ヴェ ゼル フル モデル チェンジ。 ヴェルファイアのフルモデルチェンジは2022年でTNGAや新型エンジンを採用か

【最新】新型ヴェゼル モデルチェンジ情報2019(1.5Lターボモデル「TOURING」&フルモデルチェンジ情報)

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

プリウスPHVのようなライト部分が明確に分かれた、より細身のLEDヘッドライトを装備。 シーケンシャルターンランプの装備も考えられます。 また、グリルが現行モデルより小さくなるのは考えにくいです。 ランドクルーザープラドのアイデンティティとも言え、継続の可能性が高いでしょう。 【バックドア】変更? スペアタイアは現行同様バックドアには装着されない路線を踏襲する可能性が高いです。 【ボディカラー】は現行を引き継ぐ プラド180系でも現行と同じボディカラーが大半残されるでしょう。 現行でブルー系はないものの、あまりブルーを採用する可能性は高くないかもしれません。 内装も 現行継承 2列シート5人乗り・3列シート7人乗り設定 プラド180系でもシート電動格納機能も継続するでしょう。 シート生地は本革シートの用意は確実で、アルカンターラの装備もあるかもしれません。 また、USB電源ソケットの追加もあるでしょう。 操作系周りの装備では電子式パーキングブレーキやヘッドアップディスプレイの装備もあります。 プラド180系に2. 7Lガソリン・2. 8Lディーゼルターボ搭載 プラド180系でもガソリンエンジンは継続。 クリーンディーゼルもおそらく残るでしょう。 ガソリンエンジンは2. 0L程度でターボエンジン化される可能性もあります。 【トランスミッション】 6速オートマチック採用。 ハイブリッドの設定の可能性も考えられます。 サイズやスペック的にカムリではなくクラウンのシステムに近いもの、または、独自設計の専用システムとなると予想されます。 【4WDシステム】 ダイナミックトルクベクタリングAWD、もしくはその発展形のシステムの搭載もあるでしょう。 ダイナミックトルクベクタリングAWDとは 走行に応じて前後にトルク配分を加え、後輪トルクは左右独立で制御可能な新しい4WDシステムとなります。 車両安定性を高めるトルクベクタリング機構採用• プロペラシャフト動力を制御するディスコネクト機構採用 トルク配分をマルチインフォメーションディスプレイで確認可能となっています。 プラットフォーム 現行モデルをアップデートしたものとなると考えられます。 TNGAの装備ではなく、ラダーフレームが継続されるものと考えられます。 先進安全装備Toyota Safety Sense更新 現行ランドクルーザープラドの時点でトヨタセーフティセンスを搭載しています。 プラド180系では• 衝突被害軽減ブレーキ検知性能のバージョンアップ• レーダークルーズコントロールの全車速追従機能追加• 標識認識機能追加 上記が考えられます。 また、プラド180系にクラウンと同等のコネクト機能の装備もあるでしょう。 ボディ側の安全装備としてポップアップフードを用意するかもしれません。

次の

【ホンダ新型ヴェゼル】11月29日「モデューロX」発売!最新情報、ヴェゼルツーリング/RS/ハイブリッドの燃費、価格は?

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

この記事の目次• ヴェゼルのカラーサンプル ガンメタとホワイトパールの色合いが好きで当初、ブラックかワイン色で購入予定でしたが ホワイトパールを一目見て惚れガソリンSホワイトパールを購入しました。 com また、Twitterではこんな口コミもありました。 やっぱ新車はいいよなぁ。 ヴェゼル。 色は一目惚れでした。 ヴェゼルのおすすめカラーは? さて、ヴェゼルの全9ボディカラーを紹介して来ましたが、いざ購入!となると、どれに絞ったらいいものか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。 (……出来る事なら、ヴェゼル9台買って、全ボディカラー揃えたい!)……という訳にも行かない(笑)ので、以下にボディカラー選びのポイントを紹介します。 情熱派のあなたにおすすめなカラーは?• ルーセブラック・メタリック• オーロラアメジスト・メタリック 他人の評判なんて気にしない!そんなGoing My wayなあなたには、それこそ専用のボディカラーを作って差し上げたい(笑)ところですが、現行カラーラインナップから選ぶなら、この2カラーがおススメです。 選ぶ人が少ないからこそ、あなたの個性がひときわ冴える事でしょう。 むしろあなたが選んで、カッコよく乗りこなすことで、このカラーを流行らせてやる!くらいの心意気で行きましょう。 リセールから見るヴェゼルのおすすめカラーは? ヴェゼルのボディカラーを選ぶ前からもう売る時のこと?と思う方もいるでしょうが、いざ売る時に高値がつくかどうかでボディカラーを選ぶのも、有効な手だと思います。 そこで、3年落ちヴェゼルのボディカラー別リセールバリューを以下にランキングしてみました。 順位 カラー名 3年後の下取り相場 (グレードはハイブリッドZホンダセンシング) 1位 プレミアムクリスタルレッド・メタリック 183. 7万円 2位 プラチナホワイト・パール 179. 0万円 3位 ミッドナイトブルービーム・メタリック 177. 1万円 4位 クリスタルブラック・パール 176. 3万円 5位 ルーセブラック・メタリック 170. また、同グレードでは選べないプレミアムクリスタルブルー・メタリックはランキング外としています。 リセールトップは定番の プラチナホワイト・パールを抜いて プレミアムクリスタルレッド・メタリック、2位以下のボディカラーに対して 5~10万円前後の差額となっています。 ただし、プレミアムクリスタルレッド・メタリックは流通台数が少なかったので、相場が高めにブレている可能性も考えられます。 リセールバリューでヴェゼルのボディカラーを選ぶのであれば、やはり定番の ホワイト&ブラック系が安全でしょう。 ちなみに、6位タイの3色についてはモデル途中からの追加設定カラーのため、まだ3年落ちデータが揃っていませんが、今後もリセールトップを争うポテンシャルは低く、中盤以下で推移していくものと考えられます。 ネット上で概算価格が分かる、 です。 一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。 1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。 ヴェゼルのカラーナンバー(カラーコード)はこちら カラー名 カラーナンバー(コード) スーパープラチナグレー・メタリック NH704M プレミアムクリスタルレッド・メタリック R565M オーロラアメジスト・メタリック YR642M シルバーミストグリーン・メタリック G550M プラチナホワイト・パール NH609P クリスタルブラック・パール NH731P ルーセブラック・メタリック NH821M ミッドナイトブルービーム・メタリック B610M プレミアムクリスタルブルー・メタリック B625M カラーナンバーが記載されている場所はココ ヴェゼルのカラーナンバーは、車両本体に貼付されたコーションプレートで確認できます。 コーションプレートには、外装色(カラーナンバー)以外にも各種の車両情報が刻印されています。 モデル型式• エンジン形式• 車体番号• 外装色(カラーナンバー)• 内装色• トランスミッション形式• 製造工場 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

ヴェゼル e:HEVパワートレーン搭載車を2021年1月発売

ヴェ ゼル フル モデル チェンジ

i-MMDのポイント• ハイブリッド専用エンジンに発電用モーターと走行用モーターの2つのモーターを備える• i-MMDの名称の意味はインテリジェントマルチモードドライブ• 基本モーター走行となるため電気自動車に近い走りを楽しむことができる• 走行状況によってモーターのみかエンジンも活用するか切り替わる• モーターが駆動の主役だが、エンジンは基本発電の役割となる。 次期ヴェゼルにはこの第3世代もしくは、第4世代と思われるi-MMD搭載が予想されます。 第4世代i-MMDは、サイズが小型化されてよりコストが抑えられると予想。 次期ヴェゼルにPHEV(プラグインハイブリッド)モデル設定か? ZEV規制など、車の環境に対する規制は世界的に厳しくなりつつあり、海外ではハイブリッドではなくPHEVやEVのラインナップも必要な状況となりつつあります。 注目は、 4輪車のグローバル販売台数の中で3分の2を2030年に電動化させることをホンダは目標としているということ。 ハイブリッドシステムをベースとするホンダ独自の高効率なプラグインハイブリッドシステムを採用したモデルを、今後の開発の中心とすることが掲げられていることから、次期ヴェゼルにPHVモデルの追加も予想されます。 次期ヴェゼルの外観デザイン予想 次期ヴェゼルの外観デザインは、フィット4がベースになると予想。 CR-Vよりはコンパクトながらも、現行ヴェゼルよりも大型化されることが予想できます。 次期ヴェゼルの先進安全装備ホンダセンシングの予想変更点 次期ヴェゼルの先進安全装備のホンダセンシングの機能には、以下の内容がフル装備と予想。 ホンダセンシングの機能• 衝突軽減ブレーキ CMBS• 誤発進抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 路外逸脱抑制機能• 渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール ACC• 車線維持支援システム LKAS• 先行車発進お知らせ機能• 標識認識機能• 後方誤発進抑制機能• オートハイビーム 全車速でレーンキープ機能が使える「トラフィックジャムアシスト」が搭載されるかどうかにも注目となります。 次期ヴェゼル フルモデルチェンジ・発売時期はいつ? 次期ヴェゼルへフルモデルチェンジする時期としては、現在2021年前後が有力視されています。 ヴェゼルのライバル車の状況 トヨタ C-HR 日産 ジューク スバル XV マツダ CX-3 マツダ CX-30 次期ヴェゼルのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば更新します。

次の