スイッチ ライト 遊べ ない ソフト。 スイッチライトの対応ソフト・非対応の見分け方!遊べないのはどれ?

ニンテンドースイッチライトはソフトの共有はできるの?【Nintendo Switch Lite】

スイッチ ライト 遊べ ない ソフト

スイッチライトはうちでは2台目スイッチになるのですが、ゲームの起動でいつも「ソフトが遊べるかチェック」がかかりネット接続が必要となります。 どうやら「いつもあそぶ本体」として設定されていないと毎回出るようです。 ここでは設定変更方法を紹介します。 ソフトを遊べるかチェックとは? スイッチを使っていると何度か見たことがあるメッセージのひとつは「ソフトを遊べるかチェック」でしょう。 これは発売前に購入してダウンロードしているゲームを、発売日当日に立ち上げるとこのメッセージが出ます。 ネット経由で購入したかどうかを確認しているようです。 通常は事前購入・ダウンロードしていて発売日になっていれば、問題なくゲームを起動できます。 「このソフトはまだあそべません。 しばらく待って、やりなおしてください」 事前ダウンロードしていて発売日になっているのに、チェックが通らない場合があります。 まずは、ネットに接続していることを確認しておきましょう。 右上にWiFiアイコンがちゃんと出ていれば接続されています。 ごくまれに、日にちがかわって発売日になったのにこのエラーがでるケースがあります。 例えば「どうぶつの森」は人気作品なだけあって、アクセスが集中したためかこのようなエラーになることが多かったようです。 この場合には残念ながらこちら側には対処方法はありません。 何度も試してみるか、時間をおいてから試すしかなさそうです。 ソフトを遊べるかチェックが何度も出る? スイッチライトはうちでは2台目スイッチです。 両方とも同じアカウントで利用していますが、スイッチライトのほうでは毎回ゲームを起動すると「ソフトを遊べるかチェック」が行われます。 ネットが常時オンになっている必要がありますし、せっかく遊びたいのにこれで数秒無駄にするのも面倒です。 どうやら2台スイッチがある場合、片方がメイン、もう片方はサブとなります。 サブのほうでは毎回ゲームの起動チェックがかかる... という仕様のようです。 サブ機を主に使っている場合には、サブ機 うちの場合はスイッチライト)をメイン機にする設定変更をしておく必要があります。 先にいつも遊ぶ本体を解除する まずメインである初代スイッチで解除を行います。 eショップへアクセスし、マイアカウントへ移動します(右上の自分のアカウントアイコン)。 すると下のほうに「いつもあそぶ本体」という設定があるので「解除」ボタンを押します。 解除が行われると、次にショップを起動した機種が「いつも遊ぶ本体」となります。 スイッチライトからいつも遊ぶ本体へ登録する 今度はスイッチライトのほうからeShopへアクセスします。 するとなんと... 設定の読み込みに失敗でした。 が、その後再起動がかかりeShopへ無事アクセス可能。 マイアカウントアイコンをみてみるt、こちらが本体へと設定されていました。 念のためスイッチライト上でゲームを起動すると、遊べるかチェックはなくなりました。 今回はスイッチライトをメインに使う場合です。 この設定をすると今度はもともと使っていたスイッチのほうで「遊べるかチェック」が毎回出るようになると思います。 注意しましょう。 apicode.

次の

新型Switch Liteと従来機の違いは? なくなった機能や非対応ソフトはあるの?

スイッチ ライト 遊べ ない ソフト

Amazon限定でソフトのポケモンソードシールドとセットになった限定商品では、以下の特典がついています。 任天堂スイッチの 希望小売価格が29,980円+税ですから1万円ほど安いですね。 安いのは以下に書くような制限があるからです。 ちなみに2台目のサブとしてライトを買おうとしている人は任天堂スイッチ本体には(マイニンテンドー限定)という安く2台目のスイッチ本体を買うサービスもあります。 よって、そちらの価格を見てから買うのかどうかと決めた方が良いでしょう。 記事作成段階では任天堂スイッチの2台目セットの価格は26,978円でした。 ・携帯モード専用 任天堂スイッチライトは携帯モードのみ可能であり、 従来のスイッチのようにTVモードやテーブルモードで遊ぶことはできないのでご注意ください。 ・テレビに表示できない 任天堂ライトは「Nintendo Switchドック」に非対応。 よって、テレビに接続することができません。 ・Joy-Con(ジョイコン)がついていない 従来の付属の任天堂スイッチはJoy-Con(ジョイコン)でHD振動やモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶことができます。 しかし、ライトはついていないので振動機能とモーションIRカメラを使用したゲームを遊ぶには別途Joy-Conを用意する必要があります。 ・【重要点】遊べるソフトに制限がある【注目点】 任天堂スイッチライトの携帯モードに対応したすべての任天堂スイッチソフトを遊ぶことができますが、ライトには遊ぶことができないソフトもあります。 基本的には パッケージの裏面にある「携帯モード」対応マークを見れば確認できます。 スイッチライトの対応ソフトの確認方法の詳細は「」をご覧ください。 ただし、「携帯モード」に対応していないソフトでも、別途「」と「」をお買い求めいただくことで、プレイいただけるソフトもあります。 マリオパーティ、任天堂ラボなどがそれらに当たります! 詳しくは「」 またマリオテニスエースなど遊び方に制限があるソフトもあります。 詳しくは「」.

次の

Nintendo SwitchとSwitch Lite、どっちを買うべき? 比較して違いを検証

スイッチ ライト 遊べ ない ソフト

携帯ゲーム専用ながら、オリジナルの「Nintendo Switch」(スイッチ)よりも10,000円ほど安い「Nintendo Switch Lite」(スイッチライト)。 すでにスイッチを持っているものの、自分の携帯用、もしくは自分以外の家族用に2台目として購入する、という人も多いでしょう。 しかし、自分や家族など複数のアカウントでスイッチライトを2台目として使う場合、「いつもあそぶ本体」という設定が必要になります。 この設定次第では、マイニンテンドーストアからダウンロード購入したゲームの使用に制限がかかってしまうことがあります。 スイッチライトを2台目として使う場合は「いつもあそぶ本体」の設定に注意が必要 ゲームをパッケージでしか買わないという人は「いつもあそぶ本体」の設定については特に気にしなくても問題ありません。 しかし、ダウンロード専売ソフトも増えており、最近では発売日当時にいち早く遊ぶためダウンロード購入しかしないという人も多いでしょう。 そういった人たちのために、本記事はスイッチライトを自分用や家族用の2台目として利用する際の注意点を解説します。 自分用の2台目としてスイッチライトを使用する場合 もともと持っているスイッチを自宅用に、スイッチライトを外出時の携帯用にし、ひとりで2台を運用する人もいるでしょう。 その場合は、ひとつのニンテンドーアカウントをスイッチとスイッチライトの両方に登録することになります。 この際に、スイッチを「いつもあそぶ本体」に設定すると、スイッチでは購入したダウンロードソフトをいつでも遊ぶことができますが、スイッチライトではインターネットに接続しているときしか購入したダウンロードソフトを遊べません。 つまり、スイッチライトを外に持ち出してダウンロードソフトを遊ぶ場合は、インターネット環境が必要になるわけです。 インターネットに接続されていない「いつもあそぶ本体」でダウンロードソフトを遊ぼうとすると、ゲームは起動しません そのため、この運用を考えている人は、携帯用のスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定することで、インターネット環境がある自宅ではスイッチで、外出先では「いつも遊ぶ本体」のスイッチライトでダウンロードソフトを制限なく遊ぶことができるようになります。 ただし、インターネットに接続していようとも、スイッチとスイッチライトで同時に、同じダウンロードソフトを起動することはできません。 「いつも遊ぶ本体」の設定を間違えると、スイッチライトではダウンロードソフトをインターネット環境のない場所で遊べなくなるので、注意してください。 スイッチライトを家族や子ども用の2台目として使用する場合 次は、自分がスイッチを、奥さんや子どもなど家族がスイッチライトを使う場合の注意点を解説します。 こういった人の場合は、おそらく家族全員が、もともと持っているスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定しているはずです。 少しややこしいので、お父さんと子どもを例にして説明します。 この場合、「いつもあそぶ設定」は以下の4パターンになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 3. お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 1および2の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 この場合、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で、お父さんが購入したダウンロードソフトを遊べません。 もし、お父さんがすべてのダウンロードソフトを購入していると、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で遊べるソフトがひとつもない、なんてことも起こりえます。 おそらく、お父さんが子どものソフトも購入するケースが1番多いのではないでしょうか。 そのため、お父さんと子どもの両方が、子どもがメインで遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」に設定するのがベターです。 この設定であれば、子どもは誰のアカウントで購入したか関係なくダウンロードソフトを遊べます。 スイッチライトを子ども用にするならば、スイッチライトをお父さんと子どもの「いつもあそぶ本体」に設定しましょう。 3および4の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 こちらは、さらに複雑になっています。 お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 ここでも、1番多いと思われる、お父さんが子どものソフトもすべて購入するパターンで考えてみます。 3の場合だと、子どもは「いつもあそぶ本体」のスイッチライトでお父さんが購入したソフトを遊べません。 なので、3は回避するべきです。 4の場合だと、子どもはスイッチライトでお父さんが購入したダウンロードソフトは遊べます。 とはいえ、子どもが今後自分のアカウントでダウンロードソフトを購入しても、スイッチライトで購入したダウンロードソフトを遊ぶにはネット接続が必須となります。 つまり、外で使うことが多いスイッチライトなのに、外出先ではソフトを遊べないこともあるというわけです。 そもそも、子どもがスイッチライトを利用するのに、「いつもあそぶ本体」はスイッチに設定するというのは、何か気持ち悪い気がしてしまいます。 この4パターンから考えると、お父さんがスイッチを、子どもがスイッチライトをメインに使う場合、「2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定」が最も制限が少なく遊べるでしょう。 「いつもあそぶ本体」によるアカウント管理はかなり複雑です。 正直なところ、筆者も解説記事を書きながら混乱してしまいました。 せめて、家族間だけでも「いつもあそぶ本体」設定によるダウンロードソフトの使用制限をゆるくできないものかとも思います。

次の