覚悟しなさい。 人の倍の努力をするそれくらいの覚悟を持ちなさい 柴﨑正勝

BJ054364[150528][ピンクパイナップル]【フルカラー】エロティ課誘惑研修はじまるよ~v ~シゴいちゃうから覚悟なさい! ~ 鳥野すぐみ編(3).txt

覚悟しなさい

次代への羅針盤 人の倍の努力をするそれくらいの覚悟を持ちなさい 若い研究者のアクティビティが落ちている。 柴﨑正勝氏はそれを強く危惧し、日本の有機化学界の現状を直視すべきだと喝破する。 Masakatsu Shibasaki 柴﨑正勝 公益財団法人微生物化学研究会理事長 微生物化学研究所長 研究の質と組織の規模は関係ない 2018年3月、「Nature Index 2018 JAPAN」により、微生物化学研究所(微化研)がすべての日本の研究機関の中で第1位に選ばれました。 自然科学分野において高品質な科学論文を最も高い割合で発表した研究機関と認められたのです。 『NatureIndex』は『Nature』誌の特別企画冊子で、主要な科学誌に発表された論文をもとに、世界の研究機関の貢献度を、国や研究分野、研究機関ごとなどに集計したランキングを毎年発表しています。 『Nature Index』は同じ号で、日本からの高品質な科学成果の発表が減少し続けていることも報告していますが、そうした状況下で微化研が第1位と評価されたことは大変光栄なことです。 微化研は、スタッフ数120名ほどの小さな研究所です。 しかし、長年にわたり日本における抗生物質研究をリードしてきた歴史があり、現在も微生物・微生物生産物やその関連物質に関する幅広い研究を行い、優れた実績を上げています。 微化研のような小さな研究所が質の高い研究をしていることが『Nature』に認められたことは、日本にとっても大いに意義のあることだと思います。 私が東京大学の大学院生だった頃、微生物や薬学の研究をしている学生にとって微化研は、近寄りがたささえ感じる研究所でした。 しかし9年前、私が東大をリタイアして微化研に来ることになったとき、研究室の助教や学生は誰ひとりとして微化研のことを知りませんでした。 この研究所のネームバリューを過去のような輝かしいものにすること、それは私の使命の1つであります。 次のページ:.

次の

エロティ課 誘惑研修はじまるよ〜 〜しごいちゃうから覚悟なさい!〜とは

覚悟しなさい

1.自由になさい。 : この「なさい」は、動詞「なさる」の命令形のイ音便的変化で、「なさいませ」「なさいまし」の省略形とも言われます。 下記辞書の、【 1 「する」の尊敬語。 「これからどんな仕事を-・るおつもりですか」 「そんなことぐらい,自分で-・い」 「先生はふっとさびしそうな表情を-・った」 「あの方も随分苦労をなすったんですって」】という用法に該当します。 命令形ではありますが、相手が自由にするという動作に対する尊敬表現です。 『どうぞ、自由にしてくださいませ』といったニュアンス。 2.自由にしなさい。 同じ「なさる」ですが、こちらの「なさる」は動詞ではなく、補助動詞で、上記辞書の、【 2 (補助動詞) 動詞の連用形や漢語サ変動詞の語幹に付いて,また,動詞連用形に「お」を冠したものや漢語サ変動詞の語幹に「御」を冠したものに付いて,尊敬の意を表す。 】という用法に該当します。 「尊敬の意を表す」と説明されていますが、補助動詞の命令形の場合、尊敬の意味はほとんど失われていると思います。 『(勝手に)自由にすればいい』といったニュアンス。 1の場合とニュアンスが変わるのは、おそらく、動詞「し(する)」の有無が原因でしょう。 いずせにせよ、「自由にしろ」よりは丁寧な表現ですが、「自由になさい」のような尊敬の意味はほとんど無いという点でニュアンスには大きな違いがあります。 「勉強しなさい」より「勉強なさい」のほうが丁寧度(敬意)が高いのと同様。 「なさる」に、二種類考えられます。 「為(な)す」という動詞に「る」という尊敬の助動詞がついたもの。 すなわち(1)「する」の尊敬語として使われます。 もう一つは語源的には同じなのですが、「なさる」が(2)尊敬の補助動詞になって、他の動詞につき、その動詞のの尊敬語になる。 例 読みなさる=お読みになる。 更に、ご質問では「命令形」になっています。 (1)の命令形「なさい」は「する」の命令形を尊敬語で言ったことになります。 「しろ」の尊敬語 「なさい」 補助動詞のばあい、読む+「なさい」=「読みなさい」 「自由になさい」も「自由にしなさい」も同じ意味。 なぜなら、「為す」と「する」はほぼ同じ意味だから。 同様に「覚悟なさい」も「覚悟しなさい」も同意。 「しなさい」は「する」の命令形で「行動する」という能動的なニュアンス。 「なさい」は「しなさい」の省略形であると同時に、「成る」の命令形とも受け取れ「そう在(あ)る」という存在的なニュアンスがあるのではないでしょうか。 ですから、「自由になさい」の方がより「そのまま存在する(持続)」感が強く、「自由にしなさい」の方がより「意識的な動作(行動的)」感が強いかもしれません。 それぞれは微妙な差ですが、「黙って耐え続けろ」と言いたい場合には、「覚悟しなさい」よりも「覚悟なさい」の方が、雰囲気が伝わるというのはあるかもしれません。 逆に、「積極的にどんどん好きなことをしなさい」と言いたいなら、「自由になさい」よりも「自由にしなさい」の方が伝わると思います。 勿論、それぞれもう一方を使っても間違いではありません。 A ベストアンサー 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮定です。 すなわち、現実には起こらなかったことに対する仮定です。 (例)もし、彼が事故に合わなかったら... (実際には事故に合った) もう一つの用法は、現在、または、未来に対する仮定です。 この仮定は本来は、実際には起こる可能性が非常に低いこと(あるいは、感情として絶対起こって欲しくないこと)を仮定する場合に用います。 (例)もし、彼が死んだら、生きていけない。 (例)もし、空を飛べたらどんなに楽しいだろう。 3 「なら」は、「動詞等終止形+(の)+なら」あるいは「名詞or名詞句」+「なら」として使います。 意味的には、仮定というより、「~~の場合は」的な意味になります。 (例)赤なら止まれ、青なら渡れ。 (例)飲むなら乗るな、乗るなら飲むな。 (例)歩くなら良いが、走るならごめんだ。 以上の3つの違いを中国の方に説明する場合は、以下のような関係になると思います。 1 「れば」=如果 ruguo 2 「たら」=万一 wanyi 3 「なら」=的時候 deshihou 以上です。 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮... A ベストアンサー 通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、 助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。 (*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞 唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。 ------------------------------ ~くらい・~ぐらい 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」 などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。 以前は,次のような使い分けが行われていた。 1 体言には「ぐらい」が付く。 2 「この・その・あの・どの」には「くらい」が付く。 3 用言や助動詞には,普通は「ぐらい」が付くが,「くらい」が付くこともある。 「ぐらい」と連濁する場合はひらがな表記も濁音表記とする。 〈例〉10歳ぐらいの子 ------------------------------ 以前は使い分けが行われていたが、現在は「くらい」「ぐらい」のどちらでも良いという説です。 手もとの国語辞典(*)には、どれも「くらい」の主見出しで名詞の「位」と、そこから転じた副詞(副助詞)の「くらい」の解説がありますが、ほとんどは『「ぐらい」とも』としています。 「ぐらい」は参照見出し(空見出し)になっています。 (*)新明解、広辞苑、岩波、大辞林、明鏡 『明鏡国語辞典』だけは、「くらい」の項の最後に以下の説明がありました。 ---------------------- 結論として、 伝統的には使い分けがあった。 現代語ではどちらを使っても間違いではない。 というのが、事実上の正解でしょう。 現実には、個人の言語感覚によってかなり差があると思います。 年代差や地域差もあるかもしれません。 ここまで書いて、以前別の場所で同じような話があったことを思い出しました。 seesaa. html 「くらい」の清濁 2006年03月09日 「以前は」「伝統的には」というのは、江戸時代の頃のようです。 通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、 助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。 (*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞 唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。 ------------------------------ ~くらい・~ぐらい 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」 などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。 以前は,次のような使い分けが行われて... A ベストアンサー こんにちは。 以前書いたもののコピーですが。 4 V-てから 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という 意味合いがあります。 ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、 「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の 場合は、「~てから」の方がぴったりします。 買物をしてから、映画を見ました。 これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。 歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝御飯を食べてから歯を磨き ますか。 見てから読むか、読んでから見るか。 ピカッと光ってから、どーんと音が聞こえる。 以上の例では「~あとで」でも言えますが、以下の例ではどうでしょうか。 切符を買ってから中に入る。 ちょっと口をすすいでから歯を磨く。 準備運動をよくしてから、泳いでください。 これらは、「~あとで」で言えないことはありませんが、少し不自然です。 これらの「AてからB」のAは、Bをするために必要なことで、「あと」にす るのでは無意味な場合です。 また、時間の経過を表す場合も、「~あとで」は不自然です。 夜が明けてから人家を探そう。 (?あとで) 秋が来てから、急に人通りが多くなった。 占領が終わってからでも、もう50年近くの時間が過ぎた。 最初の文明が生まれてから1万年。 「だ」が付いて文末に来る場合もあります。 「~のN」の形にもなります。 乾杯は会長が来てからだ。 起こすのは医者が来てからでいい。 そのあとのことは、まずやってみてからの話だ。 「V-てからでないと、~ない」という表現がよく使われます。 まずモノを見てからでないと、何とも言えませんね。 入会金を払ってからでないと、アクセスできません。 それから、「Aのあと今まで に 」「A以来ずっと」の場合も「~てから」 が使われます。 勉強を始めてから、多くのことを学びました。 生れてから、ずっとこの町に住んでいます。 パソコンもウインドウズになってから、多少使いやすくなった。 「AてからBまで」の形にもなります。 小学校に入ってから大学を出るまで、ずっと机の前に座っていた。 小学校に入ってから大学を出るまでの16年間 「は/も/より」などの副助詞をつけることもできます。 来てからは/も 来てからさえ も 来てからより も ここに移ってからは、時間がゆったりと流れるようです。 こんにちは。 以前書いたもののコピーですが。 4 V-てから 「~あとで」と同じく、時間的前後関係を表しますが、より「順序」という 意味合いがあります。 ふたつの事柄のうち、どちらが前か後かを述べる場合は、 「~あとで」でも「~てから」でもいいのですが、順序が決まっている事柄の 場合は、「~てから」の方がぴったりします。 買物をしてから、映画を見ました。 これが終ってから、あちらの仕事に取りかかろう。 歯を磨いてから朝御飯を食べますか、朝...

次の

「なさい」と「しなさい」の違いは何でしょうか?

覚悟しなさい

4 罠を仕掛けるとき、私たちは人間のニオイを残さないように細心の注意を払った。 オオカミの罠は、1晩かけてスプルースの枝葉とともに煮込み、森の匂いを付着させた。 作業服や軍手などにも同じ作業をした。 森を歩くときも、なるべく同じ足跡を辿り、人工的なインパクトを残さないようにもした。 それでもオオカミたちは、微妙な異変に気付いたのだろう。 なんてオオカミは……、勘が鋭く、用心深く、賢く、手強い相手なのだろう……。 私は、そう感心しはじめるのと同時に、これが森に生きる者たちの真剣勝負なのだとしたら、その勝負事に、私は勝ちたいと思うようになっていた。 もはや、私には、 「かかっていませんように」という気持ちはまったくなくなっていた。 ふらふら揺れる優柔不断さも断ち切るように、私の目はギラリと光り、オオカミに負けない鋭さを放つようになっていたに違いない。 スティーブは言った。 「まだ分からないよ。 獲物はそう簡単に捕れないからね。 彼らが次の獲物が取れずに空腹に耐えかねたら、必ずこの残骸をあさりに来るさ。 じっくりと待とう」 私もトーニャも頷いた。 狩猟は、待つことが仕事のようなものだ。 私は、なにやらフツフツと沸きあがるようなものを感じた。 オオカミたちよ、覚悟なさい。 これも森に生きる、定めよ……。

次の