ゲンキー 福井。 マスク購入券で交換できるゲンキーってどこ?福井のドラッグストア!|ハリーの自由帳

【キャッシュレス】ゲンキーで使えるスマホ決済・電子マネーは?

ゲンキー 福井

公正取引委員会が11月7日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いでドラッグストアのゲンキー(本社福井県坂井市)に立ち入り検査した背景には、不当な取引を続ける業界全体の体質も一因との指摘がある。 関係者からは「業界のイメージダウンにつながる。 全体で法令順守を徹底していく必要がある」との声も上がっている。 大規模な小売業者への納入業者を対象とした公取委の調査報告書によると、ドラッグストア業界では取引の3割近くが独禁法上の問題となり得ると指摘。 その割合は他業界に比べて高かった。 納入業者への聞き取りでは「返品を断った業者は陳列スペースを減らされた」などの訴えがあったという。 ゲンキーは新規出店の際、納入業者に従業員を不当に派遣させ準備を手伝わせた疑いがある。 県内の小売業関係者は、出店時に納入業者に商品の陳列などの手伝いを求めること自体は「業界では昔からの慣習」と明かす。 ゲンキーに食品を卸している、ある業者も「新店オープンの日に社員を手伝いに行かせていた。 (ゲンキーからの)強制ではなく好意で行っていた」とし、「人手が足りない日なので、顔を出しておくと今後の仕事がしやすくなるという思いがある」と述べた。 ただ、あるスーパーの担当者は、10年前に大手家電量販店が納入業者に人員を派遣させ、商品搬入や陳列を無報酬で手伝わせたなどとして、独禁法違反で排除措置命令を受けたことを挙げ「これを機に小売業界内の意識が高まった。 手伝ってもらった時間に見合った金銭を支払うのが普通。 無報酬だったのなら信じられない」と驚いていた。 県外に本社があるドラッグストアの担当者は「疑いをかけられることはあってはならないが、一部の企業で不当な取引をしているという話も聞く。 業界全体でえりを正していかなければ」と指摘した。 ドラッグストア業界は、スーパーやコンビニとの競争が激化し、各社は生き残りへ出店を加速している。 ゲンキーも近年、年間20~40店程度の出店を続ける中で、独禁法違反の疑いが浮上した。 同社の広報担当者は「指摘を受けている事実があったかどうか社内で調査している」とし、今後の出店計画に関しては「変更はない」と話している。

次の

「ゲンキー」のニュース一覧: 日本経済新聞

ゲンキー 福井

公正取引委員会が11月7日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いでドラッグストアのゲンキー(本社福井県坂井市)に立ち入り検査した背景には、不当な取引を続ける業界全体の体質も一因との指摘がある。 関係者からは「業界のイメージダウンにつながる。 全体で法令順守を徹底していく必要がある」との声も上がっている。 大規模な小売業者への納入業者を対象とした公取委の調査報告書によると、ドラッグストア業界では取引の3割近くが独禁法上の問題となり得ると指摘。 その割合は他業界に比べて高かった。 納入業者への聞き取りでは「返品を断った業者は陳列スペースを減らされた」などの訴えがあったという。 ゲンキーは新規出店の際、納入業者に従業員を不当に派遣させ準備を手伝わせた疑いがある。 県内の小売業関係者は、出店時に納入業者に商品の陳列などの手伝いを求めること自体は「業界では昔からの慣習」と明かす。 ゲンキーに食品を卸している、ある業者も「新店オープンの日に社員を手伝いに行かせていた。 (ゲンキーからの)強制ではなく好意で行っていた」とし、「人手が足りない日なので、顔を出しておくと今後の仕事がしやすくなるという思いがある」と述べた。 ただ、あるスーパーの担当者は、10年前に大手家電量販店が納入業者に人員を派遣させ、商品搬入や陳列を無報酬で手伝わせたなどとして、独禁法違反で排除措置命令を受けたことを挙げ「これを機に小売業界内の意識が高まった。 手伝ってもらった時間に見合った金銭を支払うのが普通。 無報酬だったのなら信じられない」と驚いていた。 県外に本社があるドラッグストアの担当者は「疑いをかけられることはあってはならないが、一部の企業で不当な取引をしているという話も聞く。 業界全体でえりを正していかなければ」と指摘した。 ドラッグストア業界は、スーパーやコンビニとの競争が激化し、各社は生き残りへ出店を加速している。 ゲンキーも近年、年間20~40店程度の出店を続ける中で、独禁法違反の疑いが浮上した。 同社の広報担当者は「指摘を受けている事実があったかどうか社内で調査している」とし、今後の出店計画に関しては「変更はない」と話している。

次の

ゲンキー

ゲンキー 福井

2010年5月27日 - 2017年12月18日 本社所在地 〒910-0332 福井県坂井市丸岡町下久米田38-33 設立 事業内容 チェーン、オンラインショップ事業 代表者 藤永賢一(代表取締役社長) 資本金 10億7600万円 (現在) 売上高 連結 833億99百万円 (2017年6月期) 純資産 連結 151億78百万円 (2017年6月20日現在) 総資産 連結 518億68百万円 (2017年6月20日現在) 従業員数 単体 705人 (2017年6月20日現在) 決算期 6月20日 主要株主 Genky DrugStores株式会社 主要子会社 株式会社 ゲンキー株式会社(: Genky Stores, Inc. )は、に本社を置く福井県を中心に、、で大型・小商圏型を展開する企業。 親会社での Genky DrugStores株式会社(: Genky DrugStores Co. , Ltd. )が第一部に上場している。 創業者の藤永は、流通システムなどをドラッグストアの本場であるアメリカに倣って起業した。 メガドラッグストア(一般に600以上の店舗を指し、ゲンキーでは基本900m 2以上の店舗が主)の出店を続けてきたが、2015年からは300坪サイズの統一レイアウトの店舗を高速出店している。 同時にディスカウント戦略も採用しており、品が多い。 コーポレートカラーは。 沿革 [ ]• (昭和63年) - 石盛町に つくしの店(旧本店)開店。 (平成2年) - 福井市上北野に ゲンキー株式会社設立。 (平成6年) - 福井市光陽の光陽店(旧本店2代目)に本社(旧本社2代目)を移転。 初の調剤薬局併設を開設。 (平成11年) - 坂井郡丸岡町東陽(現在の丸岡町)の丸岡中央店(旧本店3代目)に本社(旧本社3代目)を移転。 (平成12年) - 福井市下河北に初のメガドラッグストアの福井南店開店。 (平成15年) - に上場。 (2010年7月12日上場廃止)• (平成18年) - 坂井市丸岡町下久米田に現本社(本社4代目)を移転。 (平成22年)5月27日 - 2部上場。 (平成23年)6月1日 - 東京証券取引所1部指定替え。 (平成24年)7月24日 - ディスカウント店への業態変更を発表。 (平成29年)12月21日 - により持株会社として Genky DrugStores株式会社を設立。 ゲンキー株式会社に代わり東京証券取引所1部に上場。 この節のが望まれています。 展開する店舗 [ ] 詳細は参照。 2020年6月時点で、福井県に65店舗、石川県に37店舗、岐阜県に120店舗、愛知県に76店舗の計296店舗。 うち本拠の福井県では2018年に全17市町への出店を達成、最多出店県である岐阜県においても、、を除く39市町に及んでいる。 かつて存在した店舗 [ ] ゲンキー [ ]• つくし野店(旧本店):旧・つくし野店(新店)- マンションの商業棟に存在した店舗。 店舗は隣接地へ移転、再オープン後、後に閉店。 光陽店(旧本店2代目・旧本社2代目) - 初の調剤薬局併設店。 元のディスカウント店を改装して本社とした店舗。 丸岡中央店(旧本店3代目・旧本社3代目):現・丸岡店(本店4代目) - 本社移転と店舗統廃合に伴い閉店。 丸岡バイパス店:旧・丸岡中央店 - 店舗統廃合に伴い閉店。 鯖江店:現・鯖江西店 - 鯖江西店へ移転、再オープン。 高木店:現・大和田店:旧・COLORADO高木店 - 統廃合に伴い閉店から数年後、小型店舗として再開後にコスメ店へ業態変更。 その他 [ ]• THE. PRICE. GENERAL:現・鯖江西店 - 食料品型の実験店舗。 期間限定営業。 後にスーパードラッグストアへ業態変更。 COLORADO高木店 - 新業態のコスメティック販売、簡易エステの実験店舗、アンテナショップ。 期間限定営業。 その他 [ ] レジ袋の有料化と無料化 [ ] レジ袋は、地元団体等の意向で2010年4月1日より一時期有料と成ったが、主に郊外店舗を展開する事情から、顧客の殆どが大量購入目的のためエコバッグに商品が入り切らない等の不便を訴える事情もあり、顧客への配慮から数ヶ月で脱退した。 2020年7月1日からレジ袋の完全有料化が始まる予定である。 ポイントカードの廃止と再開 [ ] 2012年7月24日藤永社長は、福井市内で同社の経営計画発表会(期末決算)会見においての廃止とそれに伴う同年9月1日以降からの店への順次業態変更を発表した。 ポイントカードの初期投資と維持管理費に加え、ポイント還元分の支出に備え、引当金を計上する必要もある事から同社では月8千万円程の負債(負担)を抱えていた。 の可能性もにらみ維持管理費などのポイントカードに纏わる高コスト分を、今後の低価格化路線に生かすべきと廃止を決断したとしている。 2012年8月のポイントカード廃止に伴い、客数と売上が落ち込んだ影響から、2013年4月にポイントカードを再開した。 株主優待制度の廃止と再開 [ ] 2009年11月に株主優待制度の新設を発表し、優待を目当てとする個人投資家の数を増やした。 しかしながら、新設から2年も経たないまま東証一部指定替え(2011年6月)の直後である、2011年8月に株主優待制度の廃止を発表した。 その後、株価低迷や株主数の減少 に加え、株主総会での批判も受け、2013年1月に再度株主優待制度の再開を発表した。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の