こ むすび まん 声優。 【それいけ!アンパンマン】しょくぱんまんの声優・島本須美さんについて

まん「太っていても声優になれますか?」声優養成所「困るなあ・・・」

こ むすび まん 声優

フランケンロボのパパがバイキンマン!?一体なぜ…その理由や、ちびまる子ちゃんと同じ声優さん情報についてなど、気になることをまとめました。 フランケンロボくんとは? やなせたかしさんによる絵本シリーズから生まれたアニメ作品 「それいけ!アンパンマン」。 困っている人を助けるため、自分の頭を差し出す正義のヒーローアンパンマン! そのお話の中に登場するなんとも気になるキャラクターの フランケンロボくん。 パッと見た感じでは敵キャラ?と間違いそうだけれど、 フランケンロボくんには全く悪意はなく、 ばいきんまんを「パパ」と呼んでなついています。 普段はとうだいまんの助手として働いていて、 ロボくんにに触れるとみんなビリビリと感電してしまいます。 この作品ではないのですが、 ある作品の中でフランケンロボくんが 『ぼくのパパはね、つのが2本でしっぽがはえてて 背中には羽根がはえてて、つよくてやさしくて とーってもカッコイイんだ! …でも なかなか会えないんだ…』 と、それはもう切ない表情で一生懸命にバイキンマンの絵を描いていて、 それを見守るアンパンマンやジャムおじさんやバタ子さんも何やら微妙な、神妙〜な雰囲気で、一体何があったのか調べずにはいられなくなりました。 フランケンロボくんの過去に一体何があったの?! スポンサードリンク パパはバイキンマン!その由来は? フランケンロボくんが初めて登場したのは、 第375話「アンパンマンとフランケンロボくん」(1996年4月22日放送)です。 この回で、自称天才科学者のバイキンマンは、いつものようにアンパンマンをやっつける為のメカを作っていました。 そして完成させたのが「フランケンロボ」。 バイキンマンの作るメカといえば、バイキンマンの指示通りに動き、アンパンマンたちにやっつけられるのがいつものパターンですが、 フランケンロボくんは自分の 意志や 感情を持って生まれてきました。 弱虫だけど、とっても心優しいフランケンロボ。 小さくてかわいいフランケンロボ。 生まれてすぐ ドキンちゃんから 小さいことを馬鹿にされた時には、 バイキンマンはフランケンロボくんを 守るように抱きしめて よしよししていました。 自分を作ってくれたバイキンマン。 優しく頭をなでてくれたバイキンマン。 ロボくんの中でバイキンマンを父として慕う心がどんどん育まれていきます。 バイキンマンは 試しにアンパンマン型ロボットと戦わせてみますが、 フランケンロボくんは 自分がアンパンマンを倒すために生まれてきたことを知りません。 ロボくんがあまりに弱かった為、 バイキンマンは あろうことか フランケンロボを捨ててしまいます!!! ひどいよバイキンマン… その後、フランケンロボくんにカミナリが直撃! それがきっかけで体中に電気を持ち、 触ったものを何でもビリビリと痺れさせる性質になってしまいました。 ここで再びバイキンマン登場! フランケンロボくんのビリビリ放電の力を利用して アンパンマンを倒そうとしますが、 長期戦の末に またもや敗れてしまいます。 その後、フランケンロボくんは 『みんなに迷惑をかけてごめんなさい…』と みんなの役に立てるよう、 とうだいまんの元で 電力を供給するお仕事をするようになりました。 自分のことを捨てたバイキンマン。 そんなお父さんでも フランケンロボくんにとっては 大切な、 かけがえのないお父さん。 自分を世に生み出し、可愛がってくれた 大好きなお父さんなのですね… ロボくんはちょくちょく大好きなお父さんに逢いたくなり、 その時は とうだいまんにお休みをもらって パパ探しに出かけているようです。 自分を求めて逢いに来たフランケンロボくんを邪険に扱い、 追い払おうとしたり うまく逃げようとするバイキンマン… それでも『おとうさーーーん!!』と追いかけ続けるフランケンロボくん。 見ていて心がキュウンとなってしまいます。 アンパンマンたちの微妙な反応の真相は… アンパンマン達は、 ばいきんまんが普段わるさをしている事は フランケンロボくんにはナイショにしています。 純粋にパパを求め、 慕い続けているピュアな子どもに、 『きみのお父さんはね、 人のものを平気で盗んだり壊したりするんだよ。 僕の命も狙っているんだ… 僕をやっつけることが生きがいなんだって…』 とは言えないですよね… 言った方がいいのかもしれませんが、 それはもう少し フランケンロボくんが大人になってからにしよう… というところでしょうか。 それゆえに、 フランケンロボくんは お父さんが悪人である事は知らず いつでも変わらずバイキンマンに会いたがっていて、 アンパンマンたちもうまく表現できないような なんとも言えない微妙な顔つきで 無邪気なフランケンロボくんのことを見ていたのですね。。。 なんだかとても切ないです! 声優はこの人! フランケンロボくんが登場して第一声で気がつきました。 あ!ちびまる子ちゃんを同じ声だ!! そうです。 フランケンロボくんの声優さんは ちびまる子ちゃんと同じ TARAKOさんです。 TARAKOさんの代表作には• 同作『それいけ!アンパンマン』の、 こてつちゃんと、 恐竜ノッシー役も演じているそうです! 気がつかなかったー! 風の谷のナウシカにも 出演されていたんですね。 どの少年なのか気になります。 風の谷の子どもたちの中にいると思うのですが 、未だ分かりません… 天空の城ラピュタでは、 パズーの職場の棟梁の親方と おかみさんのお子さん役。 チビのマッジと呼ばれていて、 なぜかブタを追い払っているシーンが印象的です。 となりのトトロでは さつきの友だち役です。

次の

アンパンマンの宿敵バイキンマンの声優の裏情報と、他の役9つ

こ むすび まん 声優

人物 主に動物と子供役を生業としている。 声優仲間の、、とは公私共に親交が深い。 高校時代にのボーカルメイツでレッスンを受けていたこともある。 『』、『』、『』では主題歌を担当した。 現在はなどで、講師も務めるなど後進の育成にも携わっている。 教え子にやがいる。 父は製鉄会社に務めていた。 家族に妹がいる。 学生時代より、声優業・業に興味を抱いていた。 付属養成所の公演を見たことがきっかけとなり、同養成所に入団するも、後に需要の問題から離脱を余儀なくされる。 本人の声優業志願もあり、より声優色の強い俳協へと移る。 、『ダッシュ勝平』(夏かおり)でデビュー。 その後、に『』(フクちゃん役)のオーディションに合格し、初主演。 以後も、『』(らんぽう役)、『』(のらくろ役)などで主人公を担当するなど、多くの作品に出演した。 10月から3月までは、と共に『』の3代目を担当した。 頃には声優仲間の、小粥よう子(現・)と3人でポテトパワーというグループを結成しコンサートを行った。 には伊倉一恵と神代知衣とGALLOPというグループで活動し 、約20年の活動停止期間を経て、4月に復活ライブを開催。 以後、2年ごとのペースで活動をしている。 「・アニメ声優大会」(系)でトップで登場して、9問正解で優勝した。 出演 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ 1981年• (夏かおり) 1982年• (生徒C、生徒B)• ( フクちゃん) 1983年• ( 竜子)• (マチューダ)• ( 来生愛)• (片桐〈すずめの友達〉)• (中沢早苗〈アネゴ〉、滝一〈小学生編〉)• (リーア)• (1983年 - 1984年、安田雪美) - 3シリーズ• (光男、オム) 1984年• (攻三 )• (じんじゃあ)• (レミー)• (マキ)• ( らんぽう) 1985年• (バーディ)• (シンタ)• (ピーター)• (ジミー)• (リプタ)• (ケン) 1986年• (シンタ)• (大輔)• (健太、小坊主)• (およし、ビルマの少年)• (音成久子)• (マシュロン、カイケツ丸)• (ジギー)• (三沢健太)• (一の瀬賢太郎)• ( ボッチ) 1987年• (トム・ブルック)• (捨て丸)• (トラ、アッサム)• (健太)• (春日一弥)• (ブタ)• (1987年 - 1988年、家出娘、堀越ちえみ、アグネス会員たち、鷲尾次郎、森村さくら) - 2シリーズ• (セ鬼)• ( のらくろ) 1988年• (矢崎さとる)• (タマボー)• (1988年 - 2020年、 てんどんまん、カバオくんのお母さん〈2代目〉、みかづきまん〈2代目〉、アイスキャンデーマン〈2代目〉、えのきだけよ〈2代目〉、ユッキーのお母さん〈2代目〉、キャンディ姫〈初代〉、 ちびぞうくん、タルトちゃん、市長夫人、チビツリー、うめぼしばあや〈2代目〉、白かぶばあさん、おだいりくん〈7・10代目〉、かいじゅうモカ 他)• (ジュン)• (タンメン)• ( チンミ )• (坂本タロー)• (アキラ、増田健太) 1989年• (トビ、ハンス)• (コロロ)• (マイヤー)• (プリル)• ( 新城童夢)• 1990年• ( ミノル)• (三浦雄一郎 他)• ( てんどんまん)• ( つる姫)• ( ハジメ )• (デコ七) 1991年• (マーサ)• ( 石垣直角 )• (タワシン)• (1991年 - 1992年、 芦屋アシベ) - 2シリーズ• (エッちゃん)• (黒岩竜也)• (アレキサンドラ) 1992年• (大山フトシ)• (タンバリン )• (ピエール)• (ジュリエッタ・ヴィットーリ)• ( 幻むむ子) 1993年• (1993年 - 1994年、 トラ) - 2シリーズ• (ジェリー)• ( ムカムカ 、世之助) 1995年• (トミー)• ( バク丸)• ( 柳宿) 1996年• ( 榎木実、玉館時男)• (ゆきべ〜)• (少年時代のクアトロ)• (次郎) 1997年• ( サスケ、目白台ノボルのママ)• ( シロウ )• ( クリリン)• (ウンチ、ジャングル少年)• (テリー) 1999年• (太刀川都)• (1999年 - 2001年、 こぷー、ザ・ジズゼゾの母ちゃん)• ( )• (グレイ)• (クリリン)• ( パトル) 2001年• ( 幕之内膳)• ( 迅キョウスケ、織座ミキヨ)• (アレン)• AIBOアニメーション ピロッポ(ラパ君) 2002年• (アレスJr)• (ツネキチ) 2003年• (ジャン)• (グーノン)• (リッキー)• (津々井茂)• (ビーチャン)• (寺尾康之)• (マルコ)• (チック) 2004年• (子熊)• (マルティン少年) 2005年• (マリリン)• (ゴン太、少年)• (エリック) 2006年• (極つぶしほそよ)• (2006年 - 2007年、 、クータ 、記者) - 2シリーズ• (プヨ) 2007年• (大山美鈴)• (ジェシカ)• (トント)• (2007年 - 2017年、柱谷巧、出川アツ子、吉本ハナ) 2008年• (イルマ)• (のっぺりサム)• (安和寅吉) 2009年• ( ちびぞうくん) 2010年• (クック・ポロン)• (ワニー、あばら谷くん)• (ステリー) 2012年• (妖精さん) 2013年• (2013年 - 2014年、 木下哲子 、カラス、野口)• (千代) 2015年• (ハチの母)• (ステリー) 2016年• (大柳賢)• ( デビ ) 2017年• (海斗)• (アグモン )• (樒) 2018年• (吉田くん) 2019年• (ナレーション〈第2話Aパートのアイキャッチ〉)• (2019年 - 2020年、デビ) 2020年• (管理者C)• ( アグモン )• (がんばるくん) 劇場アニメ 1983年• (島次郎)• (安田雪美) 1984年• (少年) 1985年• (カムパネルラ) 1987年• (トビ丸) 1988年• ( 草壁メイ ) 1989年• (てんどんまん)• (赤ん坊) 1990年• (てんどんまん) 1991年• (てんどんまん) 1992年• (てんどんまん)• (てんどんまん)• (タンバリン) 1993年• (ミコ)• (てんどんまん) 1994年• (てんどんまん)• (てんどんまん) 1995年• (ペルル) 1996年• (アーリ)• (てんどんまん) 1997年• ( 西本修平)• (てんどんまん、ちびぞうくん) 1998年• (ちびぞうくん) 1999年• (ひょろった)• (ちびぞうくん)• (てんどんまん、うめぼしばあや)• (ちびぞうくん)• ( アグモン) 2001年• (てんどんまん、ちびぞうくん)• (アグモン)• () 2002年• えっちゃんのせんそう(たつお )• (迅キョウスケ)• (ちびぞうくん)• ( てんどんまん) 2003年• (ちびぞうくん) 2004年• (ちびぞうくん、べろべろまん)• (べろべろまん) 2005年• (ちびぞうくん) 2006年• (てんどんまん、ちびぞうくん)• (てんどんまん、やみるんるん) 2007年• (ちびぞうくん、ホワワ)• (てんどんまん) 2008年• (てんどんまん、ちびぞうくん)• (てんどんまん、ちびぞうくん) 2009年• (テディベア)• (ちびぞうくん)• (ちびぞうくん、四角ゴミロボ) 2010年• (花咲薫子)• (てんどんまん、ちびぞうくん)• (てんどんまん、ちびぞうくん) 2011年• (ちびぞうくん) 2012年• (ちびぞうくん)• (ちびぞうくん) 2013年• (影)• (ちびぞうくん、うめぼしばあや)• (ちびぞうくん) 2014年• (ちびぞうくん)• (ちびぞうくん)• (チッポ) 2015年• (ちびぞうくん)• (てんどんまん)• ( アグモン ) 2016年• (ちびぞうくん)• ( アグモン)• ( アグモン)• (リッカ ) 2017年• (ちびぞうくん)• ( アグモン)• ( アグモン) 2018年• ( アグモン)• (てんどんまん、ちびぞうくん) 2019年• (来生愛 )• (トラ )• (ちびぞうくん、べろべろまん、アイスキャンデーマン) 2020年• ( アグモン ) OVA 1984年• (ムニョ) 1985年• (風間真〈少年時代〉)• (ヨニ)• (少年 ) 1986年• (ダンピ)• (GK) 1987年• (土岐あかり) 1988年• (ハチベエ〈八谷良平〉) 1989年• (月村香穂) 1990年• 1991年• (如月瞬)• (田中知香) 1993年• (ばくばく) 1994年• (コミマサ) 1996年• (柳宿、美朱の母) 1997年• (少年クアトロ)• ふしぎ遊戯 第二部(鳳綺) 2004年• (栗之助) 2010年• (じんじゃあ)• ( クリリン) ゲーム 1994年• キャプテン翼 メガCD版(中沢早苗)• (園田くん) 1995年• ( ポコ・ア・メルヴィル) 1996年• ( ポコ・ア・メルヴィル)• (プルム・プルナ)• (クラウンマン、アクアマン) 1997年• (ミルダ)• ストリートファイターEX plus(プルム・プルナ)• (都来) 1998年• ( 松本智恵美) 1999年• (サスケ、雷鳴娘、ロボテング)• (スペクター)• (プルム・プルナ) 2000年• (プルム・プルナ)• (サスケ、キラ) 2001年• (サスケ)• (李桂香)• (カフー)• (アグモン) 2002年• (ゆか)• ( クロ)• (スペクター)• (神勝平) 2003年• (ゆか) 2004年• (スペクター)• (クリリン)• (アグモン、ブラックアグモン) 2005年• (サスケ)• (スペクター) 2006年• (スペクター) 2007年• (スペクター) 2008年• (神勝平)• (神勝平、リーア) 2010年• (スペクター)• (シャウトモン) 2011年• (神勝平) 2013年• ( アグモン )• (千代)• (スペクター) 2015年• (神勝平)• デジモンストーリー サイバースルゥース(アグモン ) 2016年• (アグモン、シャウトモン) 2017年• (神勝平) 2018年• デジモンリアライズ(アグモン) 2019年• (ヒューイ・デューイ・ルーイ) 2020年• ( アグモン ) 吹き替え 映画・ドラマ• (ジュリアン〈レイモン・ゴンザレス〉)• シーズンXI 4(ニッシェル・リチャードソン〈デイドリー・ヘンリー〉)• (エミラ〈エミラ・ヌシェヴィッチ〉)• (ホリー〈〉)• (クラーク)• (ディーナ〈〉)• (エビータ、仕事仲間)• (ビバリー・ドノフリオ〈11歳〉〈〉)• (パトリック・スマッシュ)• (ビッキー)• (ローリー)• トミー〈〉)• (レイン・ダンドリッジ〈〉)• (ザミス)• (アンソニー)• ( )• (サラ)• (レッド・フラグル)• タナー〈〉)• タナー・フラー〈キャンディス・キャメロン・ブレ〉)• (サラ)• (10歳のトレ)• (ジョナサン〈スティーヴン・アンドレイド〉)• (ダニー・ベイカー)• (キミー・マイリー)• シリーズ(チビクロ)• (チビクロ)• (トゥイーティー、)• (光の精)• (ジョニー)• (アズテカ)• ( コビー)• (子供)• ( チャーリー・ブラウン)• ( ブレイニー)• (ティム、ドリプル)• (クワッカー)• ( ドーラ)• (アティカス)• ( マックス)• ( ラッキー)• (フリー)• (スパイク)• プンバァ・ジュニア 特撮• (1986年、ぼっくんの声)• (1990年、サイラギンの声)• (1997年、宇宙カード珍獣デジタルカネゴンの声)• (2008年、ワメイクル〈チビ〉の声) ラジオ• (3代目パーソナリティ)• (、コーナーナレーション) CD• (パックマン)• (ハーモニー)• (挿入歌[、とのユニット「ギャロップ」として])• BOOGIE QUEEN• (魔王)• (エンディングテーマ)• SUPER MARIO BROS. SPECIAL 「夢の中で見つけて」 ナレーション• (テレビ東京)• (テレビ東京)• 「終わらない人 宮崎駿」(NHK総合)• (テレビ東京)• (2017年-) CM• きずぐすり液CM、キズテープCM(終わりの「ムヒのきずぐすり液もね」のみ)(てんどんまん)• 『日清 カップヌードルごはん』 2013年) - ハジメちゃん• (アグモンの声) ライブ• GALLOP LIVE 春はやっぱり、見せパンまつり「いいってことよぉ〜」(2013年4月6日-7日)• GALLOP LIVE 鼻血が出るまでピーナッツ特集(2015年6月6日-7日)• GALLOP LIVE 鼻血が出たときゃあピーナッツ! 2017年4月22日-23日 その他コンテンツ• (湾岸太郎の声)• 学研 2年の学習 1991年4月号付録カセットテープ「ねこまんまのポチの九九のうた」(ポチ)• 恐竜戦隊ジュウレンジャー ダイノビデオ(ダイノくん)• 「おばけガスのはくぶつかん」• 「もし月がなかったら」(月)• 「三匹のこぶた裁判」(オオカミの母親の声)• 福岡県北九州市テーマパーク「スペースワールド」メインキャラクター(ラッキーラビット) 出典• goo人名事典. 2020年1月17日閲覧。 アーツビジョン. 2020年2月12日閲覧。 日本タレント名鑑. 2020年1月17日閲覧。 声優・山寺宏一と30人の声の役者たち』、主婦の友社、2000年12月1日、、134-143頁。 『声優事典』キネマ旬報社、1994年、p. 227• 『めぞん一刻サウンドシアター』より。 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店、1997年、p. 『』1984年10月号、p. 114• 『』1984年11月号、p. 155• 『アニメディア』1984年11月号、p. 113• 「PEOPLE 私たちをよろしく! ギャロップ」『アニメージュ』1989年5月号、p. 『アニメディア』1990年5月号、p. 124• エキサイトアニメニュース 2011年4月11日 2017年10月29日閲覧• 2017年10月29日閲覧• メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月13日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2020年6月13日閲覧。 ぴえろ公式サイト. 2016年6月9日閲覧。 KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年7月2日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月25日閲覧。 コミックナタリー. 2013年3月4日閲覧。 アニメイトタイムズ. アニメイト 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 アニメイトタイムズ. アニメイト 2017年7月21日. 2017年7月21日閲覧。 デジモンアドベンチャー:. 東映アニメーション. 2020年3月17日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年2月22日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年5月31日. 2016年6月2日閲覧。 2019年1月11日. 2018年1月11日閲覧。 2019年2月22日. 2019年2月25日閲覧。 「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」公式サイト. 2019年7月29日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月3日閲覧。 電撃オンライン. 2012年9月22日閲覧。 デジモンストーリー サイバースルゥース. 2014年12月25日閲覧。 デジモンサヴァイブ. 2020年1月21日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。 外部リンク•

次の

ばいきんまんの声優はあの超人気悪役キャラと同じ人!? 声優変更の噂は本当? | MOVIE SCOOP!

こ むすび まん 声優

フランケンロボのパパがバイキンマン!?一体なぜ…その理由や、ちびまる子ちゃんと同じ声優さん情報についてなど、気になることをまとめました。 フランケンロボくんとは? やなせたかしさんによる絵本シリーズから生まれたアニメ作品 「それいけ!アンパンマン」。 困っている人を助けるため、自分の頭を差し出す正義のヒーローアンパンマン! そのお話の中に登場するなんとも気になるキャラクターの フランケンロボくん。 パッと見た感じでは敵キャラ?と間違いそうだけれど、 フランケンロボくんには全く悪意はなく、 ばいきんまんを「パパ」と呼んでなついています。 普段はとうだいまんの助手として働いていて、 ロボくんにに触れるとみんなビリビリと感電してしまいます。 この作品ではないのですが、 ある作品の中でフランケンロボくんが 『ぼくのパパはね、つのが2本でしっぽがはえてて 背中には羽根がはえてて、つよくてやさしくて とーってもカッコイイんだ! …でも なかなか会えないんだ…』 と、それはもう切ない表情で一生懸命にバイキンマンの絵を描いていて、 それを見守るアンパンマンやジャムおじさんやバタ子さんも何やら微妙な、神妙〜な雰囲気で、一体何があったのか調べずにはいられなくなりました。 フランケンロボくんの過去に一体何があったの?! スポンサードリンク パパはバイキンマン!その由来は? フランケンロボくんが初めて登場したのは、 第375話「アンパンマンとフランケンロボくん」(1996年4月22日放送)です。 この回で、自称天才科学者のバイキンマンは、いつものようにアンパンマンをやっつける為のメカを作っていました。 そして完成させたのが「フランケンロボ」。 バイキンマンの作るメカといえば、バイキンマンの指示通りに動き、アンパンマンたちにやっつけられるのがいつものパターンですが、 フランケンロボくんは自分の 意志や 感情を持って生まれてきました。 弱虫だけど、とっても心優しいフランケンロボ。 小さくてかわいいフランケンロボ。 生まれてすぐ ドキンちゃんから 小さいことを馬鹿にされた時には、 バイキンマンはフランケンロボくんを 守るように抱きしめて よしよししていました。 自分を作ってくれたバイキンマン。 優しく頭をなでてくれたバイキンマン。 ロボくんの中でバイキンマンを父として慕う心がどんどん育まれていきます。 バイキンマンは 試しにアンパンマン型ロボットと戦わせてみますが、 フランケンロボくんは 自分がアンパンマンを倒すために生まれてきたことを知りません。 ロボくんがあまりに弱かった為、 バイキンマンは あろうことか フランケンロボを捨ててしまいます!!! ひどいよバイキンマン… その後、フランケンロボくんにカミナリが直撃! それがきっかけで体中に電気を持ち、 触ったものを何でもビリビリと痺れさせる性質になってしまいました。 ここで再びバイキンマン登場! フランケンロボくんのビリビリ放電の力を利用して アンパンマンを倒そうとしますが、 長期戦の末に またもや敗れてしまいます。 その後、フランケンロボくんは 『みんなに迷惑をかけてごめんなさい…』と みんなの役に立てるよう、 とうだいまんの元で 電力を供給するお仕事をするようになりました。 自分のことを捨てたバイキンマン。 そんなお父さんでも フランケンロボくんにとっては 大切な、 かけがえのないお父さん。 自分を世に生み出し、可愛がってくれた 大好きなお父さんなのですね… ロボくんはちょくちょく大好きなお父さんに逢いたくなり、 その時は とうだいまんにお休みをもらって パパ探しに出かけているようです。 自分を求めて逢いに来たフランケンロボくんを邪険に扱い、 追い払おうとしたり うまく逃げようとするバイキンマン… それでも『おとうさーーーん!!』と追いかけ続けるフランケンロボくん。 見ていて心がキュウンとなってしまいます。 アンパンマンたちの微妙な反応の真相は… アンパンマン達は、 ばいきんまんが普段わるさをしている事は フランケンロボくんにはナイショにしています。 純粋にパパを求め、 慕い続けているピュアな子どもに、 『きみのお父さんはね、 人のものを平気で盗んだり壊したりするんだよ。 僕の命も狙っているんだ… 僕をやっつけることが生きがいなんだって…』 とは言えないですよね… 言った方がいいのかもしれませんが、 それはもう少し フランケンロボくんが大人になってからにしよう… というところでしょうか。 それゆえに、 フランケンロボくんは お父さんが悪人である事は知らず いつでも変わらずバイキンマンに会いたがっていて、 アンパンマンたちもうまく表現できないような なんとも言えない微妙な顔つきで 無邪気なフランケンロボくんのことを見ていたのですね。。。 なんだかとても切ないです! 声優はこの人! フランケンロボくんが登場して第一声で気がつきました。 あ!ちびまる子ちゃんを同じ声だ!! そうです。 フランケンロボくんの声優さんは ちびまる子ちゃんと同じ TARAKOさんです。 TARAKOさんの代表作には• 同作『それいけ!アンパンマン』の、 こてつちゃんと、 恐竜ノッシー役も演じているそうです! 気がつかなかったー! 風の谷のナウシカにも 出演されていたんですね。 どの少年なのか気になります。 風の谷の子どもたちの中にいると思うのですが 、未だ分かりません… 天空の城ラピュタでは、 パズーの職場の棟梁の親方と おかみさんのお子さん役。 チビのマッジと呼ばれていて、 なぜかブタを追い払っているシーンが印象的です。 となりのトトロでは さつきの友だち役です。

次の