野嶋紗己子。 2019年新人女子アナまとめ【2019年度入社の新人女性アナウンサー達】

野嶋紗己子とは

野嶋紗己子

経歴 [編集 ] で野嶋家三姉妹の次女として出生した後に、1歳になる前にへ転居した。 を経て、法学部に進学。 大学卒業後の付で、と共に、アナウンサーとしてに入社した。 前年()にアナウンサーとして入社したは、出身学部こそ違うものの、大学での1学年先輩に当たる。 ニックネームは「のじ」「さきこ」。 2019年度には、清水とのコンビでテレビ・ラジオ番組に登場する機会が多く、2019年9月から出演中の『』(テレビの情報番組)では「しみのじ(清水と野嶋)の"のじ"(野嶋の方)」とも呼ばれている。 人物 [編集 ]• 実父は6段で、自身も4歳から15年間にわたって、での習得に励んだ。 2008年に空手(個人組手)大会優勝、2011年に団体形で全国大会5位といった実績を持つが、でよく見られるとは無縁である。 学生時代からを愛聴しているほか、気に入った洋楽の歌詞を自己流に和訳している。 好きなアーティストはで、幼少期に母方の叔父母からをよく見せられたことがきっかけで、洋楽の歌詞和訳を始めた。 大学生時代には、洋楽の歌詞を自動で和訳できる翻訳を自ら作成。 その一方で、日本語の歌詞を現代風に考える目的で、自身が生まれる前(後半)に日本で流行した(やの楽曲など)やもよく聴いているという。 ちなみに、幼少期には「になる」という夢を持っていた。 洋楽の歌詞和訳で湧いたへの興味は、小学3年生の時に、両親へ「英会話の塾へ通わせて欲しい」と懇願するほど高まっていたという。 両親は、「塾に通わせるより、家族ぐるみで英語を身に付けた方が良い」として、家族同士の会話に英語を使うことを勧めた。 慶応大学への進学を機に実家を離れてからも、洋楽の歌詞和訳に加えて、家族間のやり取りに英語を用いたり、英語で日記を付けたりする習慣を続けていることを公言している。 中学校へ入学した時点で辞書がなくても英語で日常会話をこなせるようになっていた ため、入学後は英語圏へ留学することを目標に、英語のスピーチコンテストへ積極的に応募。 で、当時居住していた福岡県の代表に選ばれたこともある。 高校1年時に、交換留学生としてので生活していた。 当時のニックネームは「ルーノジマ」で、毎日放送への入社後は、の現地取材を希望している。 同年2月には、『ちちんぷいぷい』3月20日(金曜日)放送分向けの()単独取材で、入社後初めての海外取材を経験した。 毎日放送へ入社した2019年には、『ちちんぷいぷい』金曜日の企画で、「」(12月1日にで開催)に「1万人の第九合唱団」の一員として参加。 アナウンサーとしての業務と並行しながら、「での歌詞を暗譜で歌う」という人生初の課題に9月上旬から取り組んできた成果をパートで披露するかたわら、披露の前には場内アナウンスも担当した。 前述したように英語には堪能であるが、ドイツ語については、「1万人の第九」向けのレッスンを始めるまで無縁であったという。 その一方で、『』などの報道番組では、英語によるインタビューを任されている。 学生時代からのファンで、池上が公認するファンクラブにも加入。 毎日放送の入社1年目に、『』(2020年1月1日にMBSテレビで放送の新春特別番組)のアシスタントとして、池上との初共演を果たした。 出演番組 [編集 ] 現在 [編集 ]• (テレビ・ラジオとも不定期で担当)• 同期入社の清水より2時間遅れて、のラジオ版(『』内13時台)で「初鳴き」(番組デビュー)。 同年の10月改編からは、清水と交互に、土曜深夜~日曜早朝の宿直勤務へ就いている。 テレビ [編集 ]• 自己紹介を兼ねて、()放送分で、清水と共にスタジオへ初登場。 テレビ・ラジオを通じても初めての番組出演で、新人研修の模様に密着した映像も放送された。 2019年()放送分に、前述した「初鳴き」の紹介を兼ねて、清水とのコンビで再び出演した。 その際に「1万人の第九合唱団」への参加を突然言い渡されたことから、同年9月から12月中旬までの予定で、清水との隔週交代で「しみのじチャレンジ! 『』(放送開始20周年を記念したスペシャルウィークス)期間中の2019年(金曜日)放送分では、過去20年間で70回放送されてきた「山登り中継」の復活版(からの生中継)でリポーターを務めた。 新人アナウンサーによる「山登り中継」のリポートは番組史上初めてで、野嶋による登山やテレビ番組の生中継リポートも初めてであった。 レギュラー放送の再開後も、曜日を問わず、他の生中継企画やロケ取材企画でリポーターを随時担当している。 2020年4月改編からは、清水との共同名義による冠コーナーのレギュラー化(コーナー名は「しみのじ新発見! 」)に伴って、水曜日に清水との隔週交代でレギュラー出演を再開。 所属する毎日放送アナウンサー室の企画で、2018年7月から2020年3月まで『コトノハ図鑑』(事前収録のレギュラー番組)として放送された後に、2020年4月改編から『』月・水曜日のレギュラーコーナー「へぇ~のコトノハ」へ移行。 水曜日には、「しみのじ新発見! 」とセットで放送される。 『コトノハ図鑑』には、放送分のトークパート(毎日放送アナウンサー室の一角で収録)に清水とのコンビで登場したことを皮切りに、調査ロケやトークパートへ単独で随時出演。 の最終回では、最初で最後のナレーションを任された。 (金曜日)放送分の「ナゼトキ! 」(17時台の調査ロケコーナー)で、がリポートを担当している寺社仏閣取材シリーズの()ロケのパートナーとして初出演。 同年4月改編からは、笑い飯哲夫担当の「ナゼトキ! 」ロケへ定期的に同行するほか、木・金曜日の16時台に放送される特集企画のリポーターを務める。 また、本来は辻沙穂里が同行する「わざわざグルメ調査隊」(水曜日の18時台後半に放送)のロケにも、辻に代わって登場することがある。 『』(の一環で2020年4月20日から5月29日まで編成)では、上記のコーナーが放送されないため、木・金曜日の報道系特集で取材リポートを担当。 2019年9月からは、放送予定のテレビ番組を紹介する関西ローカル向けのオープニング映像にも、自己紹介を兼ねて単独で登場している。 ラジオ [編集 ]• ( - )• 同期入社の清水、1年先輩(2018年入社)の・と共にパーソナリティを担当。 MBSラジオでは初めてのレギュラー番組に当たる。 (不定期)• 2019年以降の水曜未明放送分で、自己紹介を兼ねて、野嶋と交互に一部のパートを事前収録の方式で30分間進行。 未明放送分からは、全編のパーソナリティも随時担当する。 ( - )• MBSラジオ制作分の歴代パーソナリティで最も長く(8年間)担当していた先輩アナウンサー・の後任として、ラジオ番組では初めて、レギュラーパーソナリティを単独で担当。 事前収録番組のため、同じ時間帯(17時台の後半)に放送される『』(制作)内の関西ローカル枠(ニュース・気象情報)を担当する週には、野嶋の声をテレビとラジオで数分間同時に聴けることがある。 2020年6月以降は、入社前(2014年10月)から放送されているの時報CMのうち、一部の時間帯(平日16時台など)で流れるバージョンで英語を交えたアナウンスを担当。 過去 [編集 ] テレビ [編集 ]• 放送分の「実際どうなん!? MBSアナウンサー22人」に、新人アナウンサーとしての紹介を兼ねて、清水と共に初出演。 や先輩アナウンサーなどが見守る前で、空手の型を披露した。 第九はじめてさんの挑戦(2019年の2:30 - 3:00に関西ローカルで放送)• 「1万人の第九」第37回公演の関連番組で、(座員)・と共に合唱へ初めて挑戦した模様を紹介。 (、アシスタント)• から年に1回(年始)に放送されている『どーなる? ジャーナル』シリーズにおいて、毎日放送の女性および新人アナウンサーをアシスタントに起用した事例は、野嶋が初めてである。 25年 あの日から未来へ(2020年の5:25 - 5:55に関西ローカルで生放送)• 「震災を直接知らない(震災後に出生した)世代」の代表として、前夜から()で開かれていた「阪神・淡路大震災1. 17のつどい」(震災犠牲者の追悼行事)の事前取材と生中継リポートを単独で担当。 ラジオ [編集 ]• プレゼンツ 新しいラジオ(の15:05 - 17:35に放送)• 笑い飯哲夫の明るく楽しい歴史ウォーク~とをタイムトラベル~(2020年)• 同日に出演する予定だったが、日本国内におけるの影響で中止されたことに伴って、ラジオウォークの同時生中継を想定していた時間帯の一部(14:30 - 16:00)に急遽編成された事前収録番組。 放送上は、前日(3月20日)の『ミント! 』に続いて、笑い飯哲夫のパートナーを務めた。 以下の番組には、清水と揃って出演。 9月6日はMBSラジオの日 ~ 飛びだせ! PR大作戦~()• 9月6日がから「MBSラジオの日」に認定されていることにちなんだ長時間(10:30 - 17:43)の生放送番組で、「新人アナ清水麻椰と野嶋紗己子! はじめての中継でPR大作戦! 」の中継リポーターを担当。 生中継でのリポートはテレビ番組を含めても初めてで、中継の合間には、同日から始まった「しみのじチャレンジ! (2019年)• (2019年)• (2019年)• 月曜日の「知ってええなぁ! ちなみNEWS」「日本全国留守電大賞」「週刊カネスポ」へ出演している先輩アナウンサー・の休暇に伴って、清水と共に以上3コーナーに登場。 「日本全国留守電大賞」以外のコーナーでは、清水と交互に進行役を務めた。 (2020年)• 放送時間の一部が『池上彰のどーなる? ジャーナル』と重複していたが、「しみのじラジオ」と称して清水と2人だけでフリートークを展開するなど、同番組の放送前まで一部のパートに出演。 参考文献 [編集 ].

次の

野嶋紗己子

野嶋紗己子

NHK 6名 ・浅田春奈 あさだはるな アナウンサー 出身地:福岡県:生年月日:1996年5月24日 24歳 :身長:162㎝:血液型:O型:最終学歴:日本女子大文学部卒業:所属局:秋田放送局 ひかりTV『モデルプレスTV』で学生キャスター、ミス日本女子大学2016グランプリなど多数のメディア出演。 ・姫野美南 ひめのみなみ アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1996年12月9日 23歳 :身長:160㎝:血液型:A型:最終学歴:慶應義塾大学商学部卒業:所属局:岡山放送局 2017きものクイーングランプリ、BSフジ31期女子大学生キャスター ・宮本真智 みやもとまち アナウンサー 出身地:大分県:生年月日:199? 日:身長:166㎝:血液型:A型:最終学歴:早稲田大学文化構想学部卒業:所属局:鹿児島放送局 日本テレビ系『Oha! 4NEWSLIVE』に企画リポーターとして出演していた。 ・下村彩里 しもむらさいり アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1994年8月30日 25歳 :身長:173㎝:血液型:A型:最終学歴:日本女子大学家政学部児童学科卒業 2015年に『2016ミス・インターナショナル日本代表選出大会』で3位となり、ミス日本として1年間活動している。 フジテレビ 1名 ・藤本万里乃 ふじもとまりの アナウンサー 出身地:福岡県:生年月日:1995年10月30日 24歳 :身長:163㎝:血液型:AB型:最終学歴:東京大学医学部健康総合科学科卒業 『non-noカワイイ選抜2期生グランプリ』、AbemaTV『AbemaNews』、BS朝日『news access』でキャスターを務めていた。 TBSテレビ 3名 ・篠原梨菜 しのはらりな アナウンサー 出身地:神奈川県:生年月日:1996年10月29日 23歳 :身長:155㎝:血液型:O型:最終学歴:東京大学法学部第一類法学総合コース卒業 『ミス東京大学コンテスト2016』グランプリ。 セント・フォース・スプラウトに所属し、フジテレビ系『めざましどようび』でお天気キャスターを務めていた。 JJ専属モデルを務めたほかテレビに出演するなどタレント活動をしていた。 ・若林有子 わかばやしゆうこ アナウンサー 出身地:大阪府:生年月日:1996年7月1日 24歳 :身長:154㎝:血液型:A型:最終学歴:大阪市立大学商学部卒業 『週刊朝日』 2016年9月9日発売号 で表紙モデルを務めた。 セントフォース関西に所属しTV番組でリポーターを務めていた。 日本テレビ 2名 ・河出奈都美 かわでなつみ アナウンサー 出身地:大阪府:生年月日:1996年7月1日 24歳 :身長:157㎝:血液型:A型:最終学歴:青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科卒業 ミスサークルコンテスト2017-2018出場。 日本テレビイベントコンパニオン出身。 ・杉原凛 すぎはらりん アナウンサー 最終学歴:津田塾大学学芸学部英文学科卒業:日本テレビイベントコンパニオン出身 テレビ東京 3名 ・田中瞳 たなかひとみ アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1996年9月16日 23歳 :身長:165㎝:血液型:A型:最終学歴:成城大学社会イノベーション学部心理社会学科卒業 大学時代には、ミス成城大学コンテスト2016準グランプリ。 セント・フォーススプラウトに所属し、2017年度の『NEWSZERO』のお天気キャスターを務めた。 』に出演したことがある。 ・森香澄 もりかすみ アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1995年6月16日 25歳 :身長:154㎝:血液型:O型:最終学歴:東京女子大学現代教養学部人文学科卒業。 大学時代にはセントフォース・スプラウトに所属。 ・池谷実悠 いけたにみゆう アナウンサー 出身地:静岡県:生年月日:1996年9月18日 23歳 :身長:164㎝:血液型:O型:最終学歴:東京女子大学現代教養学部人文学科卒業 Miss Campus Contest2017ファイナリスト。 2018年2月からBS朝日、テレ朝チャンネル、Abema Newsなどの番組にキャスターとして出演。 TOKYO MX ・田中陽南 たなかひな 報道記者 出身地:大阪府:生年月日:1996年7月19日 23歳 :身長:159. 8㎝:血液型:AB型:最終学歴:上智大学文学部国文学科卒業 ミスソフィア2016準グランプリ、BS朝日学生キャスター、Abema News学生キャスター出身。 MBS毎日放送 2名 ・野嶋紗己子 のじまさきこ アナウンサー 出身地:福岡県北九州:生年月日:1996年6月13日 24歳 :身長:? ㎝:血液型:? 型:最終学歴:慶應義塾大学卒業 ・清水麻椰 しみずまや アナウンサー 出身地:兵庫県神戸市:1995年12月20日 24歳 :身長:? ㎝:血液型:? 型:最終学歴:同志社女子大学卒業 2018年度の今宮戎神社福娘 ABC朝日放送 ・増田紗織 ますださおり アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1997年1月7日 23歳 :血液型:B型:最終学歴:慶應義塾大学卒業 読売テレビ ・佐藤佳奈 さとうかな アナウンサー 出身地:千葉県:生年月日:1996年11月22日 23歳 :血液型:? 型:最終学歴:慶應義塾大学卒業。 ユニドル「さよならモラトリアム」メンバーとして活動。 東京ドームのカリスマビール売り子。 メーテレ ・南雲穂波 なぐもほなみ アナウンサー 出身地:東京都:生年月日:1994年4月7日 26歳 :身長:155㎝:血液型:O型:最終学歴:東京大学大学院工学系研究科建築学専攻卒業 ミス東大コンテスト2016準グランプリ、『CanCam』読者モデル、AbemaTV『橋下徹の即リプ! 』など さくらんぼテレビ ・本行慶子 東洋英和女子大学国際社会学部卒業、第16代横浜観光親善大使 IBC岩手放送 ・弦間彩華 げんまあやか アナウンサー 出身地:静岡県:生年月日:1996年11月19日 23歳 :身長:154㎝:血液型:B型:最終学歴:成蹊大学文学部現代社会学科卒業 ミス成蹊大学コンテスト2017グランプリ、セントフォース・スプラウト所属 ・今井日奈子 RNB南海放送 ・青木美奈実 あおきまなみ アナウンサー 出身地:愛媛県松山市:生年月日:1997年3月21日 23歳 :身長:163㎝:血液型:A型:最終学歴:同志社大学経済学部経済学科卒業 ミスキャンパス同志社2016グランプリ、『Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST2017』で審査員特別賞、サッカーJ2京都サンガの大学生PR大使である『サンガキャンパス隊』として2年間活動。 JRT四国放送 ・大坪奈津子 おおつぼなつこ アナウンサー 出身地:千葉県木更津市:生年月日:1996年6月22日 24歳 :身長:163㎝:血液型:? 型:最終学歴:学習院大学経済学部経済学科卒業 『ミスサークルコンテスト2017-2018』ファイナリスト、BS朝日学生キャスター出身。

次の

MBS野嶋紗己子アナは結婚してる?身長・体重等プロフィールも

野嶋紗己子

本名:清水麻椰(しみずまや) 誕生日:1995年12月20日 出身:兵庫県神戸市 趣味:旅行・ミュージカル鑑賞・アニメ 大学:同志社女子大学卒業 カップ:推定Cカップ 憧れの女子アナ:三田友梨佳(ミタパン) 今回女子アナウンサーとしてTVデビューを果たした 清水麻椰アナ、名前は「しみずまや」と読みます。 まやと言うと小林麻耶アナが浮かぶ人もいるかもしれませんが、清水麻椰アナは 「清水麻耶」ではなく「清水麻椰」という難しい漢字の方なのでお間違えのないよう。 そんな清水麻椰アナは2018年に 今宮戎神社の「福娘」にも選ばれており(神社のミスコンのようなもの)、そのスタイルの良さや可愛らしさがすでに話題を呼んでいたことが伺えます。 また、家族など細かい情報はまだ新人ということでそこまで多くはありませんが、清水麻椰アナの祖母が阪神ファンで、小学校2年生の時に豪州優勝ツアーに行ったことがあるとのこと。 当時は 星野監督や赤星選手など名だたる阪神選手陣と写真を撮ったのが良い思い出だと語っており、生粋の阪神ファン・関西人であることが伺えます。 そんな清水麻椰アナは今回「ちちんぷいぷい」でテレビ初出演を果たしたわけですが、そのことについて以下のようにコメントしていました。 『ちちんぷいぷい』はいつも見ていたので、今このスタジオにいられることが本当に光栄。 これからは一アナウンサーとして、関西の皆様にしっかり情報を伝えていければと思っています。 関西人らしく明るくハキハキとした様子が好印象な清水麻椰アナですので、これからも人気女子アナへの道をまっしぐらに駆け上がっていけることでしょう。 清水麻椰アナはミタパンに似てる? また、そんな清水麻椰アナは 憧れのアナウンサーにはミタパンこと三田友梨佳アナの名前を挙げていました。 個人的にくしゃっと笑った顔や雰囲気がミタパンに似てるとも感じます、実際に画像で2人を見比べてみましょう。 まずはこちらが 清水麻椰アナ(左側)。 今夜のミタパン — テク憧 techdou そこまでとてつもなく似ているというわけではありませんが、しっかりとした目や笑った顔などがちょっと似ているような気もします。 何れにしても憧れのアナウンサーということですので、これからぜひミタパンに追いつけ追い越せで頑張っていって欲しいですね。 Sponsored Link 清水麻椰アナのスタイルやかわいい画像まとめ さて、それではそうしてMBSの新人女子アナウンサーとして話題を呼んでいる清水麻椰アナの かわいい画像をまとめて見ていきましょう。 まだそこまでメディア出演が多くないために画像は少ない中ではありますが、今後の活躍に期待できる可愛らしい姿ばかり。 少しでも 清水麻椰アナのファンが増えていってくれれば嬉しいなあと思います。

次の