鏡 ウロコ 取り。 お風呂の鏡の水垢・ウロコ取りをひと通りガチ検証!一番落ちたのは?

カネヨ石鹸株式会社 / カネヨン 鏡のウロコ取り50ml

鏡 ウロコ 取り

キレイに映らない「浴室鏡」を救ってくれるのはどれだ!? 浴室の鏡にこびりついた白っぽい水垢(あか)よごれ、通称ウロコ。 筆者宅の浴室の鏡にも年季の入ったウロコがこびりついております。 決して浴室で鏡に映った自分の裸を見たいわけではありませんが、キレイに見えないようでは何のために鏡があるのかわかりません。 最悪でもヒゲをそるときくらいは、きれいな鏡でいてほしい!! こちらが筆者宅浴室の鏡です。 決してすりガラスではありませんし、カメラのレンズが曇っているわけでもありません。 年季の入ったウロコが原因です そのため、入浴中の鏡は湯気でこのようなことに(お湯をかければ一瞬キレイになりますが、すぐに元通り) 「ウロコ取り」5製品を集め、効果を検証 そんな切なる願いをかなえるため、「ウロコ取りに効果あり」をうたう製品を5点購入。 実際に筆者宅浴室の鏡でその効果のほどを試してみました。 鏡を5分割し、それぞれの製品に担当部分を受け持ってもらいます。 さてさて、その結果やいかに…!? リキッドタイプは洗剤のことで強力な洗浄力や含まれた研磨剤でウロコを落とすというもの。 パッドタイプは洗剤を使わずにパッドでこすることでウロコを落とすというものです。 今回用意したのは以下の5製品。 それではさっそく、Let's begin! (「古い」と突っ込みを入れた方はきっと同年代ですな)。 温泉のしつこい水垢を落とすために開発された製品で、テレビなどでも紹介されていたのでご存じの方も多いのでは。 とにかく強力だといわれているので、どれほどの効果があるのか楽しみです。 この容器。 カネヨ石鹸株式会社の製品で、リキッドタイプの浴室用洗剤です。 パッケージには「崩壊性研磨剤使用」との文字があり、なんとも恐怖で強力な感じがただよってきます。 鏡の表面を軽くぬらして、スポンジや布に洗剤をつけてこするという、多くのリキッドタイプに共通の使用方法ですが、頑固な汚れにはラップを使用すると研磨力が増して効果的とあり、効果のほどが気になります。 「ラップで落とす!」の文字が気になります 研磨剤は写真の面だけでなく裏表両面に貼付されています 水をつけて磨くだけ。 株式会社トパックが発売している「簡単 鏡のうろこ取り」です。 使い方は水をつけて鏡をこするだけですが、シートタイプの製品となっています。 繰り返して何度も使うことなく、基本的には1回使いきりとなりそうです。 中にはシートが11枚(1枚増量中でした) 研磨剤が貼付されたピンク色の面で鏡をこすります 指先でこするので広い面は向きませんが、細かな部分をこするには適しています 浴室鏡のウロコ落とし・検証まとめ さすがに、強力に「ウロコ取り」をうたう製品だけあって、いずれも効果的で、筆者宅の浴室鏡は見事によみがえりました。 当初、「リキッドタイプは洗浄力でウロコを落とす透明な洗剤だから楽チンかも」と勝手に思い込んでいたのですが、中身は見た目も使い勝手も完全な研磨剤だったことにまずはビックリでした。 実は、いずれの製品でもていねいに隅々までこすったつもりでしたが、よく見ると、残念ながらウロコが完全には取りきれていない部分がありました。 そのため、また同じ作業を繰り返すことになり、結構大変な1日でした。 これはリキッドタイプもパッドタイプも同様で、ウロコを完全に落としきるのは簡単ではないことも痛感いたしました。 実際に使ってみると、どの商品でもやることは基本的に同じです。 その中で特に使いやすかったものを挙げるとすると…。 「茂木和哉」。 スポンジを使えるので広い面を磨きやすいことと、鏡以外の場所でも使える汎用性の高さが理由です。 ただし、ていねいにこすらないとウロコが残ることはほかのウロコ落としと同じです。 「鏡のウロコ取りアルミナパッド」。 広い面を一気にこすれることと、あくまで筆者の主観ですが鏡をこすったときにウロコがそぎ落とされる感じが一番気持ちよかったことが理由です(微妙な差ですが…)。 残りの3つは、一気に広い面を磨けないのが難点でした。 「鏡のウロコ取り」も「簡単 鏡のうろこ取り」もていねいにこするとなると指先を使うことになり、結構ツラいです。 また、「ダイヤモンドジェットパッド」もパッドが小さいことが理由です。 こちらは指でつまんでこするため、さらにツラいです。 まあ、鏡のウロコ落とし作業はツラいものと心得、楽に落とそうとは思わずに根気よく挑んでいただければと思います。 なので、リキッドタイプでも、鏡に施された曇り止め加工やフィルム加工などの特殊加工に大きなダメージを与えることもあるのでご注意ください。 また、浴室以外の鏡やガラス(自動車のガラスなど)では使用しないでください。 その他具体的な注意点はそれぞれの製品の説明書をご確認ください。

次の

鏡のウロコ汚れの原因とウロコ取り掃除方法・落とし方8個!クエン酸・重曹

鏡 ウロコ 取り

DIY・・・とはちょっと違うけど、週末にお風呂の鏡のウロコ取りと、車のガラスの油膜取りをやってやりました。 Do It Yourself だし、自分でやったからDIYって言っていいんじゃね?と。 お風呂の鏡にこびりついた白い汚れ、車のガラスの油膜。 どちらも、すごく頑固な汚れですよね。 自分も、過去になんどか掃除してますが、その度に腕は筋肉痛になり、どえらい思いをするにも関わらず、しばらくすれば、また忌々しい汚れが蓄積してる訳です。 それが、今回、どちらも同じ方法であっさりと綺麗にできたので、その方法を紹介します。 ネットでは、プロが使う薬剤だったり、ウロコ取り専用の洗剤だったり、重曹だったり、いろいろな方法が紹介されてますが、どうせなら汎用性のある方法がいい。 ということで、今回はDIYではおなじみの道具、サンダーを使っての方法を実際に試して見ました。 使い回しが効くので、専用の洗剤とか、スポンジタイプのクリーナーを買うよりいいと思います。 Contents• 用意した道具はこちら では、今回使用した道具を紹介します。 なので、一番手に入りやすいキイロビン。 サンダーで油膜取りをやってる動画とか、ブログは何個も見たんですが、3Mのスコッチブライトという製品が割と使われていたりして、これも自宅近くのホームセンターではおいていない状況。 閃きました! ガラコ使ったことがある人はわかると思うんですが、あれって、フェルトで液を塗るんですよ。 それも、ゴシゴシと。 っていうことで、フェルトでいいんじゃね?ってことで、サンダーに取り付け可能なフェルトを買ってきました。 3Mのスコッチブライトに比べたら、店舗での入手性は高いかと。 ちょっと大きめなホームセンターなら、サンダーの備品コーナーとかにおいてあると思います。 安いのだと4000円を切るぐらいの価格で売られてたりします。 自分の場合は、今後DIYで使う可能性と、今回失敗に終わって、タンスの肥やしになりかねない状況を天秤にかけて選びましたw このミニサンダはネットショップとかだと、6000円後半〜7000円台なんですが、うちの近くのホームセンターで、5000円以下で売られてたので、衝動買いですw 本当は、今後買うかもしれない工具のことも考えてMAKITA製にしたかったんですが、最悪、今回の使い捨てでも後悔が和らぐ金額をと思って。 まずは、お風呂の鏡のウロコ取り 本当は、年末の大掃除でやりたかったんですが、年末は体力回復に専念していて、何もしなかったため、年明けにやってみました。 そして、お風呂の鏡で試したのは、万が一、取り替え時のつかない状態になっても、影響が少ないという判断からです。 最悪、鏡を一枚交換もしくは、フィルムタイプ?の鏡とかを貼ればなんとかなるしねw (家族への迷惑は考えていませんw 次に、車のガラスの油膜取り これも、年末にはやっておきたかったんですが、出来ず。 車は戦車も一緒のタイミングでやったりするので、習慣天気予報との兼ね合いもあったわけですが。 お風呂の鏡の汚れの正体 敵を知り・・・というので、まずは汚れの正体から調べてみます。 ネットで調べた限り、 水道水に含まれるカルシウムなどの金属イオンが積もり積もったものだそうです。 付着しては乾き、付着しては乾き・・・というのを毎日繰り返し、だんだんと目に見える白い汚れになると。 ぱっとみ、ウロコのようについているので、ウロコ取りクリーナーなどの名称で商品も売られています。 まぁ、その時は綺麗になるんですが、またしばらくすると、水弾き悪くなり?曇りやすくなってきます。 あと、地味に、鏡の全面を磨くのが大変という事実w 指でつまめるぐらいのサイズのものが主流なので、鏡のサイズによっては、全体を磨くのに結構腕が疲れてしまうんですよ。 キイロビンだと完全に水を弾かなくなる状態まで磨けばいいんですが、鏡一枚分やるのも結構キツイ。 っていうか、途中で諦めました。 実は、簡単なウロコ防止 実は、ウロコ状の汚れを防止する方法は簡単でした。 毎日鏡を拭いて、乾かすだけ。 別に特別なことはないみたいですよ。 お風呂の最後の人が、鏡をシャワーのお湯で流して、サッと拭いてくるだけ。 これでけで、あの忌々しいうろこ状の汚れは防げるそうです。 「ね?かんたんでしょ!」って言葉が出てきそうなぐらい簡単なことでした。 まぁ、言われてみりゃそうです。 塵が積もって汚れになってるんだから、塵の段階で処理しておけば・・・ まぁ、それが出来てないからウロコ状の汚れなんてものになってるんですけどねw でも、一人暮らしの時は、確かに鏡も拭いてから浴室のドアを開けて、換気扇回しっぱだったので、うろこ状の汚れに悩まされたことは無かったな・・・と。 ガラスの油膜の正体 ワックスなどの油分や、大気中の汚れが固まったものだそうです。 結局は、お風呂の鏡と同じで、積もり積もった結果だそうです。 特に車の場合は、夜のヘッドライトの滲みや雨天時のワイパーの効きに関わってくるので、まめに掃除している人も多いかもしれません。 それでも、油膜取りがいまだになくならないのは、車の置かれる環境にも寄るかなと。 車は屋外で雨に降られることも当然あり得ます。 そして、夏なんか、そのままかんかん照りの太陽に晒されて乾いたりするわけですよ。 だから、まめに拭いたりっていうのが出来ないこともあります。 掃除した当日は、腕がプルプルして握力もなくなるぐらいでしたけどw 実は簡単な油膜汚れの防止 お風呂の鏡と一緒で、汚れたら拭けばいいんです。 えぇ、そんなマメにやってられないですよねw それに、日中に雨が降って、それが乾いてしまった時とかどうしようもない。 車の場合は、撥水コーティングしたり、洗車機を使ったりで、状態が一定じゃないのも余計に面倒くささを増してます。 なので、マメな洗車とその時にしっかりガラスも拭き上げることでしょうかね。 サンダーにサンダーフェルトを装着 ネットで調べに調べて、大体確信は持てているものの、実際やって見ないことには、効果があるかはわからないので。 なので、大きさを合わせてサンダーフェルトをカットしてから取り付けます。 取り付け方法は、各サンダーで多少違うかもしれないんで、取説なりなんなりを見てください。 賃貸でやる場合は、意外と音が響くかもしれないので、昼間とかにやりましょう。 2時間も3時間もかかるわけじゃないので、夜中とかにやらなければ、そこまで問題にはならないと思いますが。 ウロコはこんな感じ 見づらいかもしれませんが、茶色?の扉の枠の部分とかがしろくなってるのが分かるかと。 これをガッツリとキイロビンで掃除しようと思うと、腕は筋肉痛で翌日上がらなくなりますw 先に書いたように、マメに拭いておけば良かったんでしょうが、家族で使うため、必ず最後になるわけでもなく、徹底しきれませんでした。 たまに、ウロコクリーナーとか使ってシャリシャリと磨いたりしてました。 1ヶ月もしないうちに、すぐに曇るようになってくるんですけどね。 水を流すと、すぐに弾かれて見づらい状況になる シャワーで水をかけて見ると、こんな感じで水を弾いて見づらい状況です。 まずは、これぐらい。 磨き具合を見ながら足していきたいと思います。 500円玉ぐらいの量でしょうかね。 でもって、とりあえず鏡に塗りたくるというか、全体に伸ばします。 そしたら、サンダーに電源を入れて、軽く押し当てる。 そのまま、上下に滑らせるだけ。 ゆっくりと4、5回も往復したらいいと思うけど、そこは各家庭での鏡の汚れで違うと思うので、様子を見ながら調整してください。 キイロビンで油膜取りをするときもそうだけど、水というかクリーナーを弾かなくなる程度が目安。 大体磨き切ったな〜と思ったら、水で流してみる。 流したそばから、水を弾くことなく親水状態になってます。 磨く前と後で、どれだけ違うのか? 鏡の中央部分を境に写真の左側は磨く前、右側が磨いた後です。 左側の下は、すぐに上と同じように水を弾いてぼやけた感じになりますが、右側は親水状態のままでした。 写真を撮りながら、説明書を読みながら・・・と手探りだったので、30分ぐらいかかりましたが、磨く正味時間だけでいうなら、1,2分で終わります。 それも、鏡全体が。 腕も疲れません。 これ、年末年始の大掃除に使ってもいいんじゃないだろうかって思えるぐらい。 何故いままでやらなかったんだろう・・・orz 車のガラスの油膜取りもやり方は同じ すでに夕方だったので、暗く寒かったのですが、そのまま外で車のガラスの油膜取りをやりました。 電源の確保とか、ガラスを軽く洗ったりとかで何かと時間はかかったけど、正味の時間で言えば、慣れもあるけど、20分もあれば余裕じゃないでしょうか。 今回は、様子を見ながらだったので、なんだかんだで1時間くらいかかってました。 仕上げ その後、ザッとガラスを洗い流して、近くのセルフスタンドへ行き、洗車。 冬のクソ寒い中、一から洗車をする気力は残っていませんでしたw というか、自宅で洗車なんて、ここ何年もやってない。 そして、ガラコを塗って帰宅。 1、2ヶ月に一回とか、半年に1回とか塗り込むタイプのガラコをやるのは結構しんどいので、洗車の度にサクッと拭き上げられるスプレータイプにしました。 洗車後にガラスとボディを拭き上げたらスプレーして空ぶきするだけ。 長期間の使用には向かないんですが、1、2回の雨ならそこそこ弾いてくれます。 自分の車の使用状況的に、大体1ヶ月に1、2回の給油なので、雨弾き的には、適度な期間かなと。 まぁ、コスパで言えばどうかなとは思うんですが、給油の度に洗車はしてるので、最後全体の拭き上げの時に一緒にやってるので、そう負担に感じることはありません。 例えば、フロントガラスだけって割り切れば、使用回数は伸びるし。 どうせ、超ガラコ塗って、1年後に残りがどこへ行った・・・って探すだけでもう一度書い直すので、スプレータイプを車に常備でいいや・・・と。 後、スプレータイプのガラコのメリットは雨の酷い日にもスプレーしてそのまま使えるお手軽さですね。 風呂のガラスは曇り知らずに 風呂のガラスは曇り知らずです。 正確には前の人と間が空いたりすると曇るんですが、さっと水をかけてあげるだけで、綺麗に。 そして、風呂上がるまでそのままの状態が保たれます。 快適! 車のガラスは・・・ これは、雨が降ってから分かるでしょうね。 まぁ、ガラコの効きは良くなります。 正確にはスプレータイプとは違うんでしょうけど、まぁ、最初の効き方は似たようなもんでしょう。 まとめと注意点 当然ですが、磨くモノに合ってないとイタズラに傷をつけるだけなので、必ず目立たないところで確認するのが絶対大事! 自分は、その確認も兼ねて風呂場の鏡でやっただけです。 車のガラス交換に比べたら安いしw 当然ながら、フィルムが張ってあるタイプとか、最初から撥水・親水コーティングが施されているガラスとかにやった場合にどうなるかなんてのは分かりません。 これも事前に確認が必要かと。 それにしても、風呂場の鏡のウロコ取りとか車のガラスの油膜取りをやるには、もう サンダーが手放せないなと。 もちろん、そんなに汚れが蓄積する前にマメに掃除できるのが最良なんだけど、そうもいかないので。 っていうか、2,3カ月ぐらいならサンダーで一撫でしてやったらいいぐらいかもしれない。 ただ、サンダー本来の使用用途からは外れてるので、水回りの扱いには十分注意すること。 また、それでサンダーが壊れても責任は持てないので。 (一応、油膜取りに使って壊れたという記事は見たことないけど) 今後、このサンダーは、DIYでちゃんとヤスリ掛けという本来の目的で使う予定です!.

次の

比べてわかった! お風呂の鏡の水垢を取り去る最強クリーナーはコレだ!!

鏡 ウロコ 取り

鏡のウロコ取りの選び方 鏡のウロコ取りを楽にするためにも汚れの程度に合った使いやすい商品を選ぶことが大切です。 そこで鏡のウロコ取りを選ぶときにチェックしたいポイントをまとめます。 タイプ 鏡のウロコ取りには「スポンジタイプ」「布タイプ」「ゴムタイプ」「リキッドタイプ」があります。 スポンジタイプは使いやすさが特徴で、布タイプは手になじむので細かい部分のお掃除がしやすいです。 ゴムタイプは消しゴムのように鏡を擦っていくので、広範囲よりも部分的な水垢取りに向いています。 リキッドタイプは気になる部分につけてスポンジでこすると水垢が落とせます。 水垢以外の用途にも使える商品もありますのでひとつ持っておくと便利です。 サイズ 基本的には、鏡についた水垢の範囲を片手でこすりやすい大きさが適しています。 広い鏡をきれいにしたのであれば、あまりに小さいと作業が大変になりますが、小回りのきくサイズをひとつ持っておくと隅や細かい部分のお掃除が楽になります。 握りやすさ 鏡をきれいに保ちたいのであれば、定期的なお手入れが必要になるので、使う時に手にフィットするかどうかは大切なポイントです。 定番の四角い形のほかに魚の形などの商品もあるので、自分が握りやすいスポンジを探してみてください。 研磨剤 代表的な研磨剤は「人工ダイヤモンド」「アルミナ」です。 とにかく頑固な水垢をきれいにしたいという場合は、研磨力が優れた人工ダイヤモンドを試してみましょう。 ただし、研磨力が強いので力加減に注意が必要です。 汚れを取りたいけれど鏡を傷つけたくないという場合は、研磨力は少し抑え目になりますが、粒子が細かく、鏡を傷つける心配が少ないアルミナがおすすめです。 水垢がついていない状態で定期的なお手入れをしたいという場合は、研磨力に優れた人工ダイヤモンド・アルミナ以外の研磨剤が含まれた商品でも十分です。 鏡のウロコ取りの主なメーカー レック LEC(レック)は、お掃除コーナーに必ず置いてある定番商品「激落ちくんシリーズ」でおなじみのメーカーです。 レックの鏡のウロコ取りはラインナップが豊富で、激落ちダイヤモンドウロコ取り、持ちやすいハンディタイプ、リキッドタイプなどがあります。 アズマ工業 120年の歴史を持つアズマ工業株式会社は、各種洗剤やほうきなどのお掃除用品をはじめ、お掃除塾やホームクリーニングサービスを展開しているメーカーです。 アズマ工業の鏡のウロコ取りは、水を含ませるだけで水垢を取ることができる定番のアルミナパットをはじめ、アズマ工業を代表とする洗剤「アズマッジック」のクリーム状研磨剤とアルミナパットを合わせて使う鏡用強力研磨セットがあります。 鏡のウロコ取りのおすすめ5選.

次の