アップル アーケード。 Apple Arcade(アップルアーケード)とは?日本語?iPad?タイトルは?

Apple Arcadeのおすすめタイトル!評判(レビュー)・評価

アップル アーケード

Apple アップル が間もなくゲームサブスクリプション型 サービスである「Apple Arcade(アップルアーケード)を ローンチします。 その全てをこれから探っていきましょう。 ( 参考記事:)  Apple Arcade(アップルアーケード)とは?一体何なの? Google Stadia(グーグルステディア)や Microsoft(マイクロソフト)のProject xCloudと違って、 Apple Arcadeはクラウド型ゲーミングプラットフォームでは ありません。 従来のプレイステーションやXboxみたいに 一端ダウンロードした後、ゲームを楽しむ形です。 様々な良質ゲームが揃えられており、iPhone(アイフォン)、 iPad(アイパッド)、iPod Touch(アイポッドタッチ)、 Apple TV(アップルTV)、Mac(マック)等アップル製品を 通してダウンロードできます。 常にネットに繋いでおく必要のあるクラウド型ではないため、 オフラインでもプレイ可能です。 しかしアンドロイドなどの他のプラットフォームでは 今後はどうなるかわかりませんが、現時点ではサービスは 提供しないといいます。  Apple Arcade(アップルアーケード)サービスのローンチ(開始日) 9月19日木曜日です。 しかしまずはiOS 13が配布される iPhoneとiPod Touchユーザーから始まり、 iPadやApple TVユーザーは9月30日から、 Macは10月からOSアップデートと共に サービスが開始されるといいます。 AppStore(アップストア)に既に Apple Arcade専用タブが設けられており、 そこで簡単にゲームを検索できます。 初日からプレイできます。 同時リリースの米国、英国を含め 今後約150カ国地域に展開していく予定だそうです。 Apple Arcade(アップルアーケード)にコントローラーは必要? 基本的には必要なく、タッチだけで操作可能ですが、 あれば一層楽しめるに間違いありません。 MFiコントローラーだけでなく、今後プレステや Xbox Oneのコントローラーにも対応する見込みらしいです。 トライアル終了後に自動更新されるため、 もし延長しないようでしたら事前に設定でキャンセルする 必要があります。 Apple Arcade(アップルアーケード)のゲームタイトル 現在まで正式に明かされたゲームタイトルリストは以下の通りです。  Atone: Heart of the Elder Tree Ballistic Baseball Beyond a Steel Sky Box Project Cardpocalypse ChuChu Rocket Universe Doomsday Vault Down in Bermuda Enter The Construct Exit the Gungeon Fantasian Frogger in Toy Town Hitchhiker Hot Lava Jenny LeClue — Detectivu Kings of the Castle Lego Arthouse Lego Brawls Lifelike Little Orpheus Mr Turtle Monomals No Way Home Oceanhorn 2: Knights of the Lost Realm Overland Pac-Man Party Royale Projection: First Light Rayman Mini Repair Sayonara Wild Hearts Shantae 5 Skate City Sneaky Sasquatch Sonic Racing Spidersaurs Spyder Steven Universe: Unleash The Light Super Impossible Road The Artful Escape The Enchanted World The Pathless The Bradwell Conspiracy UFO on Tape: First Contact Various Daylife Where Cards Fall Winding Worlds Yaga 今後100を超えるタイトルが用意されるといいます。 既に試してみた方々もいます。 こちらの記事(,,)を どうぞ。

次の

Apple Arcade(アップルアーケード)の解約方法

アップル アーケード

Appleがアップルアーケード(AppleArcade)のサブスクを開始してから半年以上経ちました。 日本では最初は無料のゲームアプリにハマる人続出で、あまり浸透していないアップルアーケードですが、今支出を抑えてかつ持て余す時間を有効に過ごすことができるのがアップルアーケードだと思います。 年明けからコロナの驚異が迫ってきて、年度末からゴールデンウィーク明けまでは日本でも自粛が広がっています。 お出かけ系のことが制限される中で持て余してしまうのが在宅時間。 好きなだけゲームができるといってもウォーク系のゲームは制限がありますし、ソーシャルゲームなどの課金ゲームもやればやるほど中毒性がましてきて、気づいたら予定よりも課金してた・・・なんてこともあると思います。 そんななか便利でお手軽にできるゲームサービスがAppleのサブスクリプションであるアップルアーケードではないでしょうか。 筆者も年末から導入して、依存していたソーシャルゲームを絶って今ではゲームはこのアップルアーケードのみとすることができました。 これならどんなにやり込んでも月額600円(年額6000円)ですし、余計な宣伝もありませんので、非常に安全で満足しています。 アップルアーケードって何? Appleが提供するサブスクのゲームプラットフォームであることは前述の通りですが、単独でも売れるようなハイクオリティなゲームを100種類以上も楽しむことができて月額600円(年払いで6000円)とリーズナブルなのが一番の売りです。 アップルアーケードの特徴• 1つのサブスクリプションですべてのゲームをし放題。 サブスクリプションを家族最大6人まで共有できます。 広告がなく、追加の課金もありません。 ダウンロードして、ネット環境がなくてもオフラインでもできる。 iPhoneではじめたゲームをiPad、Mac、AppleTVでも継続できる。 最初の1ヶ月はトライアルで月額無料。 とこのように弱点がないのではないかと思われるほどのレベルの高いサービスになります。 日本であまり浸透していない原因は各種説はあると思いますが、「みんながやっていないから」というのが最大の理由なのではないかと私は思っています。 トライアルの1ヶ月だけでいいから、とりあえずやってみればいいのにというのが私の思うところです。 サブスクの契約と解約がよくわからないからという理由でしたら、以下の記事を読んでみてください。 アップルアーケードにはどんなゲームがあるの? アップルアーケードには115種類(2020年4月時点)のゲームがあります。 サービス開始以降月にいくつかゲームがリリースされ続けています。 ゲームジャンルはファミリーや短時間で楽しめるようなパズルやアクション。 みっちりと集中してできるようなロールプレイング(RPG)やストラテジー、アドベンチャー、シミュレーションなど様々で、対象年齢なども4歳から12歳くらいまでですが、大人も十分楽しめる内容になっています。 ゲーム世界観もファンタジーやファンシー、現実的なものや宇宙が舞台となっていたりどんな人でもかならずマッチするゲームがたくさんあります。 オンラインで対戦も楽しめますし、一人でオフラインで黙々とするものまで選び放題です。 ゲームメーカーもセガ、スクエアエニックス、コナミ、カプコン、バンダイナムコのように日本を代表するようなメジャーもあればインディーズやマニアックなところまで様々です。

次の

アップルの「Apple Arcade」は、こうしてゲーム業界のビジネスモデルを一変させる

アップル アーケード

ゲームもサブスクリプション! Appleニュースや新しい支払いシステム、そしてAppleクレジットカードに加えて、発表されたのが 「ゲームをより発見しやすく、楽しむ」ためのサービス「AppleArcade」です。 定額を払って加入するサブスクリプション形式のこのサービスは、ローンチ時に100のゲーム・タイトルを提供するとのこと。 ゲームはすべて AppleArcadeでしかプレイできない限定タイトルとなります。 今回のイベント中には具体的な価格については明かされませんでした。 ゲームに関して現在のアプリ・ストアが抱える問題の一つはとにかくその量が多すぎる点です。 ユニークかつクリエイティブなゲームはあれど、見つけるのが難しくなっているわけです。 AppleArcadeではこれらの大量のゲームとは分けて、ユーザーが支払うサブスクリプションを資金源にしてディベロッパーたちに資金提供をし、オリジナルのゲーム群を生み出すようです。 しかし、Appleニュースとは違い、AppleArcadeは専用のアプリは登場しません。 アーケードはアプリ・ストアの下にタブの一つとして追加されるデザインとなっています。 それに加えて、定額サービスとして、アーケードに加えられるタイトルは全てフルにプレイできるようになるとのこと。 またダウンロードしてオフラインでもプレイできるため、飛行機や地下鉄といった通信ができない/弱いような場所でもゲームができます。 iPhone、iPad、Mac、そしてApple TVと複数のデバイスで活用することができます。 デバイスを切り替えても、同じゲームを続きからプレイできるため、自宅、外出先、移動中、宿泊先、とデバイスを変えることができそうです。 Image: Andrew Liszewski Apple ゲーム! ソニック・ヘッジホッグやフロッガーの新作などひと目みて懐かしさを掻き立てられるものも発表されました。 ゲーム開発パートナーとして名が挙げられたのは、Annapurna Interactive、Bossa Studios、Cartoon Network、Finji、Giant Squid、Klei Entertainment、コナミ、LEGO、MIstwalker Corporation、セガ、Snowman、ustwo gamesとそうそうたるブランドが並びます。 そしてクリエーターの中にはKen Wong、Will Wrightに加えてなんと坂口博信氏の名前も!イベントでは製作中のゲームを本人が解説するビデオも流されました。 Video: ゲームの舞台をジオラマで作成し、それを3Dとして取り込んでキャラクターを動かせるというプロセスを説明していました。 うーん、ファイナルファンタジーの生みの親である坂口氏がどんなモバイル・ゲームを作り上げるのか、今から興味が尽きません。 AppleArcadeは 今年秋に100以上のゲームと同時にローンチされる予定とのこと。 気になる月額料金は発表されませんでした。 分かっているのは、定額を払うことで、全てのゲームがプレイでき、追加でお金を支払うことも、広告表示も無いということです。 これが成功すれば、無料でゲームを公開しながら、広告や課金といった手段で収益を挙げようとする現在のモバイルゲームのメインストリームに一石を投じることになりそうです。 Tags :•

次の