白内障 目薬。 白内障手術後は目薬が必要?知っておきたい術後のケアをご紹介!

白内障は目薬で治るのか?

白内障 目薬

眼内レンズと目薬 白内障で眼内レンズを入れた患者さんってふつうに目薬使っていいのかな、と素朴な疑問。 レンズに影響を及ぼす薬などは無いのか。 キサラタン、ザラカム、タプロス、デュオトラバの添付文書には、慎重投与の項目に、 「無水晶体眼又は眼内レンズ挿入眼の患者[のう胞様黄斑浮腫を含む黄斑浮腫、及びそれに伴う視力低下を起こすおそれがある。 ]」 と、書いてある。 白内障術後のプロスタグランジン関連点眼薬の使用には注意を要するようです。 新しめの薬だけ記載されているだけで、他の目薬でも注意は必要。 黄斑浮腫の原因は防腐剤? 緑内障の治療薬であるプロスタグランジン関連点眼薬を白内障の手術後早期に使うと、黄斑浮腫が多発します。 黄斑浮腫は、網膜の中心である黄斑部がむくみ、視力低下や視界がぼやける・ゆがむなどの症状を示す疾患です。 防腐剤であるベンザルコニウム塩化物が原因と考えられ、「防腐剤黄斑症」という名称が提唱されました。 トラバタンズの開発はこの点も考慮したと思われますが、ベンザルコニウム塩化物を含有しない同剤では確かに黄斑浮腫の発生頻度が低いとの報告がある一方、低頻度ではあってもゼロではないことから、主剤の副作用である可能性も疑われています。 白内障の手術方法 白内障の手術をしてきた患者で、「抜糸してもらった」という患者がいた。 そのときは「眼を縫ったりするんだ」と驚きました。 私も高齢になればいずれ白内障の手術を受けることになるのだろうと思いますが、目にメスを入れると想像しただけでも背筋がゾクっとなります。 さらに縫合までされることを想像すると、「できれば縫合しない方法でやってほしい」と思います。 白内障の術式にはいろいろあるようですが、大きな違いはメスを入れる場所。 黒目側から切目を入れる「角膜切開」と、白目側に切目を入れる「強角膜切開」があります。 角膜切開の場合、角膜には血管がないので出血をしない。 ワーファリンなど抗血栓薬飲んでいる患者にも手術しやすい。 切開の大きさも小さく、縫合する必要もない。 日帰り手術できる。 点眼麻酔で済む。 強角膜切開の場合、出血するし、縫合しないといけないし、入院しないといけない。 眼球に麻酔を注射しないといけない。 とデメリットばかりのように感じますが、角膜切開のほうが強角膜切開より術後眼内炎が多いという報告もあるので、一概にどっちがいいとも言い難い。 686• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

やさしい白内障のおはなし/医学小知識

白内障 目薬

「白内障の治療」と聞いてまずピンとくるのは「手術」ですよね? 実際に、白内障患者の大多数が手術治療にて対応していますし、眼科医も、患者の体にその他の合併症の危険性やよっぽどのことが無い限り手術をまず勧めてきます。 けれど正直「眼球を手術なんて…」という不安はありますよね。 そこで白内障は目薬、つまり点眼剤で治療はできないのか?また白内障患者に処方される目薬とはどういったものなのか? という部分を説明していきたいと思います。 白内障とはそもそも、 眼球の中にある「水晶体」が酸化し、傷がついてしまうことで起こる病気です。 白内障になると眼球の黒目の中心から徐々に白いもやのような色が広がっていくので、ある程度病気が進行した患者なら、第三者から見ても「あの人は白内障なんだな」とわかるくらいになってしまいます。 そして白内障の手術というのは、その傷ついてしまった水晶体を眼球内部から取り除き、そのかわりに水晶体の役割をしてくれる人工レンズを埋め込むという方法です。 基本的には特に大変な手術でもないですし、局部麻酔のみで行える手術でもあるので白内障になるとまず手術を勧められますね。 その際に目薬を処方されることもありますが、それは基本的に術後の目を保護するような役割として処方されることが多いのです。 まず、結論から行ってしまえば海外で販売されている一部 キャンCやシーナックなどの個人輸入で買える目薬を除いて、日本で買えるもの、医師から処方される目薬で白内障を完治させるのは不可能に近いです。 どういうことかというと、白内障患者に処方される目薬というのは「白内障の症状の進行を遅らせるもの」と「白内障の予防になるもの」の2種類であることがほとんどで、白内障の症状を目薬によって「回復させる」というのが難しいからです。 この2種類の目薬も、どういった時に処方されるかというと、「その段階では白内障と確定はできないが白内障の疑いがあるとき」や、「白内障と断定されてから手術までに間が空いてしまうので、その間症状が進行しないようにするため」など、結局は最終的に「手術」があるというのが前提として処方されるものという認識があったのです。 上記で説明した一文にあった「海外で販売されている一部の通販型の目薬」これは「白内障治療の点眼薬」として販売されています。 点眼薬の名前はキャンC、シーナックの2種類です。 上記では「予防」と「症状を遅らせる」ことしかできない薬ばかりだと説明したのにどういうことなのか? まずは、白内障のしくみからご説明します。 そもそも白内障は眼球内の成分「カルノシン」が少なくなり、酸化、そしてそのために傷がついてしまうことで起こってしまう病気ですが、この酸化を防いでくれる「カルノシン」という成分は年を重ねるごとに体の中から消えてしまい、また食事等では摂取できない成分になります。 なのであたらしく栄養素を作ることができないので白内障になってしまったら手術しか方法がない、と言われています。 けれど、「キャンC」や「クララスティル」といった海外で特許を取得した「白内障を治療する目薬」は「カルノシン」の代わりになってくれる「Nカルノシン」という人工アミノ酸を開発し、目薬にすることで点眼でも白内障の治療を可能にしているのです。 基本的に「目薬で白内障の治療をするのは不可能」と言われていましたが、現在海外で販売されている一部の目薬は「白内障が治療できる点眼薬」としてじわじわと人気が出ています。 けれど「やはり海外製品は…」や「手術するくらいだったら」と不安は様々だとは思います。 やはり手術を!という場合はもちろんそれでもよいかとは思いますし、点眼剤を使うのなら自分に合っているものかどうか、副作用がないか、などはもちろんのこと、金額面で自分の負担にならないかどうかなど、しっかり調べてからの検討をおすすめいたします。

次の

犬の白内障目薬格安1本2125円クララスティル業界特価66%OFF

白内障 目薬

白内障の目薬には、副作用があるのでしょうか。 白内障の治療において目薬を使用することがあり、通常であればそれによって眼の感染を予防していく効果があります。 その一方で副作用についても発症することがあるため、それはどんな症状であるか説明をしていきます。 スポンサーリンク 1つめの副作用として、目薬の使用において眼ヤニや涙が出やすくなってしまうことがあります。 確かに白内障の症状を抑えたり緩和することは可能ですが、その一方でこういったことを誘発することがあります。 ですがこういった症状については痛みを感じるといったものではないため、その点については特徴でもあります。 ただ白内障の完治する速度については遅れてしまうことがあるので、万が一発症した場合には眼科を受診していきます。 眼科を受診すれば医師による適切な対応を勧められるため、眼ヤニや涙が出やすくなる症状を改善することが出来ます。 これが1つめの副作用となっており、治療の一環として使用をすると発症することがあります。 スポンサーリンク 目薬を使用して白内障の治療をした場合において、2つめに起きる可能性がある副作用として眼の痒みがあります。 これは眼に強い刺激がかかってしまうことが要因となっており、その影響を受けて痒くなってしまうことがあります。 眼をかいてしまうと細菌が入ってしまうことがあるため、副作用として危険な部類に該当します。 対策としてこういった症状が出た場合においては、目薬の使用を中断してすぐに眼科で診てもらうことが大切です。 眼科では眼の検査を行っているクリニックとなっているので、原因について詳細に調べることが出来ます。 それを診察したうえで薬が処方されるので、白内障治療と並行して使い続けることが出来るようになります。 また眼ヤニや涙が出やすくならないことが前提となっているため、安全性においても保証されているのが特徴です。 なので症状の治療期間中である場合には、目薬については市販薬ではなく眼科で処方をしてもらった方が良いです。 スポンサーリンク.

次の