ガルド。 ビヨン・ワルデガルド

ラガルドECB総裁 ECBはEU復興基金が合意されること前提としている

ガルド

ガルドドン情報まとめ ここまでのガルドドン情報をざっくりまとめます! 敵の行動や様々な情報については(極限)をご覧ください。 ガルドドンの耐性 ガルドドンは光と闇以外は強い耐性を持っています。 ガルドドンへの必中攻撃力・準必中 ガルドドンに必ずダメージを与えるのに必要な「必中攻撃力」は 955です! これを下回ると攻撃がミスする可能性があります。 なお、準必中攻撃力(0or1ダメージから脱する)は840程度と思われます(詳細は調査中) 955は普通には達成できません。 バイキルトが必要です。 バイキルトの効果は場合により異なりますが、目安としては、だいたい攻撃力720~730程度でバイキルトを使うと955に届くと思われます。 ガルドドンはこれまでの聖守護者と比べるとかなり守備力が高いと言えます。 ガルドドンの重さ ガルドドンと拮抗するのに必要な重さが1140です。 (ガルドドン自身の重さは1900) 詳細はでご確認ください。 重さ報告 計測対象: 剛獣鬼ガルドドン 結果: 重さは1900で確定です! 劣勢: 1139. 5 互角: 1140. パラディンがギリギリ拮抗までいけるので、パラ魔構成が主流になっています。

次の

【ドラクエ10】剛獣鬼ガルドドンLv3 勝つPTと負けるPTの差

ガルド

武器:プロセルピナ 頭:封印ガード100、混乱ガード60 必須ではない 体上:攻撃魔力練金 体下:攻撃魔力練金 腕:呪文発動速度 足:身かわし率アップ 必要なのは、プロセルピナ・体上下の攻撃魔力練金・呪文発動速度です。 他の部位は所持していなければ無くても大丈夫です! 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略:立ち回り 剛獣鬼ガルドドンの サポ攻略で厄介な技は、たたきつぶすと分散する災禍です。 常にサポート仲間から距離を離して動くのが非常に重要です。 HP1で蘇ってしまうと、サポのデスマスターが「ガンガンいこうぜ」に設定していてもベホイム・ベホマラーをしてしまうようになります。 サポは分散する災禍に集まってしまうため、常にサポ3人が一気にやられてしまいます。 自分にタゲが来た場合は一気に全滅してしまうことも・・・。 分散する災禍をする前には、自分の方を向いているのである程度は判断することができます。 サポが分散する災禍で狙われている場合は、素早くザオラルでデスマスター二人を起こしましょう。 ここでの蘇生の速さがバトルの肝になってきます! 廻風ローリングの対処 サポが竜巻になるべく巻き込まれないようにするために、 竜巻から離れた位置で攻撃するようにしましょう。 サポのデスマスターは剛獣鬼ガルドドンの近くに位置取りをしていることが多いはずです。 デスマスターの方向とは真逆の方向に位置どり、招雷ドラミングを避けていきましょう! 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略の感想など 剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略は、 他の常闇・聖守護者ボスよりも難易度が高めです。 また、サポに料理を使用しないと難易度が跳ね上がるためゴールドもかかってきます。

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ガルド

剛獣鬼ガルドドン初日の感想 実装初日に、剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略に挑戦した感想です。 結論から言うと、残念ながら勝てませんでした。 剛獣鬼ガルドドンは大ダメージの2回攻撃が多く、確実に倒しにきていますね。 強力な攻撃を何とか耐える必要があります。 それから剛獣鬼ガルドドンは守備力が高くて、物理アタッカー泣かせのボスモンスターです。 呪文で攻撃するか、守備力無視の攻撃、会心の一撃重視の攻撃で削る必要がありそうです。 属性は闇属性と光属性が有効でした。 ドルモーアやドルマドンが使える賢者が活躍できますね。 スーパースターでボディーガードを呼ぶと攻撃を耐えられるので、ある程度戦うことはできますね。 スーパースターは、鎌スキルの魂狩りで攻撃を行いました。 ミスすることもありますが、当たると1300ぐらいのダメージになりますよ。 蘇生に追われて攻撃する時間がなかなか作れませんでした。 少しずつ形にはなってきましたが、まだ火力が足りないかんじです。 火力重視だと、僧侶とデスマスターを交替した方が良いのかもしれません。 かなり手強いボスモンスターですね。

次の