは肌を守るために生成されます。 長時間座ったり、サイズが合わない下着や衣服を身につけているとメラニンが増えていき、色素が定着していってしまいます。 またサイズは合っていても、ナイロン製の下着はおすすめできません。 身につけているだけで肌に刺激を与えてしまうからです。 ホルモンバランス ホルモンバランスが崩れると黒ずみの原因になる可能性があります。 もし妊娠や出産時にお尻に黒ずみができてしまった場合は、そんなに心配しなくて大丈夫です。 なぜなら出産後に少しずつ消えていくからです。 生理不順の方もお尻の黒ずみを経験するかもしれません。 不順が改善されれば自然に少しずつ消えていきますが、常に生理不順の方や黒ずみが特に気になる方は婦人科で相談するといいでしょう。 炎症とかぶれ かぶれや炎症もお尻の黒ずみの原因となります。 例えばお尻にニキビがあると、まず炎症が起こります。 そして色素沈着が起こります。 ニキビを治す過程で無理矢理つぶしてしまったり、間違ったケアをしたりして、ニキビ跡が残ってはいませんか? ターンオーバーが正常に行われていないと、こういったニキビ跡が色素沈着してしまいます。 ほかにもアトピー性皮膚炎によるかぶれやむだ毛の処理による肌のダメージが原因で色素沈着が悪化してしまう場合があります。 お尻の黒ずみの予防 お尻の黒ずみは予防できるのでしょうか? 日常生活でできる予防方法を見てみましょう。 少しでも気をつけていると黒ずみができにくくなります。 保湿を心がける まずはきちんと保湿をすることが大切です。 原因でもお話ししたように、乾燥するとお肌がゴワゴワしてくすんでしまいます。 ターンオーバーを正常にするためにも、保湿を忘れないようにしましょう。 保湿する時はこすらず、優しくクリームやローションを塗りましょう。 クッションを使う 座っている時間が長いオフィスワークをしている方に特におすすめなのが、低反発クッションやドーナツ型のクッションです。 色や形も可愛いものが出ているので、選ぶのに困ってしまうかもしれません。 毎日使うものなので、自分が好きなデザインで使いやすいものを選んで下さい。 座っている時にクッションを使うことにより、お尻への負担が軽減されます。 またクッションがあればお尻の痛みの緩和にもなるので、使ったことのない方は是非試してみて下さい。 実際に使うとクセになり、クッションがないと落ち着かなくなるかもしれません。 そして可能だったら椅子も見直してみて下さい。 ガタガタしていませんか?安定していますか? 普段使う椅子でクッションを試すことができれば一番いいですね。 正しい下着を選ぶ ここで言う正しい下着とは、自分に合ったサイズと素材です。 下着を選ぶ時にどうしても機能性よりもデザインを重視してしまう方も多いと思います。 でもサイズがきつかったり、ナイロン製のものを長時間着用することはおすすめできません。 自分の体型に合った下着を身に付け、素材にも気をつけることが必要です。 できれば天然素材のものを選んでお尻への負担を減らしてあげましょう。 刺激を与えない 色素沈着は外部の刺激によって悪化してしまうので、極力刺激を与えないようにすることでお尻の黒ずみを予防できます。 例えば体を洗う時、ゴシゴシ強い力で洗っていませんか? キレイに保つのはいいことですが、洗い過ぎや洗浄力の強い石けんやボディソープにも注意しなくてはいけません。 ゴシゴシ洗うことでお肌を守ろうとメラニンが生成されてしまい色素が沈着してしまうので、優しく洗ってあげて下さい。 よく眠る 眠るだけで予防できるの?と思われるかもしれませんが、睡眠は綺麗なお肌には不可欠です。 お肌のターンオーバーを整えることが重要なので、規則正しい生活をしましょう。 眠っている時に成長ホルモンが生成されます。 成長ホルモンはターンオーバーが正常に行われるよう、手助けします。 できれば22時〜2時までは睡眠を取って、効率よく成長ホルモンを生成させましょう。 お尻の黒ずみの改善・解消方法 お尻用のクッションも使っているし、保湿もしっかりしている! そんな風に気をつけていてもお尻にできてしまう黒ずみ。 一度できてしまった黒ずみは消えるのでしょうか? また、できてしまった黒ずみはどのように改善していけばいいのでしょうか? 自宅でのケア まず試してほしいのが、自宅でのケアです。 お尻の黒ずみがそこまで深刻でない方はまずセルフケアを試して下さい。 自宅でケアする場合、費用を低く抑えられます。 使用するクリームなども好きなものを選べます。 ニベアクリーム、ワセリン、お尻専用のジェルやクリームがお勧めです。 おすすめのクリーム:ニベアクリーム 保湿をするために欠かせないクリーム。 種類がいろいろありますが、黒ずみ対策には何が合っているのでしょう? まずはニベアです。 ニベアにはスクワランという皮膚を柔らかくする成分が配合されています。 お肌の新陳代謝の改善にも役立つ成分です。 さらに保湿効果に優れたホホバオイルも配合されています。 外部の刺激から守ってくれるので、黒ずみの防止にも役立ちます。 肌に浸透しやすいよう、ラノリンアルコールという成分も含まれています。 ラノリンアルコールのおかげでニベアはお肌に吸収されやすくなっているのです。 おすすめのクリーム:ワセリン ワセリンは原油が原料の保湿剤です。 お肌の乾燥を防ぎますが、内部の水分保持を促すものではありません。 おすすめの使い方はニベアなどのクリームで保湿をした後に、ワセリンのベールで守って水分の蒸発を防ぐ方法です。 ワセリンには黄色と白があり、純度が違います。 お尻専用のジェルやクリーム ほかにもお尻専用のジェルやクリームがあります。 価格や口コミを参考に、インターネットで探して購入してみるといいでしょう。 クリームやジェルを使う場合のおすすめは入浴後の使用です。 シャワーやお風呂で体を温めた状態でクリームを塗ると浸透しやすく、乾燥防止に最適です。 手のひらで少し温めてから、優しく伸ばしてあげて下さい。 自分が好きな香りのクリームやジェルだとリラックスもできるのでお勧めです。 皮膚科でのケア お尻の黒ずみがそこまで悪化していない場合は、自宅でのケアだけで随分と改善されます。 でも自宅でのケアでは改善がみられない場合はどうすればいいでしょうか? そんな方には皮膚科での治療がおすすめです。 具体的な治療方法を見ていきましょう。 外用薬 皮膚科では外用薬として、ハイドロキノンやトレチノインが配合された薬を処方されるでしょう。 ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える成分が配合されていて、漂白効果もあります。 市販の化粧品などにも配合されていますが、皮膚科で処方されるものよりも濃度が薄く、効果が目にみえにくい可能性があります。 お尻の黒ずみがそこまで悪化していない方は市販のものを試すのもいいですが、皮膚科のハイドロキノンだったら効果が目にみえます。 一点注意しなくてはならないのは、ハイドロキノンは漂白効果があるので、黒ずみ以外の箇所に塗ってはいけないということです。 むやみに黒ずみ以外の箇所に塗ると、お肌がまだらになったりしてしまいますので、十分に気をつけて下さい。 トレチノインは古い角質を取り除き正常なターンオーバーを促すので、続けて塗っていくことでお尻の黒ずみが解消されていきます。 トレチノインの皮膚細胞を活性化させる能力がとても高く、使用した人は通常より2倍の早さで再生するのです。 遅くても約1ヶ月使用を続ければ、黒ずみの改善を実感できます。 内服薬 ビタミンCやビタミンEは黒ずみ撃退のための代表的な内服薬です。 これらのビタミンはシミなどの治療にも使用されます。 抗酸化作用が強いので、体の内側から黒ずみを解消してくれるのです。 ビタミンCはコラーゲンを合成し、健康な肌を作る手助けをします。 ビタミンEは肌荒れを改善する機能を持っています。 ビタミンとビタミンEを一緒に摂ることで、お互いが効率的に働きお尻の黒ずみを改善することができます。 エステサロンでのケア 自宅でのケアもしているし、皮膚科にも行ったけれど、もっとキレイになりたい! そんな方に試していただきたいエステ。 きれいなお尻を目指すなら、エステサロンがおすすめです。 自宅や皮膚科のケアよりも費用が高くなり、もしかしたら数回通わなければいけませんが、効果が目みえるのが早いのが特徴です。 レーザー レーザーでお尻のメラニン色素を破壊していきます。 レーザー治療のメリットはなんと言っても、即効性です。 自宅でのケアや皮膚科でのケアよりも早く効果が感じられます。 レーザー治療のデメリットは費用です。 即効性が高い分、自宅でのケアや皮膚科でのケアに比べると費用が高くなります。 エステサロンにもよりますが、一度のレーザー治療で5万円ほどかかる場合もありますので、5回通ったらあっという間に25万円ほどの治療費になってしまいます。 ケミカルピーリング ピーリングはお尻の黒ずみを含め、ニキビにも効果的です。 ピーリングの原理は古い角質を取り除いて新陳代謝を改善させることです。 やりすぎは禁物ですが、適度なピーリングはお尻を黒ずみから守り、ざらつきを取り除いてくれるので、理想的なお尻に近づけます。 レーザー治療と同じように一度の施術で効果があらわれるものではないので、何度か通う必要があります。 ケミカルピーリングの施術ではまず肌の状態を確認されます。 その肌の状態により、ピーリング液の濃度を決めます。 ピーリング液を拭き取ったあとはパックをしたり、保湿をしたりとエステサロンによって異なります。 まとめ 女性であったら誰もが憧れる綺麗なお尻。 でも毎日座る時には大きな負担がかかるし、下着や衣類の摩擦で刺激を受けています。 人に相談しにくいですが、結構みなさん悩んでいるのです。 おしりに黒ずみができてしまう主な原因は4つあります。 色素沈着• ホルモンバランス• 炎症とかぶれ 逆に言うと、この4つが防げれば、お尻の黒ずみも改善されていくのです。 おしりの黒ずみを予防する為には、乾燥をふせぐことが第一です。 予防において大切なことを具体的に5つご紹介しました。 保湿を心がける• クッションを使う• 正しい下着を選ぶ• 刺激を与えない• よく眠る この5点が重要で、気をつけていればある程度はお尻の黒ずみを予防できます。 でもどんなに気をつけて予防していても、気付いたらお尻に黒ずみができてしまうこともあります。 そんな時は自宅でのケア、皮膚科でのケア、エステサロンでのケアで黒ずみを改善していきましょう。• 自宅でのケアでは主にクリームやジェルを使います• 皮膚科でのケアでは主に内服薬と外用薬を処方してもらいます• エステサロンでのケアではレーザーやケミカルピーリングを施術してもらいます それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法でお尻の黒ずみを改善していって下さいね。 普段は人には見せない箇所ですが、やはりお尻が綺麗だと心もウキウキしてきますよね。 お尻の黒ずみは長い時間をかけてできてしまうので、改善するのは容易ではありませんが、無理をせずにいろいろな方法を試して下さい。

次の

おしりの黒ずみ、どうしてる?美尻をキープする4つのヒント

おしり 黒ずみ クリーム

SHARE 0• デリケートゾーンを脱毛したら黒さが目立つ• 彼氏にあそこの黒ずみを見られたくない・・・• デリケートゾーンの黒ずみ解消クリームを選ぶ3つのポイント! 美白クリームというと、美白効果だけに注目してしまいがちですが、美白クリームは美白効果が高いものほど刺激が強いことが多いです。 選び方を間違ってしまうとかえって黒ずんでしまうこともあるので、美白成分の選び方には細心の注意が必要です。 ここではデリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームを選ぶ上で、最も大事な3つのポイントをまとめました! クリームを選ぶ時の参考にして下さい。 デリケートゾーン黒ずみ解消クリーム選びの3つのポイント!• それでは、以下より1つずつ順番に見ていきましょう! 低刺激で効果の高い美白成分をたくさん含んだものを選ぶ 低刺激性と効果を両立したトラネキサム酸または水溶性ブラセンタを使用した美白クリームを選びましょう! 黒ずみ解消クリームでいちばん大事なポイントです。 デリケートゾーンの黒ずみ解消に使用される美白成分は5種類ほどあります。 具体的に言うと「トラネキサム酸」「プラセンタ」「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」という成分です。 なかでも 低刺激性と効果の高さを兼ね備えたおすすめの成分は 「トラネキサム酸」または「水溶性ブラセンタ」です。 トラネキサム酸はデリケートソーン美白の王道成分と言えるものなので、必ずこのような成分が入っているかどうかチェックしましょう! 保湿効果の高い成分をたくさん含んだものを選ぶ 黒ずみ解消クリームで、美白成分と同じく重要なのが保湿成分です。 保湿成分には植物油脂などを含めて数え切れないほどの成分がありますが、 大事なことは 高保湿の成分であることです。 保湿成分の中で特に高い保湿効果を示してくれる おすすめの成分は、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」です! 保湿成分の良し悪しで、黒ずみの改善の時間や効果に違いが出てきてしまうので、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」といった高保湿成分が黒ずみクリームに配合されているのかチェックして下さい。 黒ずみ解消クリームというと美白成分ばかりに注目してしまいがちですが、このような成分で黒ずみ部分をしっかり保湿することで、 皮膚再生(ターンオーバー)を促進させて、黒ずみを早く改善させる効果が期待できます。 なので、先程あげた保湿成分がしっかり入ったものを選ぶのがおすすめとなります! 価格と内容量のバランスのとれたものを選ぶ デリケートゾーン用のクリームは、内容量も価格もさまざまです。 いくら効果が高い美白クリームでも内容量が少なくて値段が高かったりすると、継続して使用することができませんよね。 毎日塗っても続けられる 無理のない価格と内容量のクリームを選びましょう! デリケートゾーン黒ずみクリーム厳選10商品を徹底比較! ではご紹介してきた選び方で数ある美白クリームから、より良かった商品を10商品に厳選して徹底比較していきます。 10商品を比較するにあたり、先程の 選び方のポイントでご紹介した3つの基準をもとに比較しやすいよう一覧表にまとめてみました! 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 ケシミンクリーム L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体) トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) グリチルレチン酸ステアリル サラシミツロウ、流動パラフィン 30g 約1200円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 メラノCC保湿クリーム L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体) トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) グリチルリチン酸ジカリウム ホホバ油、ローズヒップ油 23g 約1000円 アンティーム ホワイトクリーム コメヌカエキス、ドクダミエキス、朝鮮人参エキス オリーブオイル、トウキ根エキス、カンゾウ葉エキス 100ml 約2800円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 トラネキサム酸 グリチルリチン酸2K ヒアルロン酸ナトリウム 2 シロキクラゲ多糖体 35g 【定期】4,970円 【通常】7,000円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 トラネキサム酸 シア脂 植物性スクワラン 30g 5500円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 トラネキサム酸 グリチルリチン酸2K 浸透力の違う3種のヒアルロン酸 水溶性コラーゲン液 セラミド3 30g 4470円 【初回】980円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 プラセンタエキス グリチルリチン酸2K ビタミンC誘導体 アルブチン ヒアルロン酸Na 2 水溶性コラーゲン液 25g 5980円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 ハーバルラビット 水溶性プラセンタエキス グリチルリチン酸2k ビタミンC誘導体 浸透力の違う3種のヒアルロン酸 水溶性コラーゲン液 セラミド3 トレハロース 35g 4750円 【クレジット払い】4250円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 ピンキッシュボーテ 水溶性プラセンタエキス グリチルリチン酸2k ビタミンC誘導体 浸透力の違う3種のヒアルロン酸 水溶性コラーゲン液 セラミド3 25g 6480円 【初回】送料のみ650円 商品名 美白成分の効果 +低刺激性 保湿成分 内容量 価格 水溶性プラセンタエキス グリチルリチン酸2k ヒアルロン酸2種 コラーゲン2種 セラミド3 トレハロース エラスチン 60g 5440円 【初回】2980円 こうして比較してみると、 価格によって美白成分や保湿成分に大きな違いがあることが分かりました。 価格が1000円前後のクリームでは、美白成分にやや刺激があり補助成分で使われるビタミンC誘導体が主成分として使用されています。 また、保湿成分にも植物油脂や植物成分メインで使用されており、保湿力が高いとは言えない成分しか使用されていません。 デリケートゾーンの黒ずみケアは、少なくても2ヶ月以上の期間継続して行う必要があるので、 時間とお金を無駄にしないためにも一定ライン以上の商品を使う必要性があると言えそうです。 それでは、以上を踏まえてデリケートゾーンにおすすめのクリームはどれなのか?次よりランキング形式でご紹介していきます! 効果を実感!おすすめの市販デリケートゾーン黒ずみクリームランキングTOP5 【ランキングの基準】 こちらでは選び方のところでもお伝えした「「美白成分の効果+低刺激性」「保湿成分」「内容量・価格」の3つの基準で比較し、ランキングを決めています。 人気の脱毛サロン開発のクリーム• トラネキサム酸を有効成分としたデリケートゾーン黒ずみケアクリームの中で一番続けやすい内容量と価格• 定期コースの縛りも2回と短く、28日間の返金保証• 保湿力が高いことで話題の成分シロキクラゲ多糖体を配合• デリケートゾーンはもちろん全身の黒ずみに使用できる 今回最もおすすめだったのはという結果になりました。 イビサクリームは、トラネキサム酸(美白作用)とグリチルリチン2K(肌の炎症を抑える)という2種類の医薬部外品成分を配合することによりデリケートゾーンの色ぐすみを徹底的にケアしてくれます。 更に、サクラ葉抽出液、カモミラエキス、ダイズエキス、オウゴンエキスという黒ずみの元となるメラニンに作用する4種類の植物成分や8種類の保湿成分で黒ずみケアをサポート。 また、余計な添加物は一切使われていないので、体に優しい成分だけで黒ずみを解消できるのが嬉しいですね。 デリケートゾーン黒ずみクリームの効果的な塗り方! デリケートゾーンの黒ずみ用クリームには、共通する効果的な塗り方があります! 大事なポイントについてまとめました。 デリケートゾーン黒ずみクリームの効果的な塗り方のポイント!• お風呂上がりの肌が暖まっているときに塗る• 塗る時には手のひらで少しクリームを温める• できれば朝のお出かけ前にもう一度塗る デリケートゾーンにクリームの美白成分が一番浸透しやすい時は、 身体が暖まっているお風呂上がりです。 手のひらでクリームを温めて、黒ずみを解消したい患部に手を置いたまましばらくの間なじませます。 下着は、クリームが乾いてから履くようにしましょう! 朝晩の1日2回塗るのが効果的です。 美白効果が高いのはお風呂上がりですが、お出かけ前にも塗ることによって 皮膚がコーティングされ、摩擦や乾燥から肌を守ることができます。 ケシミンクリーム(ビタミンC誘導体)• メラノCC(ビタミンC誘導体) でした。 どちらも黒ずみと言っても顔のシミ用だったので、どういうことなのか調べてみたところ、ビタミンC誘導体は刺激を感じてかゆみが出てしまうとこが多くデリケートゾーンの黒ずみ解消に適していないことが分かりました。 薬局でデリケートゾーンの黒ずみ解消クリームが置いていないのは、対面で買うのが恥ずかしいという人が多いからなのかもしれません。 その他、薬局に置いているデリケートゾーンの保湿ができそうなクリームと言えば、• ニベアクリーム(保湿成分:グリセリン、ホホバオイル)• オロナイン(保湿成分:ワセリン、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール) の2つです。 試しにデリケートゾーンに塗ってみたのですが、両方共まったく効果を感じることができませんでした! 両方共、保湿という観点で皮膚の再生【ターンオーバー】を促進するという意味ではいいとは思いますが、積極的に黒ずみを解消する成分が入っていない点は致命的なマイナス点です。 結果的に 黒ずみ解消の解消に十分な成分の入った専用クリームは薬局に置いていないので、お勧めできません!! 即効性の高いデリケートゾーン黒ずみクリームを求めるならば美容外科? デリケートゾーンの黒ずみ解消に即効性を求めるならば、美容皮膚科または皮膚科でも処方されるハイドロキノンを使用するしかありません。 ただし、即効性があるということは、それだけ刺激も強く副作用が起こる可能性も高いと言えます。 美容皮膚科や皮膚科で 医師に見てもらえば、副作用が起きた場合でも適切な指示があるので安心して使用することができます。 デメリットとしては、以下の2点が挙げられます。 美容目的の自由診療になるため保険が適用されず全額自己負担になり費用の負担が大きいこと• 医師に患部を見せるので恥ずかしいということ デリケートゾーン黒ずみ解消の代表的な5つの成分 美白成分 美白効果 刺激性 美白効果が期待できる成分は、代表的な4つの成分があります。 それぞれの成分の特徴を簡単に説明いたします。 トラネキサム酸 トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸で、飲み薬としてシミ・そばかすや肝斑の治療に使用されてきました。 最近では有名化粧水などの外用にも使われはじめ、安全性が高いと言われている美白成分です。 黒ずみの元となるメラニンは、メラノサイトという細胞で作られます。 メラノサイトは蒸れや摩擦などの情報で働きを活性化させますが、トラネキサム酸は 情報物質をブロックすることにより黒ずみに働きかけます。 プラセンタ プラセンタは、哺乳類の胎盤から抽出されたエキスです。 プラセンタにはどのような成分が含まれているかといいますと、 アミノ酸、タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸など あらゆる成分が含まれています。 プラセンタは、肌に塗る以外にも経口摂取、注射も行われており 安全性の高い成分です。 プラセンタの効果は幅広いことで知られますが、美白の観点で言うと以下の2つの作用があります。 抗炎症作用• 皮膚再生の活性化【ターンオーバー促進】 ハイドロキノン ハイドロキノンは、医療機関でしか処方が許されていませんでしたが、2001年の薬事法の改正で厚生労働省によって化粧品への配合が認可されています。 しかし、刺激が強い成分であることに違いはなく、4%以上の濃度の配合は医薬品扱いとなり、医師の処方が必要です。 ハイドロキノンは、濃度が高くなるほど刺激が増加するので、もし医師の処方を受けずに自分で使用する場合には、 2%以下の濃度に抑えるべきです! 数ある美白成分の中でハイドロキノンは美白効果が非常に高いことで知られていますが、 刺激性が強いのでデリケートゾーンの黒ずみ解消にはあまりおすすめできません! ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、既に出来てしまったメラニン色素に働きかけ黒ずみを薄くする還元作用があります。 ビタミンC誘導体には、いろいろな種類があり次の3種類に大別できます。 「水溶性」• 「脂溶性」• 「水溶性・脂溶性の両方の特徴を持つ」 ビタミンC誘導体には数多くの種類が存在し、「安定性が低い」「刺激性がある」ものがあります。 種類により全く別物であるため、どのビタミンC誘導体が使われているかということが重要です。 美白効果が高いと言われている「水溶性・脂溶性の両方の特徴を持つ」APPS(パルミチン酸アスコルビンリン酸3Na・別名アプレシエ)は生成が難しく、価格が高いですが刺激が少なく高い効果が期待できます。 アルブチン アルブチンは、ハイドロキノンに糖を結合させて安定化させた成分です。 メラニンの生成を抑制する働きがありますが、 すでにできてしまった黒ずみにはあまり効果は期待できません。 一番良かったデリケートゾーン黒ずみ解消クリームはイビサクリーム!.

次の

【デリケートゾーンの黒ずみに効く!】市販クリームランキング10選

おしり 黒ずみ クリーム

尿素とは?黒ずみに効果あるの? 尿素とは、保湿作用のある成分で、私たちの体から出る汗などにも含まれている天然の成分です。 水によく馴染む性質や、タンパク質の構造を壊す性質があるのが特徴です。 肌の角質は、ケラチンと呼ばれるタンパク質でできていますが、尿素は、このタンパク質の構造を壊すことができるのです。 そのため、ガサガサに硬くなった角質がはがれ、つるつるな新しい肌に生まれ変わります。 つまり、尿素には、肌の角質を溶かすピーリング効果があるということです。 古い角質の中には、ターンオーバーが乱れ、メラニンが剥がれ落ちずに残ってしまったものもあります。 これが黒ずみの正体なんですね。 尿素が古い角質を分解してくれることにより、メラニンも一緒に分解され剥がれ落ちるので、黒ずみ解消の役に立ちます。 尿素の皮膚をなめらかにするピーリング効果でつるつるすべすべな肌を実感できます。 ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリームの口コミは? 二の腕のぶつぶつと、おしりの黒ずみに使ってます。 保湿クリームと思うと少し値段が高い感じがしますが、効果を考えるとコスパは良いと思います。 尿素は使い続けるものではないと思うので、しばらく使ったら休んで、また気になったら使う、という使い方をしています。 くるぶしの角質と黒ずみによく効きます。 40代になってから、かかとや膝もガサガサがひどい。 サンダルをどうしてもはきたくて、ケアに励んでおります。 ケラチナミンはなかなかいい仕事してくれます。 肌の手触りがよくなって、黒ずみも目立たなくなってきています。 乾燥の季節はこれがないと乗り切れません。 かかとの荒れで、ストッキングが破れるのも防げるし、肘や膝もつるつるでいられます。 手ごろな価格も魅力。 資生堂尿素10%配合クリームの口コミは? ひざ・ひじ・かかとに使っています。 夜塗って寝ると、朝つるつるになっています。 黒ずみも少し薄くなりました。 ワセリンのようなべたつきがないのがいいです。 なのにしっとりすべすべになりますね。 私はひざとくるぶしに塗っています。 蓋も回すタイプでなく、使いやすいです。 さらっとしていてニオイもないのがいいです。 お風呂上りにひじとかかと、ひざに使用しています。 ガサガサで黒ずんでいたのもよくなりました。 黒ずんだ角質を除去し、肌をなめらかにします。 また、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進し、ターンオーバーを整えます。 炎症を防ぐ「グリチルリチン酸ものアンモニウム」も配合。 クロキュアの口コミは? 膝の黒ずみに効果ありました。 使用感はさっぱりしているので、クリーム系のべたつきが嫌いな私でも使うことができました。 子供に、肘が「すごい黒いね!」と言われて慌てて使い始めました。 さすがに一本ではきれいになりませんが、若干黒ずみが薄くなってきたような気がします。 ひざやかかとにも使ってみたいと思います。 まだ20代なのに、くるぶしの黒ずみがひどくて、これはいかん!と思って使い始めました。 1本使い終わるころに、なんとなく黒ずみに効果が出てきました。 いい感じなので続けてみたいと思います。 尿素配合のクリームはざらざらしたり、肌なじみがよくないものも多いですが、フェルゼアは独自の技術で尿素を溶かし込み、なめらかな感触なのが特徴。 抗炎症成分・血行促進成分も配合。 フェルゼアHA20クリームの口コミは? いろいろな尿素配合クリームを試していますが、私にはこれが一番あっています。 くるぶしと膝の黒ずみが冬季になるとひどくなりますが、これのおかげでつるんときれいな肌を保てています。 ひざ・ひじ・すね・かかと・くるぶし、とあらゆるところがガサガサで黒いのですが、フェルゼアを塗ると、乾燥をまず感じなくなって、続けていると色も少し明るくなってきます。 効果あると思います。 私はおしりの黒ずみと肘に使っています。 1個使い終わったときにはかなり改善されましたよ。 尿素の危険性は?使用するなら、必ず知っておきたいこと。 タンパク質を分解する作用があり、ピーリング効果の高い尿素。 ガサガサに古い角質が厚くなっている箇所に使うと、つるつるな肌が現れ、その効果には驚くでしょう。 しかし、その 現れ出たつるつるの肌は、生まれたばかりのまだ未発達な、もろい肌です。 あまりにつるつるな肌に感動して、尿素が配合されているクリームで毎日ケアを続けると、必要以上に肌を痛めつけてしまうことになります。 尿素配合のクリームを利用するのは、 あくまで「ガサガサに角質がたまってしまっている肌のみにする」のが好ましい使い方です。 また、尿素は名前からも推測できるように、分子に「アンモニア」を持っています。 クリームが古くなったり、保存方法が悪いと、アンモニアが生成されてニオイが発生することも。 また、アンモニアはアルカリ性なので、肌には刺激となり非常に危険です。 そのため、尿素配合のクリームは、保存方法には特に注意する必要がありますし、開封後はなるべく早く使用する必要があります。 尿素は、膝や肘、おしり、脇、デリケートゾーンのどこなら使える? 尿素配合のクリームは、体のどのパーツなら使ってもよいのでしょうか? パーツごとに、考えていきたいと思います。 尿素配合のクリームは、膝や肘の黒ずみに使ってもいい? 膝や肘、くるぶしは皮脂が出にくいため、乾燥しやすい箇所。 さらに、肘はいろいろなところに置いたり、毎日の生活で「膝をつく」という動きも何度もしますよね。 肘や膝はそのたびに刺激を受けています。 肌は刺激を受けると分厚く・硬くなっていく性質があります。 肘や膝のガサガサに角質がたまった黒ずみには、尿素クリームでのケアは最適。 分厚くなったメラニンを含む角質が分解され、やわらかい肌を手に入れることができます。 ただ、何回か尿素配合クリームでケアして、肘や膝の手触りが「ガサガサ」でなくなり、ほかの肌を同じような 「なめらかな状態」になったら、尿素配合クリームでのケアは中止しましょう。 なぜなら、角質がたまっていない状態で、ピーリング効果の高い尿素を塗ると、肌に必要以上に刺激を与えてしまうからです。 肌がなめらかな状態でもまだなお、黒ずみが気になるようなら、尿素ではなく、メラニンにアプローチする「美白成分の配合された黒ずみ解消クリーム」を使用するようにしましょう。 おしりの黒ずみに尿素配合のクリームでケアできる? おしりとひとことで言っても、パーツによって考え方が違います。 肛門周辺のデリケートゾーン(Oライン)と その他の部分とでは肌の薄さが違いますので分けて考えましょう。 尿素配合のクリームでは刺激が強すぎます。 炎症を起こし、さらに黒ずみがひどくなることも。 Oラインにはデリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使用することをおすすめします。 座るときなどに肌負担がかかったり、こすれることによって角質が厚くなっている場合は、ピーリング作用のある尿素配合クリームでのケアが効果的。 おしりのざらつきがなくなり、黒ずみもよくなるでしょう。 脇の黒ずみに尿素配合のクリームは使用できる? 尿素配合のクリームが安全に使えてかつ効果を実感できるのは「角質がたまってガサガサした肌」の黒ずみです。 脇の皮膚はガサガサした角質がたまっているでしょうか? おそらくほとんどの場合が「ノー」かと思います。 脇の肌は薄く、角質がたまってガサガサになる、ということはあまりありません。 そのため、角質除去効果の高い尿素を塗ると、高いピーリング作用で肌を痛めてしまうことになります。 脇の黒ずみには、尿素ケアは向いていないと言えるでしょう。 デリケートゾーンの黒ずみに、尿素配合のクリームは使える? デリケートゾーンは、ほかの部分の皮膚と比べてかなり皮膚が薄い箇所です。 角質化してごわごわになるということはまずありません。 尿素の「肌のタンパク質を溶かす作用」はかなりの肌負担になってしまいます。 尿素配合のクリームを塗り続けると、もともと薄いデリケートゾーンの肌がさらに薄くなり、刺激に敏感な状態になってしまいます。 肌のバリア機能が壊れ、しみたりかゆみが出たりなどの原因になり、黒ずみが悪化することも考えられます。 デリケートゾーンの黒ずみには、尿素ではなく、美白成分が配合されている専用の黒ずみクリームを使うようにしましょう。 まとめ 尿素配合のクリームは、角質ケア・黒ずみケアには大変効果を発揮する、便利なクリームです。 ただ、使う箇所がまちがっていたり、「尿素を使うべき肌状態でない場合」に使い続けていると、肌負担になり、黒ずみが悪化してしまうことも大いにあります。 これまで述べてきたことを参考に、使うべき箇所に、使うべき肌状態のときのみ、使用するようにしましょう。 尿素クリームが適さない場合は、美白成分の配合されている「黒ずみ専用クリーム」を使うのがおすすめ。 「尿素クリーム」と「黒ずみクリーム」をうまく使い分けて、より安全かつ効果的に黒ずみケアをしましょう。

次の