にんべん。 亻(にんべん) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

研究開発職スタッフインタビュー|株式会社にんべん採用サイト

にんべん

亻(にんべん) スポンサードリンク 部首が 「にんべん」の漢字一覧です。 人部に属する部首で左側に位置するとき、「亻」の形になり、「にんべん」と呼びます。 「人」の行動・状態・性質などに関する漢字、「亻」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +2画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +19画• +20画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

にんべん【かつお節入り】だしがゆ

にんべん

「亻」はです。 「亻」はです。 直立二足歩行し、で道具を 、大脳はきわめて発達し、複雑な言語を。 地球上で た文明を上げている。 」 イ:「 成長した者」、「 大人」 ウ:「 人柄 そのにっている特徴 」 エ:「 自分と相手以外の人間」 オ:「 が他者に対して、をいう」 カ:「 恋人」 キ:「 国家・社会を構成している人々」 ク:「 身分」 ケ:「 の集まり住んでいる所」 コ:「 家来」 サ:「 あなた 二人称代名詞。 話し手(書き手)にして、 聞き手(読み手)をしもの。 「 からた」の象形から「 」を意味する 「亻」という漢字が成り立ちました。 読み 音読み:「 ジン」、「 ニン」 訓読み:「 ひと」 画数 「 2画」 部首 「 亻 にんべん 人偏 」 部首解説: 「亻」は「」がになるの。 「亻」をもとにして、 の特徴や状態を 漢字ができている。 美しい漢字の書き方 100万人を超える指導実績を持つ 【がくぶんのペン字講座】の 無料資料には、 漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、 それを参考に漢字を書いてみると、 ビックリするくらい 美しい漢字が書けるようになって すごい感動しました! 美しい字が書けるようになると、 周りの人からも 褒められて、とても気持ちが良いです! ぜひ、資料請求してみて下さい。

次の

警察用語「ごんべん・にんべん・さんずい」とは

にんべん

にんべんに故と書くと「做」になります。 「做」は人を部首に持つ「人部(じんぶ)」の漢字です。 「人部」とは人を部首にもつ漢字の集まりです。 「人部」には、ヒトに関わる事物・行為・動作・性格・呼称などの意味があります。 「做」の旁(つくり)は「故(ゆえ)」です。 「故」の意味には、 事の起こるわけ・理由・原因・由緒正しい・りっぱな経歴・趣・風情・縁故・ゆかり・故障・事故などがあります。 「人部」の漢字で旁(つくり)が「故」の漢字の「做」の熟語にはどのような言葉があるのでしょうか。 「做」の訓読み・訓読みや使い方を知っていると役立ちます。 次に、にんべんに故の「做」のこと・「做」の熟語・「做」の音読みと訓読みや使い方の紹介をします。 にんべんに故の「做」 にんべんに故と書く漢字の「做」は俗字です。 俗字(ぞくじ)とは、一般的に普通に用いられているけど、規範的観点からみて正しくないとされている漢字です。 俗字のことは「俗体」ともいわれます。 俗字(俗体)に対して、正統とされる文字は「正字・正体」と呼ばれます。 「人部」の漢字で旁(つくり)が「故」の「做」に対する正字は「作」です。 「做」は、人部+9画の人部9画の漢字になります。 「做」の総画数は11画になります。 JIS漢字水準は、JIS第2水準になります。 漢字検定は漢字検定1級です。 「做」の意味には、おこす・おこる・つくり・なす・する・行う・つくる・作品などがあります。 「做」の固有の識別コードである文字コードは、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」にあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは、「U+505A」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-48-86」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「010070」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+505A」になります。 次に、「做」の熟語・「做」の音読みや訓読み・「做」を含む名前を紹介します。 「做」の熟語と音読み・訓読み にんべんに故と書く「做」の意味には、おこす・おこる・つくりなどがあります。 「做」の文字を含む熟語には、見做す・看做すなどがあります。 見做す・看做すの意味は、見て、これだと判定したり仮定したりすることです。 見届けるや見極める意味もあります。 「做」の音読みは、「サ」と「サク」になります。 「做」の訓読みは、「な(す)」になります。 次に、「做」の使い方を紹介します。 「做」の使い方 にんべんに故と書く漢字の「做」の熟語には「見做す・看做す」があります。 「做」の音読みはサ・サクで、訓読みは「な(す」」です。 「做」の使い方例を紹介します。 ・心做し・気持ちを取做す・代表的と見做す・不可能と見做す・ように思い做す ・欺瞞者であると見做す・連続体と見做す・集合体であると見做す・近似的と見做す ・本質と見做す、などがあります。

次の