アイギス 麻痺無効。 至宝の使い手リアナ

アイギス:帝国司教エレオノーラの性能評価まとめ!麻痺無効バフや全味方射程アップなど強力!

アイギス 麻痺無効

敵ユニットの「 HP」「 近接攻撃の攻撃力」にはミッション補正が一律適用される• 一部の敵には個別補正が更に適用• ミッション補正と個別補正は「 遠距離攻撃の攻撃力」「 防御力」「 魔法耐性」には適用されない• 特に注釈が無い限り表中の敵ステータスはこれらの補正込みの値• タイプについて• 無差別タイプ• 画面描写としては飛び道具を撃たないという点を表記上区別しているだけで、攻撃の性質は遠距離タイプと同じ• つまり遠距離ユニットや0ブロックユニットも攻撃される• 射撃優先の対象となる• 攻撃間隔• 上段:攻撃1回ごとの間隔 下段: 攻撃モーション開始からダメージ発生までの時間,遠距離タイプの攻撃ごとの合間の移動時間• 「攻撃ごとの間隔」と「移動時間」が同じ数値の遠距離敵はモーション中に停止せず移動しながら攻撃を行う• 補足欄• 「 潜伏特性」 この状態の敵はブロックしないと攻撃の対象にできない。 自軍側の隠密特性とは異なり潜伏中は範囲攻撃での巻き込み対象にはならない。 デモンサモナーのDoT・クロノウィッチの鈍足・精魂奉納の儀などのHP割合減少効果・アベンジャーなどの自爆攻撃といった潜伏中の敵に有効な効果もある。 「 麻痺無効」 特に何も書いてない場合は基本的に麻痺有効だが、未検証ないしは検証漏れも有るため、書かれていない場合でも麻痺無効特性を持っている可能性あり。 一方、第2形態を持つ敵は本来が麻痺有効な敵であっても 第1形態は仕様として麻痺無効となる。 こちらについても基本的には麻痺無効の表記はしていない。 「 麻痺付与攻撃」 原則として表中の麻痺になるまでの攻撃回数は、麻痺累積が0の状態から異常軽減されていない状態で同一敵1体から回避や無効化を挟まずに麻痺攻撃を受けた場合でのカウント。 麻痺した時の麻痺付与攻撃の種別で、近接のブロック数が維持されるか0になるかが決定。 遠距離麻痺付与攻撃を行う敵は、麻痺中のユニットを原則攻撃しない。 射程内に麻痺していないユニットがいれば攻撃対象はそちらに移り、他にユニットが居なければ麻痺したユニットは無視して移動していく。 ただしブロック維持型の麻痺中に敵をブロックしている場合は、近接型の麻痺攻撃敵はもちろん、遠距離型の麻痺攻撃敵であってもブロックしているユニットを攻撃する。 この状態異常そのものの仕様や、無効化ユニットの一覧などは以下のまとめ参照。 「 鈍化付与攻撃」 クモの魔物などが行う動作後の待ち時間増加を引き起こす状態異常攻撃。 名称は便宜上のもの。 拘束時間は敵により異なるため、30fpsにてそのフレーム数を記載。 この状態異常そのものの仕様や、無効化ユニットの一覧などは以下のまとめ参照。 「 反撃」 反撃の威力はミッション補正やシーフ特性により威力が上昇、一方で暗黒オーラ系スキルや呪術使いなど属性不問型の敵攻撃力デバフ効果で威力が減少する。 貫通遠距離攻撃扱いとなっており回避や無効化能力では防げないが、隠密状態での攻撃・デモンサモナーのDoT・サンドラのスキルなど、反撃を受けずに一方的に攻撃できる行動もある。 ダメージが下限の場合も下限のn倍になる。 「 攻撃力n以下の攻撃を無効化」 必殺の一撃やアベンジャー特性などステ表示に含まず攻撃時に掛かる補正を含めた最終的な攻撃力で判定する。 (メリュジアナのダメージアップ効果はダメージ計算時に掛かる補正なので判定外) HP割合減少効果やHPへの編成デバフ効果の割合による与ダメージも攻撃力扱いとして判定。 ダメージが無効化された場合でも攻撃時の付加効果(エナジードレイン系回復効果、鈍足・停止や魔王親衛隊・アルケミストの命中効果デバフなど)は機能する。 「 DoT Damage over Time 」 味方のデモンサモナーなどと異なりダメージ値は固定であるため、攻撃力へのバフ・デバフでダメージは変化しない。 潜伏中の敵ユニットにもダメージを与える。 該当敵ユニットのHPを0にしても、敵ユニットがマップ上から完全に除去されるまではDoTによるダメージが継続する。 形態変化型の敵は変化中もDoT継続。 「 遠距離引き付け」 遠距離攻撃の射程内にこの特性を持つ敵ユニットがいると、攻撃がそちらに引き付けられる。 射撃優先などの特定の敵を優先するアビリティやスキルであれば、この引き付け特性を持つ敵ユニットよりもアビリティやスキルの対象を優先して攻撃する。 風水使い配置中は悪天候の効果を軽減• 悪天候の残り発生時間を半減• 悪天候による継続ダメージのダメージの発生間隔が2倍に延びる• レンジャーは悪天候による悪影響を受けない• 回転斬りタイプの近接範囲攻撃など一部の攻撃は悪天候による射程減少の影響を受けない• 天候による継続ダメージはアビリティ『状態異常無効』など毒無効化の対象外• 悪天候による能力上昇の恩恵を受けられる敵であっても、射程減少の影響は受ける• 一部のトークンは「天候による継続ダメージ」を無効化できる• 風水使い配置中は地形効果をクラス特性の効果分軽減• 「地形による継続ダメージ」と「出撃時の初期HP減少」の減少量を軽減する• 「病毒による攻防減少」は風水使いの特性では軽減できない• アビリティ『状態異常無効』などの毒無効化により「地形による継続ダメージ」は毒表記以外も含め全て無効化• 「出撃時の初期HP減少」と「病毒による攻防減少」は『状態異常無効』では無効化できない• 一部のトークンは「出撃時の初期HP減少」と「地形による継続ダメージ」を無効化できる• トラップ、スチームタンク、ゴールデンミミック、砲撃ポイント、サッパーの各トークンが該当• 通常のコストの自然回復速度は27. 27f経過で1回復・28f経過で1回復を交互に繰り返す• 「攻撃力・防御力の減少」と「コスト自然回復速度の低化」は必ずしもセットではない• ストミ7章実装(2017.

次の

大量復刻 おすすめユニット 9/12~19

アイギス 麻痺無効

5倍で2連射 ・機械に対して攻撃力1. CTや攻撃力倍率が減ってしまいますが、覚醒スキルなら麻痺の追加効果が付与。 特に機械の敵に対する火力が大きく上昇するため、特攻対象に有利になる個性を伸ばすことができます。 帝国狙撃兵ヒルデの特徴 機械系の敵に大ダメージ ヒルデはスキル中、機械系の敵に特攻効果を持ちます。 第二覚醒なら貫通攻撃 防御・魔法耐性無視 になるため、高防御な機械系の敵に対しても関係なくダメージを与えられます。 ストーリーミッション後半の「鋼の都」や「魔神デウスエクスマキナ降臨」など機械系の敵が多いステージの切り札になるでしょう。 覚醒スキルで麻痺の追加効果 覚醒スキルにすると、数回攻撃すると敵を麻痺させることができます。 敵によって麻痺の耐性値が変わるのか不明ですが、およそ8回攻撃すると麻痺にすることができます。 欠点として、麻痺させる前に大抵の敵は倒れてしまうことと、機械系の敵に麻痺無効が多いこと。 あくまでおまけ程度の能力として考えた方が良さそうです。 おすすめ記事.

次の

【アイギス】「光霊使いルフレ」性能まとめ!普通に強くて使いやすいエレメンタラー 千年戦争アイギス|人生は神ゲーorクソゲー

アイギス 麻痺無効

クラスチェンジ後のステータスは、レベルMAXでクラスチェンジした場合の数値。 ステータス編集はステータス表右の「編集」から行ってください。 サッパー サッパーチーフ 第二覚醒クラス アイコン ドット絵 募集中 ]• 親となるユニットを配置することで使役可能になる。 トークン自体はチーム編成の枠を占めない。 一部例外を除き、通常のユニット同様に出撃枠を占める 例えば出撃数8のマップですでに8体出撃している状態では出撃不能。 「1体まで出撃数に含まれない」という書かれている場合はその通りに扱われる。 出撃可能数が0人でも出撃数に含まれない数が残っているのならその数だけ配置ができる。 その他、出撃数に含まれない例外については各トークン・トークン所持ユニットの解説を参照• 最初の1体は親ユニット配置後すぐに配置可能(WTは0秒)。 トークンを生成した親は、配置したトークンの生死によらず一定時間(所謂CT、3秒で共通)経過するまで次のトークンを配置することができない。 トークンの生成回数には制限があり、所持数としてアイコン左上に表示。 残り0体ではトークンは置く事は出来ない(トークンの枠自体が消える)。 一部のアビリティやスキルはトークンの所持数を増やすことが可能• トークンの初期の所持数は親によって決まっている他、所持数とは別に配置上限として同時に配置できる数に制限がある。 これらの所持数、配置上限、配置制限は親毎に管理される。 同系統のトークンを持つ別の親が存在しても互いの所持数・配置上限などに影響は与えない• 親が撤退や死亡すると使役しているトークンユニットも同時に消滅する。 撤退させてもコストが回復しない。 また残り所持数も回復しない。 Lvは親のLvと同じ。 は例外的にLv1のまま• 好感度の類は存在せず、「自分とそっくりなトークン」の場合でも親の好感度ボーナスによる補正は入らない。 ただし、エレメンタル系の場合は間接的に親の好感度ボーナスの補正の恩恵を受けられる。 「出撃メンバーにいるだけで」効果を発揮するバフ いわゆる編成バフ は適用されない場合が多い。 ただし、の覚醒アビリティの様な例もある。 王子のように「配置中のみ」効果を発揮するものや、スキルによる全体強化は有効。 英傑ユニットの「所持効果」は対象であれば有効。 HP回復は受けられない。 例外的にそのトークンを対象する回復は受けられる。 一部例外を除いて毒や麻痺などの状態異常の影響を受ける。 「毒・状態異常無効」と明記されている場合はそれらの影響を受けない。 また一部明記されていないがそれらの影響を受けないトークンもいる。 男性の断末魔を上げるトークンも含め大半のトークンは特殊な性別として扱われる• やセイレーンでステータスが減少しない。 「男性ユニットの出撃コスト3倍」マップではコストが増加する• 女性型のトークンは一部で女性扱いを受ける。 親が女性限定なので「男性ユニットのみ」にはそもそも親が出られない• で攻撃力が増加するが、その他の女性指定スキルの効果は受けない。 カトリーナの好感度セリフです。 (15) またドローンがどこかに……。 どこ行っちゃったんですかー!(30) 殿下が気に入ったんでしょうか?このドローンすぐ迷子に……。 (副官) 使用感としては、ドローンのスキルに、範囲内の敵1体を確定 要検証 で麻痺状態にできる、ものがある。 ただし、ドローンが自害するので注意。 なお、スキルの再使用時間は60秒。 使い所によっては意外と活用できるかもしれない。 また、ドローンは1体しか居ないため、戦車感覚で置き直しをしようとすると痛い目に合う…。 体験談 本体に関しては、戦車の娘と違って「本体はおまけ」である…。 (奴の永続遠距離範囲攻撃が強すぎるだけだな).

次の