ディノス 脱毛。 家庭用脱毛器のおすすめ11選!フラッシュ式も【2020年版】

脱毛で脇汗増えるってほんと?脇の脱毛・永久脱毛のデメリット | 女性の美学

ディノス 脱毛

ムダ毛の処理で女性が一番気にする部位が「脇」ではないでしょうか。 脇のムダ毛なんて出来れば永久になくなって欲しいと思いますよね。 確かに脇のムダ毛処理がされていなかったら見た目にも美しくありませんし、男性の目についたらドン引きされてしまいそうです。 しかし、元々そこにあるということは何かしらの役割があったはず。 そこで、脇のムダ毛を本当に脱毛してしまってよいのか、普段は考えないであろう「デメリット」についてご説明します。 メリットとデメリット、両方を知った上で、永久脱毛すべきかどうか考えてみてもいいでしょう。 「ムダ」な「毛」なのになぜ生える?体毛の役割 最初から生えていなければいいのに、と思うような「ムダ毛」たちにも体にとっては重要な役割があるのです。 そもそも生物にとって不要なものは進化の過程でなくしてきているわけで、 いまだに特定の場所にだけ毛が残っているということは、本来は体にとって必要なものだといえます。 外部の刺激から皮膚を保護する機能 現在毛の残っている部分を考えてみればその役割がわかりますね。 眉毛、まつ毛は目に異物が入らないように目を守っています。 鼻毛は空気中のごみや最近などを吸い込まないため。 空気のきれいな場所で育った人が都会で暮らすようになると鼻毛が伸びることもあるそうですよ。 脇には神経やリンパ節が集まっています。 大事な組織を守る役目があるわけです。 また、腕を動かした時に皮膚の摩擦を防ぐという働きも持っています。 そして大事なのが 汗を発散させる働きです。 脇にはアポクリン腺という汗腺があり、ホルモンなども含まれた臭いのある汗が出る場所。 異性を惹き付ける「フェロモン」を出すという役割もあるそうです。 それを拡散させるためにあるのだとか。 脇の臭いはあまりいい臭いでない気がしますが、脇を脱毛したからといってフェロモンが出なくなるわけではないようです。 服の代わり?体温を維持する機能 体毛は体温を維持し身体を保温する役割があるのです。 元々人はもっと体毛が濃かったので、身体を温めて体温を一定に保つ役割がありました。 今では服が体毛の代わりをしています。 毛には感覚器官としての役割もある 毛には何かが近づいた時に危険を察知する感覚器官としての機能もあります。 危険から身を守る本能のようなものですね。 髪には神経がありませんが、さわられるとわかりますよね。 脇の脱毛方法~自分で処理する方法とプロに頼む方法 脇の脱毛方法には、自分で処理をする方法と脱毛サロンなどプロに処理してもらう方法があります。 それぞれどのような施術方法なのか、自分に合ったものを見つけて下さい。 自分で脇を脱毛する一番お金のかからない方法 脱毛方法には色々ありますが、毛抜きで抜くという方法が、一番簡単でお金もかからない方法でしょう。 ただ、1本1本抜いていくのは結構な手間がかかりますし、何より痛いですね。 雑菌も入りやすいので、本当はあまりいい方法とはいえない脱毛法です。 除毛できる薬剤などを使う方法 除毛クリームを使えば、比較的肌へのダメージが少なく処理が出来ます。 生えている部分の毛を溶かしてなくす方法なので、毛先が丸くなり、生えかけの時にちくちくしないというメリットもあります。 除毛クリーム自体は「脱毛」はできませんが、除毛した後にムダ毛を抑えるといわれる豆乳ローションなどを使ってみましょう。 効果が出るには時間がかかりますが、• 毛が細くなる• 毛が薄くなる などの抑毛効果が期待できます。 ただし、脇は皮膚が敏感なところ。 刺激を感じるなど敏感肌の方はクリームが合わない場合もあります。 必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。 自宅で機械を使って脱毛する方法 家庭用脱毛器を使えば、痛みもほとんどなく自分で脱毛することが出来ます。 家庭用はフラッシュ脱毛器が主流で、価格も2万円程度からもっと高額なものまであります。 照射面積や出力レベルなどによって価格が変わってくるので、自分の毛質・毛量などによって選ぶと良いでしょう。 数は少ないですが、家庭用のレーザー脱毛器もあります。 ただし こちらは光脱毛と違い、痛みもそれなりにあるようなので、敏感肌の方には向いていないかもしれません。 エステサロン・脱毛サロンなどで行う光脱毛 複数の波長を含んだ光を照射することによって脱毛するのが光脱毛といわれる方法で、エステサロンや脱毛サロンなどで行われています。 毛のメラニン色素に反応する波長の光を当てることで毛母細胞にダメージを与えることによって毛が生えてこないようにするのです。 ただしこの施術は医療行為ではなく美容のために行うもの。 「永久脱毛」は難しいですが、減毛することは可能です。 また、痛みが少ないというのもメリットのひとつです。 医療用のレーザーを使った永久脱毛 レーザー脱毛は医療レーザーを使った脱毛方法なので• 医療機関• 美容外科• 皮膚科• 美容クリニック など専門の機関でないと受けることが出来ません。 ダイオードレーザーなど出力の高いレーザーを使用するので、エステの脱毛よりは痛みがあります。 また、費用もそれなりにかかります。 部分脱毛でも1回あたり1~2万円ほどかかるので、回数にもよりますがエステサロンよりは高額になりますね。 ただし、光脱毛よりは少ない回数で脱毛が可能だとされているので、確実に効果を出したい方はレーザーがおススメかもしれません。 脇の脱毛&永久脱毛はここに注意!脱毛のデメリット 脱毛の方法は、予算や時間によっても色々ありますが、いずれにしてもメリットばかりではないようです。 どのようなデメリットがあるのかによって、自分で処理をするか、それともいっそのこと永久脱毛にしてしまうのかを考えましょう。 汗染みが出来て脇汗が多くなったように感じる 脇を永久脱毛すると脇汗が多くなる、という説があります。 実際、それまでは汗をあまりかかない体質だったのに、 脱毛をしたら脇汗をたくさんかくようになった、と感じる人もいるようです。 これは、 汗の量が増えるというよりも、これまではムダ毛がからめ取ってくれていた汗を肌がダイレクトに感じるようになって、汗が増えたように感じるから、ということが理由のようです。 ただ、乾燥肌になると肌のバリア機能を回復させようとして余分に皮脂が出てべたつくことがあります。 皮脂が増えると臭いだけでなく雑菌の繁殖も気になるので、乾燥してる?と思ったらとにかく保湿です。 毛抜きによる自己処理は埋没毛で脇がブツブツになる 無理矢理毛を引き抜くなど肌に負担のかかるムダ毛の自己処理は、脇の黒ずみの原因になります。 本来毛は必要なものですから、 抜いたとしてもまた生えてこようとしますし、しっかりと抜ききれなかった場合、途中で毛が切れてしまうこともありますよね。 そんなとき、毛が皮膚の中に入り込んでしまう「埋没毛」を作りやすくなります。 脇に限らず、自分でむだ毛を抜いたことのある方は、1度は経験しているのではないでしょうか。 埋没毛はプツプツと黒い点のように見えるので、脱毛したはずなのになんだか肌が黒ずんで見えてしまうのです。 かといって、その埋没毛を無理にまた抜こうとすると皮膚を傷めてしまいますし、毛穴に雑菌が入ると炎症を起こしてしまうこともあります。 脱毛後は肌を清潔に保つとともに、あまり頻繁にむだ毛を抜かない方が良いでしょう。 毛穴が炎症を起こすリスクがある 肌には常在菌というものがいて、腸と同じように善玉菌と悪玉菌がいます。 黄色ブドウ球菌など、肌の炎症の元となる菌が増殖してしまうと白いニキビのような状態になることがあり、これを毛囊炎(もうのうえん)をいいます。 肌に傷がついて清潔な状態が保てずに毛包部に悪玉菌が増殖すると、赤みが出たり膿がたまったりするのです。 脇は汗をかきやすく、湿った状態が続いている場所です。 脱毛後は清潔を保ち、しっかり保湿をしておかないと毛囊炎を起こしやすくなるので注意して下さい。 思ったよりも費用がかかること 自分で脱毛するなら、家庭用脱毛器を購入しても数万円ですみますが、サロンなどに通う場合にはそれなりに期間もお金もかかります。 1回では脱毛は完了しません。 なぜなら毛には毛周期というものがあり、個人差はありますが脇毛の毛周期は約4ヶ月といわれています。 成長期• 退行期• 休止期 があり、光脱毛などは成長期のムダ毛に対して効果を発揮するのです。 ですから1回の施術で脱毛できるのはその時に成長期だった毛だけになります。 毛周期に合わせて数ヶ月おきに何度も通うことになるので、料金もそれなりにかかってしまいますね。 脇だけやるならついでに全身やってしまおうかなどと思うと、完了するまでに数年かかります。 回数については5~6回で効果を感じられる人と10回以上やってようやく感じる人とかなり個人差があります。 何回までと回数が決められているコースだと追加料金が発生する可能性もあります。 保湿が足りないと肌のバリア機能も低下して余計な皮脂や汗が出る原因にもなりますし、脇の黒ずみもますます目立つことに。 脇の皮膚はとてもデリケートです。 顔のお手入れをするのと同じくらい丁寧に保湿対策をして下さい。 しっとりタイプのオールインワンジェルなどが使いやすいでしょう。 自分でやるなら家庭用脱毛器を選んだ方が良い サロンを利用する時間もお金もない場合は自分で処理するしかありませんが、ご紹介した方法の中で一番肌にデメリットのない方法が家庭用脱毛器を使う方法です。 家庭用の光脱毛器は、サロンで行う脱毛に比べればもちろん効果は低いですし、時間もかかりますが、無理に毛を抜いたり剃ったりするよりも肌への負担は軽くなります。 肌に優しい脱毛方法を選ぶことで、• 肌の黒ずみを予防する• 肌トラブルを少なくする など、安全に脱毛することが出来るでしょう。 汗はこまめに拭き取るなどの対策が必要 汗の量自体が増えることがなくても、汗を抑えるムダ毛がなくなるということは、汗の臭いも気になりやすくなる可能性があります。 制汗剤を使う• 汗はこまめに拭き取る• 脇汗パッドを使う などして、 汗を抑えて雑菌が増えないように清潔に保つことで、臭いも防ぐことが出来るでしょう。 普段から汗腺を鍛えておくことも大切 汗腺は使わないと機能が低下していき、さらさらとしたいい汗をかくことが出来ません。 特に脇にあるのはアポクリン腺というホルモンや脂肪分を含んだ臭いのある汗を出す汗腺。 アポクリン腺の働きが悪いと、老廃物などを含んだ、べたべたした汗が出るようになります。 脇汗が余計気になってしまいますよね。 汗腺を普段から活性化させるためには、運動や入浴でしっかりと汗をかいておくことが大切です。 いい汗をかけるようになれば、多少脇汗が出ても臭いは気にならないでしょう。 見た目がきれいになるというメリットの方が大きい脇の脱毛 脇の脱毛にはそれなりのデメリットもありましたが、どれも対処のしようがあるものです。 きちんと対策がとれるなら、脇のムダ毛なんてない方がいいに決まってますよね。 脇は腕や脚など、他の部位に比べて「ない」ということのメリットが大きいところだと思います。 永久脱毛なら夏の水着の季節だけでなく、ジムやプール通いも気兼ねなく出来ますし、脇が見えてしまうようなデザインの服でも人目を気にせず着ることができる、という安心感があります。 永久脱毛にチャレンジする場合はデメリットをしっかり理解した上で、しっかり保湿対策などをしていきましょう。

次の

家庭用脱毛器のおすすめ11選!フラッシュ式も【2020年版】

ディノス 脱毛

2018年04月7日 最近、カミソリのムダ毛処理が面倒になってきたので除毛クリームを使ってみようと思い使ってみたが、うまく除毛できない。 根元の毛が残るといった悩みをよく聞きます。 実は、除毛クリームも正しい使い方をすれば、その効果は発揮できます。 そこで今回は正しい除毛クリームの使い方をお話します。 除毛クリーム 除毛 と光脱毛 脱毛 の違い。 除毛クリームは、肌表面の毛を溶かして除毛します。 そもそも除毛クリームにはチオグリコール酸という毛の主成分のタンパク質を溶かす成分が含まれています。 除毛剤での処理は、カミソリで剃るよりも、次に生えてくるまでの時間が長くなるので 手軽で楽な方法ではありますが、チオグリコール酸が肌のタンパク質を溶かす性質があるので、使用中にヒリヒリしたり、赤みを帯びたり、肌トラブルを起こす危険もあります。 除毛は脱毛よりも痛みも少なく金銭的にもあまりかかりませんが表面上の毛を処理するだけなので永続性はありません。 一方、光脱毛は痛みは少なく、光を当てることによって黒い物(メラニン色素)のみに作用します。 脱毛エステなどで使用されている機器で幅広く利用されている脱毛方法です。 光脱毛すると毛のタンパク質が固まり1〜3週間後には抜けてきます。 タンパク質を溶かす作用の光ではありませんので肌へのイメージも軽減。 クリニックの医療レーザー脱毛よりも金額も安く受けることができるので、少しでも費用を節約したい方におすすめの脱毛法です 除毛クリームを使って綺麗に仕上げる方法。 除毛クリームをうまく使うコツさえ覚えれば、肌にダメージを与えず綺麗にムダ毛処理をする事ができます。 今まで除毛クリームを試してみてうまくいかなかった人もこのコツを覚えれば大丈夫です。 塗り方 塗り方によって効果に格段の差が出てきます。 うまくできなかった人は適当に塗ってたのではないでしょうか?均一に塗れなかったところは毛がポツポツと残ってしまいます。 上手く伸ばせなくても、ある程度は、毛が見えなくなるまでたっぷり厚めに円を描くように塗りましょう。 塗った後には必ずラップをしましょう。 浸透率が上がり毛穴も開きやすくなります。 ラップでカバーすることで仕上がりがしっとりすべすべになるでしょう。 塗る量 塗る量にも注意が必要です。 毛が隠れるくらい、たっぷりクリームを塗ってください。 毛の根元にしっかりとクリームが付いていないと、その部分を溶かすことができません。 毛の表面にだけ付いて、根元にクリームがいき届いてないと満足のいく効果が出ませんので、根元に届くことを意識して塗りましょう。 拭き取り方 驚くことに、拭き取り方にもコツがあります。 拭き取り方ひとつで仕上がり感は違ってきます。 まずは、充分に時間を置いてからにしましょう。 決められた時間がある場合はその通り置きましょう。 必ず、ティッシュで拭き取ってからシャワーで流すようにしてください。 拭き取り方もクリームを押し付けずに、ティッシュで優しく円を描くように除去することが大切です。 間違っても、強くこすって落とさないでください。 肌を痛めてしまいます。 肌についたムダ毛はシャワーや濡れタオルで優しく拭き取りましょう。 あとは市販の物で除毛を行う場合、除毛効果の高いクリームを選ぶことが大事です。 やはり、ドラッグストアなどで売ってる物でもある程度の値段がする物の方が効果が高いです。 しかし、産毛や柔らかい毛、細い毛はかなりいい感じに仕上がりますが剛毛などは綺麗になりません。 除毛は、肌の表面にみえる毛を溶かすものであり、根本から引き抜くものではありません。 除毛クリームは便利なアイテムではありますが、肌への負担を考えたり、永続性がないことを理解するのも必要です。 根元から脱毛したい場合は光脱毛がおすすめ やっぱり根元を残らないようにするには、サロンでの脱毛をおすすめします。 光脱毛(脱毛サロン)おすすめの方 ・できるだけ安く脱毛したい ・肌が弱く痛みが苦手 ・長期間かけてゆっくり脱毛に通いたい 光脱毛は、広く弱く照射するので痛みが少ないというメリットがあるので、痛みに弱い方にはお勧めの脱毛方法になります。 光脱毛は、美顔器などで使われている、光と仕様が同じなので、美肌効果もあるのです。 値段も安いのでコストも抑えられます。 ただ、効果がゆるやかで感じ方や効果には個人差があります。 光脱毛の後、1週間から2週間ほど経過すると毛が抜け落ちますが、1回施術を行っただけではツルツルの肌になりません。 光脱毛では12~18回程度が肌がつるつるになったのを実感できる施術回数といわれていて、自己処理が必要なくなり一般的な毛質の人なら脱毛が完了します。 施術は1回につき約10分ほどで、2~3ヶ月に一度の毛周期のペース合わせて施術する場合が多いです。 そのため、脱毛を完了するには2~3年程度の期間が必要です。 施術回数は多くなりますが、光脱毛の方が1回当りの料金が安くなります。 トータルでかかるコストを考えるとかなりお得といえます。 光脱毛は個人の体質や毛量、部位によって効き目が異なります。 毛の濃さや太さによって効果も違いますので、自分の体質や、環境に合った光脱毛を選びましょう。 気になるムダ毛を整えてツルツルの肌になりたい方は、除毛・減毛効果のある光脱毛をぜひお試しください。 光脱毛の効果がないときは、毛周期に合わせていないなど光脱毛の効率を下げる原因があるかもしれません。 光脱毛は必ず、毛周期の成長期に合わせて行う必要があります。 光脱毛は回数を重ねるたびに毛が細くなり毛量が減りますので、すぐに脱毛効果が現れなくても毛周期に合わせて続けることが大事です。 まとめ 除毛クリームはたしかに便利なアイテムです。 塗って放置するだけなので処理が簡単ですが、塗り残しがあると処理できなかったり、肌に合わないと荒れます。 永続性もありません。 もちろん正しく使えば、問題ないわけですが、肌への負担を考えると、痛みが少なく、比較的料金が安い、美顔効果もある光脱毛に勝てません。 トータルで考えても光脱毛はおすすめです。 ビー・エスコートでは、ほとんど無痛で脱毛効果を得ることができます。 低価格で各パーツごとの施術になるため、丁寧に確実に照射をさせていただきます。 脱毛に関するお悩みやご相談などがありましたら、ぜひお気軽にビーエスコートまでお越しください。 ビーエスコートでは現在無料のカウンセリングを実施中です。 無料カウンセリングの予約は1分で可能です。 カテゴリ一覧• Information• 先日の台風の影響により臨時休業いたします。

次の

【楽天市場】レーザー式脱毛器

ディノス 脱毛

除毛クリームを使用した脱毛についての仕組みと特徴を知ろう! 「ムダ毛をキレイに処理したい」と考えるとき、そこにはさまざまな選択肢があります。 除毛クリームを使う方法や抑毛ローションを使う方法、毛抜きを使う方法、カミソリを使う方法、エステサロンを利用する方法など。 しかし実際のところ、それぞれの違いやメリット・デメリットなど、十分に理解できている人は少ないかもしれません。 そこで今回は、その中から「除毛クリーム」と「エステサロンでのお手入れ」について詳しく取り上げていきます。 除毛クリームは、その名前の通り「ムダ毛を除くためのクリーム」を指します。 ムダ毛の主成分はたんぱく質ですが、これを溶かす成分を配合した除毛クリームを塗ることで、ムダ毛をきれいキレイに処理することができるわけです。 ただし、この除毛クリームは便利な一方で、使い方を間違えれば肌に大きなダメージを与えてしまうものでもあります。 ある程度は自分で対処できますが、人によっては除毛クリームによる処理が向かない場合もあるので要注意です。 除毛クリームが向かない場合は、エステサロンなどでのお手入れを考える必要が出てくるでしょう。 除毛クリームとの付き合い方について、ここでしっかり理解しておいてください。 脱毛クリームで毛は濃くなりません。 その理由とは? 除毛クリームの仕組みと特徴について 前述の通り、ムダ毛のお手入れには除毛クリームや抑毛ローション、毛抜き、カミソリ、エステサロンを利用するなど、さまざまな方法があります。 その選択肢のひとつである除毛クリームは、手軽に使用でき、デリケートな箇所にも使えるものなど、たくさんの商品が発売されています。 除毛クリームは肌に直接塗るもの。 肌に合わないケースもあるため、その成分を確認することが重要です。 ムダ毛の主成分はたんぱく質ですので、除毛クリームにはたんぱく質を溶かすための有効成分が配合されています。 その中でもっとも一般的な成分は、「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれるもの。 これはムダ毛を取り除くための成分として広く知られており、効率的にムダ毛を溶かしていきます。 除毛クリームで行うムダ毛の処理は、除毛クリームを肌に1~3ミリ程度の厚さに塗り、5~10分ほどおいて洗い流すという方法です。 自宅で簡単に処理できるうえ、即効性があります。 さらに太い毛でもきちんと処理できるため、「明日海に行くことになった!」というような場合でも安心です。 除毛クリームについては、しばしば「除毛クリームで処理した場合、次に生えてくる毛が濃くなるのではないか」という声が挙がります。 除毛クリームは毛を根っこから処理しているわけではないので、再び毛は生えてきます。 あくまで「今、肌の表面にある毛の処理まで」です。 除毛クリームで処理した後のツルツルした肌に新しい毛が出てくるわけですから、それが目立って濃くなったように見えるかもしれません。 しかし除毛クリームでの処理後に生えてくる毛は、良くも悪くも除毛クリームの影響を受けません。 除毛クリームは「今、肌の表面にある毛」を溶かすものであり、皮膚の下に埋もれている毛に対して作用するものではないからです。 そのため、今までと同じ毛が生えてくることとなり、「除毛クリームで処理したら毛が太くなる」というのは誤りです。 除毛クリームは、脱毛したいと願う人にとって非常に便利なものです。 カミソリを肌に当てる処理とは異なり、肌の表面を削る心配がありません。 また、カミソリ負けしやすい人でも安心して使うことができます。 さらに処理後の毛先が丸くなるため、カミソリでの処理後のようにチクチクとしたむずがゆさを感じることもありません。 また、除毛クリームのメリットとして「コストパフォーマンスが高い」ということも挙げられます。 実際の価格は商品によって異なりますが、除毛クリームは1本あたり2,000円程度から手に入れることが可能。 そのため、経済的な負担が少ないのです。 加えて手軽に自宅などで処理できるため、時間もかかりません。 ただし、除毛クリームにもデメリットはあります。 まず除毛クリームは「脱毛完了」ではないので、永続性はありません。 一度毛を取り除いても、その後でまた同じように毛が生えてきます。 また、現在は肌に良い成分を配合した除毛クリームもたくさん出ていますが、肌の表面もまたムダ毛と同じ「たんぱく質」でできています。 そのため、除毛クリームを塗ることで肌にダメージが及ぶことがあるでしょう。 なお、除毛クリームには独特の臭いがある場合も多く、臭いに敏感な人は少し使いにくさを感じるかもしれません。 また、誤った使い方をすると大きな肌トラブルになることもあります。 使い方については後ほど詳しく解説しますので、参考にしてください。 こうしたデメリットが怖い、あるいは正しく使える自信がないと感じる人は、脱毛サロンでのお手入れを考えた方がよいでしょう。 サロンなら相談しながら脱毛できるので安心 脱毛を考える人の中には、次のような不安や要望を持っている人もいるのではないでしょうか。 「もともと肌が弱いので、除毛クリームでの処理は肌荒れが起きそうで怖くなってきた」 「専門家に相談しながら、ムダ毛のお手入れを進めていきたい」 「まだ肌が弱い子どもがムダ毛のお手入れをしたいと言うけど、除毛クリームではなく、より安全な方法を教えたい」 そのような人は、美容脱毛専門サロンを選ぶのがおすすめです。 ミュゼプラチナムでは、きめ細やかで手厚いカウンセリングを受けることが可能です。 心配なこと、配慮してもらわなければならないことをスタッフに相談すれば、専門家の立場で適切なご回答を差し上げます。 また、「痛みに特に弱い」「ほかの処理方法でトラブルが起きた」といったことも伝えていただければ、それを前提としたお手入れを実施していくことができます。 そのほか、美容脱毛後のアフターケアなどについても詳しくお伝えできるので、不安なくお手入れを受けていただけます。 ミュゼプラチナムの行うジェルとライトを使ったS. 方式の美容脱毛は、肌をジェルで守りつつライトを当てていきます。 トリートメントには保湿効果の高いプラセンタエキスも配合されているため、ムダ毛をお手入れしつつ、美肌効果も期待できるでしょう。 また、S. 方式の美容脱毛はとてもスピーディーに行えるお手入れ方法です。 除毛クリームは15分程度で終わりますが、S. 方式の美容脱毛もワキなどの場合はわずか3分程度でお手入れが終了します。 「値段」「手軽さ」という点から見れば、確かに除毛クリームは魅力的なものといえるでしょう。 しかし「速さ」「肌へのダメージ」「精神的な安心感」の3つで考えたときには、S. 方式の美容脱毛の方がよりおすすめです。 事前にしっかりカウンセリングを受けることのできるミュゼプラチナムのS. 方式の美容脱毛については、下記からご確認ください。 除毛と脱毛の違いは?肌に優しい美容脱毛専門サロンでのお手入れ! 除毛と脱毛の違いとメリット・デメリット 次に、「除毛」と「脱毛」の違いやメリット・デメリットをご紹介します。 除毛と脱毛の違いを知っておくことで、自分がムダ毛処理を行う際に、シーンに応じて除毛と脱毛のどちらを選べば良いのか判断しやすくなります。 除毛と脱毛の違いとは? はじめに「除毛」と「脱毛」の違いについてご紹介します。 それぞれの言葉の意味は以下の通りです。 毛を取り去ること。 以上2つの言葉の意味から、脱毛クリームではムダ毛を一時的に取り除くことができるアイテムであることが分かります。 一方、脱毛サロンでの脱毛を受けると、脱毛クリームでも可能な毛を取り去る効果だけではなく、毛を抜けさせることが可能です。 「除毛(脱毛クリーム)」では一時的にムダ毛を取り除く、「脱毛(光脱毛)」では一時的にムダ毛を取り除くだけでなく、毛穴から毛を抜けるように整えることができます。 脱毛クリームは、安ければ1,000円以下で購入することもできるため、できるだけ安く綺麗にムダ毛処理を行いたいという方におすすめです。 また、脱毛クリームを塗って落とすだけでムダ毛処理が完了するため「明日海に行く予定がある」など、すぐにムダ毛を処理しないといけないというシーンにも役立ちます。 自分の手では届かなかった背中や太もも裏、首などもお好みの部位を綺麗に脱毛することが可能です。 また、半永久的に自己処理が必要な脱毛クリームに比べて、脱毛では一度完了したら自己処理が不要になることも、たまにムダ毛が生えてくることもありますが、自己処理の頻度を年に数回にまで減らせる点も魅力です。 脱毛クリームには、ムダ毛を溶かすための薬剤が含まれています。 そのため、特に肌が弱い方にとっては、脱毛クリームを肌に塗ると赤く腫れたりかゆみが生じたりすることも少なくありません。 また、VIOや顔などのデリケートな部位や、背中や首、太もも裏など自分の手では届かない部位などは、ムダ毛処理が難しい点もデメリットのひとつです。 一時的にムダ毛を取り除くことができる「除毛」とは、脱毛効果の持続期間や必要が時間、手間が異なることから、脱毛に必要となる費用も高くなります。 また、実際にサロンへ足を運んでお手入れを受けなければいけないのが面倒だと感じる人も少なくありません。 スケジュールを立てて、サロンの予約をして訪れることを煩わしいと感じることも。 手軽な脱毛クリーム派のあなたにおすすめの脱毛クリーム 除毛と脱毛のメリット・デメリットを比較してみて、いつでも手軽にムダ毛処理できる脱毛クリーム派だというあなたに、おすすめの脱毛クリームをご紹介します。 それが、ミュゼプラチナムでご提供している「薬用ヘアリムーバルクリーム」。 薬用ヘアリムーバルクリームの特長やおすすめポイントを詳しくご紹介します。 しかし、ミュゼプラチナムの脱毛クリームなら、天然由来成分が87%も配合されているため、肌に優しく除毛を行うことが可能です。 ムダ毛処理後はしっかりと保湿を行うことが重要です。 ミュゼの脱毛クリームでは、8種類もの保湿成分を配合しているため、ムダ毛処理後も乾燥知らずのしっとりなめらかな美肌に仕上がります。 ミュゼプラチナムの脱毛クリームなら、毛深いとお悩みの方にも、毛が細くて脱毛が難しいと言われた方にも、ムダ毛に対してどのようなお悩みを抱えている方であっても問題ありません。 自宅でパパっと簡単にムダ毛を処理できます。 [まとめ] 除毛クリームは手軽でコストパフォーマンスに優れ、即効性の高さが魅力です。 そういう観点で見れば、優れたムダ毛処理方法といえるでしょう。 また、除毛クリームを使っても、後から生えてくる毛が濃くなるということもありません。 そのため、例えば「明日、海に行くからムダ毛を処理したい」などのようなケースなら、とても使い勝手がよいアイテムです。 ただし、除毛クリームにはVIO部分の処理に制限があったり、肌が弱い人は肌荒れが起きやすかったりというデメリットもあります。 パッチテストを行うことである程度予防することもできますが、肌荒れがひどいようならば病院で診察を受けなければなりません。 そうしたデメリットを避けたいのであれば、美容脱毛専門サロンの利用をおすすめします。 例えば次のようにお考えの人は、ミュゼプラチナムが実施するS. 方式の美容脱毛がおすすめです。 「トラブルを気にせず、安心してムダ毛のお手入れをしたい」 「肌に悩みや問題を抱えているので、専門家にじっくり相談したうえでムダ毛のお手入れをしたい」 「ただムダ毛をお手入れするだけでなく、しっかり美肌効果も得たい」 など きめ細やかなカウンセリングの上、経験豊富なスタッフが丁寧に対応させていただきます。 ムダ毛のお手入れは、時として肌トラブルの原因となりかねません。 また、自宅でのお手入れは手軽である一方、どうしても時間がかかってしまいます。 めんどうなムダ毛のお手入れから解放される「美容脱毛専門サロン」で、つるスベ肌を手に入れましょう!。

次の