ご教授いただければ幸いです。。 「教授へのメール」書き方とマナー!お礼の返信や謝罪の例文も

「ご連絡いただければ幸いです」の意味と使い方・例文・返信方法

ご教授いただければ幸いです。

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

ご教授いただければ幸いです。

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご教示いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご教授いただければ幸いです。

ご教授いただければ幸いですの意味 ご教授いただければ幸いですの意味は 「教えてください」 です。 敬語表現なので目上の人に使う場合の言葉です。 似た言い方として 「教えていただけますと幸いです」 があります。 教授の意味 教授の意味は三省堂大辞林によると 『学問・技芸を伝え教えること』 です。 勉強や技術、芸事などの教えを授けることを「教授する」といいます。 また、大学などの教育機関で、専門の学問や技能を教える上位の職位置を「教授」といいます。 ご教授の意味 「ご(御)」は敬意を表す接頭語です。 名詞の前に「ご(御)」をつけると、次の二つの意味が現れます。 1.相手や第三者に対する敬意 2.それが相手のもの、相手に関するものであること。 つまり、それが相手のものであること、相手に敬意をしめすことの二つの意味があります。 「ご教授」ということは 「あなたから教えてもらうこと」 という意味です。 ご教授いただくの意味 つぎに「いただく」の意味です。 「いただく」は 「お…いただく」や「御(ご)…いただく」の形で使う場合 『他人にその動作や行為をしてもらう』という意味になります。 つまり、ご教授いただくは「相手から教えてもらう」という意味です。 ご教授いただければの意味 ここでいただけ 「れば」となっている意味です。 「いただければ」は、「いただく」という動詞(カ行下一段活用)の仮定形である「いただけれ」に、接続助詞の「ば」が付いた形です。 「ば」は動詞の仮定形と接続して 「順接の仮定条件」を表します。 まだ起こっていない事柄を仮定し、それを条件として表す言い方です。 ~ならば、~であれば、という使い方をします。 「いただければ」は「いただく=してもらう」+「のであれば」という意味です。 ご教授いただければ幸いですの意味 「幸いです」は「そうしてくれれば嬉しい、ありがたい」 という意味の謙譲表現です。 似た言い方に「幸いでございます、幸いに存じます」などがあります。 以上で、全体として 「あなたから教えてもらえるとありがたいです」という敬語表現になります。 ご教授くださいの意味 また、ほぼ同じ表現で 「ご教授ください」という言い方があります。 ここでの「ください」の意味を解説します。 「ください」は、それ自体を動詞として使うと 「(何かものを)ください」と相手に事や物をお願いして要求する意味があります。 一方、今回のように動作を表す漢語に 「ご(御)」の付いた形や、 動詞の連用形に「て(で)」の付いた形などに付くと 文法的には 「補助動詞」という使い方をします。 この場合の意味は、 相手に何らかの動作をすることを請い求める意味を表します。 「ほしい」「ちょうだい」と同じ意味です。 「どうぞご着席ください」 「ぜひご検討ください」 「アンケートを記入して書いてください」 などと同様の意味になります。 全体として 「ご教授ください」は 「教えてください」の敬語表現です。 「ご教授」までの高度な内容でなければ 「教えていただけますと幸いです」 が良いでしょう。 教えていただけますでしょうか。 」 「コピー機で部数ごとに印刷する方法がわかりません。 お忙しい中恐れ入りますが、教えてもらえるとありがたいです。 といった言い方ですと丁寧さが伝わります。 さらに、wouldの方が上司など目上の人に使う場合に、 同僚など親しい相手であればcouldや、場合によってはcan you でも。 Could you please explain that again? 目の前でフォームに住所や氏名などを記入してもらう場合は Can you please fill out this form? といった表現が便利です。 まとめ.

次の