鬼滅の刃受け。 (まとめ) コクヨ 強力パンチ 刃受け PN

#6 【乗っ取り】新しい本丸【きたー!!】

鬼滅の刃受け

キャプションをご覧になりましたか?! ダメな方は戻ってくださいな クッションページが最後の砦ですぞ! [newpage] 「本日よりこの本丸は私の物となります!!」 「キタァァァァァァァ!!」 「え?」 ぽかんとしている見習いとその後ろにいる刀剣男士たちをしり目に、主だったであろう彼女はコロンビアをかます。 「審神者様!!やっとでございますね!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 「さぁ!新たな本丸へまいりましょう!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 いつの間にか背負ったリュックを背に、彼女はゲートへダッシュした。 その顔に後悔はない、晴れやかなる笑顔である。 ちなみに、リュックには、刀が二本飛び出るようにして入っていた。 ちなみに、彼女の腰には短刀が一振り 彼女は、電話を片手にゲートをいじる。 「担当さん?!準備はOK?!」 『当たりまえだのクラッカー!!では、行きますよ!!』 ブゥンと音が鳴り、ゲートが開く。 そして、彼女は飛び込んだ 「I CAN FLY!!」 この間、見習いが事実上乗っ取りを宣言してから、三分の間のことである。 [newpage] 「綺麗な!こじんまりとした!新しい本丸!!楽園はここにあった!!」 「審神者様!審神者様!大豆、大豆を育てましょう!」 「もちのろん!!あぁ、その前に!!」 私は、小さな、完全に初期の本丸を前に、くるくるこんのすけと回っていた。 が、リュックを降ろして刀をぬき、腰から短刀をぬき、前にする。 「おはようございます!!」 ぽぽぽんと桜が咲いて、三人が顕現する。 そう、彼らは・・・・ 「主、おはよう」 「おはよう、小夜!さぁ、復讐をとげるためにも改造しようね!!」 「もちろん・・・!」 「おはようございます、あぁ、僕は部屋を整えてきますので、小夜と頑張ってきてください」 「おはよう、宗三!!金はある!好きなように部屋を整えてくれ!」 「おはようございます・・・あぁ、厨にいっても?」 「おはよう、江雪!もちろん!畑もおいおい大きくしていこう!!」 宗三が、部屋に向かっていき、江雪が厨、厨房に向かっていき、私と小夜は、板とトンカチとくぎをもって、天井裏に向かう。 ちなみに復讐とは、私をあんな本丸に放り込みやがった政府役人に対する復讐である。 そして、いままで我慢し続けて、つらい思いしてきたので、それにたいしてもである。 ちなみに、この左文字兄練度はカンスト済みである。 さて!話が理解できない!訳が分からないと思うだろう?! 私は政府に拉致されて、いわゆるホワイト本丸に投げ入れられた! ちなみにこれは刀剣男士にとってで、私にとってはブラック本丸である!! そこの審神者はどうしたかって? 現世に帰ったときに一発やって、お子さんできて、霊力がた落ちしちゃったんですって!! あほだな、しかも、恋人ってわけじゃなく、なんかセフレ的な感じの人だったらしいよ 恋人は別にいたらしい、そしてそれは刀剣男士たちも知っていて、歓迎していたらしい しかも、その恋人、私の友達で、審神者だった。 いきなり私の家に来て、大号泣して、お互いに飲み明かした。 これで終わればよかったのだが、このあと友人の交友関係を把握していた政府に私が審神者の力があるとわかり、ホワイト役員が勧誘に来る前に、ブラック役員が来てしまったのだ! そして、私はホワイト本丸刀剣男士に、「乗っ取りか!」「嘘つき!」「お前がいなくなれば主は帰ってくる!」などなど言われ、離れに追い立てられ、連絡ついた事情を知らない担当さんに話し、資材を手に入れ、鍛刀した。 結果、左文字兄弟が現れたのだ。 しばらくして、主と呼ばれるようになったが、部屋の内装は変えるな、景色もだめだ、畑で育てるのはこれだとやいやいいわれ、私的にはまだ前任のこと主と仰いでんだろうなと感じながら、左文字兄弟と過ごした。 正直言うとすごくイライラした、ビジネス関係に近い状態だった。 左文字兄弟は違うけどね!! 引継ぎ本丸は前任の手あかがびっしりだ、短刀達は「ここで主様と遊んだな・・・」とかいうし、他の刀剣男士も「主がここで・・・」てきなこというし・・・ 私が過ごしていた部屋も審神者部屋ではなく、違う部屋だった。 審神者部屋には入れさせてくれないし。 なんとかこの本丸を脱出できないか・・・・担当と左文字兄弟と話し合った。 そして一つの案が出た。 そうだ、乗っ取りだ。 この本丸は、レアがいる、三日月や小狐丸が、そして私と刀剣男士は不仲。 これほど乗っ取りやすい物件はあるまい。 が、追い出されてブラック本丸に送られたんじゃ目も当てられない。 なので私たちは策を練った。 担当がすこし悪ぶって「いい物件ありますぜぇ」とそこそこ位の高いやつをたぶらかし、表は正式な引継ぎとしてみてもらえるように、新しい本丸を用意しておく。 そして、見習いとして私の本丸に送り込み、刀剣男士たちを攻略 ちなみに前任、守ってあげたいゆるふわ系女子だったそうで、来た見習いもゆるふわ系女子 「ktkr」 そういったら小夜が、「きたこれ?」と首をかしげていった。 すごくかわいかった 刀剣男士たちは見習いにメロメロになった そして小夜の偵察がさえわたり、とうとう見習いが宣言する日になった。 左文字兄弟は顕現を解いて、隠れ、そして何か言われる前に私は逃走した。 計 画 通 り ! 相手は乗っ取りで、表は引き渡しだからなんも言えない。 刀剣男士たちは前の主に似た主をゲットできてハッピー! 私は改造できる新しい本丸を手に入れてハッピー!! 左文字兄弟たちものびのびできてハッピー!! 円満解決ですよ、おくさん!! 2週間足らずで私は欲しかった新しい本丸を手に入れたのだ! [newpage] ここで、仲間の紹介をさせていただきます!! まずは、私!審神者!!(ジョナ〇ン立ち) 基本、中にいるより外でヒャッハーしてた方が楽しい、アウトドア派 そして好きなことは改造!!友人には改悪になることたまにあるよな!って言われます!! 現在の目標は、本丸を改造して、忍者屋敷みたいなからくり屋敷にすること! ちなみに武器は、ナイフかな! 次、小夜左文字!短刀!!(斬り込みに行くポーズ) 一に復讐、二に復讐、三四も復讐、五も復讐!系天使 ひび、楽しんでいることが、前の本丸への復讐であると考えているので、楽しんでいる! ちなみに、私と共に本丸を改造しているよ!!忍者に少しあこがれがあるみたいで、凄い速さで動くよ! あと、興味あることはしっかり調べるタイプなのですごく手先が器用で、改造のときすごく助かってます! 次、宗三左文字!打刀!!(扇で口元隠したポーズ) 耽美に華麗、傾国に美しいお兄さん!! 一に対して100の言葉で嫌味を返すよ!強いね!舌剣ってやつかね?! インテリアの配置はお任せあれ!ファッションセンスはぴか一!! 銃兵は使えないけど、銃は扱えちゃうイッケメェェェンさん!! 敵をばっさばっさ斬っていくよ!打刀最弱だなんて言わせない!! 次、江雪左文字!太刀!!(お祈りをしているポーズ) 和睦大好きみんなのお兄さん!たまに和睦(物理)になるけど気にしてはいけない! 畑耕して、帰る家(本丸)を守るのが和睦につながると思っているよ! 一週間のうちに、一度本丸を急襲されたけど全員しばき倒していたよ!! ちなみに畑を荒らす害獣に容赦はない!! 最期にこんのすけ!(可愛いポーズ) 政府の連絡を伝えてくれる賢い管狐!モフモフで可愛いよ!! 審神者の味方、鍛刀を提案したのも彼だからね!! そして友人担当さん! ホワイティーな担当さん セクハラしてきた上司に顔面パンチ決めれる思い切った人 演技派で、凄い人 頭上がらないよね!! 「うんまーい!!手作り油揚げうんまーい!!」 「稲荷寿司うんまーい!米も手作りだからうんまーい!」 「今度は、そばも育ててみましょうか・・・」 「兄上・・・やりすぎて台所壊さないでくださいよ・・・?」 「干し柿ももうできるかなぁ・・・」 平和だ、平和だ・・・! 広間でのんびりテレビ見ていても、花見してても、仕事しろなんて言うやつはいないんだ・・・・! 天井から忍者のように降りても、床から飛び出しても構わないのだ・・・! こたつにはいってぬくぬくするために冬に景観を変えても怒られない・・・! 平和だ・・・平和だ・・・! 仕事も左文字+私で何とか回ってるし・・・! 「あとで出陣しに行くかー」 「厚樫山ですか?」 「僕も行く」 「では、私は本丸を守っています・・・お気を付けて」 江雪が門の前でお祈りをして、見送ってくれる。 もう嗅ぎ慣れたにおいが鼻をつく。 小夜が、前を見て索敵を開始した。 宗三が足に隠した拳銃の弾を確認する。 私は腰に差したナイフを確認した。 空が暗くなり、雷が鳴る。 そして奴らは出てきた。 「検非違使パイセンちーす!!」 「僕の刃受け止めてよ・・・!」 「僕に触れられるとでも?」 私たちは飛び出した。 [newpage] 「それで、見たことのない刀を拾ったと」 「うん、あのまま検非違使連戦でね、二振り落ちた。 えびがぷりぷりしてる」 「見たことないものなら縁もつながらないのではないかと思って、持ってきたのです。 かき揚げがすごくおいしいです」 「大きさ的に太刀だったよ・・・夜戦には向いてないね・・・大葉おいしい」 「そうですか・・・わかりました・・気に入っていただけて何よりです・・・」 「それにしてもなんていう刀なんでしょうか、後で調べてみますね」 今だ顕現していないドロップした刀 新しい仲間が増えるのはうれしいことだ。 このあと、刀を見たこんのすけが「あいえぇぇぇ?!なんでぇぇぇ?!」と叫ぶことになる まだこの時、検非違使が落すのは虎徹二振りだと思われてたらしい 私はそんなことも知らずにこんのすけが政府に確認しに行ってる間にも、二振りの練度を上げるために腰に差して戦場をヒャッハーしていた いや、みんなカンストしてるから一緒に行くと厚樫山以外、経験値もらえないんだよ・・・・.

次の

(まとめ) コクヨ 強力パンチ 刃受け PN

鬼滅の刃受け

キャプションをご覧になりましたか?! ダメな方は戻ってくださいな クッションページが最後の砦ですぞ! [newpage] 「本日よりこの本丸は私の物となります!!」 「キタァァァァァァァ!!」 「え?」 ぽかんとしている見習いとその後ろにいる刀剣男士たちをしり目に、主だったであろう彼女はコロンビアをかます。 「審神者様!!やっとでございますね!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 「さぁ!新たな本丸へまいりましょう!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 いつの間にか背負ったリュックを背に、彼女はゲートへダッシュした。 その顔に後悔はない、晴れやかなる笑顔である。 ちなみに、リュックには、刀が二本飛び出るようにして入っていた。 ちなみに、彼女の腰には短刀が一振り 彼女は、電話を片手にゲートをいじる。 「担当さん?!準備はOK?!」 『当たりまえだのクラッカー!!では、行きますよ!!』 ブゥンと音が鳴り、ゲートが開く。 そして、彼女は飛び込んだ 「I CAN FLY!!」 この間、見習いが事実上乗っ取りを宣言してから、三分の間のことである。 [newpage] 「綺麗な!こじんまりとした!新しい本丸!!楽園はここにあった!!」 「審神者様!審神者様!大豆、大豆を育てましょう!」 「もちのろん!!あぁ、その前に!!」 私は、小さな、完全に初期の本丸を前に、くるくるこんのすけと回っていた。 が、リュックを降ろして刀をぬき、腰から短刀をぬき、前にする。 「おはようございます!!」 ぽぽぽんと桜が咲いて、三人が顕現する。 そう、彼らは・・・・ 「主、おはよう」 「おはよう、小夜!さぁ、復讐をとげるためにも改造しようね!!」 「もちろん・・・!」 「おはようございます、あぁ、僕は部屋を整えてきますので、小夜と頑張ってきてください」 「おはよう、宗三!!金はある!好きなように部屋を整えてくれ!」 「おはようございます・・・あぁ、厨にいっても?」 「おはよう、江雪!もちろん!畑もおいおい大きくしていこう!!」 宗三が、部屋に向かっていき、江雪が厨、厨房に向かっていき、私と小夜は、板とトンカチとくぎをもって、天井裏に向かう。 ちなみに復讐とは、私をあんな本丸に放り込みやがった政府役人に対する復讐である。 そして、いままで我慢し続けて、つらい思いしてきたので、それにたいしてもである。 ちなみに、この左文字兄練度はカンスト済みである。 さて!話が理解できない!訳が分からないと思うだろう?! 私は政府に拉致されて、いわゆるホワイト本丸に投げ入れられた! ちなみにこれは刀剣男士にとってで、私にとってはブラック本丸である!! そこの審神者はどうしたかって? 現世に帰ったときに一発やって、お子さんできて、霊力がた落ちしちゃったんですって!! あほだな、しかも、恋人ってわけじゃなく、なんかセフレ的な感じの人だったらしいよ 恋人は別にいたらしい、そしてそれは刀剣男士たちも知っていて、歓迎していたらしい しかも、その恋人、私の友達で、審神者だった。 いきなり私の家に来て、大号泣して、お互いに飲み明かした。 これで終わればよかったのだが、このあと友人の交友関係を把握していた政府に私が審神者の力があるとわかり、ホワイト役員が勧誘に来る前に、ブラック役員が来てしまったのだ! そして、私はホワイト本丸刀剣男士に、「乗っ取りか!」「嘘つき!」「お前がいなくなれば主は帰ってくる!」などなど言われ、離れに追い立てられ、連絡ついた事情を知らない担当さんに話し、資材を手に入れ、鍛刀した。 結果、左文字兄弟が現れたのだ。 しばらくして、主と呼ばれるようになったが、部屋の内装は変えるな、景色もだめだ、畑で育てるのはこれだとやいやいいわれ、私的にはまだ前任のこと主と仰いでんだろうなと感じながら、左文字兄弟と過ごした。 正直言うとすごくイライラした、ビジネス関係に近い状態だった。 左文字兄弟は違うけどね!! 引継ぎ本丸は前任の手あかがびっしりだ、短刀達は「ここで主様と遊んだな・・・」とかいうし、他の刀剣男士も「主がここで・・・」てきなこというし・・・ 私が過ごしていた部屋も審神者部屋ではなく、違う部屋だった。 審神者部屋には入れさせてくれないし。 なんとかこの本丸を脱出できないか・・・・担当と左文字兄弟と話し合った。 そして一つの案が出た。 そうだ、乗っ取りだ。 この本丸は、レアがいる、三日月や小狐丸が、そして私と刀剣男士は不仲。 これほど乗っ取りやすい物件はあるまい。 が、追い出されてブラック本丸に送られたんじゃ目も当てられない。 なので私たちは策を練った。 担当がすこし悪ぶって「いい物件ありますぜぇ」とそこそこ位の高いやつをたぶらかし、表は正式な引継ぎとしてみてもらえるように、新しい本丸を用意しておく。 そして、見習いとして私の本丸に送り込み、刀剣男士たちを攻略 ちなみに前任、守ってあげたいゆるふわ系女子だったそうで、来た見習いもゆるふわ系女子 「ktkr」 そういったら小夜が、「きたこれ?」と首をかしげていった。 すごくかわいかった 刀剣男士たちは見習いにメロメロになった そして小夜の偵察がさえわたり、とうとう見習いが宣言する日になった。 左文字兄弟は顕現を解いて、隠れ、そして何か言われる前に私は逃走した。 計 画 通 り ! 相手は乗っ取りで、表は引き渡しだからなんも言えない。 刀剣男士たちは前の主に似た主をゲットできてハッピー! 私は改造できる新しい本丸を手に入れてハッピー!! 左文字兄弟たちものびのびできてハッピー!! 円満解決ですよ、おくさん!! 2週間足らずで私は欲しかった新しい本丸を手に入れたのだ! [newpage] ここで、仲間の紹介をさせていただきます!! まずは、私!審神者!!(ジョナ〇ン立ち) 基本、中にいるより外でヒャッハーしてた方が楽しい、アウトドア派 そして好きなことは改造!!友人には改悪になることたまにあるよな!って言われます!! 現在の目標は、本丸を改造して、忍者屋敷みたいなからくり屋敷にすること! ちなみに武器は、ナイフかな! 次、小夜左文字!短刀!!(斬り込みに行くポーズ) 一に復讐、二に復讐、三四も復讐、五も復讐!系天使 ひび、楽しんでいることが、前の本丸への復讐であると考えているので、楽しんでいる! ちなみに、私と共に本丸を改造しているよ!!忍者に少しあこがれがあるみたいで、凄い速さで動くよ! あと、興味あることはしっかり調べるタイプなのですごく手先が器用で、改造のときすごく助かってます! 次、宗三左文字!打刀!!(扇で口元隠したポーズ) 耽美に華麗、傾国に美しいお兄さん!! 一に対して100の言葉で嫌味を返すよ!強いね!舌剣ってやつかね?! インテリアの配置はお任せあれ!ファッションセンスはぴか一!! 銃兵は使えないけど、銃は扱えちゃうイッケメェェェンさん!! 敵をばっさばっさ斬っていくよ!打刀最弱だなんて言わせない!! 次、江雪左文字!太刀!!(お祈りをしているポーズ) 和睦大好きみんなのお兄さん!たまに和睦(物理)になるけど気にしてはいけない! 畑耕して、帰る家(本丸)を守るのが和睦につながると思っているよ! 一週間のうちに、一度本丸を急襲されたけど全員しばき倒していたよ!! ちなみに畑を荒らす害獣に容赦はない!! 最期にこんのすけ!(可愛いポーズ) 政府の連絡を伝えてくれる賢い管狐!モフモフで可愛いよ!! 審神者の味方、鍛刀を提案したのも彼だからね!! そして友人担当さん! ホワイティーな担当さん セクハラしてきた上司に顔面パンチ決めれる思い切った人 演技派で、凄い人 頭上がらないよね!! 「うんまーい!!手作り油揚げうんまーい!!」 「稲荷寿司うんまーい!米も手作りだからうんまーい!」 「今度は、そばも育ててみましょうか・・・」 「兄上・・・やりすぎて台所壊さないでくださいよ・・・?」 「干し柿ももうできるかなぁ・・・」 平和だ、平和だ・・・! 広間でのんびりテレビ見ていても、花見してても、仕事しろなんて言うやつはいないんだ・・・・! 天井から忍者のように降りても、床から飛び出しても構わないのだ・・・! こたつにはいってぬくぬくするために冬に景観を変えても怒られない・・・! 平和だ・・・平和だ・・・! 仕事も左文字+私で何とか回ってるし・・・! 「あとで出陣しに行くかー」 「厚樫山ですか?」 「僕も行く」 「では、私は本丸を守っています・・・お気を付けて」 江雪が門の前でお祈りをして、見送ってくれる。 もう嗅ぎ慣れたにおいが鼻をつく。 小夜が、前を見て索敵を開始した。 宗三が足に隠した拳銃の弾を確認する。 私は腰に差したナイフを確認した。 空が暗くなり、雷が鳴る。 そして奴らは出てきた。 「検非違使パイセンちーす!!」 「僕の刃受け止めてよ・・・!」 「僕に触れられるとでも?」 私たちは飛び出した。 [newpage] 「それで、見たことのない刀を拾ったと」 「うん、あのまま検非違使連戦でね、二振り落ちた。 えびがぷりぷりしてる」 「見たことないものなら縁もつながらないのではないかと思って、持ってきたのです。 かき揚げがすごくおいしいです」 「大きさ的に太刀だったよ・・・夜戦には向いてないね・・・大葉おいしい」 「そうですか・・・わかりました・・気に入っていただけて何よりです・・・」 「それにしてもなんていう刀なんでしょうか、後で調べてみますね」 今だ顕現していないドロップした刀 新しい仲間が増えるのはうれしいことだ。 このあと、刀を見たこんのすけが「あいえぇぇぇ?!なんでぇぇぇ?!」と叫ぶことになる まだこの時、検非違使が落すのは虎徹二振りだと思われてたらしい 私はそんなことも知らずにこんのすけが政府に確認しに行ってる間にも、二振りの練度を上げるために腰に差して戦場をヒャッハーしていた いや、みんなカンストしてるから一緒に行くと厚樫山以外、経験値もらえないんだよ・・・・.

次の

(まとめ) コクヨ 強力パンチ 刃受け PN

鬼滅の刃受け

キャプションをご覧になりましたか?! ダメな方は戻ってくださいな クッションページが最後の砦ですぞ! [newpage] 「本日よりこの本丸は私の物となります!!」 「キタァァァァァァァ!!」 「え?」 ぽかんとしている見習いとその後ろにいる刀剣男士たちをしり目に、主だったであろう彼女はコロンビアをかます。 「審神者様!!やっとでございますね!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 「さぁ!新たな本丸へまいりましょう!!」 「そうだね、こんのすけ!!」 いつの間にか背負ったリュックを背に、彼女はゲートへダッシュした。 その顔に後悔はない、晴れやかなる笑顔である。 ちなみに、リュックには、刀が二本飛び出るようにして入っていた。 ちなみに、彼女の腰には短刀が一振り 彼女は、電話を片手にゲートをいじる。 「担当さん?!準備はOK?!」 『当たりまえだのクラッカー!!では、行きますよ!!』 ブゥンと音が鳴り、ゲートが開く。 そして、彼女は飛び込んだ 「I CAN FLY!!」 この間、見習いが事実上乗っ取りを宣言してから、三分の間のことである。 [newpage] 「綺麗な!こじんまりとした!新しい本丸!!楽園はここにあった!!」 「審神者様!審神者様!大豆、大豆を育てましょう!」 「もちのろん!!あぁ、その前に!!」 私は、小さな、完全に初期の本丸を前に、くるくるこんのすけと回っていた。 が、リュックを降ろして刀をぬき、腰から短刀をぬき、前にする。 「おはようございます!!」 ぽぽぽんと桜が咲いて、三人が顕現する。 そう、彼らは・・・・ 「主、おはよう」 「おはよう、小夜!さぁ、復讐をとげるためにも改造しようね!!」 「もちろん・・・!」 「おはようございます、あぁ、僕は部屋を整えてきますので、小夜と頑張ってきてください」 「おはよう、宗三!!金はある!好きなように部屋を整えてくれ!」 「おはようございます・・・あぁ、厨にいっても?」 「おはよう、江雪!もちろん!畑もおいおい大きくしていこう!!」 宗三が、部屋に向かっていき、江雪が厨、厨房に向かっていき、私と小夜は、板とトンカチとくぎをもって、天井裏に向かう。 ちなみに復讐とは、私をあんな本丸に放り込みやがった政府役人に対する復讐である。 そして、いままで我慢し続けて、つらい思いしてきたので、それにたいしてもである。 ちなみに、この左文字兄練度はカンスト済みである。 さて!話が理解できない!訳が分からないと思うだろう?! 私は政府に拉致されて、いわゆるホワイト本丸に投げ入れられた! ちなみにこれは刀剣男士にとってで、私にとってはブラック本丸である!! そこの審神者はどうしたかって? 現世に帰ったときに一発やって、お子さんできて、霊力がた落ちしちゃったんですって!! あほだな、しかも、恋人ってわけじゃなく、なんかセフレ的な感じの人だったらしいよ 恋人は別にいたらしい、そしてそれは刀剣男士たちも知っていて、歓迎していたらしい しかも、その恋人、私の友達で、審神者だった。 いきなり私の家に来て、大号泣して、お互いに飲み明かした。 これで終わればよかったのだが、このあと友人の交友関係を把握していた政府に私が審神者の力があるとわかり、ホワイト役員が勧誘に来る前に、ブラック役員が来てしまったのだ! そして、私はホワイト本丸刀剣男士に、「乗っ取りか!」「嘘つき!」「お前がいなくなれば主は帰ってくる!」などなど言われ、離れに追い立てられ、連絡ついた事情を知らない担当さんに話し、資材を手に入れ、鍛刀した。 結果、左文字兄弟が現れたのだ。 しばらくして、主と呼ばれるようになったが、部屋の内装は変えるな、景色もだめだ、畑で育てるのはこれだとやいやいいわれ、私的にはまだ前任のこと主と仰いでんだろうなと感じながら、左文字兄弟と過ごした。 正直言うとすごくイライラした、ビジネス関係に近い状態だった。 左文字兄弟は違うけどね!! 引継ぎ本丸は前任の手あかがびっしりだ、短刀達は「ここで主様と遊んだな・・・」とかいうし、他の刀剣男士も「主がここで・・・」てきなこというし・・・ 私が過ごしていた部屋も審神者部屋ではなく、違う部屋だった。 審神者部屋には入れさせてくれないし。 なんとかこの本丸を脱出できないか・・・・担当と左文字兄弟と話し合った。 そして一つの案が出た。 そうだ、乗っ取りだ。 この本丸は、レアがいる、三日月や小狐丸が、そして私と刀剣男士は不仲。 これほど乗っ取りやすい物件はあるまい。 が、追い出されてブラック本丸に送られたんじゃ目も当てられない。 なので私たちは策を練った。 担当がすこし悪ぶって「いい物件ありますぜぇ」とそこそこ位の高いやつをたぶらかし、表は正式な引継ぎとしてみてもらえるように、新しい本丸を用意しておく。 そして、見習いとして私の本丸に送り込み、刀剣男士たちを攻略 ちなみに前任、守ってあげたいゆるふわ系女子だったそうで、来た見習いもゆるふわ系女子 「ktkr」 そういったら小夜が、「きたこれ?」と首をかしげていった。 すごくかわいかった 刀剣男士たちは見習いにメロメロになった そして小夜の偵察がさえわたり、とうとう見習いが宣言する日になった。 左文字兄弟は顕現を解いて、隠れ、そして何か言われる前に私は逃走した。 計 画 通 り ! 相手は乗っ取りで、表は引き渡しだからなんも言えない。 刀剣男士たちは前の主に似た主をゲットできてハッピー! 私は改造できる新しい本丸を手に入れてハッピー!! 左文字兄弟たちものびのびできてハッピー!! 円満解決ですよ、おくさん!! 2週間足らずで私は欲しかった新しい本丸を手に入れたのだ! [newpage] ここで、仲間の紹介をさせていただきます!! まずは、私!審神者!!(ジョナ〇ン立ち) 基本、中にいるより外でヒャッハーしてた方が楽しい、アウトドア派 そして好きなことは改造!!友人には改悪になることたまにあるよな!って言われます!! 現在の目標は、本丸を改造して、忍者屋敷みたいなからくり屋敷にすること! ちなみに武器は、ナイフかな! 次、小夜左文字!短刀!!(斬り込みに行くポーズ) 一に復讐、二に復讐、三四も復讐、五も復讐!系天使 ひび、楽しんでいることが、前の本丸への復讐であると考えているので、楽しんでいる! ちなみに、私と共に本丸を改造しているよ!!忍者に少しあこがれがあるみたいで、凄い速さで動くよ! あと、興味あることはしっかり調べるタイプなのですごく手先が器用で、改造のときすごく助かってます! 次、宗三左文字!打刀!!(扇で口元隠したポーズ) 耽美に華麗、傾国に美しいお兄さん!! 一に対して100の言葉で嫌味を返すよ!強いね!舌剣ってやつかね?! インテリアの配置はお任せあれ!ファッションセンスはぴか一!! 銃兵は使えないけど、銃は扱えちゃうイッケメェェェンさん!! 敵をばっさばっさ斬っていくよ!打刀最弱だなんて言わせない!! 次、江雪左文字!太刀!!(お祈りをしているポーズ) 和睦大好きみんなのお兄さん!たまに和睦(物理)になるけど気にしてはいけない! 畑耕して、帰る家(本丸)を守るのが和睦につながると思っているよ! 一週間のうちに、一度本丸を急襲されたけど全員しばき倒していたよ!! ちなみに畑を荒らす害獣に容赦はない!! 最期にこんのすけ!(可愛いポーズ) 政府の連絡を伝えてくれる賢い管狐!モフモフで可愛いよ!! 審神者の味方、鍛刀を提案したのも彼だからね!! そして友人担当さん! ホワイティーな担当さん セクハラしてきた上司に顔面パンチ決めれる思い切った人 演技派で、凄い人 頭上がらないよね!! 「うんまーい!!手作り油揚げうんまーい!!」 「稲荷寿司うんまーい!米も手作りだからうんまーい!」 「今度は、そばも育ててみましょうか・・・」 「兄上・・・やりすぎて台所壊さないでくださいよ・・・?」 「干し柿ももうできるかなぁ・・・」 平和だ、平和だ・・・! 広間でのんびりテレビ見ていても、花見してても、仕事しろなんて言うやつはいないんだ・・・・! 天井から忍者のように降りても、床から飛び出しても構わないのだ・・・! こたつにはいってぬくぬくするために冬に景観を変えても怒られない・・・! 平和だ・・・平和だ・・・! 仕事も左文字+私で何とか回ってるし・・・! 「あとで出陣しに行くかー」 「厚樫山ですか?」 「僕も行く」 「では、私は本丸を守っています・・・お気を付けて」 江雪が門の前でお祈りをして、見送ってくれる。 もう嗅ぎ慣れたにおいが鼻をつく。 小夜が、前を見て索敵を開始した。 宗三が足に隠した拳銃の弾を確認する。 私は腰に差したナイフを確認した。 空が暗くなり、雷が鳴る。 そして奴らは出てきた。 「検非違使パイセンちーす!!」 「僕の刃受け止めてよ・・・!」 「僕に触れられるとでも?」 私たちは飛び出した。 [newpage] 「それで、見たことのない刀を拾ったと」 「うん、あのまま検非違使連戦でね、二振り落ちた。 えびがぷりぷりしてる」 「見たことないものなら縁もつながらないのではないかと思って、持ってきたのです。 かき揚げがすごくおいしいです」 「大きさ的に太刀だったよ・・・夜戦には向いてないね・・・大葉おいしい」 「そうですか・・・わかりました・・気に入っていただけて何よりです・・・」 「それにしてもなんていう刀なんでしょうか、後で調べてみますね」 今だ顕現していないドロップした刀 新しい仲間が増えるのはうれしいことだ。 このあと、刀を見たこんのすけが「あいえぇぇぇ?!なんでぇぇぇ?!」と叫ぶことになる まだこの時、検非違使が落すのは虎徹二振りだと思われてたらしい 私はそんなことも知らずにこんのすけが政府に確認しに行ってる間にも、二振りの練度を上げるために腰に差して戦場をヒャッハーしていた いや、みんなカンストしてるから一緒に行くと厚樫山以外、経験値もらえないんだよ・・・・.

次の