いびき 防止。 いびきを治した私が効果のあった5つを厳選! いびき防止グッズランキング

いびき対策グッズの人気おすすめランキング15選【いびき防止】

いびき 防止

いびき用の枕がランキングを独占していますね。 ニトリでも人気があるようです。 いびきで枕なし(使わない)という人もいるくらいで、いびきには枕の高さが肝心です。 横向きは勿論、今すぐタオルを使って高さ調整するのも手 … いびき特集に興味ある人はどぞ。 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 さて、今日はいびき特集第二弾、ということでいびきを防止する枕についてまとめてみました。 適切にあわせた枕の高さから、5mm低くすると 枕は高さ5mmきざみで調節するのが一般的 いびきをかき、元の適切な高さに戻すとピタッといびきが治まるのです。 わずかな高さの違いで、いびきが出るか出ないか決定されるのです。 というように、枕の違いでいびきには大きく影響してくるということがわかりました。 実際にリサーチしてみると、いびきを防止するには枕が効果的なのはわかったけど、自社製品の商品広告を兼ねた記事も多いし、何をどう選んだら良いのかわかりにくかったので、今日はいびき 枕の選び方を考えて見ました。 私ならこう選ぶという切り口をお伝えします。 他に、ランキング形式にして単に商品の羅列だけどか、まともなまとめ記事がなかったので、書かないといけないといった使命感を覚えましたから(笑) 全国の20~30代の既婚女性への調査によると、なんと9割の人が「夫がいびきをかく」と回答。 さらに、「夫のいびきを静かにさせたいと思うか」という質問には、妻の8割が何とかしたいと考えているという結果も出ているくらですから、いびきに悩んでいる人はこれを機に枕を見直してみては。 ただ、いびきかかない人でも、睡眠に枕はとても大切な土台だと思っています。 枕は使わない派もいますが、もし使う派ならば、枕に投資する価値はあります。 ここで紹介するのは「いびき」に特化した商品ですが、それは安眠枕の最高峰だと言っても良いでしょう。 いびきは睡眠時の呼吸障害です、それに特化しているというのは睡眠をした時に、より呼吸がしやすい枕だということを意味していて、一般の人が使えばより質の高い睡眠が得られることは言うまでもありませんね。 いびき 対策 グッズ は他にもありますが、今日は枕だけの紹介で他は近いうちにまとめようと思います。 ちなみに、女性がいびきをかきにくいのは女性ホルモンの関係だと言われています。 いびきの対策など仕組みを知りたい方はからどぞ。 目次はこちら• いびき 枕の選び方 そもそもいびきに枕って関係あるの? って人もいると思います。 いびきの仕組みを考えると、 枕の高さ、 寝る姿勢によって気道が確保しやすくなるんです。 大切なのはこの2つで、自分に合った枕の選場ないといけませんが、どのタイプのものが自分に合うのかそもそも判断できないと思うのが私です。 ザックリ言えば、男性より女性の方が首の深さが浅いため、低い枕の方が合う傾向があるんだとか。 まぁ、専門家のもとでオーダーでもしない限り、ジャストフィットさせようと既製品に期待してはダメでしょう。 まずはここの期待値を調整しておきます。 後は、「いびきを改善できたら良いな」程度で試しに使ってみようなのか、「真剣に悩んでいるので最高のパフォーマンスを得たい」と思って選ぶのか、によって予算が違ってくるということでしょう。 ですので、今回はその2パターンに絞って、検討に値する枕を探してみようと思います。 一般的な枕の高さ(目安) 一般的には、あおむけの状態で首が床から約15度の前傾になり、寝返りを打って横向きになっても、額から胸の真ん中までが一直線で床と平行になる高さが適正とされています。 素材が柔らかいと高さが変わってしまうので、適度な硬さのある方が望ましいですね。 オーダーメイドで作ってもらうのがいちばん確実ですが、難しい場合は、タオルなどで高さを調節してみるのもいいかもしれません。 いびき 枕の種類 まずは、枕の種類がどのようなものがあるのか。 どの枕がより効果的なのか考えないといけませんからね。 大きく分けて2種類あります。 一般的な枕型• 横向き専用の抱き枕型 これは、どっちが良いというものではありません。 まさに一長一短で、日頃から仰向きで寝ている人からすれば横向きで寝ること自体が苦痛でしょう。 ただ、その 仰向けで寝る習慣がまず、いびきの原因だということをお忘れなく。 ここで紹介する枕の基準の1つは、そもそも商品名がよくわからないような既成品は、一般の枕と比べ大差ないような気がして除外しました。 既成品であればやはり、専門機関が開発しないと枕の違いは出ないような気がしますから。 一般的な枕型 スリープメディカルピロー(SLEEPMEDICAL PILLOW) ほとんどの人は通販で買えば十分かもしれませんが、私はA型でコレと思えばせっかくなら拘りたいと思うんです。 オーダーメイドという言葉に憧れているのもあるかもしれません、メイドインジャパン信仰と一緒で、必要性、そして価格と品質に納得できれば、少々高くても買ってしまうのはきっと私だけではないはず。 整形外科のオーダー枕 山田朱織枕研究所(整形外科枕) 全国に62店舗あるのでテンポが近くにあれば、気軽に枕診断士という人たちに相談できるので、いびきの相談や枕の計測など実際に会ってしか出来ない作業を目の前でしてくれる安心感が一番の売り。 値段は33,400-で枕作成のため、納期は1週間~10日前後の時間がかかる。 難点は提携する整形病院によって、枕の価格が違ってしまうこと。 オーダー枕は計測に間違いがなければ、何処で作っても大差ないような気がします。 枕の素材など個人的な趣向で選んでも問題ないでしょう。 私が買うなら 私はやっぱりオーダー枕。 枕の大切な要素は、 高さです。 素材や生地は二の次で良いと思っていて、いびきを改善したいなら正確な高さの測定を専門家に直接してもらいたい、というのが1番の決め手。 ただ、私は仰向けで寝ることが少ないので、仰向けを治したいなら、抱き枕型のボディピロー いびきしか選択肢がないかなというような判断をしました。 まとめ.

次の

いびきを防止する方法ってあるの?

いびき 防止

口閉じテープ「ネルネル」(三晴社) 呼吸したとき、空気の通り道に狭いところがあると、イビキが出ます。 仰向けに寝て口を開けていると、筋肉の緊張がゆるんだ舌がノドに落ち込み、イビキをかきやすくなります。 口を閉じていれば、口の中で舌がはさまれてのノドに落ち込みにくくなり、イビキが減ります。 眠っているときには意識して口を閉じていられないので、口にテープ貼ってイビキを予防します。 かぶれにくいタイプのバンソウコウでもよいのですが、口閉じ専用のテープ「」を使うと安心です。 なんといっても「ネルネル」は、アマゾンの「いびき軽減グッズ」部門で第1位の人気商品です。 眠る前に口を閉じて、口の中央に「ネルネル」を貼ります。 唇を少し内側に巻き込むようにしてテープを貼ると、しっかり口を閉じられます。 うまく貼れなかったときには貼り直せますが、本来は使い捨てるものなので、眠っているあいだにテープが取れてしまうかもしれません。 苦しくなったときに口で呼吸できるよう、口の両端から空気が出入りできることを確認しておきましょう。 「スノアゴン」は、交通事故など首を痛めた人がつける、首に巻くコルセットの形をしています。 下アゴを下から支えることで、口が開かないようにします。 つけ方は簡単です。 眠る前に「スノアゴン」を首に巻くだけ。 面ファスナーで長さが調整できるので、首周りが35~45センチの方なら巻かれます。 「スノアゴン」の上部のくぼんだ部分にアゴがおさまるようにして、長さを調整します。 ゆるすぎると眠っている間に口が開いてしまいますし、きつすぎると苦しくて眠っていられないので、何回か試してみて長さを合わせてみてください。 毎日使うと、寿命は約1年だそうです。 口閉じテープを1年間、毎日使うと1万9千円ほどになります。 「スノアゴン」の購入価格は高めですが、口閉じテープと効果が同じくらいなら、こちらのほうがコストパフォーマンスが優れています。 イビキ予防のマウスピースには2種類ありますが、主流は下アゴを少し前に出して、空気の通り道を広げるタイプです。 マウスピースは本来なら、歯科医院で歯型をとって作りますが、数万円もかかってしまいます。 そのためまずは、ネットでも買える安いマウスピースを試してみるのがよいでしょう。 ここでは、オーストラリアで医療器具としても認められている「」をご紹介します。 このマウスピースは、自分で自分の歯に合わせられます。 付属の青いハンドルをマウスピースの真ん中の穴に通し、マウスピースを80~90度のお湯に20~30秒つけます。 次に、水に15~25秒間ひたします。 柔らかくなったマウスピースを口に入れ、歯にはめてかみます。 舌や指でマウスピースを押して、自分の口にフィットするように形を整えます。 最後にマウスピースを固めるために、冷水につけます。 形がうまくできなかったら、もう一度お湯につければ柔らかくなるので、作り直すこともできます。 アゴの関節や歯ぐきに痛みや異常がある人、入れ歯を使っている人、歯並びを矯正中の人は使えませんので、ご注意ください。 このマウスピースを付けて横向きで寝ると、イビキがほぼなくなりました。 歯ぎしりで歯を痛めることの予防にもなります。 ただし、最初は違和感があるかもしれません。 慣れるために日中にある程度の時間だけつけてみて、その時間を徐々に伸ばしていき、慣れたら眠る時につけるとよいでしょう。 また翌朝に歯が痛くなることもありました。 下アゴを引き出すときに、歯に負担がかかるためです。 目覚めたあとも長い時間続くようであれば、まずマウスピースの使用を1日おきにしてください。 それでも良くならなければ、歯科医に相談して自分の歯に合わせたマウスピースを作ってもらいましょう。 不眠・睡眠障害について、いびきについてもっと詳しく知りたい方は「」、その他の睡眠障害に関しては、「」や「」をご覧下さい。

次の

いびき防止に効く市販薬

いびき 防止

最終更新日:2019年4月1日 はじめまして。 いびきで彼女にフラれ仕事もダメダメになったものの、何とかいびきを解消して大好きな嫁さんと可愛い2人の子どもと幸せな日々を過ごせるようになったホソイと申します。 数あるサイトの中から当サイトを見つけていただき本当にありがとうございます。 このサイトは私の5年にも及んだいびきとの闘いの中で得た知識や情報を同じ悩みを持つ1人でも多くの人のために伝えることを目的に凡人サラリーマンながらコツコツと運営しています。 さて、ここでは 「いびきを治したいけど、どのグッズが自分に合っているのか分からない」と悩んでいる人のために正しいいびき防止グッズの選び方をご紹介したいと思います。 最近ではたくさんのいびき防止グッズがあります。 鼻腔テープやマウスピース、呼吸サポート系などいろんなアプローチがあり、どれを選んだら良いのかが分かりにくいですよね。 とは言え、片っ端から購入してすべて試すというのも経済的なことを考えると避けたいですよね。 しかしご安心ください。 あなたがそんな無駄なお金を払う必要は一切ありません。 なぜなら、このランキングでは私が過去に試してきたグッズから厳選した5つの中から、あなたに合うグッズが分かるようになっているからです。 各グッズの特徴や価格情報だけでなく、キャンペーン情報や「どんな人にオススメなのか?」もまとめていますので、あなたに合ったものだけを選んでくださいね。 いびきの原因と基礎知識 と、その前に 「いびきの正体とは一体何なのか?」を理解しておきましょう。 なぜなら、ここを理解せずに単純にランキングだけ見てグッズを選んでもお金の無駄になってしまう可能性があるからです。 それはなぜでしょうか? 実は人それぞれいびきをかく原因が違うからなのです。 難しい話は一切しませんので、ぜひ最初に原因と基礎知識だけでも知っておいてもらえたら嬉しいです。 まず、いびきの正体とは何なのでしょうか? 実はいびきは呼吸をして空気が通る時に上気道(のど、鼻)の狭い部分に空気がぶつかったり、粘膜が振動したりすることで生じる呼吸音のことなのです。 つまり、あなたは何かしらの理由で上気道が狭くなっているということになります。 しかし、上気道が狭くなる原因は1つだけではありません。 それは人によって様々です。 その上で、自分に合ったグッズを選ぶことがいびき解消の一番の近道になります。 それではお待たせしました。 原因と基礎知識を身に着けたところでランキングを発表して行きましょう! ナステント 1位はなんと言っても 「ナステント」です。 むしろ、これ以外は考えられないと言っても良いでしょう。 なぜなら、これほど いびきの根本原因 上気道の空気の通りをサポートする に直接アプローチできるグッズは他にはないからです。 ただ、他のいびき情報サイトを見ると、「オススメのいびき防止グッズランキングを紹介します!」と言いながらも、このナステントがランキングにすら入っていないサイトが見受けられます。 実はナステントは2017年1月18日に誤飲事故があり、一時販売停止をしていたという経緯はあるのですが、現在は医療機関で受診することで購入できるようになっていますので、ランキング圏外というのは正直「えっ? 本気で言ってます?」と感じてしまいます。 ただ、これにはちゃんと理由があるんです。 実はナステントは販売再開してから広告を打っていないので、そのサイト経由でナステントが売れてもサイト運営者は1円ももらえないんですね。 もちろん当サイトも同じですよ なので、 「ナステントがいびきに効果があるのは知っているけど、お金にならないから紹介していない」というのが真実なんです。 どれだけの人がナステントで効果を実感していて、他の人にオススメしたいと考えているのかは、当サイトが独自に実施している「」を参考にしていただければ一目瞭然だと思います。 ナステントのことを知っている ましてや過去には紹介していた のに、いびきに悩む人に対してナステントの存在を教えないというのは、「不誠実だな〜」と感じざるを得ません。 目の前にいる人の病気を治す薬を持っているのに、「こっちを売った方が儲かるから」という理由で効くかどうかも分からない別の商品を売り続けているのと同じようなものですからね。 なので、ぜひこのサイトを見ていただいた方はナステントを試してみてください。 間違いなく現時点では一番効果が期待できるグッズですので。 また、販売再開とともに価格は以前より20%以上安くなるなど購入しやすい価格設定になりました。 誤飲騒動の経緯について知りたい方は」をご覧ください。 ナステントの効果や装着についての不安が気になる方は「」で私の実体験レポートを参考にしてみてください。 ナイトミン 2位は、小林製薬が2017年4月から販売している口閉じテープの 「ナイトミン」です。 1位のナステントは確かに現時点では最強のいびき防止グッズですが、そもそも鼻呼吸が正しくできていなければその効果も半減してしまいます。 そして、 いびきをかく人の90%以上は鼻呼吸ではなく口呼吸をしていると言われているのです。 なので、まずは6〜8時間の睡眠中に口ではなく鼻で呼吸ができるよう癖付けをしましょう。 そこで活用したいのが、この「ナイトミン」です。 これを 毎晩口に縦方向に貼って寝るだけで、口が開くのを防止できるので自然と鼻呼吸が身につきます。 鼻スッキリ O2アップ 3位は 「鼻スッキリ O2アップ」です。 冒頭でも説明したようにいびきは上気道が狭くなることが原因なので、できるだけ自然に鼻呼吸ができるようにサポートすることが重要になります。 2位のナイトミンを活用することで口呼吸を防ぐことはできますが、 鼻呼吸がスムーズにできなければ無意識の内にナイトミンを剥がして口呼吸に戻ってしまうこともあります。 そこで鼻呼吸のサポートとして活用したいのが「鼻スッキリ O2アップ」です。 さすがにナステントほどの効果は見込めませんが、鼻からの空気の通りをスムーズにしてくれます。 私も 普段はこれを使っていて、お酒を飲んだ日や疲れが溜まった日はナステントを使うようにしています。 ブリーズライト 4位は 「ブリーズライト」です。 4位にはしていますが実際は3位の鼻スッキリ O2アップと同等レベルの効果があると思います。 ただ、ブリーズライトは使い捨てタイプ、鼻スッキリ O2アップは使い回しができるという点でコストパフォーマンス面で4位としました。 しかし、使い捨てタイプなので 「衛生面」では圧倒的にブリーズライトが優れています。 なので、衛生面を重視する人はブリーズライトを使いましょう。 また、鼻スッキリ O2アップと同時に使うのもアリだと思います。 また、スタンダートタイプ以外にも強力タイプや、透明タイプやキッズタイプなどたくさんの種類があるので用途に合う物を選んで使うと良いでしょう。 歯ぎしりマウスガードR 5位は 「歯ぎしりマウスガードR」です。 最後はマウスピースになりますが、マウスピースは睡眠時のアゴの位置を調整することで上気道のスペースを確保することを目的としています。 気になる効果のほどですが、私の場合はマウスピースだけでいびきが解消されることはありませんでした。 ただ、私はいびきと同時に歯ぎしりもするタイプです。 アメリカのスタンフォード大学などによる調査結果では歯ぎしりと睡眠時無呼吸症候群 SAS には関連があることも指摘されていることもあり、 いびきをかく人は歯ぎしりをしている可能性が高いはずです。 歯ぎしりは顎関節症などの危険もありますが、歯が削れてしまうことにも繋がります。 そうすると噛み合わせが悪くなり、さらに上気道を狭めてしまうことになります。 なので私は マウスピースはいびきや歯ぎしりによる健康被害を防ぐために必須のグッズだと考えています。 できれば歯医者さんで作ってもらうマウスピースがベストですが大体5,000円〜10,000円くらいかかります。 私が歯ぎしりマウスガードRをオススメする理由の1つとして価格以外にも「自分の歯型に合わせたマウスピースを作れる」ということが挙げられます。 既製サイズの物だとどうしても自分に合わない場合があるので、逆に噛み合わせが悪くなる可能性もあるからです。 もしこれで効果が実感できた場合はできるだけ歯医者さんでマウスピースを作ってもらうようにしましょう。 価格や性別、シーン別のオススメの組み合わせや選び方 さて、各グッズの情報をお伝えしたで、続いてはオススメのグッズの組み合わせや選び方をご紹介したいと思います。 あなたに合った組み合わせを試してみてくださいね。 「とにかくいびきも歯ぎしりも抑えたい!」という場合 今考えられる最強の組み合わせはこれですね。 私はお酒を飲んだ日や極度に疲れが溜まった日はこの組み合わせにしています。 「そんなにたくさん着けて寝れるの!? 」と驚く方もいるかもしれませんが慣れれば大丈夫ですよ。 ナステントを毎日使えたら良いんですが、さすがに高くて毎日は使えないですからね。 ちなみに私は普段この組み合わせで寝ています。 私の場合は本当はここまでする必要もないんですが、何もしないまま寝ると疲れや体勢によってはいびきをかいてしまって翌朝アゴに疲れを感じたり、日中眠くなったりすることもあるのでできるだけ装着して寝るようにしています。 また、さらに安くしたい場合は もオススメですが、唇が荒れてしまう可能性があるので注意してください。 その場合は使い捨てタイプの以下のどちらかがオススメです。 or 「他人にバレたくない!」という場合 旅行や出張などで他の人と一緒の部屋で寝なければいけない場合、いびきで迷惑をかけたくないことはもちろんですが、さらに「グッズを使っていることをバレずに過ごしたい」ことってありますよね。 寝る前、そして起きた後に見られたり会話をしてもバレずに過ごせる確率が高いのは以下のどちらかになるかなと思います。 or or まとめ 今回はいびき防止グッズをランキング形式でご紹介しましたが参考にしていただけそうな情報がありましたでしょうか? 本当はグッズなどに頼らずにいびきをかかないのが一番ですが、なかなかそう簡単にはいかないのが現実です。 なので、まずはグッズを上手く活用していびきのない日常をぜひ体験してみてください。 朝はスッキリ目覚めれますし、日中に眠気を感じなくなるので仕事も捗るはずです。 長い目で見れば健康には確実にプラスですし、人によってはパートナーや友達に迷惑を掛けずに済むので夫婦関係や恋愛関係、人間関係も良好になることに繋がるでしょう。 そして常に「いびきと無縁のカラダづくり」を心がけることも重要です。 私なりの予防医療や健康法はで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 ぜひみんなでいびきのない健康的で明るい人生を送りましょう! その他のランキング情報はこちら.

次の