デコパージュ やり方。 上履きデコパージュのやり方!材料や洗濯について

上履きデコパージュのやり方!材料や洗濯について

デコパージュ やり方

楽天で購入 紙や布を接着させ、ツヤ出しをしたり、撥水させることができます。 貼り付けることができるもの 石鹸・布・紙・プラスティック・鉄・タイル・ガラス・石・木など デコパージュグッズを洗うときの注意点! デコパージュ専用液でしっかりとコーティングすると 防水効果があるので、 水洗いOKです。 とはいっても、コーティング剤が剥がれてしまうような、以下の項目は出来るだけ避けるようにしましょう。 pinterest. areablog. blogspot. blogspot. tebiki. exblog. instagram. pinterest. taringa. pinterest. pinterest. blog44. fc2. gatheringbeauty. 楽天などでは、下記のような初心者用のデコパージュセットなども売っています! 楽天で購入 楽天以外では、東急ハンズやクラフト専門店などでも手に入るようです。 ケマージュは237mlと大容量なので、たくさん使う方にオススメです! ペーパーナプキンでのデコパージュ作り方 1.ぺーパーナプキンを分解します。 ペーパーナプキンは、何枚かの紙が重なった作りになっています。 デコパージュで使うのは、絵柄のある1番上のみです。 2.ハサミやカッターを使って型に切り取ります。 ペーパーナプキンにデコパージュ液を塗り、貼り付けます。 5.デコパージュ液でコーティングします。 最後に、貼り付けたペーパーナプキンの上からデコパージュ液でコーティングします。 1度にたくさん塗らず、薄く塗り重ねていくことで綺麗に仕上がります。 6.乾燥させたら完成です。 ペーパーナプキン以外でのデコパージュ作り方 デコパージュは、ペーパーナプキン以外にも、お好きな紙(包装紙、雑誌の切り抜き、ポスター等)や布などでも作ることが出来ます。 このようにフチのないイラストだと、紙を貼った感じが凄いです・・・。 com. yahoo.

次の

布を貼る簡単デコパージュのやり方!上履きやスマホケースも♪|ラディーチェ

デコパージュ やり方

みなさん一度は、耳にしたり、実際に作品を見たりしたことがあるかもしれません。 簡単に言うと、お気に入りのペーパーナプキンや転写シートなどの絵を切り抜いて、石鹸や布製品などにデコパージュ専用の糊を使ってペタっと貼り、自分好みのデザインへ簡単にリメイクすることができる手芸のことなんです。 やり方もとっても簡単なので、材料さえ揃えば今日、明日にでもすぐに作れそう!! これは聞いただけで、とりあえずハンドメイド心をくすぐりますよね~。 最近では。 子供さんが毎日使う上履きなどに、かわいくデコパージュをして、世界でたった一つのステキなオリジナル上履きを作られるママさんが増えてきているそう。 (漆工芸と言えば、現在放送中のNHK朝ドラ『まれ』でも度々登場していますよね。 )その後、フランス、イギリス、アメリカへと広がっていったと言われています。 では早速、デコパージュのやり方を見ていきたいのですが、今回は最近人気の「上履きデコパージュ」を紹介していきたいと思います。 なかなかお家にないのが平筆ですよね。 先が細いものなら場合によってはお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、先が細いものは、とがってしまって、貼りつける時に、絵柄が破れてしまうことがあるそうで、広い面積をサッと塗れる平筆の方が、デコパージュではポピュラーであると言えます。 さらに、もう一声!あったら便利な材料としてオススメなのが、デコパージュ専用糊を出して使うのに必要なパレット(これは紙コップや紙皿で代用OK)、マスキングテープ、ウエットティッシュ、水の入った入れ物(平筆をしごいたり、糊の付いた筆を洗ったりするため)です。 でもどうしてもなければそれに当てはまる代用品でOKですよ!さぁ、準備ができたところで始めていきましょう。 その際、柄に沿って切り取るのが一番きれいですが、白地の柄なら少しまわりを残して切り取っても大丈夫です。 デコパージュの糊を使えば、その部分が透明になってくれるので気にならなくなります。 やり方として、初心者の方は、絵柄を大きめよりも小さめに切り取って貼りつけるようにした方が、しわができにくく、やりやすいと思います。 その時、外しにくければ、マスキングテープをいらない方のペーパーに貼りつけてひっぱると簡単に取り外せますよ。 先を柔らかくするために平筆を一度水でしごいて、余分な水分を拭き取っておきましょう。 それを平筆で、貼りつける絵柄より広めをイメージして、上履きへ塗っていきます。 ウエットティッシュを使って空気を抜きながら、しわにならないように押さえていきます。 その工程を繰り返し、全ての絵柄を貼りつけられたら、自然乾燥またはドライヤーで乾かします。 2~3回、何度かくりかえします。 それも乾いたら完成です!! You tube「デコパージュでオリジナル上履きを作ってみた」 どうですか??誰でも簡単に始められそうでしょう?! 「次はこんなデザインにしたいなから」と、もう考えている方が、いらっしゃるかと思います。 でも子供さんは思いっきり遊ぶでしょうから、上履きはずっときれいなままではありませんよね。 そこで最後に、みなさんが気になる「これって洗濯できるの?!」ということですが・・・ 基本手洗いで、洗濯できますよ!!但し、つけ置きやお湯を使って洗うのはやめてください。 コーティングや貼りつけた絵柄が剥がれてしまう原因となってしまいます。 気になる部分はブラシに石鹸をつけて軽めに擦って汚れを落とすようにすることをオススメします。 とってもかわいく、世界で一つだけの特別なオリジナル作品。 子供さん用はもちろん、自分用、家族とお揃い用、友達とお揃い用などなど、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク.

次の

上履きデコパージュのやり方!材料や洗濯について

デコパージュ やり方

元気な子どもが使うものなので、汚れることは当たり前。 そこで気になるのは洗えるかどうかです。 デコパージュすると、トップコートのように表面がコーティングされます。 なので、汚れにくくなります。 耐水加工にもなるので、デコパージュ液を何回か塗り重ねてしっかりコーティングしてあれば、軽くブラシでこするくらいなら大丈夫です。 ただ、熱いお湯やつけ置き洗いには耐えられませんので、避けて下さい。 デコパージュは高温多湿に弱いものです。 洗って乾かす時、長期休暇中に保管する時は、柄の部分同士がくっつかないように離しておきましょう。 もし、柄が剥がれてきたら、またデコパ液を塗って補修できます。 家に持ち帰った時にチェックして、早めに補修するようにしましょう。 ただ、マスキングテープはそもそも上履きにくっつきづらいので、その点をカバーしなければなりません。 ・デコパージュに向いたマスキングテープを選ぶ ・接着力が強いデコパ液を選ぶ ・マステを貼る前に、上履きにもデコパ液を塗る ・指の付け根に当たるところなど、履きじわができやすい場所は柄を貼るのを避ける ・マステの上から何回かデコパ液を塗り重ね、しっかりコーティングする など、工夫してみましょう。 また、マステを貼っていないところにもデコパ液を塗り、上履きの生地部分全体をコーティングするようにすると、丈夫になりますし、汚れ防止にもなります。 防水スプレーor防水剤を重ねておくと、さらにダメージを受けにくくなります。 一般的な、ペーパーナプキンを使うやり方は、まず、貼りたいところにデコパージュ液を塗り、その上に切り取ったペーパーナプキンを貼ります。 ペーパーナプキンはとても薄いので、一度糊の上に置いてしまうと、やり直したいと思っても、綺麗に剥がすのは難しいです。 また、シワになりやすいのも気になります。 マスキングテープは、糊を使わずに貼れ、剥がしやすいようにできています。 なので、柄を配置するときにやり直しが簡単で、初心者には嬉しいのです。 貼るものをあらかじめ型取りする必要もありません。 シワになりにくいのも、マステの良いところです。 デコパージュ液が浸透しやすい、薄いものが向いています。 マスキングテープによっては、かなり分厚いもの、水分が染み込みにくいものがあるので、注意して選びましょう。 では、デコパージュするものとして人気がある、石鹸と上履きについて、詳しく解説していきます。 ただ、マスキングテープはそもそも上履きにくっつきづらいので、その点をカバーしなければなりません。 ・デコパージュに向いたマスキングテープを選ぶ ・接着力が強いデコパ液を選ぶ ・マステを貼る前に、上履きにもデコパ液を塗る ・指の付け根に当たるところなど、履きじわができやすい場所は柄を貼るのを避ける ・マステの上から何回かデコパ液を塗り重ね、しっかりコーティングする など、工夫してみましょう。 また、マステを貼っていないところにもデコパ液を塗り、上履きの生地部分全体をコーティングするようにすると、丈夫になりますし、汚れ防止にもなります。 防水スプレーor防水剤を重ねておくと、さらにダメージを受けにくくなります。 新しい上履きで作りましょう。 汚れの上からデコパージュしてしまうと、その汚れは取れなくなってしまいます。 また、上履きは生地製を選びましょう。 ビニール製のものだと、デコパ液を弾いてしまいくっつきません。 幼稚園・保育園によっては、デコ上履きが禁止されているところもあるかもしれません。 作る前に確認しましょう。 コツ・ポイント デコパ石鹸・上履き、いかがでしたか?マスキングテープの特徴を活かして、楽しくデコパージュしてみてください。 デコパージュは、金属やガラスなど、素材を選ばずできる優れもの。 マスキングテープの用途の広さにも驚かされます。

次の