フィクション と は。 フィクションのパラドックス。人はなぜ作り話に魅了されるのか?

フィクション

フィクション と は

この効果音とOP曲が『ロー&オーダー』シリーズに共通する特徴の一つである。 番組の最後には「この物語はフィクションです」という注意書きが入る。 そう思いながら。 この物語はフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。 本書は、一九八八年一〇月に刊行された『南房総・殺人ライン』を改題、一九九四年六月、講談社文庫として刊行されたものです。 … 深谷忠記『房総・武蔵野殺人ライン』 より引用• と、藤木は、いった。 この物語はフィクションであり、過去および現在の実在人物・団体などにはいっさい関係ありません。 … 西村京太郎『原子力船むつ消失事件』 より引用• 単行本の最初のページには、ことさら巨大な明朝体の活字で「この物語はフィクションである」と記されている。 さらに、次のページには念のためか「実在の人物・団体等の名称が一部登場するが、あくまでこの物語はフィクションである」とも記されている。 事実、作中の時系列が若干現実と異なる部分や、架空のエピソードも含まれている。 しかし、『吼えろペン』の登場人物が藤田和日郎に対して「富士鷹ジュビロ」のように実際の名をもじった架空の名で呼ばれるのに対し、本作では実名がそのまま使われるなど相違点もある。 単行本の最初のページには、ことさら巨大な明朝体の活字で「この物語はフィクションである」と記されている。 さらに、次のページには念のためか「実在の人物・団体等の名称が一部登場するが、あくまでこの物語はフィクションである」とも記されている。 薄れ行く意識の中で、加納はそう思った。 この物語はフィクションです。 登場する人物・団体等は架空のものであり、実在のものとは一切、関係ありません。 … 佐竹一彦『警視庁公安部』 より引用• 映画内に「この物語はフィクションです」と明記されていることから、名誉を傷つけるにあたらないとして、この訴訟は退けられた。 裏表紙カバーには、あらすじを日本語のほかに外国語で併記しているが、第9服や第15服のように外国語ではなく日本語の方言を併記する場合もある。 なお、雑誌掲載時には頁の端に「この物語はフィクションにて候」「実在の人物・団体名とは無関係にて候」と記され、この定型文に、掲載内容にちなんだ一文が付記されるのが定番となっているが、いずれも単行本では削られている。 特に参考になった本をあけておきますので、興味を持った方は読んでみてください。 二渾雅喜、島田裕已『洗脳体験』JICC出版局 福本博文『心をあやつる男たち』文蔀春秋 S・ハッサン『マインド・コントロールの恐怖』恒友出版 この物語はフィクションであり、本作品に登場する人物、団体、は架空のものであることをお断りしておきます。 … 麻生俊平『ザンヤルマの剣士 第三巻 オーキスの救世主』 より引用.

次の

フィクション 歌詞「sumika」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

フィクション と は

まず、『シュールな笑い』とは、作り物のはずが、雑で散らかっていて、なんだか人間味があり、面白い様と認識している。 よって、その『シュール』さの度が過ぎると、失笑を買って、大変退屈な時間になるリスクもある。 しかし、タランティーノはそのシュールさが『なんかかっこ良い』の中にパッケージングされており、『何かカッコいいのに、こいつら何してんのワロタwww』と言った具合に見てる側に面白さを与えつつ、その絶妙な『カッコ良さ』と『シュール』なバランスの上に成り立っている映画。 それが 『パルプフィクション』だと思いました。 正に、『雑紙に殴り書きされた文章』が、映像の撮り方で、快感にも似た感覚を呼び起こす。 その一つ一つのシーンが映画として、何時間も語れる様な絵がもう既に最高な映画であり、その無駄話こそがその映画の調味料になる。 聖地巡礼をめちゃくちゃしたくなるタランティーノ映画なのである!!!! ジョン・トラボルタ扮するヴィンセント・ベガとサミュエル・L・ジャクソン扮するジュールズ・ウィンフィールドを巡る3つのエピソードが交錯するクライム映画。 『キル・ビル』以来2作目のタランティーノ作品。 『キル・ビル』は正直駄作だと思っていたのでタランティーノ作品はそれ以降見てこなかったが、妹から勧められて名作と名高い『パルプ・フィクション』くらいは見ておくかと思い見ることにした。 結論から言うと、かなり面白かった。 構成が独特で、時系列の異なるストーリーが3つ展開されるのだが、これを上手く絡めて纏めているのは見事。 (のちにクリストファー・ノーラン監督の『メメント』にも影響を与えたらしい。 ) 全体的な構成としても、そして各々の短編としても面白い。 曲やセリフ回しもセンスが溢れていて、そういった面でも楽しめる。 Dusty Springfieldの『Son of a Preacher Man』はヴィンセントの葛藤と歌詞が少しリンクしているような印象を受けた。 また、この映画には色々と示唆的なシーンがあり、こういう部分の解釈を調べてみるとより楽しめそうな映画である。 ・ブリーフケースの番号が「666」 ・ジュールズの聖書の暗誦 ・パルプ・フィクションの意味 etc…….

次の

メタフィクションとは (メタフィクションとは) [単語記事]

フィクション と は

しかし、この規定のなかの「文学以外」という限定ははずしてもかまわないと思われる。 現在では、ノンフィクション作品は、りっぱな文学作品として認められていて、現代文学の世界で大きな位置を占めているからだ。 [川村 湊] 海外のノンフィクション古代のギリシアでは神々の物語として「神話」が、そして人々の物語として「歴史」があった。 ホメロスの『イリアス』『オデュッセイア』は神と人との物語として「神話物語(=フィクションの原型)」として位置づけられていたが、シュリーマンの遺跡発掘によって、現実にあった歴史を素材とした、いわばノンフィクション作品であることが証明された。 ヘロドトスやトゥキディデスの『歴史』やカエサルの『ガリア戦記』、司馬遷 しばせん の『史記』などの歴史書が、もっとも早い時期のノンフィクション作品ということができ、それは神々の物語としての「神話」や、その発展形態としての伝説、綺譚 きたん 、妖精 ようせい 物語、ロマンスなどのフィクション(=虚構、小説)と、ジャンル的に分離・区分されるようになったのである。 近代においてもジョン・リードの『世界をゆるがした十日間』(1919)やエドガー・スノーの『中国の赤い星』(1937)など、革命や戦争に密着したドキュメンタリーとしてのノンフィクション作品が書かれたが、記録文学、ドキュメンタリーといったさまざまなジャンル名をまとめるような形で「ノンフィクション」と称されるようになったのは、第二次世界大戦後のことであって、アメリカのジャーナリズムにおいて従来の記録や報道、または実話小説などと違ったノンフィクション作品が書かれるようになってからのことだ。 代表的なものとしてトルーマン・カポーティの『冷血』(1966)をあげることができる。 もちろん、それ以前にもアンドレ・ジッドの『ソビエト紀行』(1936)やジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌 さんか 』(1938)のような著名な小説家によるノンフィクション作品(紀行、記録、報告)がなかったわけではない。 しかし、文学作品としてのノンフィクションが認識されるようになったのは、欧米においても、日本においてもごく近年のことに属しているのである。 [川村 湊] 日本のノンフィクション記録文学、ルポルタージュ文学といった名称で、ノンフィクション作品はこれまでも日本の文学史において登録されてきた。 ノンフィクション作家、ノンフィクション文学という言葉があたりまえのように流通し、ノンフィクション作品を対象とした大宅壮一ノンフィクション賞のような文学賞も創設された。 こうしたノンフィクション文学というジャンルの確立には、何人かの小説家の力があったと思われる。 第二次世界大戦後のこうした分野を活発化させたのは坂口安吾 あんご であり、『安吾巷談 こうだん 』(1950)や『安吾新日本地理』(1951)などの作品は明らかに戦後のノンフィクションのはしりである。 それは小説家の手すさびのエッセイ、漫筆ではなく、社会現象や事件、現実・事実を相手にした作家の真剣な表現活動の取組みだったのである(それがやや余裕の産物のようにみえたとしても)。 もっと現代に近いところでそうしたノンフィクション作品の試みを行ったのが、開高健 かいこうたけし である。 彼は『片隅の迷路』(1962)のような、現実に起こった徳島ラジオ商殺しという冤罪 えんざい 事件を小説として書くかたわら、『ずばり東京』(1964)や『ベトナム戦記』(1965)といったルポルタージュ作品を書き、大都市東京というキメラのような街や、ベトナム戦争という世界の矛盾の輻輳 ふくそう する場所から現代社会、現代の戦争についての報告を行ったのである。 もう一人、ノンフィクションを書いた小説家として梶山季之 としゆき をあげることができる。 『黒の試走車』(1962)などの産業スパイ小説で、一世を風靡 ふうび した彼は、週刊誌の取材記者、ルポルタージュ記事の書き手として「トップ屋」とよばれるノンフィクション作家たちの先頭にたった。 日韓関係、原爆問題、移民問題を中心に、政治・経済・犯罪・芸能界など、彼の守備範囲は広く、また、反体制的、社会批判的なスタンスは、その後のノンフィクション・ライターの反骨精神につながったといえる。 それはまた、大宅壮一 おおやそういち の大衆社会への批評性につながり、また、松本清張 せいちょう の現代社会の暗黒面を暴き出した『日本の黒い霧』などのノンフィクション作品にもつながっている。 石牟礼の『苦海浄土』(1969)、上野の『地の底の笑い話』(1967)、松下の『狼煙 のろし を見よ』(1987)などは、社会的事件に題材を仰いだものだが、作者の詩情や感性がその作品の底を流れているのが特徴的である。 沢木耕太郎は人物評伝のスタイルで『人の砂漠』(1977)を書き、テロ事件の被害者と加害者とを両面から描いた『テロルの決算』(1978)を書いた。 鎌田慧は『自動車絶望工場』(1973)で、体験的ルポルタージュの道を開いた。 柳田邦男は『マッハの恐怖』(1971)で、現代の航空機事故が、社会のあらゆる方面からの影響力とあらゆる方面への波及力をもっていることを示した。 彼らは、国内、国外を問わない旺盛なフィールドワークと、緻密 ちみつ な文献資料の活用によって、ノンフィクション作品をより広く、一般的な文学作品として定着させていった。 猪瀬の『ミカドの肖像』(1986)は、日本の近代の天皇制と西武資本との「結託」を論証し、佐野の『巨怪伝』(1994)は政治家の近代史を、吉田の『下下戦記』(1987)は水俣 みなまた 病の患者世界を、吉岡の『墜落の夏』(1986)は日航機墜落事故を、関川の『海峡を越えたホームラン』(1984)は、日韓の野球社会を、久田の『サーカス村裏通り』(1986)は、日本のわびしいサーカス団の世界を、野村の『海の果ての祖国』(1987)は、サイパン移民の世界を、それぞれ新鮮な視角から描き出し、ノンフィクション作家として成長していった。

次の