チー 牛 元 ネタ。 チーズ牛丼の特徴をまとめた

なんJでよく使われるチー牛(三種のチーズ牛丼顔の陰キャ)の元ネタは?

チー 牛 元 ネタ

特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の

【画像】女性版チー牛が発見されてしまうwwwwwwwww: ネタめし.com

チー 牛 元 ネタ

特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の

【朗報】チー牛、すき家から認知されていた: 世にもキチな物語

チー 牛 元 ネタ

「牛丼」の略語であるこの言葉、上では1枚のとともに、なぜだか「イケてない」人物を指す流行語として定着しつつある。 なぜ? その拡散の経緯、そして実際にになったと思われるを展開している牛丼「」の受け止めを、が取材した。 発端はネットで出回っているイラスト きっかけとなったのは、上で出回っているとあるだ。 そんな男性が、「、三色牛丼のに温玉付きをお願いします」と注文を行っているというものだ。 このの男性やその注文の内容から、やなどのでは、「イケてない人」やその容姿を象徴するとして「牛丼」と「」が使われている。 分析「Social Inht」で「」または「牛丼」を含むの数を調べると、ピークを迎えたではこの1日だけで1万件以上の投稿を確認できる。 その注目度からか、「」は4日から11日まで募集を行った「 流行語・2020上半期」にもノミネートされている。 その用法や意味は、いわゆる「」という言葉に近い。 こちらは引っ込み思案で内気な人を指す言葉で、時に上などでは他人を「地味でイケてない人間だ」としてを貼る際にも用いられる。 本来は関係ない画像だったのが... 「」が広まるようになったきっかけとされているのは、の「なんでも実況()」で18年にとあるに投稿された書き込みだ。 投稿者は「ザ・って顔」の特徴を挙げ、「眼鏡」「黒髪」「子供のような髪型」「覇気のない抜けた顔」などと辛らつな言葉を並べた。 この書き込みに、牛丼を注文する男性のが参考画像のように添えられているのだ。 このは、その以前から存在しており、あくまで投稿者が勝手にとして転載してきたものだったとみられる。 にもかかわらずこの書き込みは内で「こういう顔のやつおるよな」などと反響を呼んだ。 この書き込みにより、の男性の外見的特徴と「牛丼」、そして「」が結びついていく。 書き込みは他のやにも転載されていき、やがてでも紹介されるようになった。 あくまでは「三色の牛丼」と表記しているが、の・「とろ~り3種の牛丼」を指すものとしてネタにされていった。 19年4月にはで「とろ~り3種の牛丼とかいう専用牛丼」というが掲載されているように、「『』は『牛丼』を食べる」というのような風潮が醸成されていく。 そうして「あなたはあのの『』とされる男性のような雰囲気や顔をしていそうだ」という、相手をけなすための「煽り」として「牛丼」が用いられていくようになった。 ツイッターに浸透し、「チー牛」も台頭 はネタにされ続けた。 19年6月には他にの男性を武士風にしたり、風や風に改変する画像が作られていったことが確認できる。 19年には「」でとある参加者が「牛丼」男のの「」を行った。 特別なことはしておらず、「、三色... 」の吹き出しと、自身の顔を並べるというものだ。 このや画像の一部はでも話題となった。 また、「牛丼」を使ったネタなどが度々拡散され、20年の4月の中旬からは1日500件~件のを当たり前のように見かけるようになった。 さらに最近では、「」という略語も定着し、いっそう「人気」が加速している。 いつから「」という略し方が浸透したのだろうか。 「なんでも実況()」を、ログを保存しているサイト「」で見ていくと、17年と18年までは年に1度しかこの言葉を使ったは建てられていなかった。 19年ではに入ってようやく「」を使ったが1つ出現し、には2件。 ところが、20年の1月に入ると急に月あたりで件以上が乱立するようになる。 また、「Social Inht」でを見ていくと、こちらでも「」という略語を使ったは19年末までは1日0件~4件程度というのがほとんどだった。 「牛丼」の広まりにつれて「」も徐々に浸透していったようで、4月の中旬からは件以上の「」が行われるようになった。 その中では急な伸びを見せ、9日には約件のところ、0件ほどのが行われた。 この日には「これで合計点が点超えると確定らしい」という診断のような画像が4000件程度されていた。 これが契機となったのか、翌日からは~件といった幅でされるようになり、ピークのには「」というだけで1万件に上った。 この日には「友人が『おれがで一番だ』と言っていたので比較画像貼っておきます」というが拡散され、2万件以上のを獲得している。 の現状を見ると、10日には「に生まれてきたやつの人生すぎ」、15日には「の特徴『眉毛を整えない』... 」といった辛らつながまとめられており、「」が「」をからかう言葉として使われていることがわかる。 「認知しております」 こうした奇妙な経緯を経て、として定着しつつある「」。 それにしても、とんだとばっちりなのは、「三色牛丼」ならぬ「3種の牛丼」を人気として擁する「」だ。 は16日にを運営する「」の広報室に「上で『これを食べている人は、こういう人だ』といった表現として、『』という言葉を多く見かけるが、認知しているか」と取材した。 担当者は 「『』という言葉については、広報室としては認知しております。 人気のトッピング商品である『とろ~り3種の牛丼』ですが、幅広いお客様に今後とも継続してお召し上がりいただければと存じます。 また、17日からちょうど『牛丼』というが登場するので、ぜひお召し上がりください」 と返答した。 「チー牛」で画像検索を行うとこのようなイラストが出てくる 関連ニュース•

次の