ダイナミック コード 作画 崩壊。 ダイナミックコード 作画崩壊まとめ 追いピアノや背景が適当?!

トライナイツ作画崩壊まとめ!唐揚げパクリ?令和ダイナミックコード!

ダイナミック コード 作画 崩壊

ダイナミックコードの作画崩壊まとめ!ダイナミック過ぎてヤバい! 2017年10月からTBSの系列番組で スタートしたアニメ「ダイナミックコード」 とは、 音楽事務所とレコード会社を兼任している 「ダイナミックコード」というところに 所属している4組の人気バンドのメンバーとの 恋愛模様を描いているという内容です。 また、アニメのみならずPC版と PS4版のゲームも展開していますが、 ダイナミックコードの認知度としては 原作ファンには受けているものの、 一般的にはマイナーな印象でした。 しかし、現在ネットで騒がれているように 作画崩壊といった状態で、 雑なクオリテイが皮肉にも話題を 呼んでしまっているという状態になっています。 以下で取り上げるものは、 雑なクオリティによって逆に 話題を呼んでいるものとなります。 スポンサーリンク ダイナミックな追いピアノのシーンとは? 以下のツイートに添付されている動画が、 「追いピアノ」と言われるシーンで、 繰り返し雑なピアノが流れるところで 話題になっています。 これです! — ぱらぱらちきん para2tori29 確かに、ちょっと雑な感じがしますね。 ダイナミックコードくんほんと面白い 医者です — さやか tnprykmr35 標識がないんかい! 誰かダイナミックコードのダイナミック道路をどう安全に走ったらいいのか教えてくれマジでマジで — キョウ Kotouk 車の中に雨が降ってる?! 今期のクソアニメ枠で話題のダイナミックコード、1話冒頭開始55秒で既に車の中に雨が降っててマジでヤバいアニメに足を踏み入れてしまった感がある — ニジマス yama20001 車のナンバーがない?! ナンバーの付いてない車が平然と走っていく……なるほど、これがダイナミックワールドですか ダイナミックコード6話視聴 — かろ carororo04 こんな運転できるの?! 車の運転がキレッキレすぎて ヤバい感じですね(笑) 今週は直角右折です — ねねっちフレンズ tatti5 このスピードでスッて曲がるのレースゲームだと憧れる — ねねっちフレンズ tatti5 この自転車の運転は、もはや 超人の域に達しています(笑) 位置エネルギー自転車 — ねねっちフレンズ tatti5 テレビの電源が入ってない!? これ、いくらなんでも手抜きが すごいというか、怪奇現象レベルですよね(笑) 5話見てみました。 人が立てないほど狭い台所。 一人でラーメンすするマネージャーの質問をするーするメンバー。 しかし、リモコン構えてじっと眺めるテレビは電源ついてないw — いんでお indeo3 さいごに 今回取り上げてきた作画崩壊集は、 他にもいろいろとあるようですが、 ネットを見ているとホントに 「笑える」というコメントを多く みかけるほど話題を呼んでいるようです。 このことがきっかけで視聴率が アップするのであれば、 制作陣としては願ったりかなったり という感じでしょうね。 そして、もはやウケ狙いを していくノリでわざと作画崩壊 させていくかもしれませんね(笑).

次の

アニメ『ダイナミックコード』のダイナミック作画崩壊が話題にwwwwww「1Fで開くドア」「天井からシートベルト」「毎回別人になる子供」 : はちま起稿

ダイナミック コード 作画 崩壊

今期放送中のアニメ『』の作画を巡ってとある議論がなされていた。 22話の戦闘シーンがどうも「派」と「派」で意見が真っ二つに割れていたらしいのだ。 私自身、リアルタイムでは追っておらず貯めていたものをつい最近消化していたので数日遅れの話題になるのだが、やはりそこには言い知れぬモヤモヤ感があったので残しておきたい。 22話、冒頭から闇落ちアタランテとジャンヌの戦闘から始まる。 だが何かがおかしい。 いつものような質感のある作画とは何かが違うように思えたのだ。 具体的にはどこか単調なタッチになっており、影の感じや艶感も完全に排除されていた。 そして「動く」シーンに突入する。 やはり何かがおかしい。 これまでも幾度と戦闘が描かれていたのに、今回だけは 「動きのために全てを捨てた」ような仕上がりになっている。 ジャンヌの顔がアップされるシーン、ここもやはり単調になっている。 ジーク君と約束を交わした時のような艶感も徹底的に省かれている。 線も細くなっており、全面的に「絵感」が出ている。 いや、アニメは絵なんだから当然だと突っ込まれそうだが、のキャラデザは他のシリーズや『』等のように「作画の細やかさ」との相性が素晴らしく、それに慣れてしまっていた私にとってこの「作画問題」はどうも引っかかるのだ。 要するに「コレジャナイ」んですよね。 TLを見る限りではアニメーションの技法で「わざと単調に描くことで、動きを強調する」というものがあるらしい。 そして「派」から見ればそうした技法が産む躍動感が素晴らしいとのこと。 確かに1秒1秒息をつかせぬスピード感は私も感じたのでそうした意見を否定するつもりはない。 そうした「技法」もアリなのだろう。 しかし「そういう技法がある」「躍動感がすごい」という意見を理解した上で私は「派」の立場をとりたい。 違和感の正体は主に3つある。 単純にあの技法はめちゃくちゃ大変だからポンポンと繰り出せる技ではない、というのも理由の一つかも知れない。 また、序盤は話がメインだから目立たなかっただけかもしれない。 それでも戦闘シーンは「見せるところは見せる」ように描かれていたように思えるし、動きがなかったわけでもない。 そうした中でも全体的に「崩さず」描いていた印象だ。 21話、アタランテが闇落ちしてジャンヌと対峙するシーンで終わる。 ここは個人的にかなり描き込まれた作画だと思う。 アタランテが「殺してやる!」とジャンヌを睨みつけた部分の作画は本当にゾっとするような迫力があった。 そこからの22話序盤である。 やや崩された作画で対話が始まる。 21話最後と22話冒頭の差があまりにも激しすぎて脳がエラーを起こしてしまった。 ずーっと前から戦闘シーンがあの技法ならば「今回のは戦闘シーンが独特だなぁ」といった具合に順応できていたかもしれない。 また、近年では激しい戦闘の際には『』等のように3DCGを使って表現されることが多いため、「絵感」の全面的に出た演出は受け入れ難いものだったのかもしれない。 ジークvs赤のランサー戦では比較的しっかりと描かれていた。 特に赤ランサーが消滅するシーン、あの時の「光の粒」は非常に滑らかに動いており、不自然さは感じない。 次いでアタランテvsだ。 同じく消滅するシーンを見てみよう。 同様に「光の粒」が舞うのだが、ランサーの時とは反対にカクカクとした動きになっている。 「光の粒の舞い方」という視点から見てみると差は一目瞭然だ。 これも演出の一つと言うのだろうか。 つまり何が言いたいかというと、中途半端に「あの技法」が使われているから不自然さが際立つんですよね。 『』での切嗣vs言峰、『』0話のアーチャーvsランサーの戦闘はめちゃくちゃ激しいシーンにも関わらず作画が崩れることなく描かれていた。 シリーズではないが同じく原案の『』でも最終回のカナンとアルファルドの戦いは双方の身体の動きが細かすぎて思わず「おぉ!!」と声を上げてしまいたくなる。 だからこそ、『』に対するモヤモヤ感が余計に大きくなるのだ。 何もあの技法がダメとかそういう話ではない。 単調な絵柄ながらも激しい動きを演出するのは特に、trigger作品ではよくあることだ。 『』(こちらは製作)『』『』において、モブキャラをかなり単調に描くことで大きな躍動感を出すシーンが数多く存在する。 そもそも、キャラデザ自体もそこまで複雑ではなく、「動きやすい絵」を意識してつくられている。 熱い戦闘シーン以外にも、時にギャグシーンでもそれは上手く活きていると感じる。 『』最終回で落ちてくる流子を、地上にいる仲間達が受け止めようとするシーンは言って仕舞えば「絵」として見れば単調な肌色一色で「美しさ」というものは無いのだけど、絵面のトも相まって「動く絵」としてのクオリティは申し分ない出来となっている。 つまり、trigger作品と「あえて崩して動きに全振りする」技法はかなり相性が良いと言える。 ではならどうだろうか。 私にとってはお世辞にも「相性が良い」とは感じなかった。 早い話が「ミスマッチ」なんですよね。 普段の作画が良いだけに、今回だけ「崩した」作画を用いられていたことにより、どうしてもそれを「演出」として見れず「」として見てしまう。 懐石料理でいきなりハンバーグステーキが出てきたらいくらそのハンバーグの出来が良くても、出された側は困惑を避けられないだろう。 中には 「の意味を間違っている!ダイナミックコードを見てみろ!」といった意見があった。 『ダイナミックコード』はアニメとして有名だ。 具体的には道路の表示が正面衝突不可避だったり、カフェが車道にまで侵入していたり、建物に対して人間がデカすぎたりと枚挙に暇がない。 確かに『ダイナミックコード』のそれもの一種だろう。 厳密に言えば『』は演出にすぎず、崩壊はしていないのかもしれない。 しかし、「普段の作画と違う」ことがどうしてもモヤモヤするのだ。 で「 」で検索してみよう。 オタクによるマウンティング合戦が繰り広げられていてまさに地獄絵図である。 Skarugo0094.

次の

DYNAMIC CHORDとは (ダイナミックコードとは) [単語記事]

ダイナミック コード 作画 崩壊

スポンサーリンク トライナイツ作画崩壊!唐揚げパクリ?令和ダイナミックコード! トライナイツは2019年7月から放送された 高校ラグビーを題材とするオリジナルアニメで、日本で行われるラグビーワールドカップを盛り上げる一環としても期待されました。 (画像引用元:) 実際に製作には公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会や元ラグビー日本代表の大畑大介さんが携わり、大畑大介さんはミニコーナー「トライナイツ ラグビーLESSON! 」にもキャラクターとして登場しています。 腕入れ替えしてるだけなのか!? 『よしっ!』じゃないよ~?? — 午後のムサ。 gogomusasan ゆっくりじわじわと近づいてくるお兄ちゃんです — ななりん NanalynXD 目測を誤りすぎてるサイコクラッシャーアタック — フォルダーマン研 FoldermanJ 弟のささやきタクティクスにより、置き去りにされた兄さんの回り込みが速すぎる(無編集) — フォルダーマン研 FoldermanJ いや、その場所から阻止狙うの、無理すぎじゃね? — 午後のムサ。 全体的にスピード感が伝わってこない作り 笑 — 午後のムサ。 gogomusasan トライナイツな投げ方・蹴り方 トライナイツでは 前に投げてはいけない初歩的なラグビールールを無視したり、試合放棄しているような投げ方で作画崩壊させていました。 ボールを前に投げる作戦だと!? — フォルダーマン研 FoldermanJ ちょいちょい前に投げてる気がして — フォルダーマン研 FoldermanJ 試合放棄感がすごい — フォルダーマン研 FoldermanJ 最終回なんだからもう少し頑張って作画してあげてよw — ころう kuresome トライナイツ唐揚げパクリ説 トライナイツ唐揚げが、同時期に放送された「変好き」からパクったと言われて視聴者を騒然とさせました。 どこどこ~? (画像引用元:) 狩矢「どけどけ~」 モブ達「うわ~やられた~ 棒 」 (画像引用元:) (画像引用元:) 足が伸びすぎトライナイツ (画像引用元:) 背景だけはカッコいい走りを演出するモブ (画像引用元:) ダイナミック整列 (画像引用元:) 片城雪也「作画 崩壊 です!」 訳:流石です! (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 恍惚なトライナイツ (画像引用元:) (画像引用元:) わーいわーい (画像引用元:) ギャグ漫画日和なトライナイツ (画像引用元:) ピアーズ「やりましたね!」 宝立「よし!」 狩矢「 まぁ、やるではないか… 」 遥馬「 僕はボールが大好きなんだ… 」 (画像引用元:) 一人だけデカイ選手トライナイツ (画像引用元:) (画像引用元:) お前誰だよ! (画像引用元:) マッスルドッキング — フォルダーマン研 FoldermanJ 倒れ方!!!!!!! 笑 — 午後のムサ。 gogomusasan 風船かな — フォルダーマン研 FoldermanJ さらに、 タックル練習をすると急に髪の毛が生える髪作画になりました。 (画像引用元:) (画像引用元:) トライナイツな作画背景 土手が高すぎなトライナイツ (画像引用元:) トライナイツな異次元空間 (画像引用元:) トライナイツな黒板の字 (画像引用元:) トライナイツな選手コピペ貼り付け感 (画像引用元:) (画像引用元:) トライナイツなダイナミック広場 (画像引用元:) スポンサーリンク トライナイツなリクくんの袖口 リクくんの袖口が作画崩壊したせいか、 時計していると思わせぶりしたり、手があらぬ方向にいってトライナイツな作画崩壊していました。 しかし、これでトライナイツが話題となり、意図しなかった方法でラグビーを盛り上げたので結果的には良かったと思います。 今後もトライナイツな作画を後世に残して、良い意味でラグビーアニメの歴史に残すことを祈っています… せばな~.

次の