ジャンゴ 声優。 【ワンピース】ジャンゴの声優はあの人?扉絵ではその後海軍に!?

ジャンゴ・フェット

ジャンゴ 声優

Jango Fett 人物に関する情報 出身地 誕生 31 BrS 死亡 、 身体に関する情報 種族 性別 男性 身長 1. 83 m 髪の色 黒色 目の色 茶色 年代および政治に関する情報 時代 所属• [非表示] フェットという名は背筋を凍らせる恐怖とその実力の証であると言われている。 フェットを雇うを持つ者には確実な成功が約束されており、逆にフェットを恐れる理由を持つ者は確実に捕らえられるか、あるいは死の訪問を待つことになるのだ。 その名声と評判は、が父ジャンゴから受け継いだ多くの遺産のほんの一部に過ぎなかった。 の晩年にその名を馳せた ジャンゴ・フェットは、で最も腕の立つとしてあらゆる人々から恐れられる存在だったのだ。 熟練した狙撃手であり、無防備の格闘家でもあるジャンゴ・フェットは、常に銀色の滑らかな装甲服に身を包み、傷跡の残る素顔と奇妙な刺青を施した前腕を覆い隠している。 同時に、この装甲服は小型兵器庫と呼んでも過言ではなく、伸縮自在のリスト・ブレード、2丁の、その他多くの風変わりな装備品が隠されているのだ。 さらに、戦闘時には背中に装備したを使って敵の頭上を取り、スピードと高さで優位に立つこともできる。 また、バックパックからは爆発性のロケット弾が発射され、恐ろしい奇襲攻撃を行うことも可能である。 そして、フェット親子は使い古された重装備の宇宙船で星間移動を行い、獲物のいる星系に姿を現すのだった。 経歴 若年期 若き日のジャンゴ・フェットは惑星で生まれた素朴な農民の息子だった。 だが、彼の家族はの派閥間で争われた内紛に巻き込まれ、率いる残忍な一団によって襲われたのである。 ヴィズラはフェットの両親にコンコード・ドーンの護衛官に関する情報を尋問し、フェットがそれを断ると、彼らを殺害したのだった。 しかし、両親が殺害されている間にジャンゴだけはその場を逃れることができ、それ以来、彼は孤児として生活することになる。 そして10歳になったとき、彼を救ってくれた男こそがジャスター・メリールだったのだ。 メリールはジャンゴに荒れ果てた辺境で生き延びる術を訓練し、やがてジャンゴは一人前のへと成長していった。 後に彼の所属する特別奇襲部隊はによって壊滅させられたが、彼はマンダロアの装甲服を着る数少ない生存者の1人となったのである。 その後の何年にもおよぶ肉体の鍛錬によって、ジャンゴは銀河系の暗黒街で最も恐れられる賞金稼ぎの1人となった。 彼の放つ2丁のブラスターからは、のでさえ逃れられないと言われたほどである。 また、フェットはときおり仕事の上でと呼ばれる殺し屋の相棒と競合し、口論に発展することもあった。 もともと彼は1人で仕事をすることを好んでいたが、慎重を期すときにはザムと2人でコンビを組んで動くこともある。 事実、2人は使用者に莫大な力を与えるという伝説の武器を追跡する際に、で思いがけない不運を共有したのだった。 クローン計画 クローン大戦が勃発する10年前、と名乗る男がの月でジャンゴと接触し、彼に魅力的な依頼を持ちかけた。 ティラナスは法外な報酬と引き換えに、ジャンゴにを造るための遺伝子素材の提供を求めたのである。 さらにこの男は、フェットにクローンの素材としての資格があるかを見極めるため、堕落した、の殺害を依頼する。 フェットはこの仕事を難なく遂行して実力を見せ付けると、クローンのホストとなることを承諾するのだった。 だが、彼はこの仕事の契約内容に奇妙な要求を付け加えていた。 莫大なクレジットの報酬に加え、彼自身の一切手を加えない純粋なクローンを1体要求したのである。 他のクローンたちとは異なり、成長の加速や従順さの強化を施されていない特別なクローンは、文字通りジャンゴの純粋な複製として育つことになるのだ。 クローン軍の製造を担当するたちは、水の惑星の海上に浮かぶ密閉型ドーム都市、にフェット専用の滞在施設を用意していた。 大金を手にしたジャンゴはそこで賞金稼ぎとしての第一線から退いた生活を送りつつ、自分の純粋なクローンをボバと名付け、実の息子として育てていたのである。 カミーノアンが何千、何万もの兵士たちを製造するために細胞サンプルを抽出する間、ジャンゴは愛するボバに戦闘技術と生き残るための術を教えることに専念していた。 戦いに半生を費やしてきたこのにとって、ボバと過ごす時間は人生で初めて経験する幸せだったのである。 最後の数年 ジャンゴ・フェット だが、すっかり父親として落ち着いていたジャンゴも、ときには厳しい戦いに呼び覚まされることがあった。 彼はティラナスの傭兵として働く傍ら、の総督からも仕事を依頼されていたのだ。 ガンレイはで屈辱を味わわされたに積年の恨みを抱いており、彼女の死を熱望していたのである。 フェットはこの仕事をに請け負わせ、彼女の仕事を見届けるためを訪れるのだった。 しかし、アミダラを護衛する2人のの妨害によってザムは失敗し、ジャンゴは口封じのため彼女を殺害することになる。 だが、フェットも、の洞察力を甘く見ていた。 彼はザムを抹殺するためにと呼ばれる特殊な武器を使ったが、こんなに早くこの武器の起源を突き止められる者がいるとは思ってもいなかったのである。 実はオビ=ワンは裏社会との繋がりを持っており、彼を正しい方向へと導いてくれる友人に恵まれていたのだった。 ほどなくしてケノービはカミーノへと辿り着き、共和国のために造られたという大規模なクローン軍の存在を知らされる。 そして彼はジャンゴとも面会し、アミダラ議員暗殺未遂に関する2、3の緊迫した質問を行うが、事件の真相を掴むには至らなかった。 フェットもオビ=ワンの尋問は旨くかわしたが、慎重を期してカミーノから早々に脱出することを決め、ボバに荷物をまとめるよう指示する。 一方で、からジャンゴを拘束せよとの命令を受けたオビ=ワンは、<スレーヴI>が離陸する前に彼を説得しようと試みるのだった。 だが、ジャンゴに話し合いの余地はなく、2人は豪雨が吹き荒れるティポカ・シティのプラットホームで乱闘へと突入する。 そしてオビ=ワンを退けたジャンゴは謎に包まれた依頼主ティラナス卿と合流するため、息子を連れてへと向かうのだった。 戦争前夜 へ向かう途中、ジャンゴとボバはにが取り付けられていることに気づき、追跡スクリーンにの機影を発見した。 しぶといオビ=ワンは彼らの背後に付いており、ジオノーシス周辺の小惑星帯で激しい追激戦が繰り広げられる。 <スレーヴI>は、、を駆使した激しい攻撃を行うが、オビ=ワンはそれらを切り抜け、不毛の惑星の地上に到達するまでフェットの追跡を続けた。 だが、ケノービはたちが戦争の準備を進めているという情報を掴んだ後、によって捕らえられてしまう。 後に彼を救出にやってきたとパドメ・アミダラも捕らえられ、彼らはジオノーシアン特有の方法で処刑されることになるのだった。 しかし、この一大イベントはジェダイの増援部隊の急襲によって阻止されたのである。

次の

【ワンピース】ジャンゴの声優はあの人?扉絵ではその後海軍に!?

ジャンゴ 声優

「 いいかお前ら 海賊なんて… 最低だっ」 概要 本作の世界の均衡を司る三大勢力の一つに所属する軍人。 元々は「1・2のジャンゴ」の異名で知られるであり、一時は「」の2代目船長まで務めていたが、シロップ村でのとの攻防戦で敗北後、紆余曲折を経て海軍本部大佐(当時)のの直属の部下となる。 最後に登場した際の階級は「三等兵」(2年後である現在は不明)。 常にハートマーク型のサングラスをかけているが、後に実は 目の輪郭そのものがハート型という変わった風貌が明らかになった。 また、顎から生えている縞模様の物体はキノコ(の食べ残し)であり、ダンサー時代に食うに困って口にして(非常にマズかったらしい)以来、催眠術を開花させている。 海賊時代 海軍ロゴの入ったチューリップ帽にジラフ柄のYシャツにネクタイとオシャレな出で立ちだが、海軍では一等兵以下は制服・制帽の着用が義務付けられているため 堂々たる軍規違反である。 性格 元は海賊なため、基本的に粗暴な言動を用いており、当初は計画遂行のためなら仲間も犠牲にし、女子供も殺しに掛かる残忍さも見せていた。 一方で、(ジョークなのか素なのかは不明だが)自身の発言と逆張りした言動を取ることが多々あり、その都度周りからツッコまれている。 また、海賊より以前はダンサー志望だった経緯もありダンスをこよなく愛しており、ダンスを通して意気投合した海兵のために助けに駆けつける人情味もみせている。 フルボディ共々、上官のヒナに対して恋心を抱いており、それを完全に曝け出しているが、ヒナには実力を含めて部下として認められてこそいるが恋が実る気配は全く見られない。 能力 幾つものを武器として懐に隠し持っており、これを投擲して相手を攻撃する。 チャクラムの斬れ味は鋭く、ものの数分で小さな林を丸坊主にしてしまえる。 また、そのチャクラムを糸に繋いで振り子代わりにし、を掛ける事も出来る。 むしろこれがジャンゴの真骨頂であり、催眠術師としての腕は文句無しに高い。 手法は、相手に振り子を見つめさせながら「ワン・ツー・ジャンゴ!」の合図で相手がどのようになるのか暗示をかけるという至ってシンプルなもので、顔を見合わせながらならまず間違いなく催眠にかかってしまうほどだが、あまりに強力すぎて度々 自分にまでかかってしまう。 発動の直前に帽子のつばで顔を隠し、自分の催眠に抵抗する技を身に着けたのは ごく最近のことらしい。 相手を眠らせるだけでなく、自身の言葉通りに行動させたり、記憶を改竄したりと様々な用途で使用されている。 中には、仲間である海賊団の船員たちに一斉に催眠をかけて凶暴化させ、麦わら一味にけしかけるなどの応用も見せていた。 ただし、当然ながら相手が振り子を見ていないと催眠にかけられないため、手の内を知った相手に目を瞑られて回避されることも。 なお、催眠術が使えるようになったのは、 顎に生えてきたキノコを食べてかららしい。 この時のキノコの味は大変不味かったらしく、今でも食べ残した茎の部分が顎に残ったままになっている。 新種のか何かだったのだろうか? 戦闘には関係ないが、元々ダンサーを志望していたこともあってが大得意。 その実力はほぼ飛び入りで参加したダンス大会でしっかり優勝してしまうほど。 もお手の物で初登場時もムーンウォークで歩いていたところをたまねぎに発見されて大騒ぎになった。 作中での活躍 海賊として 初登場時はの故郷・シロップ村編から。 晴れて賞金首としての束縛から解放されたクロは、その後、資産家の娘であるに接近し、その財産を略奪するために「執事の」として潜伏。 ジャンゴは繰り上がりにより(表向きは)2代目船長として海賊団を率いるようになる。 3年後、クロの謀略が成熟に差し掛かり、彼のカヤ暗殺計画(クロに財産を分配する遺書を書かせた上で殺害する)を遂行するべくシロップ村に上陸。 しかし、カヤの幼馴染であるウソップや達に計画を知られ、彼らによる海岸での迎撃で海賊団とクロは敗走。 自身もカヤやウソップ海賊団(にんじん、ピーマン、たまねぎ)の抵抗を受け気を失ってしまう。 気がついたときにはクロと部下たちはすでに退散しており、結果、シロップ村に一人置き去りにされてしまった。 (もっともクロは元々カヤを殺害した後、口封じのために ジャンゴ含むクロネコ海賊団も始末するつもりであったので、結果的に命の危機から免れたとも言える。 ) シロップ村で食事をしていたところをたまねぎに見つかり逃走、3人の子供たちに追われながら、小舟で島を脱出した。 …なお、この航海中、かつて自らの催眠術によって性格を狂わせたとニアミスしているが、お互い昼寝をしていたため気付くことはなかった。 装いを変えなんとか正体を隠したが、偶然発見したダンスコンテストに惹かれてうっかり飛び入り参加。 ちゃっかり決勝まで勝ち進み、すっかり追われていることも忘れて白熱し、しっかり優勝してしまう。 決勝の相手だった海軍本部大尉フルボディと(お互い正体を知らず)意気投合し酒を酌み交わすも、部下の海兵がジャンゴの服を発見したため島内の警戒体制が強まってしまう。 そんな中、ユリカー率いるチューリップ海賊団が島に上陸、混乱に乗じて一般人と紛れて逃亡し、自身の正体にも気付けぬ無能な海兵を嗤いながらそのまま島を離れる… …はずだった。 チューリップ海賊団が一般人の女性を人質にしたため手を出せなくなったフルボディのピンチに、ジャンゴはその正体を明かして救援に入る。 その後は二人でダンスのように華麗なコンビネーションで海賊たちを一網打尽にする大活躍を見せ、島民からは「二人のダンスヒーロー」として囃し立てられた。 しかし、海兵という立場上、賞金首の海賊であるジャンゴをフルボディたちは見過ごせず、ジャンゴはその場で逮捕。 本部裁判所にて縛り首の刑が科せられてしまう。 しかし、この判決にフルボディとその部下たちが異議申し立てのダンスを披露。 いつしか裁判所のボルテージが上がり、傍聴人や裁判官までもが踊りだし、結果ジャンゴは無罪放免、フルボディは降格処分となった。 海兵へ転身 無罪判決後、再び海に旅立とうとするジャンゴはフルボディに別れの握手を求めるが、やはりその立場上、決して相容れぬ関係だと拒絶される。 苦しむ二人は、いっそ催眠術でこれまでの友情を忘れようとするも、偶然通りかかった海軍大佐に一目惚れし、共に彼女の部下になった。 以後は海兵として生活しており、アラバスタでの麦わらの一味の拿捕やキューカ島でのバロックワークス残党狩りなどに参加している。 にも参戦したが終始これといった活躍の機会は無く、最終的にはルフィが無意識に発動させた覇王色の覇気によって意識を失ってしまう。 第2部でもヒナの部下に就いているらしく、彼女の為に花束を用意していた。 階級は不明。 ジャンゴのダンスカーニバル 劇場版『』と同時上映された短編。 なんと 同エピソードでは主役を務めている。 表紙連載にも登場したミラーボール島にて海軍大佐率いる部隊に発見され、偶然にも島に上陸していた麦わら一味も同じく追走されることになる。 ルフィたちが高台から飛び降りた拍子に島の巨大なミラーボールが振り子のように振られ、咄嗟にジャンゴはMCのマイクを奪って 島の人間全員に「倒れるまで踊り続ける」催眠術を発動。 の『READY! 』に合わせて島民・海軍・麦わら一味共々、夜通し踊り続けることになる。 明朝には、あのですら疲れ果てて倒れたにもかかわらず、ジャンゴとルフィだけは依然ダンスに興じていた。 余談 TVアニメ版で声を担当する氏は、同アニメでは以降他にも 、などを演じており、3名とも声だけでなく「踊りが好き」というところまで共通している。 また、何気にそれぞれにキャラクターソングが存在してたりする。 また、作中には彼の他にも強力な催眠術を使うキャラクターとして、の マリアンヌ が「カラーズトラップ」という絵の具を使った催眠術を使用している。 関連タグ () 関連記事 親記事.

次の

意外なキャラも? アニメ「ワンピース」で同じ声優さんが演じるキャラクター5選

ジャンゴ 声優

僕が最初に気付いたのは・・・ 長編アニメだとけっこうあることだろうけど、今さら気づいちゃいました(汗)みなさんは気づいてましたか?? 僕が最初に気付いたのは麦わらの一味のフランキーの声と、オカマのボン・クレーです。 それに気付いた時は妙に違和感を感じて、どっかの研究者なみに画面に釘づけになったものです(笑) あっ!フランキーはみなさんもすぐ分かると思うけど、オカマのボン・クレーって知ってます?背中に白鳥背負ってるオカマなんだけど・・。 まぁいちおう画像とかる~く紹介を。 ボン・クレーは男気溢れるオネェ ルフィーの兄、「エース」が処刑されることになり、インぺルダウンの牢獄に収監されてました。 そこからエースを救い出すために、ルフィーがインペルダウンに乗り込み、看守や怪物達と闘う中、手助けしてくれた仲間の一人です。 最後は自分を犠牲にしてルフィー達を助けるという男気あるオネェです。 声優さんの名前は「矢尾一樹」 はじめて聞いた時は、「なに!フランキーが助けにきた?! 」とかなり驚いたくらい、(ちなみにこの時麦わらの一味は色々あってバラバラになって行動してる)イントネーションとか声のトーンは全く同じ(笑) 早速気になる人は声を聞いてみたいだろうから下のリンクからYOU TUBEでどうぞ。 矢尾さんはワンピースの中で三人の声を担当してて 画像の左から、フランキー、ジャンゴ、ボン・クレーを担当してます。 というか三人とも声のトーンはほぼ同じ。 すぐに矢尾さんだとわかります。 矢尾さんが担当してきた過去の作品 昭和の人気マンガ、「燃えるお兄さん」の頃から声優として活躍してた、ベテランさんです。 燃えるお兄さんと言われても知ってる人あんまりいないか(笑)平成生まれの人は絶対知らないな。 今を生きる草食系の諸君のために下のリンクから、燃えるお兄さんの画像が見れるようにしておきます。 僕が好きだったのは、アニメの途中で出てくるキャラで、よくわかんないアメリカンな男です。 マジでわけわかんない男です。 冗談抜きで全くわけわかんないマンガです。 まとめ よくよくワンピース観てると、他にも「えっ!!」この人この声も担当してるの~~っていうのが何人かいたのでかるくまとめてみました。

次の