アクション 対 魔 攻略。 アクション対魔忍 コントローラーはxboxのみ対応なの?

【アクション対魔忍】リセマラ当たりランキングとおすすめのキャラ

アクション 対 魔 攻略

パッシブでは HP0になった際に1度だけ最大HP25%の状態で復活し、12秒間全ダメージ35%減少を獲得。 流石にゲーム序盤で戦闘不能になるような事は少ないが、高難易度になると敵の攻撃も強力になる。 その為、無敵や蘇生効果は非常に有難く使い勝手の良い能力。 マイレージポイントと交換となっており、リセマラ対象ではないが優先して獲得したいキャラ。 さらにパッシブで デバフ状態の敵に対して通常攻撃のダメージが20%アップするので、アクティブスキルを使うだけで火力を上げられるお手軽感も有難い。 シンプルに使いやすい性能となっており、オススメ。 攻守を両方カバー出来るスキル構成が魅力。 さらに、パッシブ効果で 拘束状態の敵に対して与ダメージ15%アップと噛み合ったスキル構成。 敵を拘束状態にする事で行動の制限を行える為、囲まれる前に使えばリスク回避に。 勿論、まとまったところで使えば一気に殲滅出来るなど優れた効果。 汎用性が高く、雑魚が多く出現するステージ等で特に役立つサポーターといえる。 パッシブは 機械型の敵へ与ダメージアップと、特定の敵に対して火力を発揮。 被ダメージ時に発動するスキルタイプとなっているので、操作に慣れていない人にもオススメのサポーター。 ただ スキル発動は被ダメージ前提の為、リスクを伴う事は忘れないようにしよう。 スキル発動を目的とするよりも、保険として運用したい。 敵数が増えて囲まれる場面で重宝する効果。 全体攻撃持ちとなっており、尚且つパッシブでは 全ての攻撃のクリティカルダメージ24%アップも。 殲滅力が高く、火力アップの要素もあるのでオススメ。 殲滅力の高さはそのままステージクリアの時間短縮にも直結する為、非常に便利。 防御面よりも火力を重視するのなら、是非とも獲得しておきたい。 アクティブスキルは 自身へのデバフ・行動不能の持続時間を30%減少。 同時に持続回復効果も獲得可能。 とはいえ、上位互換にがいるので正直そちらを獲得した方が得策。 さらに、スキル効果は 敵全体の防御力を8秒間18%低下+速度低下の効果。 敵の移動速度を低下して遠距離攻撃を行えば被弾のリスクは大きく下がる。 その為、遠距離攻撃を行える水城ゆきかぜとの運用がオススメ。 ゆきかぜの火力は元々低めに設定されているが、このサポートキャラを装備させる事でカバー可能。 ゆきかぜを使用しているのなら入手しておいて損は無い。 アクティブスキルは 一定時間の後、爆発で575%のノックアップ攻撃。 基本的に近接攻撃がメインとなるキャラが多く、幅広く運用出来る。 使えないのは銃による遠距離攻撃が得意な水城ゆきかぜくらい。 アクティブスキルは時間差での爆発となっていることがややネック。 コンボは最大100までストック出来る為、最大で100%のダメージアップが可能。 短時間ではあるが大幅な火力アップが行えるのと、パッシブ効果も含めてボスに対して強力なパートナーといえる。 コンボ数がそのまま火力に直結する効果となっているので 操作が苦手な人には向かない。 10位:メイジャー キャラ性能&個別評価 敵単体に攻撃力1000%の連続攻撃を与えられる。 尚且つ 敵が機械型ならダメージ増加の効果もあるので、機械型の敵に対しては飛び抜けた火力を誇る。 パッシブも 機械型からの被ダメージ25%ダウンと全てが機械型を対象としたスキル構成。 その為、 安定した性能とはいえないのがネック。 単体高火力はボス戦などで活躍出来るメリットもあるが、優先度は低め。 総合評価 URのサポーター ガチャ排出 はSRサポーターに比べて大きく性能に差があり、どれも強力です。 その中でも上位のURサポーターは汎用性も高く、どんなステージでも腐らない性能を誇ります。 厳選するのであっても上位5体の内、どれかを確保するようにしておけば問題ありません。 特定の相手にだけ効果を発揮するものは、ステージによっては効果を得られないものもあるので避けるようにした方が無難です。 どんなステージでも安定して効果を発揮出来る汎用性の高いものを選ぶようにして下さい。 失ったHPの12%と若干回復量は少な目だが、パッシブで 回復量30%アップの効果があるので回復量は割とある。 チュートリアルで獲得出来るサポーターとなっており、あえて狙う必要はない。 回復能力を持つサポーターが少なく貴重な分、高難易度では重宝する。 ただし、URを獲得しているのならそちらの方が優秀。 2位:前園桃子 キャラ性能&個別評価 敵全体に攻撃力275%のスタン攻撃のスキルを持つ。 パッシブでは 対魔粒子のチャージ速度25%アップとなっており、奥義の回転率アップも可能。 奥義は非常に強力で大ダメージを期待出来る。 回転率を上げればそれだけボスや強敵との戦闘時に優位。 さらに、全体スタン付与も可能となっているのでSRサポーターの中では優秀な部類。 3位:ふうま災禍 キャラ性能&個別評価 5秒間、敵全体に拘束状態を与えられるスキルを持つ。 パッシブ効果は 拘束状態の敵に対して近接攻撃の与ダメージ10%アップの効果。 その為、スキルとパッシブの相性が良く使いやすいサポーターといえる。 敵の行動を制限する効果はURにも無いので入手しておくと便利。 最優先ではないが、獲得しておいて損は無いサポーター。 4位:紫藤凛花 キャラ性能&個別評価 敵全体に325%のノックダウン攻撃を行うスキル持ち。 全体攻撃を持つサポーターは貴重な為、それ目的で獲得するのも有り。 URは全体攻撃+全攻撃のクリティカル24%アップと完全な上位互換。 その為、優先的に狙うのならそちらを狙った方が良い。 5位:星乃深月 キャラ性能&個別評価 敵全体に攻撃力300%のノックアップ攻撃を行えるスキルを持つ。 パッシブ効果では サポータースキルのクールダウン10%減少の効果。 そこまで悪い効果ではないものの、正直優先度は若干低め。 10%のクールダウン減少程度では他の優秀なスキル効果を超えられない。 勿論、獲得しておけば便利だが最優先とは言い難い。 アクティブスキルは敵を引き寄せ、爆発させる球体を放つ。 その為、 雑魚敵が多く出現するところで使用すると高い効果を発揮出来る。 ただ、全体攻撃を行えるキャラが他に存在するので引寄せが必要ない場合には全体攻撃が出来るサポーターを獲得した方が良い。 7位:白瀬楪 キャラ性能&個別評価 範囲内のランダムな敵4体に3秒間拘束状態を与えるスキルを持つ。 パッシブでは 拘束状態の敵に対して遠距離攻撃のダメージ10%増加。 は敵全体を対象に5秒高速に出来る為、完全に下位互換。 しかし遠距離攻撃のダメージアップがある為、水城ゆきかぜを初期キャラで獲得しているのならこちらの方が火力を出しやすい。 全体的な性能でいえばふうま災禍に劣る為このランク。 8位:ファウスト キャラ性能&個別評価 12秒間、機械型敵全体の防御力を50%ダウン出来るスキル持ち。 機械型の敵限定ではあるがステージによっては大きな効果を発揮出来るキャラといえる。 パッシブでは 遠距離攻撃のクリティカル確率7%アップと、水城ゆきかぜと相性が良い。 水城ゆきかぜを確保しているのなら入手しても良いかもしれない。 9位:七瀬舞 キャラ性能&個別評価 被ダメージ減少に特化した効果を持つサポーター。 スキルで25%、パッシブで10%ダメージ軽減を行えるので最大35%軽減可能。 被ダメージ軽減の効果を持つサポーターはURではのみとなっており、貴重。 雨宮紫水は完全無敵+蘇生なのでこちらとは比べ物にならない程優秀。 ただ、パッシブの常時ダメージ軽減は初心者には有難い効果。 狙う価値は少ないが、あれば便利な効果といえる。 10位:眞田焔 キャラ性能&個別評価 敵から敵に移る火炎で350%ダメージ+ノックバックを行うスキルを持つ。 パッシブでも 全ての与ダメージ15%アップと優秀な効果を持つので、火力重視なら獲得しておくのも有り。 ただ、 同時にパッシブ効果で全被ダメージ10%アップも獲得しているのでリスクが若干増える。 操作に慣れているのならば敵からの攻撃を回避して、被ダメージを避ける事が可能だが初心者には若干難しい。 序盤ではそこまで敵の火力も高くないので、使うとしても序盤くらい。 その為、 機械型の敵などに対してはその恩恵を得られない点はネック。 ステージによっては大きな効果を得られる為、手札として確保するのは有り。 ただ、最優先で獲得を行うとなると別。 アクティブスキルは 敵単体に375%のノックダウン攻撃。 遠距離攻撃が得意な水城ゆきかぜと相性が良く、メインキャラとして運用しているのなら狙うのもあり。 とはいえ、ステータス値がURサポーターと比べると見劣りするので注意。 正直、水城ゆきかぜ以外のキャラを運用しているのであればあえて狙う必要はほぼ無い。 特にゴールドに関してはキャラ育成に必須の効果となっている為、入手しておくのも悪くはない。 他のサポーターとはそもそも使い道が違うのでランク付けするのは難しいキャラ。 総合評価 URのサポーターに比べて、SRサポーターは大幅に性能が下がります。 その為、狙うのなら間違いなくURを狙った方が良いでしょう。 SRの中にも優秀な効果を持つサポーターはいますが、ステータスの上昇値などが雲泥の差です。 URは最低でも1枚確保しておいて、SRで獲得するのならランキング順がオススメとなります。

次の

【アクション対魔忍】各キャラのおすすめスキルまとめ

アクション 対 魔 攻略

どんなゲームなの? まずは軽くアクション対魔忍がどんなゲームなのかをご紹介。 ジャンルとしては 「近未来くノ一アクションRPG」! リリースする前は正直、対魔忍キャラをただ見れるだけでアクションはお飾りだと思っていました。 ですが、実際にプレイしてみたところ…… まともなフル3Dアクションゲーム! 様々なスキルを使用したり、敵の攻撃を回避したり、奥義を発動したり…… 手動でプレイしていて普通に楽しいレベル。 また、 ストーリーはまさかのフルボイス! 重厚で壮大なストーリーをフルボイスで堪能できますよ。 その他にも様々なコンテンツが用意されていて、 対魔忍キャラをじっくり鑑賞したり動かしたりできるモードもあるんです。 通常のゲームの3000倍のエロさ、とまでは言いませんが…… しっかり対魔忍が動いているのを楽しめるのでそういう目的の方も少しは満足できるでしょう。 アプリをインストール• チュートリアルを進める• チュートリアルが終わった後事前登録報酬などを受け取る• 結果に満足できなければデータ初期化をして最初から始める 以上がリセマラ手順となっています。 ただし、 今回は結構注意点が多め! まず、最初に 「アサギ」・「さくら」・「ゆきかぜ」の対魔忍3人の中から1人を選ぶことになるんですが……慎重に決めましょう。 選ばなかった対魔忍も後で入手可能と書いてあるんですが、 開放するには1人あたり数千円分のゲーム内課金通貨「対魔石」が必要。 他にもパック購入などで開放できますが……とにかく、 無課金でプレイする予定の方はしばらく開放できない可能性があるので、最初に選ぶ対魔忍キャラは慎重に選びましょう。 そこで、今回は各対魔忍キャラの軽い使用感などをご紹介します! アサギはバランスタイプ。 スキル・ステータス共にバランスが良く、攻守揃ったスキルを使いこなすことが可能。 攻撃のリーチもそこそこにあるので、アクションゲーム初心者の方やどのキャラで始めるか悩んでいる方はアサギがオススメ。 装備できる武器は「刀」! さくらは超近接アタッカータイプ。 全体的に攻撃的でクリティカルも高いので、ダメージだけを見れば3人の中で1番ダメージを出せるキャラ。 かなり近づいて攻撃を仕掛けるタイプなので、多少慣れが必要。 装備できる武器は「小太刀(二刀流)」! ゆきかぜはやや特徴に欠けた射撃タイプ。 せっかくの銃装備も、あまり射程がないので遠距離で立ち回れるというわけではないのが少し残念。 優秀なスキルはあるので、決して弱いわけではないですよ。 装備できる武器は「銃(双銃)」! 装備できる武器もしっかり覚えた上で、選んでみましょうね。 これはiPhone版だから、まだ健全な方よ。 ちなみにアクション対魔忍のガチャは武器と「サポーター」が混ざっている闇鍋ガチャ。 詳しい排出確率などは下記の通りです。 レアリティ 武器 サポーター US 1. 5% 1. 5% SR 17. 46% 17. 5% R 30. 96% 31% 狙う武器について!サポーターは狙わなくてもいい? リセマラでは 「自分が使う対魔忍キャラが装備できる武器のUR」を狙っていきましょう! 現在、 UR武器は3種類のみなので実質1点狙い。 先ほど話したように、 対魔忍によって装備できる武器種が決まっているので……アサギで始めて、双銃のURを引いても装備できないんですよ。 なので、アサギでプレイする予定の方ならUR刀を狙うことになります。 サポーターについては、リセマラで狙う必要はあまりないと思いました。 サポーターの役割は 「サポートスキル」と 「HP・DEFステータス強化」なので、大事なのは大事なんですが……どちらかと言えば武器の方が大事! サポートキャラはどの対魔忍にも装備できますが武器はそうもいきませんし、 SRとUR武器のステータス差が凄まじいので……武器を狙いましょう。 何より、 サポートキャラのURは 「490円のスターターパック」や 「スペシャルログインボーナス7日目報酬」のUR確定チケットで手に入るんですよ。 ちなみに、データ初期化はホーム画面右上をタップした後、データ引継ぎ画面に行けば初期化の項目があるわよ。 対魔石はなるべく残した方がいい? アクション対魔忍のリセマラは、対魔石で最大10数回・ガチャチケで10回合わせて20数回のガチャが可能なんですが……できることなら、 対魔石は温存したままリセマラを終えましょう。 理由としては、 新しい対魔忍の開放や対魔忍のコスチューム開放に対魔石を使った方がいいからです! まだリリースされたばかりなので、今後次第ではわかりませんが…… 今のところ、あまり対魔石の配布量は多くありません。 リセマラで対魔石を全部使った上で無課金プレイだと、他の対魔忍を1人開放するまで対魔石を貯めるのも結構大変なんですよ。 理想のリセマラ終了ラインとしては、目当てのUR武器を獲得した上でコスチュームに対魔石を使うことかしらね。 最後に 以上、 リセマラについてでした! 今回はかなり気合が入っているからか、いつもの1. 3倍くらい長く話している気が……まぁこれも対魔忍の力でしょう。 これが絶対というわけではありませんが、 リセマラではUR武器を狙いましょう! 序盤攻略記事も作成するので、もしよければご覧ください。 アクションゲームとしてかなり作り込まれていますし、フルボイスのストーリーや鑑賞モードなど魅力が満載のアクション対魔忍。 まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

【アクション対魔忍】バトルアリーナ攻略法【ランカー目指す人向け】|駄雑記ブログ

アクション 対 魔 攻略

Contents• 三キャラ分の育成がある程度終わっていることは前提条件 バトルアリーナは最大三人のキャラでチームを組むことができますので、当然三人でチームを編成した方が良いです。 なのでランキング入りを目指すなら三キャラの育成をある程度終わらせておきましょう。 最低でも70Lvくらいまでは。 別に育成が終わっていないキャラでもランキングを目指すことはできますが、その分不利になりますのでオススメはしません。 一人とか二人でランキング入りしてる人もいますが、特に補正がかかったりとかなさそうなので三人でチームを組めるならそれに越したことはありません。 アリーナで使用するキャラは誰でも良い(オススメは凜子) 特にどのキャラが強いってことはないと思いますので、 今育っているキャラがいるんでしたらそのキャラで大丈夫です。 もしもこれからキャラを取得してアリーナのランキング入りを目指そうと思っている人がいらっしゃいましたら、個人的には 凜子をオススメしておきます。 サポーター青染めにした状態で、スキル構成を「風切り」と「流星群」にした凜子は結構な仕事をしてくれますのでオススメです。 オススメサポーターは人間特攻スキル持ち等 バトルアリーナでのオススメサポーターは 「御堂遥」とか 「柊木冬美」といった人間型特攻とか単純な攻撃力強化系のスキル持ちがオススメです。 あとは単体威力なら最強の 「メイジャー」も強いと思います。 逆に 「鉄華院カヲル」等の通常戦闘時に役立つ系のサポーターはアリーナであんまり強くなかったりするのでオススメしません。 勾玉厳選できればは人間型関係で、勾玉は最悪N勾玉でも可 勾玉を厳選する際は、なるべく 人間型に関する効果で厳選しといた方が楽になるのでオススメです。 人間型への与ダメージアップや人間型からの被ダメージダウン等。 最悪すべての敵への~系でも良いと思いますが、なるべく人間型がベストだと思います。 今後どうなるかはわかりませんが、とりあえず今は人間型に関する効果で厳選するのが吉。 勾玉を厳選しないという選択肢はないです。 あと理想はSR勾玉を厳選することですが、最悪N勾玉とかR勾玉とかでも効果さえ厳選できてれば一応大丈夫だと思います。 ただ妥協は許されません(全部9割以上の効果を狙う)。 最初の内はなるべく上位ランカー(できれば一位)を狙って倒すべし バトルアリーナはランキング上位の人を倒せば倒すほどスコアが高いので、できるだけ 上位の人を狙って倒していくのが効率的です。 500ゴールド払えば何度でもマッチングをやり直せますので、上位の人と当たるまで頑張って対戦相手の厳選を繰り返しましょう。 一位の人が当然一番高いスコアので、狙うなら極力一位の人がオススメです。 連勝を重ねていない内はかなり勝ちやすいはずなので。 連勝を重ねてきたらなるべく勝てそうな人を倒す方針に変えるべし バトルアリーナは連勝を重ねるに連れて取得できるスコアもどんどん増えます。 そして対戦する相手もどんどん強くなります。 なので連勝を重ねたら上位ランカー狙いから勝ちやすような人を倒す方針に変えましょう。 30連勝くらいできればランキング下位の人を倒しても結構なスコアが貰えるようになりますので、連勝のスコア補正は非常に美味しいです。 連勝がなかった状態で一位の人を倒した時と同等、もしくはそれ以上のスコアが期待できます(100スコアオーバー)。 個人的には人間型特攻の 「御堂遥」をメインサポーターにしてない人は割と倒しやすいと思ってます。 あとは 「メイジャー」も連勝を重ねたらかなり厄介になってくるので注意が必要です。 大量のゴールドが必要になるので稼いでおこう バトルアリーナでランカーを目指そうとした場合、かなりのゴールドが必要になります。 正確に計算したりはしてないですが、ここ二週間程アリーナに潜った感じからすると 最低でも200万ゴールドくらいは必要な気がします。 余裕を持って300万ゴールドくらい用意しておけば、アリーナでランカーを目指せるかなといった感じです。 ちなみにですがこの金額は一週間毎のアリーナで必要になる金額ですので、毎週ランカーを目指すんでしたら毎週稼がないといけません。 二種類の秘薬はできれば毎回使用するべし バトルアリーナには、HPと世ダメージをそれぞれ二割くらい強化してくれるアイテム(秘薬)があります。 秘薬作成には結構エグい素材を要求されますが、ランカーを目指すんでしたら致し方ない対価。 自然回復分のBPはなるべく使い切るべし(理想は毎日二十回挑戦) 当然ですけど、ランカーを目指すんでしたら自然回復分のBPはできるだけ消費した方が良いです。 理想的なのは毎日二十回アリーナに挑戦すること。 上で紹介したことを踏まえた上で毎日二十回挑戦できればランキング入りは可能(なはず)です。 ただ仕事してる人とかには正直厳しい条件だと思います。 なのでとりあえず十五回は参加することを目安に頑張りましょう。 足りない分はBP回復薬で補う形で。 応援の叫びはなんやかんや役に立つから画面をタップするべし バトルアリーナには応援の叫びっていう、キャラクターの強化とかができるシステムがあります。 応援の叫びを発動するには画面右下のボタンを押さないといけないので画面をちょいちょい見る必要があって面倒ですが、なんやかんや戦いが有利に運ぶので発動できるようになったら発動しましょう。 アリーナコイン交換で優先するのは武器、紋章は後回し アリーナコインで交換するのは 武器を優先した方が良いです。 アリーナでかなり有利に立ち回れるスキル持ちってのもありますが、単純に攻撃力が強いので普段使いにも便利なので。 だいたいですが、SL3の時点でイベント武器の攻撃力を超えたと思います。 無課金とか微課金の人はぜひスキルマまで育てておきたいくらいには強力な武器です。 紋章も全部同じ奴にしたら効果アップとかして便利なんですけど、武器が揃ってない人は武器優先で大丈夫です。 そもそも 紋章にそこまでこだわらなくてもランキング入りは問題なくできます。 紋章を集めて効果厳選までしようものならだいぶ沼る可能性が高いので、上位ランカーを常に狙う人以外はやらなくても大丈夫な気がします。 僕のバトルアリーナ用チーム構成とかを紹介 最後に僕がバトルアリーナに入る時のチーム構成とかを紹介しておきます。 チーム構成は、 先鋒:さくら 中堅:凜子 大将:アサギ にしてます。 この人選理由は単純に他に育ってるキャラがいないってだけです。 まぁさくらと凜子に関しては、一応一軍のままにしておくつもりではあります。 アサギは他に育った強めのキャラがいるなら多分変えます。 各キャラのスキル構成とか武器構成とかは以下画像を参照ください。 さくら 凜子 アサギ 基本的には 防御特化のさくらで削ってから、残りを凜子で倒す狙いです。 今のところ大将まで回ったら負け、くらいの気持ちでいます(実際負ける)。 さくらを青勾玉にしてる理由なんですけど、何回か試した感じだと さくらはなんとなく青勾玉と相性良い気がするんですよね。 逆に凜子は青勾玉と相性良くない気がします。 なのでさくらは青勾玉、凜子は赤勾玉って構成にしてます。 あくまで気がするです。 効果の保証はしません。 あと理想的なのは凜子の赤勾玉を人間型特攻にすることですけど、まだそこまでは手が回ってない状況です。 サブ武器とかサブ勾玉に関しては適当に育ってる奴を付けてるだけで、特にこだわりとかはありません。 アサギに関しては手が回ってないのでだいたい適当です。 サポーターはガチャのUR以外は全員スキルマです。 この構成で対戦相手さえ選べば30~40連勝は割とかんたんにいけます。 まとめ 今回の内容を以下にまとめます。 ・キャラの育成は三キャラ分終えておく ・キャラは誰でも良いがオススメは凜子 ・サポーターは「御堂遥」等の単純強化系スキル持ちがオススメ ・勾玉厳選なるべくは人間型の効果で(N、R勾玉でも可) ・最初は上位ランカーを倒す(理想は一位) ・連勝を重ねたら勝ちやすそうな人にシフト ・ゴールドめっちゃ必要だから稼いでおく ・二種の強化薬はできれば毎回使う ・自然回復分のBPはなるべく消費(理想は毎日二十回分) ・応援はなんやかんや便利だから積極的に使う ・アリーナコイン交換は武器優先(紋章は後回し) 特に大事なのは 上位ランカーを倒すって部分です。 僕は今のところ二回くらいランキング入りを目指したことがあるんですけど、最初の週は上記内容を徹底できてなかった(そもそもスコアの違いとか知らなかった)のでなかなかスコアが伸びませんでした。 ただ次の週で上記内容を(ある程度)徹底したら結構スコアが伸びたんですよね。 下に貼ってる画像の上が全然わかってなかった時、下が(ある程度)徹底した時です。 連勝記録が伸びたってのもそこそこ影響してきますが、一番大きいのは上位ランカーを倒すようにしたことだと思います。 なのでランカーを目指すんでしたら、上位ランカーを倒すようにした方が良いです。 ランキング上位を狙う場合でしたら多少のBP回復薬が必要になりますが、今回紹介した内容を実践すればランキングにとりあえず入るだけならBP回復薬の必要なくランキング入りできるんじゃないかと思います。 まぁそもそもアリーナをやってる人があんま……ゲフンゲフン。

次の