お忙しい中ご返信ありがとうございます 英語。 敬語「ご連絡ありがとうございます」の使い方と類似表現のご紹介

今日から使える!英語のビジネスメール例文&フレーズ<応用編>

お忙しい中ご返信ありがとうございます 英語

例えば「お忙しいところ恐縮ですが、来週の会議の議事録に目をお通しの上、こちらまで返信いただけないでしょうか」という使い方をします。 例えば「お忙しいところ申し訳ありませんが、先週仕入れました貴社の商品の数量が不足しているようですので、お手数ですがご確認願えないでしょうか」という使い方をします。 例えば「必要事項に未記入がございますので、お忙しいところお手数をおかけしますがご確認願えませんでしょうか」という使い方をします。 メールの関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「手間」は「手数」の類語で、「労苦や面倒のこと」を指します。 例文は、「お忙しいところお手間を取らせますが、先日のコンペについての報告書を添付いたしますので、ご確認の上ご返信願います」です。 例文は、「お忙しいところ恐れ入りますが、先日ご連絡いただきました弊社の商品にのクレームにつきまして、調査結果の詳細をご報告いたしますので、ご確認の上ご連絡いただけないでしょうか」という使い方をします。 これは最もシンプルな返信のフレーズで、このままメールの書きはじめに入れます。 「お忙しいところご返信ありがとうございます」とすれば、もう少し丁寧なフレーズになります。 この返信例文は、相手が何かをしてくれた場合の返信となります。 例えば「お忙しいところ、弊社の問い合わせにお答えくださり、お手数おかけいたしました」という文章になります。 「時間を割く さく 」とは「時間を費やす」という意味です。 例文は、「お忙しいところ、先日の問い合わせのためにお時間を割いていただきありがとうございます」です。 例えば「お忙しい中恐れ入りますが、先日見積もりいたしました物件につきまして、書類一式のコピーを添付しておりますので、ご一読の上弊社までご返事をよろしくお願いいたします」です。 例えば、「お忙しい中恐縮ですが、メールでのご連絡をいただき、ありがとうございました」という使い方をします。 例えば、「お忙しい中お手数をおかけしますが、ご提案の件を社内にてご検討いただけますよう、何卒 なにとぞ よろしくお願いいたします」というつかいかたをいたします。 例えば「お忙しいとは存じますが、先日お問い合わせいただいた弊社の商品のクレームにつきまして、詳細についての書類一式のコピーを添付しておりますので、お客様にはよろしくご対応お願いいたします」という使い方をします。 例えば「ご迷惑をおかけしますが。 今回イベントが中止になりました件について、諸々調整いただけますよう、よろしくお願いいたします」という使い方をします。 ビジネスメールの関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 例えば「お手数おかけしますが、来月開催予定のイベントの会場について、設営の際はご協力のほどよろしくお願いいたします」とか、「お手数おかけしますが、先日お問い合わせの件のご返事を、よろしくお願いいたします」という使い方をします。 「多忙」の意味は「非常に忙しい様子」です。 例文は「ご多忙のところ恐れ入りますが、こちらに必要事項をご記入ください」です。 「ありがたい」の敬語についての記事もありますので、合わせてご覧ください。 「多用」は「用事が多いこと」という意味です。 「ご多用のところお手数ですが、見積書をお送りいたしますのでご確認お願いいたします」とか「ご多用のところ恐縮ですが、イベントの日時についてご一報いただけましたら幸いです」という使い方をします。 例えば「ご多用中と存じますが、貴社に納品いただいた商品に欠陥が見つかりましたので、ご報告させていただきます」という使い方をします。 ビジネスメールで使える、「以後気を付けます」の敬語や丁寧語の関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 例文は「I am sorry to bother you to give me your hand about this project. このプロジェクトについてお手を煩わせて申し訳ありません 」です。 例文は「I'm sorry to disturb you when you are so busy. お忙しいところを失礼いたします 」です。 「disturb」は「邪魔をする」という意味の動詞です。 例文は「I apology to bother you to help me for this report. この報告書について助けていただいて申し訳ありません 」です。 「お忙しいところ」の誤用や使い方の注意点は? 相手に指図をするのは誤用 「お忙しいところ」を使う場合には、相手に何かをお願いしたり要求したりするメールが多いですが、相手に指図をするのは間違った使い方です。 例えば「早めにお返事をお願いします」「早急に返信をお願いします」という言葉が続くのは、忙しい相手に失礼になります。 「お忙しいところ」は何度も使わない 「お忙しいところ」という言い回しは、何かを依頼するのに便利な言葉なので、メールや手紙文では比較的よく使われます。 ですがあまり頻繁に使うと、相手に伝えたい内容が明確になりません。 1つの手紙文やメールの中では何度も使うのを避け、受け取り手に伝える内容の趣旨を明確にしましょう。 文末にクエスチョンマークを付けない 「お忙しいところ」という言葉を使うケースでは、受け取る相手に何かを要求や依頼することが多いので、「~して頂けないでしょうか」という疑問の形で文末を結ぶことがほとんどです。 ビジネスメールの場合には、受け取り手が年配のこともありますので、横書きの文章であってもクエスチョンマークを使うのはご法度です。 相手によって言葉を使い分ける 「お忙しいところ」という言葉は使いやすい決まり文句ですが、目上の方に出す手紙文やビジネスメールでは、類語の「ご多忙のところ」や「ご多用のところ」を使うように心がけた方が良いでしょう。 「ご多忙のところ」や「ご多用のところ」は堅苦しいニュアンスがありますが。 相手によっては好まれる傾向があります。 使いやすいので覚えておきたい「お忙しいところ」という言葉の使い方 「お忙しいところ」という言葉は大変使いやすく、手紙文やビジネスメールだけでなく、誰かに電話をかける場合にもよく使われます。 それだけに多様な使い方がありますので、働いている人間にとってはぜひ使いこなしたい表現であるといえます。 これから社会に出る学生でも、使い方が覚えやすい表現です。 日本語は、手紙文やメールでの決まり文句が多いうえに、謙譲語や敬語も難なく使いこなすことが要求されます。 「お忙しいところ」はそういった決まり文句の中では理解しやすい言葉なので、メールでの依頼や要求をする場合にすぐに使えるように、使い方をよく読んで覚えておくといいでしょう。 いざという時に役に立ちます。 今はボーダーフリーの時代ですので、英語での決まり文句も覚えておくと便利です。 英語を母国語にしていない国々でも、英語はすでにビジネスでの共通語となっているからです。 外国向けのビジネスメールも含めて、相手によって決まり文句を使い分けられるようになれば、ビジネスメールを書くことに自信がつくようになります。

次の

今日から使える!英語のビジネスメール例文&フレーズ<応用編>

お忙しい中ご返信ありがとうございます 英語

"To-Take-time-out " means that someone has specialy chosen to make time for you even though they had other things to do during that time. We can also use "I appreciate" which means that you understand the hectic schedule that the other person has and that you are truly grateful and thankful that they have chosen to help you instead. I really appreciate your time, I know you are very busy. 私はあなたの時間を本当に感謝します、私はあなたが非常に忙しいことを知っています。 You can let the person know that you value their time, even though they are busy. Value is another word for appreciate. Thank you for helping me despite your busy schedule. 忙しいスケジュールにもかかわらず、私を助けてくれてありがとう。 To thank someone is to express gratitude for something they have done. "Thank you for your honest effort" または、 "Thank you for your hard work"と言うこともできます 彼らの仕事が「正直」であったことを人に伝えることは、聞いてもらってとてもいい言葉になります。 「これらの箱を運ぶのに貴重な時間をとってくれてありがとう」 「私のためにその論文を編集する貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 「休暇中に私の犬に餌を与える貴重な時間をとっていただきありがとうございます」 この表現はとても丁寧に聞こえます。 If your colleague is always busy, then a short and concise message is all that may be appropriate. You simply acknowledge that he has helped you by saying thanks. Such messages could even be said as you pass each other in the corridor, or come across each other briefly in the lift - or even the washroom! Someone who is usually very busy with one's own tasks, may hardly find time to help someone else who is similarly inundated with a lot of work. Its a difficult decision to make to temporarily abandon your equally urgent tasks in order to help another person. So, if you get such a favor from someone, you may say: Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. or Thank you so much for helping me out even though you are very busy. or Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. 大体みんな自分の仕事で忙しいけれど、その合間を縫って手伝ってもらった時はお礼を言いたいですよね。 相手も同じように重要な仕事を抱えている場合は、手助けをすることがとても難しいと思うので、そんな状況でも助けてもらった場合はこのような表現が使えます Thank you so much for according me your time despite your busy schedule. (忙しい中、私の事を手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for helping me out even though you are very busy. (忙しいのに手伝ってくれてありがとう) Thank you so much for according me your time out of your busy schedule. (忙しい中私のために時間を使ってくれてありがとう) 1 Thank you very much for your time despite your busy schedule. は"despite"をつかった「〜にもかかわらず」を使用した表現です。 例えば、Thank you for assisting me today despite your busy schedule. 「今日はお忙しいにもかかわらずお手伝いいただきありがとうございました。 」など。 despite your busy schedule「お忙しいにもかかわらず」を口頭ではなくどちらかといえばメールや書面で表す表現です。 2 例えば Thank you for your taking your precious time for the interview today. 「本日は面接にて貴重なお時間をいただきありがとうございます。 」というようにこちらもビジネスでよく使います。 お手紙やメールでも使えます。 Sincerely means genuinely, and shows that you really do feel this way. You could also use the word 'truly', which would mean the same thing. ''I am truly grateful for your effort on my behalf. '' Appreciate means to recognise the value of. In these examples, you are making it clear what you are thanking the other person for their time. You could also use the word 'precious' or 'valuable' to describe their time. ''Thankyou for donating your valuable time to my project'' ''I know your time is precious, so thankyou. '' "Sincerely"は「真心を込めて」または「誠に」という意味で、「敬具」と同じように使います。 " (私のためにお力添えいただき、誠にありがとうございます。 " (プロジェクトに貴重なお時間を割いて頂き、ありがとうございます。 " (お忙しいのに、ありがとうございます。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

お忙しい中ご返信ありがとうございます 英語

例えば「お忙しいところ恐縮ですが、来週の会議の議事録に目をお通しの上、こちらまで返信いただけないでしょうか」という使い方をします。 例えば「お忙しいところ申し訳ありませんが、先週仕入れました貴社の商品の数量が不足しているようですので、お手数ですがご確認願えないでしょうか」という使い方をします。 例えば「必要事項に未記入がございますので、お忙しいところお手数をおかけしますがご確認願えませんでしょうか」という使い方をします。 メールの関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 「手間」は「手数」の類語で、「労苦や面倒のこと」を指します。 例文は、「お忙しいところお手間を取らせますが、先日のコンペについての報告書を添付いたしますので、ご確認の上ご返信願います」です。 例文は、「お忙しいところ恐れ入りますが、先日ご連絡いただきました弊社の商品にのクレームにつきまして、調査結果の詳細をご報告いたしますので、ご確認の上ご連絡いただけないでしょうか」という使い方をします。 これは最もシンプルな返信のフレーズで、このままメールの書きはじめに入れます。 「お忙しいところご返信ありがとうございます」とすれば、もう少し丁寧なフレーズになります。 この返信例文は、相手が何かをしてくれた場合の返信となります。 例えば「お忙しいところ、弊社の問い合わせにお答えくださり、お手数おかけいたしました」という文章になります。 「時間を割く さく 」とは「時間を費やす」という意味です。 例文は、「お忙しいところ、先日の問い合わせのためにお時間を割いていただきありがとうございます」です。 例えば「お忙しい中恐れ入りますが、先日見積もりいたしました物件につきまして、書類一式のコピーを添付しておりますので、ご一読の上弊社までご返事をよろしくお願いいたします」です。 例えば、「お忙しい中恐縮ですが、メールでのご連絡をいただき、ありがとうございました」という使い方をします。 例えば、「お忙しい中お手数をおかけしますが、ご提案の件を社内にてご検討いただけますよう、何卒 なにとぞ よろしくお願いいたします」というつかいかたをいたします。 例えば「お忙しいとは存じますが、先日お問い合わせいただいた弊社の商品のクレームにつきまして、詳細についての書類一式のコピーを添付しておりますので、お客様にはよろしくご対応お願いいたします」という使い方をします。 例えば「ご迷惑をおかけしますが。 今回イベントが中止になりました件について、諸々調整いただけますよう、よろしくお願いいたします」という使い方をします。 ビジネスメールの関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 例えば「お手数おかけしますが、来月開催予定のイベントの会場について、設営の際はご協力のほどよろしくお願いいたします」とか、「お手数おかけしますが、先日お問い合わせの件のご返事を、よろしくお願いいたします」という使い方をします。 「多忙」の意味は「非常に忙しい様子」です。 例文は「ご多忙のところ恐れ入りますが、こちらに必要事項をご記入ください」です。 「ありがたい」の敬語についての記事もありますので、合わせてご覧ください。 「多用」は「用事が多いこと」という意味です。 「ご多用のところお手数ですが、見積書をお送りいたしますのでご確認お願いいたします」とか「ご多用のところ恐縮ですが、イベントの日時についてご一報いただけましたら幸いです」という使い方をします。 例えば「ご多用中と存じますが、貴社に納品いただいた商品に欠陥が見つかりましたので、ご報告させていただきます」という使い方をします。 ビジネスメールで使える、「以後気を付けます」の敬語や丁寧語の関連記事がありますので、合わせてご覧ください。 例文は「I am sorry to bother you to give me your hand about this project. このプロジェクトについてお手を煩わせて申し訳ありません 」です。 例文は「I'm sorry to disturb you when you are so busy. お忙しいところを失礼いたします 」です。 「disturb」は「邪魔をする」という意味の動詞です。 例文は「I apology to bother you to help me for this report. この報告書について助けていただいて申し訳ありません 」です。 「お忙しいところ」の誤用や使い方の注意点は? 相手に指図をするのは誤用 「お忙しいところ」を使う場合には、相手に何かをお願いしたり要求したりするメールが多いですが、相手に指図をするのは間違った使い方です。 例えば「早めにお返事をお願いします」「早急に返信をお願いします」という言葉が続くのは、忙しい相手に失礼になります。 「お忙しいところ」は何度も使わない 「お忙しいところ」という言い回しは、何かを依頼するのに便利な言葉なので、メールや手紙文では比較的よく使われます。 ですがあまり頻繁に使うと、相手に伝えたい内容が明確になりません。 1つの手紙文やメールの中では何度も使うのを避け、受け取り手に伝える内容の趣旨を明確にしましょう。 文末にクエスチョンマークを付けない 「お忙しいところ」という言葉を使うケースでは、受け取る相手に何かを要求や依頼することが多いので、「~して頂けないでしょうか」という疑問の形で文末を結ぶことがほとんどです。 ビジネスメールの場合には、受け取り手が年配のこともありますので、横書きの文章であってもクエスチョンマークを使うのはご法度です。 相手によって言葉を使い分ける 「お忙しいところ」という言葉は使いやすい決まり文句ですが、目上の方に出す手紙文やビジネスメールでは、類語の「ご多忙のところ」や「ご多用のところ」を使うように心がけた方が良いでしょう。 「ご多忙のところ」や「ご多用のところ」は堅苦しいニュアンスがありますが。 相手によっては好まれる傾向があります。 使いやすいので覚えておきたい「お忙しいところ」という言葉の使い方 「お忙しいところ」という言葉は大変使いやすく、手紙文やビジネスメールだけでなく、誰かに電話をかける場合にもよく使われます。 それだけに多様な使い方がありますので、働いている人間にとってはぜひ使いこなしたい表現であるといえます。 これから社会に出る学生でも、使い方が覚えやすい表現です。 日本語は、手紙文やメールでの決まり文句が多いうえに、謙譲語や敬語も難なく使いこなすことが要求されます。 「お忙しいところ」はそういった決まり文句の中では理解しやすい言葉なので、メールでの依頼や要求をする場合にすぐに使えるように、使い方をよく読んで覚えておくといいでしょう。 いざという時に役に立ちます。 今はボーダーフリーの時代ですので、英語での決まり文句も覚えておくと便利です。 英語を母国語にしていない国々でも、英語はすでにビジネスでの共通語となっているからです。 外国向けのビジネスメールも含めて、相手によって決まり文句を使い分けられるようになれば、ビジネスメールを書くことに自信がつくようになります。

次の