はぐれ 哲学 者。 二人の文字から考える はぐれ哲学者さんと平塚さんの関係はどこまでもつれるのか?

物理学者 「哲学者は数学も物理学も知らないのにインテリぶってるバカ」

はぐれ 哲学 者

(上記添付は、昭和のかずやんさんの動画です) YouTubeにてをしている「天野のメモ」です。 上記添付の昭和のかずやんさんの動画を見て、いろいろ考えさせられました。 昭和のかずやんさんの意見は、「はぐれ哲学者さんは、しばらくYouTubeに復帰しない方がいい。 ただ、「争いが生まれる」ということに関しては、昭和のかずやんさんと同じ意見です。 争い・・・ そもそも、なぜ争いが起こってしまうのか。 私なりに普段から思っていたことがあります。 それは、はぐれ哲学者さんに関して、2つの「流れ」があるということです。 はぐれ哲学者さんが「アメリカで暮らしている」という点と、「権威ある肩書き(数学の准教授)を持っている点」、そして「高い能力を持っている」という点。 それらに「羨望」の感情を抱き、応援する人たちがいるということです。 上記「アメリカ在住」「数学の准教授」「高い能力」ということを、「羨望」ではなく「嫉妬」の目を持って見ている人たちもいるということです。 「羨望」と「嫉妬」。 これらは、どちらも強い感情です。 なので、それらの別々の感情を持った人たち同士は、決してわかりあえません。 はぐれ哲学者さんは、平塚正幸さんをセンセーショナルに批判した経緯がありますからね。 実際、はぐれ哲学者さんを支持するコメントと、支持しないコメントを見ていると、本当に両極端な雰囲気です。 支持する人は、はぐれ哲学者さんを「人として尊敬できる人物」として見ている雰囲気がします。 一方、支持しない人は、「全く尊敬できない人間」として見ている雰囲気がします。 私の感覚だと、小泉構造改革のあたりからそうなってきた印象です。 あれはまさに、「郵政民営化に賛成するのか、反対するのか」という二分割思考でしたよね。 また、経済が成長しなくなり、パイの奪い合いになってきたことも影響しているでしょう。 少ないパイを奪い合うのですから、悠長に社員を「育てる」のではなく、「結果で見ていく」思考になっていきました。 で、「N国党界隈」の文化は、特に二分割思考が強いと私は感じています。 すぐに「善か悪」と決めたがってしまう傾向があります。 なので、はぐれ哲学者さんに関する見方も「善か悪」かの、両極端に分かれてしまっているのです。 つまり、「自分を守るために、相手に勝つ」という思考です。 しかし、多くの人にとって、はぐれ哲学者さんのことは、「仕事」ではないはずです。 はぐれ哲学者さんの「こういう部分は支持するけど、こういう部分は支持しない」という、「アナログ思考」をしないと、余計な争いが生まれてしまうだけだと私は感じています。 ブロガーyoutuber : 天野のメモより.

次の

はぐれ哲学者さんの動画を見て

はぐれ 哲学 者

(上記は、はぐれ哲学者さんの動画です) 平塚正幸氏が私に裁判で勝てない理由【偽計業務妨害】 YouTubeにてをしている「天野のメモ」です。 はぐれ哲学者さんは、平塚正幸さんに対し「あなたは私に裁判で勝てないよ」と動画で述べています。 その動画を見て私は、「たしかにそうだ」と思いました。 そのうえで、平塚さんがはぐれ哲学者さんに裁判を起こす意図はいったい、どこにあるのか。 それを、私なりに考察してみました。 平塚さんは、裁判にはそれなりに慣れてきています。 なので、勝つ見込みがあるかどうかは、なんとなくわかるでしょう。 当然、今回、はぐれ哲学者さんが語った背景は、理解していると思います。 つまり、平塚さん自身、「自分は勝つ可能性は低い」と見ていると思います。 なので、裁判の主目的は以下の2点だと私は推察します。 話題にする(再生数アップ、知名度アップ)• はぐれ哲学者さんのイメージを落とす の2点です。 なお、はぐれ哲学者さんは「この問題は解決済み」と説明していましたが、平塚正幸さんの中では解決していないのでしょう。 おそらく口約束での解決で、書面にはしていないと思われます。 まあ、それでもこういうことは日常、よくあることではあります。 その場ではついつい「まあ、許しますよ」と言ってしまったものの、本当は納得していなかった、というケースです。 ただ、普通の人は訴えるまではしません。 面倒ですし、それに今回のケースはほぼ勝ち目はありませんから。 もちろん、そんなことは倫理的には褒められたことではありません。 スラップ訴訟に近いですからね。 人間は完璧ではありません。 コーヒーをこぼすこともあるし、ミスをすることもあります。 それで他人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そういう場合、完全完璧な保証はできないかもしれないけど、ある程度、被害が回復すれば、それで良しとすべきでしょう。 社会は「お互いさま」ですから。 そういう意味では、平塚さんには冷静になっていただき、裁判の準備を取りやめた方がいいのではないか、と個人的には思います。 もし、「この件はすでに電話で解決した」というのならば、一連の動画を出す必要はなかったと思います。 あれでは、平塚さんを刺激してしまいますよね。 以上、私の思ったところを書いてみました。 (なお、この件に関しては、偽計業務妨害の他にも、名誉棄損の要素もあります。 それについては、はぐれ哲学者さんはまた別で説明動画を上げる、とのことです) ブロガーyoutuber : 天野のメモより.

次の

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)1話~最終話の見逃し動画を無料で視聴する方法【アニメ】

はぐれ 哲学 者

35 ID:CW74DKvcH 「この世界はシミュレーションだ」なんて科学じゃない! 物理学からキツいダメ出し 科学がすべてに答えを出してくれるわけではありません。 「神の存在」のように、絶対に証明できないことがたくさんあります。 スウェーデンの哲学者、ニック・ボストロムらがThe Simulation Argumentにて提示する、 「世界はコンピューター・シミュレーションなのか? 」という疑問もその一つです。 仮説の証明には物理学と数学が必要 この仮説は、アタマの柔らかいインテリを自称する人たちに人気だが、残念ながら物理学の知識不足を露呈している ドイツのフランクフルト高等研究所の理論物理学者で科学ライターのSabine Hossenfelder氏は、 自分のブログBackreactionsで反論を展開しています。 彼女を混乱させるのは、 「私たちはシミュレーションの中に生きている」という命題ではなく、哲学者たちが、 本当なら物理法則で明確にされるべき主張をしている事実なのです。 Hossenfelder氏は米ギズモードに語っています。 この仮説が不可能だと言っているのではなく、主張の裏付けを見たいのです。 21 ID:EH1SvnLA0 Ph. 65 ID:mHeNfFd5M 哲学者は言語のプロだと思うから何ヶ国語も古典含めて読み書きできると思うよ。 言語能力の低い哲学者は、なんちゃって人生哲学者だと思う。 数学者も優秀な人ほど語学の得意な人が多いとか読んだ。 08 ID:Wwe8tb3d0 科学哲学は鳥類学者が鳥の役に立つ程度にしか科学者の役に立たない (ファインマン) 19世紀と20世紀には、科学は哲学者、いや少数の専門家以外の誰にとっても、 あまりに技術的、数学的になりすぎた。 哲学者は探求の範囲を大幅に縮小し、 今世紀のもっとも有名な哲学者でもあるヴィトゲンシュタインが、 「哲学に残された唯一の任務は言語の分析である」 と言うほどになった。 アリストテレスからカントに至る哲学の偉大な伝統からの、 これはなんという凋落ぶりだろう! (『ホーキング、宇宙を語る』) 一般に、「哲学論争の大部分はことばをめぐる混乱によるものである」 と考えたのはヴィトゲンシュタインだとされている。 しかし私は、どの程度、ヴィトゲンシュタインの貢献と見なすべきか疑問に思う。 私の思うに、多くの人々もそう理解していたのだが、 哲学の教授になるのではなくて、単に哲学を勉強しないことで自分の理解を示したのだ。 (ポール・グレアム「哲学入門」).

次の