すかいらーく 理論株価。 すかいらーくの理論株価・相関係数・権利落ち日の騰落率など分析してみた

すかいらーく(3197)の株主優待がめっちゃ欲しいです!株を購入しよう

すかいらーく 理論株価

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「ソフトバンクの配当や株主優待に興味があるけど、業績はどうなんだろう?」• 「ソフトバンクの株価は割安?割高?」 ソフトバンクといえば、携帯電話の大手3社の1つです。 通信株は業績が比較的安定しているというメリットがあります。 一方で、ソフトバンクの株価は上場後に長く低迷していて、公募価格1500円を下回った状態が続いています。 今後のソフトバンクの株価はどうなるのでしょうか? 本記事では ソフトバンクの業績や財務内容、株価の割安さなどから、今のソフトバンクの株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 ソフトバンクの売上高・営業利益• 売上高:右軸• 営業利益:左軸(0からのスタートではないことに注意してください) 2017~2019年におけるソフトバンクの売上高は横ばいに近くなっていました。 スマートフォン市場がすでに成熟期に入っているためです。 一方、2020年に売上高、営業利益が急伸したのは、ソフトバンクが2019年にヤフー(現Zホールディングス)を連結子会社化したからです。 ソフトバンクは飽和しつつある携帯事業で生まれるキャッシュを他事業に充てることで成長しようとしています。 ソフトバンク株の魅力のひとつは業績の安定性の高さ 2016年以前のデータが見られないので、わかりにくいですが、ソフトバンクの主力事業である携帯電話事業は毎月定期的な収入が見込めます。 そのため、ソフトバンク株の業績は 不況に強いという特徴があります(実際、競合のNTTドコモやKDDIの業績はリーマンショック時も比較的安定しています)。 今後も5Gの普及やIoT(モノのインターネット、Internet of Things)の進展によって、通信の需要は高まるといわれています。 ソフトバンクの業績も安定的に推移するだろうと期待できます。 今後の懸念材料は、総務省の介入と楽天の参入 一方、今後の業績悪化懸念としては、以下の2つがあります。 通信費を安くするように、国(総務省)が繰り返し介入していること• 楽天が携帯電話事業に参入すること すでに、国(総務省)の意向を受けて、携帯大手3社では通信料金と端末代金の見直しが行われています。 もしこれらの影響で業績に悪影響が出る場合は、投資を見直すことも必要です。 ソフトバンクのキャッシュフロー推移 特に重要といわれる、営業キャッシュフローは安定的にプラスとなっています。 携帯電話事業は多くの設備投資が必要な事業ですが、それを上回る営業キャッシュフローを稼げています。 ソフトバンクは安定した営業キャッシュフローを見込めるのが魅力 ソフトバンクの主力事業である携帯電話サービスは、毎月一定の収入が見込めるビジネスであり、サブスクリプションモデルの典型例です。 そのため、ソフトバンクの営業キャッシュフローは今後も長期的に安定していると見込まれます。 好不況によらず、安心して保有できるというのは通信株のメリットですね。 ソフトバンクは経営戦略として、借入を活用した事業拡大を選択していることがわかります。 現預金が少なめだが、事業特性上、問題ない ソフトバンクは現預金が少なめです。 支払いが滞ることがないか、不安を感じる方もいるかもしれませんが、問題ありません。 なぜならば、携帯電話事業は安定的なキャッシュフローが見込めるからです。 不況になっても営業キャッシュフローが急減することはないため、不意の変動に備えて現預金をためておく必要性が少ないのです。 ソフトバンクの自己資本比率は低めですが、携帯電話事業の潤沢なキャッシュフローが続く限り、事業の継続性は高いと考えています。 ソフトバンクの実績PBRの推移 ソフトバンクのPBRは上場後、5倍台で推移していました。 一方、ヤフーの連結子会社化に伴う純資産の変化で現在のPBRは6. 7倍に上がっています。 PBRは1倍が解散価値(事業を清算したときに残る、帳簿上の価値)といわれ、下値の目安とされています。 1倍以下なら株価は割安といわれますが、業績がよい企業であれば1倍以上になることも多いです。 ソフトバンクの業績は堅調なので、PBRは1より大きくなるのが妥当です。 とはいえ、PBRが6倍台というのはかなりの成長株でないとあまり見られない水準です。 ソフトバンクのPBRは割高な水準です。 ソフトバンクの株価は理論株価(企業価値)に対して割高 株価の割安さの指標として有名なPER、PBRは一面的な評価であり、企業の実態がわかりにくいという弱点があります。 そのため、私が割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 ソフトバンクの予想配当利回りの推移 2019年5月に配当利回りが上がっているのは、以下の2つの理由によるものです。 通期の配当金額で計算されるようになったから(一時的な要因)• 2020年3月期の増配が発表されたから この結果、ソフトバンクの配当利回りは約6. ソフトバンクの株主優待はない 残念ながら、ソフトバンクに株主優待はありません。 株主優待を楽しみにしている人にとっては、この点はマイナスです。 今後、ソフトバンクの株主優待がどうなるか?(私見) 一般的に、株主優待は株主数を増やすための施策の一つであり、個人投資家に喜ばれるものです。 一方、株主優待は特典の上限が決まっていることが多いため、機関投資家などの大株主にとってはあまりうれしくない施策です(むしろ配当の方が喜ばれます)。 ソフトバンクグループからみれば、 株主優待を実施するよりも配当で支払ってほしいはずです。 したがって、私見ではありますが、今後ソフトバンクが 株主優待を実施する可能性は小さく、できる限り配当金を重視するだろうと考えています。 ソフトバンクは株主優待狙いではなく、 高配当目的で投資するべき銘柄です。 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの売上高・営業利益の比較 3社とも巨額の売上高、営業利益を出していて、優良企業であるのは間違いないです。 通信事業が寡占業種であり、国(総務省)から目を付けられるほど、高収益な事業であることがわかります。 中でもKDDIの売上・利益はともに増加傾向であるのに対して、NTTドコモはあまり伸びていません。 じぶん銀行やauカブコム証券などで金融分野を育てようとしているKDDIに対して、NTTドコモは通信事業からの領域拡大がやや遅れている印象を受けます。 一方、ソフトバンクは2019年までの3年間は売上高・営業利益がともにほぼ横ばいでした。 2020年3月期は大幅に増収・増益の予定ですが、これはヤフーの連結子会社化に伴うものです。 3社ともスマートフォンの普及による業績向上はすでにひと段落した印象です。 各社とも非通信分野の収益を作ることに力を入れています。 投資指標の比較 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの投資指標を比較した結果が以下です(引用:マネックス証券の銘柄スカウター)。 ソフトバンクは配当金をもらいながら長期保有したいという方にとって、適した優良株です。 一方で、 ソフトバンクの株価はやや割高な水準です。 もし業績が悪化した場合には株価が急落する可能性があります。 配当利回りは少し劣りますが、 同じく高配当で株価も割高ではないKDDIやNTTドコモも選択肢として検討してみるとよいです。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の

すかいらーくの理論株価・相関係数・権利落ち日の騰落率など分析してみた

すかいらーく 理論株価

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「ソフトバンクの配当や株主優待に興味があるけど、業績はどうなんだろう?」• 「ソフトバンクの株価は割安?割高?」 ソフトバンクといえば、携帯電話の大手3社の1つです。 通信株は業績が比較的安定しているというメリットがあります。 一方で、ソフトバンクの株価は上場後に長く低迷していて、公募価格1500円を下回った状態が続いています。 今後のソフトバンクの株価はどうなるのでしょうか? 本記事では ソフトバンクの業績や財務内容、株価の割安さなどから、今のソフトバンクの株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 ソフトバンクの売上高・営業利益• 売上高:右軸• 営業利益:左軸(0からのスタートではないことに注意してください) 2017~2019年におけるソフトバンクの売上高は横ばいに近くなっていました。 スマートフォン市場がすでに成熟期に入っているためです。 一方、2020年に売上高、営業利益が急伸したのは、ソフトバンクが2019年にヤフー(現Zホールディングス)を連結子会社化したからです。 ソフトバンクは飽和しつつある携帯事業で生まれるキャッシュを他事業に充てることで成長しようとしています。 ソフトバンク株の魅力のひとつは業績の安定性の高さ 2016年以前のデータが見られないので、わかりにくいですが、ソフトバンクの主力事業である携帯電話事業は毎月定期的な収入が見込めます。 そのため、ソフトバンク株の業績は 不況に強いという特徴があります(実際、競合のNTTドコモやKDDIの業績はリーマンショック時も比較的安定しています)。 今後も5Gの普及やIoT(モノのインターネット、Internet of Things)の進展によって、通信の需要は高まるといわれています。 ソフトバンクの業績も安定的に推移するだろうと期待できます。 今後の懸念材料は、総務省の介入と楽天の参入 一方、今後の業績悪化懸念としては、以下の2つがあります。 通信費を安くするように、国(総務省)が繰り返し介入していること• 楽天が携帯電話事業に参入すること すでに、国(総務省)の意向を受けて、携帯大手3社では通信料金と端末代金の見直しが行われています。 もしこれらの影響で業績に悪影響が出る場合は、投資を見直すことも必要です。 ソフトバンクのキャッシュフロー推移 特に重要といわれる、営業キャッシュフローは安定的にプラスとなっています。 携帯電話事業は多くの設備投資が必要な事業ですが、それを上回る営業キャッシュフローを稼げています。 ソフトバンクは安定した営業キャッシュフローを見込めるのが魅力 ソフトバンクの主力事業である携帯電話サービスは、毎月一定の収入が見込めるビジネスであり、サブスクリプションモデルの典型例です。 そのため、ソフトバンクの営業キャッシュフローは今後も長期的に安定していると見込まれます。 好不況によらず、安心して保有できるというのは通信株のメリットですね。 ソフトバンクは経営戦略として、借入を活用した事業拡大を選択していることがわかります。 現預金が少なめだが、事業特性上、問題ない ソフトバンクは現預金が少なめです。 支払いが滞ることがないか、不安を感じる方もいるかもしれませんが、問題ありません。 なぜならば、携帯電話事業は安定的なキャッシュフローが見込めるからです。 不況になっても営業キャッシュフローが急減することはないため、不意の変動に備えて現預金をためておく必要性が少ないのです。 ソフトバンクの自己資本比率は低めですが、携帯電話事業の潤沢なキャッシュフローが続く限り、事業の継続性は高いと考えています。 ソフトバンクの実績PBRの推移 ソフトバンクのPBRは上場後、5倍台で推移していました。 一方、ヤフーの連結子会社化に伴う純資産の変化で現在のPBRは6. 7倍に上がっています。 PBRは1倍が解散価値(事業を清算したときに残る、帳簿上の価値)といわれ、下値の目安とされています。 1倍以下なら株価は割安といわれますが、業績がよい企業であれば1倍以上になることも多いです。 ソフトバンクの業績は堅調なので、PBRは1より大きくなるのが妥当です。 とはいえ、PBRが6倍台というのはかなりの成長株でないとあまり見られない水準です。 ソフトバンクのPBRは割高な水準です。 ソフトバンクの株価は理論株価(企業価値)に対して割高 株価の割安さの指標として有名なPER、PBRは一面的な評価であり、企業の実態がわかりにくいという弱点があります。 そのため、私が割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 ソフトバンクの予想配当利回りの推移 2019年5月に配当利回りが上がっているのは、以下の2つの理由によるものです。 通期の配当金額で計算されるようになったから(一時的な要因)• 2020年3月期の増配が発表されたから この結果、ソフトバンクの配当利回りは約6. ソフトバンクの株主優待はない 残念ながら、ソフトバンクに株主優待はありません。 株主優待を楽しみにしている人にとっては、この点はマイナスです。 今後、ソフトバンクの株主優待がどうなるか?(私見) 一般的に、株主優待は株主数を増やすための施策の一つであり、個人投資家に喜ばれるものです。 一方、株主優待は特典の上限が決まっていることが多いため、機関投資家などの大株主にとってはあまりうれしくない施策です(むしろ配当の方が喜ばれます)。 ソフトバンクグループからみれば、 株主優待を実施するよりも配当で支払ってほしいはずです。 したがって、私見ではありますが、今後ソフトバンクが 株主優待を実施する可能性は小さく、できる限り配当金を重視するだろうと考えています。 ソフトバンクは株主優待狙いではなく、 高配当目的で投資するべき銘柄です。 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの売上高・営業利益の比較 3社とも巨額の売上高、営業利益を出していて、優良企業であるのは間違いないです。 通信事業が寡占業種であり、国(総務省)から目を付けられるほど、高収益な事業であることがわかります。 中でもKDDIの売上・利益はともに増加傾向であるのに対して、NTTドコモはあまり伸びていません。 じぶん銀行やauカブコム証券などで金融分野を育てようとしているKDDIに対して、NTTドコモは通信事業からの領域拡大がやや遅れている印象を受けます。 一方、ソフトバンクは2019年までの3年間は売上高・営業利益がともにほぼ横ばいでした。 2020年3月期は大幅に増収・増益の予定ですが、これはヤフーの連結子会社化に伴うものです。 3社ともスマートフォンの普及による業績向上はすでにひと段落した印象です。 各社とも非通信分野の収益を作ることに力を入れています。 投資指標の比較 ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIの投資指標を比較した結果が以下です(引用:マネックス証券の銘柄スカウター)。 ソフトバンクは配当金をもらいながら長期保有したいという方にとって、適した優良株です。 一方で、 ソフトバンクの株価はやや割高な水準です。 もし業績が悪化した場合には株価が急落する可能性があります。 配当利回りは少し劣りますが、 同じく高配当で株価も割高ではないKDDIやNTTドコモも選択肢として検討してみるとよいです。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の

すかいらーくH(3197) : 理論株価・目標株価|株予報Pro

すかいらーく 理論株価

株の割安度が簡単にわかると評判なのが、ダイヤモンド・ザイが3ヵ月に1度の割合で掲載している「理論株価」。 現在発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想を反映した最新版を掲載している。 また、個別の理論株価とともに日経平均株価の理論株価も掲載しているので、市場全体の方向感を判断できるので便利だ。 今回は、ダイヤモンド・ザイの「理論株価」特集の中から、日経平均株価に採用されていて、実際の株価と理論株価の乖離が激しい「割高な株」と「割安な株」を紹介していこう。 日経平均株価の理論株価は3ヵ月前より上昇も、 実際の株価の上昇は止まらず割高度が拡大! 株は割安な時に買って値上がりしたら売るのが基本。 ただ、その割安の判断が難しい。 PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などで判断することもできるが、過去のデータやライバル企業と比較する必要があり、なかなか面倒で難しい。 そこで役に立つのがダイヤモンド・ザイの「理論株価」だ。 現在の株価が理論株価より安ければ割安、現在の株価が理論株価より高ければ割高と言うように、実に簡単に割安株を発見することができる。 ダイヤモンド・ザイ5月号では個別銘柄だけでなく、日経平均株価の理論株価も算出。 今回の日経平均株価の理論株価は1万8187円で、 前回(ダイヤモンド・ザイ2017年2月号)の1万7770円より2. 3%と、若干上昇した。 ただ、実際の日経平均株価は、好調な米国株と円安傾向に牽引される形で前回の1万8274円から1万9469円と、6. 5%も上昇した。 この結果、日経平均株価はその理論株価よりも7%割高となり、前回より割高度は拡大した。 日経平均株価指数は225銘柄で構成されているが、どの銘柄でも指数に与える影響が同じというわけではなく、株価が高い銘柄の影響を大きく受けやすい。 特に、株価が3万7200円台(2017年3月3日現在、以下同)の「 」、2万2000円台の「 」の株価動向は、日経平均株価を大きく左右する。 前回同様、この2銘柄はいずれも割高。 「 」の割高度は前回(180%)より若干減ったが、それでもまだ163%と高い。 「 」は前回(123%)より割高度が拡大、146%となった。 日経平均全体で見れば、理論株価より実際の株価が割安なのは140銘柄、割高なのは81銘柄。 赤字予想の「 」「 」「 」と、横浜銀行と東日本銀行が経営統合した「 」は前年度実績がないために理論株価が不算出だった。 銘柄の数では割安株の方が圧倒しているが、割安株の平均割安度が26%なのに対して、割高株の平均割高度は57%と、率では割高度のほうがはるかに上回っている。 また、前回割高だった銘柄は83銘柄あったが、その平均割高度は42%で、割高度が15ポイントも上昇している。 一方、前回の割安銘柄は132銘柄で、平均割安度は29%で、こちらは逆に3ポイントほど割安度が低下している。 先述の「 」「 」以外でも、「 」や 」 「 」など、割高度が100%以上、つまり理論株価より実際の株価が倍以上も高い銘柄が8銘柄もある。 こうした銘柄については、日経平均株価が上昇するにつれてさらに割高度が増す可能性があるので要注意だ。 日経平均株価の採用銘柄で理論株価より大幅に割安なのは? 1位は1月末に業績予想を発表した「東京電力HD」! 日経平均採用銘柄の中で理論株価が株価に対して50%以上と大幅に割安だったのは前々回(ダイヤモンド・ザイ2016年11月号)は19銘柄だったが、 は10銘柄とほぼ半減していたが、今回は12銘柄と若干ながら増加した。 最も割安だったのは「 」。 前回は業績予想がなかったために理論株価が不算出だったが、1月31日に「通期の費用・収益等が見通せる情勢となった」(同社リリースより)ことから、2017年3月期の通期業績予想を発表。 この数値を用いたところ、晴れて日経平均採用銘柄の中での割安度トップになった。 以下、理論株価は前回と同じだが株価がやや下落して割安度が増した「 」、2017年3月期予想が若干ながら上振れた「 」「 」などと続く。 「 」「 」など、12銘柄中6銘柄が銀行株というのは興味深い。 それだけ依然、割安に放置されているわけで、長期的に見ればお買い得といえそうだ。 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 17)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16).

次の