カルト 村 ヤマギシ 会。 ヤマギシ会の実態と性生活~カルト村で生まれた子供たち~

ヤマギシ会の実態と性生活~カルト村で生まれた子供たち~

カルト 村 ヤマギシ 会

前作を読んでから教団脱退までの経緯が知りたい、続きが読みたいな、と思っていたところで発見。 早速ゲットしました。 前作の「カルト村で生まれました」では小学校時代までの幼少期を描いた自伝でしたが、本作では思春期から村を出ていくまでという事で、中学・高校時代(中退)を経て一般社会へ脱出するまでを描いています。 先ほど一読した感想としてはカルト集団はどこも一緒だな、という感じ。 ちょうどwitterではこんなのがまとめられていましたが、本作と非常に似ています。 大人が子供を洗脳していく方法は共通のものです。 カルトだから、というよりも毒親の素養がある人ばかりがカルトに入るから組織は子供を所有物のようにふるまうのでしょう。 子供は自力で生きていく事が出来ないし、知識も経験も無いのでどうしたって親に好かれるように振る舞わなくてはいけません。 だからマインドコントロールしやすいんですよね。 親と引き離されて育ったり、成長したら調整婚とか言って爺と結婚させられたり、村で育てた種(子供)は村で刈り取るとか、思想が気持ち悪すぎです。 何というか、 頻繁に繰り返される脅迫と同調圧力、罪悪感の刷り込み、手のひら返しが胸糞過ぎて正直イライラしてしまいました。 そういえばモダンが子供の頃にも望む回答が返ってくるまで「何が悪いか自分で考えなさい」とか責め続けるっていう教師がいたなぁ。 個人的な経験ですが、何故か女性教師に多いように感じます。 カルト村から出ていく経緯 前作を読んでから一番気になっていたのが作者の高田かやさんがどうして村を出て行ったのか、という事ですが、本作ではその点にもきちんと触れられてました。 結論から言うと、自分ひとりでも村を出て一般社会で暮らすという決意をした途端、親がついてきたのです。 教団育ちで世間ずれしているのに水商売でもして食べていく、という娘が危なっかしく思えたのでしょうね。 また、オウム真理教の地下鉄サリン事件以後、村の風当りが強くなったり、教団が脱税で全国報道されたり、村が巨大化するにつれて、一部の教団員を一般社会へと放出するようになったという背景もあるかもしれません。 ドラマの様に大喧嘩して出ていくなんて事は無くて、意外と淡々としたものでしたが、教団のマインドコントロール下で作者の自意識が目覚めていく過程は凄く興味深かったです。 また、村を出て生活するようになってから、かよさんは母親と衝突するようになります。 出来るだけ顔を合わせないようにする為に遅く帰宅したり、食事を別に作るなどするのですが、教団育ちで友達がいないので居場所がありません。 そこで夜遅くまでいさせてくれる場所を求めて 出会い系サイトに登録します。 サラッと登録しているのが危なっかしい事この上ないです。 これってまさに昭和のイメージ。 家庭に問題がある非行少女のステレオタイプそのもの。 そこで知り合ったのが今の夫である「ふさ夫」さんなのです。 ほんとに運がよかった。 本来の使い方をしている人がどれだけいるか分かりませんけど。 最後に これでかよさんの自伝は終わりですが、二人の今後がどうなるのか、桜玉吉とか西原理恵子ばりに長期にわたって作品化されると面白いかもしれません。 今後も何か作家活動を続けてくれることを期待します。 出たら買うし。 表現方法は漫画でも文芸ですし、かよさんの生い立ちは作品を作る上では凄い武器になりそうにも思うのです。

次の

さよならカルト村の感想とあらすじネタバレ

カルト 村 ヤマギシ 会

【感想】洗脳の楽園 ヤマギシ会という悲劇 ヤマギシのブログを書く為には、昔を思い出すのと同時にヤマギシを知らなくてはいけないと考え購入してみた一冊。 ルポライターである氏が実際に特講(特別講習研鑽会)に参加して体当たり取材した本である。 序盤はヤマギシの子供達との対話による取材、さすが本職で文章を書く人だけあって、身に覚えがある内容でガンガン心に突き刺さった。 自分の後輩が実際に出ており、彼がヤマギシを出てから批判活動に一役買っていたのはネットの情報で知っていたのだが、どうやらこんな所にも協力していた様である。 自分も当時、中日新聞の記者にヤマギシを出た貴重な人材として取材を受けた事があるが、書かれた記事があまりにも本質を得ていなくて愕然とした。 ヤマギシを出たばかりで言葉を知らず、全く自己を表現する事ができなかったのだ。 今では拙い文章ながらも何とか自分の意見を言えている気がする。 中盤から終盤にかけては、米本氏の特講体験記である。 特講とはヤマギシ最大のマインドコントロールの場である。 実際に自分は受けた事がないのだが、子供にもある程度の情報は入ってくるし、いかにも神格化して守秘義務を施している時点で怪しさは十分すぎる程伝わっていた。 ただ、内容については詳しく知らなかったし、一週間とにかく研鑽会(ヤマギシ的話し合い)をとことんやるぐらいの知識だった。 段々と読み進んでいくうちに何度も背筋が凍る想いをした。 あの内容は完璧に計算され尽くした、洗脳の集大成であるのが理解できたからだ。 普通の人ならコロッと行くし、自分に問題点や負い目を感じている人なら尚更である。 意志の強さではどうにもならない内容であり、もしあの洗脳に引っ掛からない人がいるのであれば、それはヤマギシの中身を知っている子供達だけである。 どんなに正論で綺麗なお題目を唱えても言っている事とやっている事が違う大人達を日常的に目の当たりにしているし、話す内容も新鮮味がないので耐性がついているからなのだ。 例えば、嫌いな食べ物がトマトだったとして、 「トマトはトマトであり、嫌いなものではない」と説くと、知らない人からすれば目から鱗が落ちる内容なのかも知れないが、実際にヤマギシの村人は自分の嫌いな物は食べなかったり量を減らしているのを知っているので冷静な目で見る事ができる。 また、この特講に関わらず、ヤマギシ側の意見に同調しない人に対しては 「本当はどうなのか」と詰め寄るのだが、例えば上記の「トマトは嫌いなものでない」に対して逆説的に本当はどうなのかと考える事は一切ないのである。 本当に自分達に都合の良い考え方しかしないのだ。 「誰のものでもない」についても、土地は大昔は誰の物でもなかったとか、食べ物によって人間は生かされているから自分すら誰のものでもないとか極端な考え方をするのだが、それにしては子ども達が空腹に耐えられず物を盗むと怒るし、誰のものでもないのであれば、必要がある品物をや調整機関などに提案などと面倒な事をする必要もなく、すぐに使える筈である。 お金に関しても、誰の物でもないのであれば、ヤマギシを出る人にせめて安定した生活ができるまでの支援があってもバチは当たらないだろう。 入村時に全財産を没収し、今まで散々、無報酬で働かせ搾取してきたのだから…。 「なぜ腹が立つのか」なんて特に酷いものである。 自分の親はヤマギシに入る前から自分が気にいらない事があるとすぐに腹を立てる人で日常的に暴力を振るい、ヤマギシに入ってもそれは何ら変わらず、現在でもちょっとした事ですぐ腹を立てる人である。 例を出すと食事をしに行くと店員さんにも横柄な態度を取る様な人であり、家族など自分より下の立場にいる者が思い通りに動かないと腹を立てる最低の毒親である。 なんかも全くもって論外であり、自分が気に入らない事があるとすぐに殴りつけ、感情的になって威嚇したり、気分で学校に行かせないなど日常茶飯事である。 あれを自分の感情抜きでやっているなんて、どの口が言うんだと怒鳴りつけてやりたいのだが、彼らは子供達の為に叱ってあげているなどと言う日本語を全く理解できない人種なので相手にするだけ無駄である。 終盤では、再度子どもの虐待についてや、ヤマギシの内情について書かれている。 ここでもヤマギシの同級生であった親の実名が出てきて驚く。 タブー視されていた性についても書かれており、かなり知らない事が沢山あった。 言われてみるとあの時はそうだったのかと思える内容ばかりで、妙に納得できた。 対外的にはリーダーはいない事になっている筈だが、米本氏はヤマギシの中心人物にも数多く会って取材している辺り行動力の高さはさすがである。 欲を言えば、もっと早い時期に取材をしてヤマギシの実態を暴いて欲しかったと悔やまれる。 自分も子供の頃に米本氏が取材に来てくれていたら、冒頭の子供の様に間違いなく 「おじちゃん、僕たちを助けてよ」と言っただろう。 人気の記事• 現在でも続く中卒者の末路 ヤマギシでは義務教育である中学校を卒業すると、これ以上の勉強は不要とし、村人になる... 【感想】カルト村で生まれました このブログを書く為には、少し昔を思い出さなくてはとamazonでヤマギシ関連... 【感想】洗脳の楽園 ヤマギシ会という悲劇 ヤマギシのブログを書く為には、昔を思い出すのと同時にヤマギシを知ら... 女子中学生の自殺 自分が小学生の頃、中庭に救急車のサイレンが鳴り響いた。 ヤマギシは閉鎖的な場所なので、まず外... ヤマギシは宗教である! ヤマギシは宗教ではないと言う人がいるが、(特にヤマギシに洗脳されている人ほど)自分は... 現在、山梨県甲府市で獣医をされている芹澤弘氏のReplay 私の獣医人生に触発されました。 当時の大人側... 【生活】全人幸福?自殺や事故のオンパレード! ヤマギシでは、「全人幸福」「金の要らない仲良い楽しい村」「愛児... 金の要らない村?嘘つけ!! ヤマギシの最盛期には年商200億円とも言われ半端ない金持ちだった。 その年商だけで... 【イベント】騙しの完全テクニック!子ども楽園村。 ヤマギシでは一般家庭の子どもを勧誘する目的で子ども楽園村と... はじめに みなさん、幸福会ヤマギシ会を知っているでしょうか?1953年に故・山岸巳代蔵が作った農業・畜産業な...

次の

”カルト村”「ヤマギシ会」に潜入した結果・・・!

カルト 村 ヤマギシ 会

ヤマギシ会は、正式には「幸福会ヤマギシ会」という名称の組織で、農事組合法人という法人格を与えられた組織です。 」とされています。 ヤマギシの有精卵は、通販などでも人気らしいですが、これらの農業関連事業の影響か? 最近は「エコビレッジ」の先駆者として評価されることもあったりするヤマギシ会ですが、ヤマギシ会は「幸福会ヤマギシ会」の通称で、1953年(昭和28年)に山岸巳代蔵によって最初は「山岸式養鶏会」として設立されました。 ヤマギシ会の特徴は、「所有の概念を全否定」して「無所有一体」の生活を送ることを、その信条としている点で 一般の人々からは、1960年代のアメリカに存在した「ヒッピー」や「アーミッシュ」に類似した生活共同体などと捉えられることが多いと思います。 そんな、ヤマギシ会は、現在日本国内の26ヶ所で約1500人の人々が共同生活をしていると言われています。 また、日本の他にもブラジルやスイス・韓国・オーストラリア・アメリカ・タイなどに6ヶ所の拠点があり、約50000人の会員が共同で生活しています。 ヤマギシ会の創設者である「山岸巳代蔵」(やまぎし みよぞう)は、1901年(明治34年)に、滋賀県蒲生郡、現在の近江八幡市で生まれています。 1922年に養鶏業などを中心とした農業を始めた山岸巳代蔵は、1950年に日本に被害をもたらしたジェーン台風の際、彼の田んぼが被害を受けず無事だったことがキッカケになって その後全国各地で講演をしてまわるようになります。 また、1954年には「山岸式養鶏法・農業養鶏編(前編)」という題名の本を、名古屋の出版社から出版していますので卵や鶏についてこだわりを持っていたと思われます。 今でも、ヤマギシ会の通販サイトでは、 ・平飼い有精卵 ・平飼い有精卵15個 ・平飼い有精卵 M ・平飼い有精卵 L ・10K有精卵 ・卵油 90 ・卵油 200 等のさまざまな卵製品が販売されています。 ヤマギシ会の前身である「山岸会」を創立したのは1952年ですが、1959年に不法監禁容疑で警察の強制捜査を受けて、幹部が9人逮捕されました。 山岸会の代表であった山岸本人にも逮捕状が出されましたが、後に起訴猶予処分となっています。 ちなみに、警察の強制捜査や山岸会幹部逮捕の舞台となったのは、1958年に建設されていた、三重県阿山郡伊賀町(現在の伊賀市)の「ヤマギシズム生活実践場春日山実験地」でした。 ヤマギシズム社会実顕地とは、ヤマギシ会がヤマギシズム(「心も物も充ち満ちた真の幸福社会」を追求すること)を実践する場として運営しています。 ヤマギシズム社会実顕地は、現在日本国内に26ヶ所・海外に7ヶ所設けられていて、「一体生活」や「『財布ひとつ』の生活」と彼らが説明する生活が営まれており、同時に農業や畜産、林業などが行われています。 「一体生活」や「『財布ひとつ』の生活」と言われても一般の人には良く分かりませんが、おそらくは「原始共産制」的な生活のことだと思われます。 では仮に、自分も「ヤマギシズム社会実顕地」に参加して生活したい、と思ったらどうすればいいのでしょうか? 「ヤマギシズム社会実顕地」に参加して生活するには、それなりの時間が必要で、すぐにメンバーになれるという訳ではないようです。 具体的な参加方法は、以下のような感じです。 ・まず、2週間のセミナー(研鑽学校)を受講します。 (ここで参加の諾否が決まるもようです。 ) ・そして、参画が許されたら、その後半年間を「予備寮」という施設で過ごさねばなりません。 (予備寮の入寮者の中には、半年の間に不適格と判断されて実顕地を去る人もいるらしいです。 ) 半年間の「予備寮」を経て、ヤマギシズム社会実顕地への参加が許された暁には、一体どんな生活が待っているのでしょうか?興味があります。 ヤマギシズム社会実顕地の中では貨幣が流通・存在しません。 じつは、ヤマギシズム社会実顕地の内部で生活する前に、私有財産すべてをヤマギシ会に無条件で委任する必要があります。 具体的には、「ヤマギシズム生活調正機関本庁」という部署に宛てて、 「物件、有形、無形財、及び権益の一切を、権利書、証書、添付の上、ヤマギシズム生活調整機関に無条件委任致します」 との誓約書への署名捺印を求められるんです。 さらに、ヤマギシズム社会実顕地から去る場合には、委任した財産について 「今後一切返還請求や、金銭請求をしないことは勿論、何等の異議も申し立てません」 と書かれた書面への署名捺印を求められるようです。 これに関しては、いろんな情報が漏れ流れていて、 ・財産を多く持ち込んだ人は、特別待遇を受けたり ・財産を放棄させる一方で、相続人の地位は放棄しないよう通達を出していたり ・内部での労働に賃金は支払われないが(帳簿上は支払われていることになっていて)実顕地を去った場合には帳簿上の収入に基づき税金が請求される。 などの現実があるようです。 そして、実際に実顕地の中で暮らした経験者の話によれば、以下のような日常のようです。 ・男性女性を含め人間関係は希薄で「ヤマギシに友人はありません」という標語が存在する。 ・労働は厳しい面もある一方で経済的な不安とは無縁。 ・組織の意思決定の過程や、意思決定の参加者も明かされない。 ・男性女性を含めすべての役目は半年ごとに再決定される建前だが、なかには留任するケースもあり権力が特定人に固定されることもある。 ・男性と女性の結婚を統括する結婚調整機関が存在する。 ・勤勉な男性には「結婚する資格」が付与されるが、いつまでも結婚できない者もいる。 ・集団の中で、どの男性とどの女性が夫婦なのかわかりにくい。 ・食事は1日2食で食堂がオープンしている間にいつでも食事できる。 料理をもち帰って自分の部屋で食べてもOK。 ・診療所もあり(ヤマギシ会参画者の)医師が常駐するが、病気になれば近隣の病院に通院する。 (医療費はヤマギシ会負担) ・住居は、男性と女性の夫婦二人で6畳1部屋か2部屋で家賃は不要。 ドアにカギは無い。 ヤマギシ会の中では、高齢者のことを「老蘇」(おいそ)と呼びます。 これは、「老いてますます蘇る」という意味を込めてそう呼んでいるそうです。 現在、ヤマギシズム社会実顕地の中に、老人ホームのような施設が存在するかどうかは不明ですが、実顕地内の取材経験者によれば、 「ヤマギシ会は日本が迎えている高齢化社会時代における理想的なモデルケースと言える。 」 「日本に存在する自主的な一定の社会集団のなかで、高齢者をこれだけ抱え込んでいる集団は他にはない。 」 と述べています。 確かに、設備や条件が整った老人ホームは入居費が高く、入りたくても入れない高齢者が多い日本の現状を考えると、高齢者にとっては安心して暮らせる環境があるのかも知れないですね。 現在ヤマギシ会の中では、結婚はどのように行われるのでしょうか。 社会実顕地には結婚を調整する機関があって、結婚は担当者からの「提案」に基づく結婚です。 (自主的な結婚は難しい?というか無理なようです。 ) また提案を拒否すると、変なレッテルが貼られることもあるようです。 担当者によれば、 ・20代前半の女性と30~40代の男性というパターンが多い。 ・若い女の子の方が優秀な子どもを産む。 ・男は何歳でもいい。 などの考えのもの調整されているようです。 また、担当者は出産にも関与し、出産の許可がおりるとコンドームが支給されなくなります。 中には「今回は産まないことにしましょう」と担当者が中絶を促すこともあり、高齢女性のケースには中絶になることが多いとのことです。

次の