レンタルサーバー ssl。 SSL

共有SSLの利用法 / セキュリティ / マニュアル

レンタルサーバー ssl

2実在証明(サーバー証明書) SSLを利用すると同時に「サーバー証明書」が利用できるようになります。 信頼ある認証局 CA によって運営者の実在性が証明がされるので、悪意のある第三者が偽のサイトを作る「なりすまし」を防止することができます。 また、サイトの利用者はブラウザに表示される鍵マークから証明書に記載された運営者情報を確認できます。 SSLの確認方法 多くのウェブサイトは「http」で始まりますが、SSLサーバー証明書を使っているサイトのURLは「https」で始まります。 サイトの利用者は、まずURLを見るだけでそのサイトが信用に値するかどうかを判断できるというわけです。 そのほかにもいくつか見分ける方法が存在します。 例えば、ブラウザのアドレスバーや、画面の端に表示される鍵マークです。 SSLサーバー証明書を導入しているサイトを表示している時、ブラウザには鍵のマークが表示されます。 この鍵マークをクリックすると、証明書が表示され、証明書の有効期限やサイトの運営者情報が確認できます。 また、EV SSL証明書「SureServer EV証明書」という世界統一の厳格な認証基準で発行される、現状最も信頼性の高いSSLサーバー証明書が存在します。 このSSLサーバー証明書を導入しているサイトでは、「運営組織名」が表示されます。 詳細は。 ) また、従来の一般的な証明書を導入していればアドレスバーは『白色』、フィッシング詐欺等の危険があると判断されたサイトは『赤色』に表示されます。 利用者側はサイトの安全性の高さを確認できるほか、企業側もセキュリティに対する意識の高さをアピールすることができます。

次の

SSLサーバー証明書

レンタルサーバー ssl

さくらのレンタルサーバなら簡単設定! 無料SSLサーバー証明書 Let's Encryptとは?• 簡単設定• 即日発行• 自動更新 セキュアなウェブを実現するための無料SSLサーバー証明書 Let's Encrypt(レッツエンクリプト)は独自ドメインがあれば誰でも発行できる無料のSSLサーバー証明書です。 発行スピードも早く「さくらのレンタルサーバ」のコントロールパネルからボタンワンクリックで簡単に設定できます。 即日発行で自動更新と面倒な作業は一切必要ありません。 また有料の証明書と暗号化強度において違いはありませんので安心してお使いいただけます。 さくらのクラウドはスタートアップスクリプトを提供中です。 おすすめ用途 個人ブログ、小規模サイト、特にブランドイメージなどを重視しないサイト、テスト用のサイトなど。 企業サイト、ECサイトなどはです。 なぜ無料なの? 非営利団体の ISRG Internet Security Research Group が認証局を運営しており、無料SSLサーバー証明書であるLet's Encryptを提供しています。 シスコシステムズ(Cisco Systems)、アカマイ・テクノロジーズ、電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)、モジラ財団(Mozilla Foundation)などの大手企業・団体が、ISRG のスポンサーとして Let's Encrypt を支援しています。 さくらインターネットもシルバースポンサーとして参画しています。 ご利用条件 さくらのレンタルサーバでサーバーをご契約されていますか? さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバいずれかをご契約中の方がご利用いただけます。 さくらのクラウドはスタートアップスクリプトを提供中です。 設定するドメインはお決まりですか?. comや. netなどお客様自身で取得された独自ドメインが必要です。 初期ドメインとして発行されるXXXX. sakura. jpやさくらのサブドメインにはLet's Encryptはご利用いただけませんが、それぞれ共有SSL機能によってSSL化することが可能です。 はじめ方• 1、コントロールパネルからログインします• 2、ドメイン一覧から証明書を設定したいドメインを選びます• 3、証明書の登録を押します• 4、「無料SSLを設定」ボタンを押して設定完了です• ・設定完了メールをお送りします。 設定には数分〜数時間かかる場合があります。 ・コントロールパネルから一度設定すれば自動更新されますので面倒な更新作業は一切必要ありません。 ・httpからhttpsのリダイレクトはお客様自身で設定いただく必要があります。 レンタルサーバ無料SSL(Let's Encrypt)機能ガイド さらに詳しい手順はサポートサイトをご確認ください。

次の

SSLサーバー証明書

レンタルサーバー ssl

Contents• 独自SSLとは? 上記の一覧表で紹介している無料SSLは、全て「独自SSL」と呼ばれるものです。 com のように、「独自ドメイン」で、且つ http の後に「 s 」が付くようになります。 ご紹介したように、SSL化無料ならしない手はありません。 サイトに無料SSLを導入して、よりセキュアなサイト利用を促進したいものですね。 SSLは必須の時代に 近年におけるWebサーバーのトレンドとしてSSL 暗号化 が挙げられます。 冒頭でご紹介したように、SSLとはユーザーの端末とWebサーバー間の通信を暗号化することです。 SSL化することでユーザーはサイトをより安全に利用する事ができ、かつSEOにも僅かながら効果があると言われています。 SSLは本来、SSL発行会社か、その委託を受けて卸販売しているSSL販売会社等から購入し、サーバーにその購入したSSLを設置しなければなりません。 しかし、それには高度な専門知識と技術が必要になり、普通の人には非常に難しい作業となります。 その場合は専門業者に頼むかありませんが、当然お金が必要になります。 独自SSLが無料のレンタルサーバー比較 そんなSSLですが、レンタルサーバーやプランによっては無料で利用できることをご存知でしょうか。 以下では、そんなが無料の15の厳選したレンタルサーバー業者と最安プランを一挙にご紹介いたします。 ここでの掲載条件としては、• 独自SSL が無料で利用できる• WordPressが利用できる MySQLのDBが1個以上利用できる• レンタルサーバー業者の最安のプラン の3つを満たすものとしています。 WordpressのIP分散用サーバーとして活用を検討するのも良いかもしれません。 2018年5月15日追加更新 格安サーバーの が、2018年5月14日に無料SSLに対応しました().

次の