アメリカ ゴールド ジム。 ゴールドジムがコロナ倒産で日本の店舗はどうなる?エニタイムやジョイフィットの今後は?

アメリカのジム24HourFitnessは会費が安いし広いし快適

アメリカ ゴールド ジム

衝撃のニュース!世界一のジムのアメリカの『ゴールドジム』が破産宣告をしました! 世界的な名門中の名門トレーニングジムだけに本当に衝撃のニュースです! 全国に展開している日本の「ゴールドジム」はどうなるのか?調査しました! 海外メディアの報道によると、アメリカの本家ゴールドジムが連邦倒産法第11条(チャプターイレブン)を申請したそうです。 連邦倒産法第11条は日本の民事再生法に類似したもので、経営陣はそのままにリストラをはじめとした各種経営再建を進めることが可能。 再建計画は8月1日までに提出される予定とされています。 今回の倒産により全世界に700あるゴールドジムのうち、同社が保有する約10%の施設が影響を受ける見込み。 新型コロナウイルスの流行を受け、同社は3月にアメリカの施設をすべて一時休止したほか、4月には30施設の完全閉鎖を決定していました。 新型コロナウィルスの影響を受けアメリカのゴールドジムが倒産 日本のジムも心配だ。 米「ゴールドジム」が倒産 破産 !日本の店舗はどうなる? ゴールドジムとは? 1965年にボディビルダーのジョー・ゴールド(英語版)がアメリカ合衆国カリフォルニア州ベニスビーチに第1号店を開業した。 2007年現在、カナダ、ロシア、インド、オーストラリア、日本、イギリス、オランダ、ドイツ、エジプトなど世界28カ国、650店舗以上、延べ300万人以上に利用されている。 まさに、世界一と言っても過言ではないゴールドジム。 今回、コロナの影響でこの様な事態になりました。 連邦倒産法第11条(チャプターイレブン)って何? アメリカ合衆国の連邦倒産法の第11章のこと。 または、連邦倒産法の第11章に基づいた倒産の処理手続きのこと。 日本の民事再生法、あるいは、会社更生法にあたる。 連邦倒産法第11章に基づく破産申し立てにより、旧経営陣である債務者は、会社再生のための計画書を作成し、それに基づいて事業を継続することができる。 計画書の内容は、会社の再生に関する計画に加えて、売却する資産の選定や債権者への返済方法なども含まれる。 連邦倒産法第11章では、債務者を占有債務者(DIP)とし、会社の財産を占有できると規定している。 また占有債務者は、破産管財人と同じ権限を所有するとしている。 なお、占有債務者に不当行為や過誤があった場合はその限りでなく、第三者による破産管財人が立てられることがある。 なんだか、難しくてよくわかりませんが、 ゴールドジム が今回申請した米連邦破産法11条は日本の民事再生法みたいなもので、米トイザらスだしていたものと同じ。 まず財務健全化のため直営30店舗を閉鎖。 日本で言う破産のイメージとは違って、あくまで 事業継続が前提の再建を目指す、申請のようです。 今後もデジタルやプログラム事業、世界に約700あるフランチャイズ店舗事業は引き続き継続し拡大していく。 「ゴールドジム」日本の店舗は閉店? 日本国内は直営店ではなく、「株式会社THINKフィットネス」が運営。 世界に700ある ゴールドジム のうち、破産によって直接影響を受けるのは直営店の約10%の施設にとどまるそうです。 今回、日本の店舗は閉店されませんが、今後のコロナの影響が続くようであれば、どうなるかわかりません。 それは、ゴールドジムに限らずその他のジム、その他の業界にも言えることでしょう。 社長兼CEOのAdam Zeitsiff氏はプレスリリースで「ゴールドジムが廃業しないことを100%明確にしたい」とコメント。 強力なブランドがあることを挙げ、何百万人もの人々にサービスを提供することに焦点を当てつつ、デジタルビジネスやライセンス事業を推進することで成長を目指すとしています。 ちなみに日本のゴールドジムは株式会社THINKフィットネスが本家とマスターフランチャイズ契約を結んで展開中。 今回の倒産劇がいきなりすべての国内店舗に影響するとは限らないようです。 フィットネスの人間からすれば悲しいが、 経営経済の分野から見れば、今回は当然だろう。 日本も今後影響は確実。 ですが、日本の緊急事態宣言が続くとどうなるかわかりません。 我々にできることは? 私達も大きく確変の時を迎えているのではないでしょうか? 最後までお読み下さりありがとうございます。

次の

日本ゴールドジムは大丈夫?店舗数は?米経営難で破産申請

アメリカ ゴールド ジム

アメリカのジムで感じた事• 客層が幅広い• ぎすぎすしていないと思う• 器具はやっぱり使いっぱなし• 重量の単位の違い• コミュニケーション• 曜日で混み具合が全然違う• トレーニング内容• 腕が太いの基準• アメリカもフィットネスブーム• 鍛えるとこ• アメリカのジムに入ろうとしている方へ• お一人様でも大丈夫?• 後書き アメリカのジムで感じた事 客層が幅広い ゴールドジムと言えばアメリカでもボディービルのイメージは強いです。 しかし、数あるジムのうちの一つと捉えられている感じで、客層はハードコアなマッチョだけではなく、近所の主婦も気軽に通える感じで幅広いです。 日本のゴールドジムでもご近所さんが毎日いる感じはありますが、比率的にはアメリカの方が多く、また、そういう方もズンバなどのクラスに参加するだけではなく、ゴリゴリの方と同じように全然普通にマシーンをガシャガシャ扱っています。 ぎすぎすしていないと思う 僕の行っているゴールドジムはスクワットのラックが3つしかありません。 たまにハードコアな方が長時間占有する人もいますが、なんか嫌な感じはありません。 また、小さい人がフリーウェイトを使っていて、大きな人が「早く終わらせろよ」的な圧力をかけるような構図もなく、体の大きさでの違いでそういうことは殆どないと思います。 逆に、スマホをいじって話している人には「あと何セット?」とか聞きに行っている人は見ます。 器具はやっぱり使いっぱなし 以前も書きましたが、使った物をもとに戻さない人は多いです。 もちろんちゃんと戻す人もいますが、「おい、なんでベンチがこんなところにあるんだ!」って時もあります。 誰が使っているかわからないダンベルとかプレート系がそこらへんに落ちているのは日常茶飯事です。 スクワットやベンチで利用し終わったバーにプレートを付けっぱなしで去っていく人も良く目にします。 ちゃんと戻しましょう(ジム内にもRe-rack使用って張り紙があります)! 重量の単位の違い 日本でがっつり鍛えていた人は、キログラムとポンドの違いで少し戸惑うと思います。 公式な大会とかは別として、一般的にはジム内は全部ポンド表記で、プレートの規格のサイズが日本の物より若干重いんです。 例えば、フリーウエイトで扱うプレートは、日本のジムでは一般的に20キロ、15キロ、10キロというプレートがあります。 それに相当するものはアメリカだと45ポンド(20. 4キロ)、35ポンド(15. 9キロ)、25ポンド(11. 3キロ)です(なぜかバーは44ポンドでほぼ20キロの物が多いです)。 僕は若干の重量の違いを意識せず同じ感覚で扱うようにして少しだけ扱う重量を伸ばせたと思います。 コミュニケーション 普段はみんな音楽聞きながら自分の世界の中でトレーニングをしているので、周りの人とコミュニケーションとるという感じではありません。 しかし、混み合う時は「Work in(一緒に使って)して良い?」と聞かれる時もあります。 僕はほとんど断らないです。 後は、アメリカのベンチ台とかセーフティーバーがない所が多いので、スポット(補助)をお願いされる時もあります。 といっても、大きい人がいっぱいいる中で僕がスポットをお願いされる時はよっぽど人がいない時くらいですが(笑) 曜日で混み具合が全然違う 月曜日の夜をピークに水曜日くらいまでは夜は混み合います。 逆に空いているのは、金曜日と日曜日の夜は全体的に人が少ないです。 土日は比較的に終日少な目ですが、午前中はフィットネスクラスに参加する年齢層高めの方達がとても多いです。 僕は月曜の夜にはジムには絶対行きません。 それくらいほぼ間違いなく混んでいます。 トレーニング内容 どう見てもゴリゴリな感じの人たちの中にもファンクショナルトレーニング系を熱心にしている人を見ます。 日本だと、ボディービルの大会に出るようなおっきい人がフリースペースでラダートレーニングとか、ジャンプ力トレーニングとかしている光景はあまり見ませんが、アメリカではたまにいます。 たぶん元フットボーラー(もしくは現役のカレッジフットボーラー)なのかな?って思います。 あと、懸垂をする人も多いです。 腕が太いの基準 日本では腕の太さは「35㎝以上が太い」とか、「40㎝以上なきゃ細い」とか言われていますが、アメリカでは「15インチ(38cm)以上」というのが日本で言う「35cm以上」と同じような扱い方をされている感じがします。 15インチって細くない?って言う人もいれば、15インチ以上あれば普通の人よりは太いでしょ?的な人もいる感じです。 アメリカもフィットネスブーム アメリカは、「男性は大きな体にあこがれて鍛える」的な発想が昔からあるように感じますが、それでもやっぱり最近はフィットネスブーム中だと思います。 インスタやなんやらでビジュアルに対する意識が高まって、さらに健康志向と相まってジムに来る人が増えるのは必然的なことかもしれません。 特に若い女性がお一人様でジムに来るというのが増えている感じがします。 鍛えるとこ 全身をがっつり鍛えてでっかい人も多くいます。 しかし、男性はやっぱり上半身のトレーニングが人気です。 ただ、男性の上半身トレーニング人気の偏りより、女性の下半身トレーニング人気の方が偏りが大きいと思います。 熱心にスクワットやヒップスラスト、ランジをやりこんでいる人を見ます。 アメリカのジムに入ろうとしている方へ 以前、場所と時間帯の混み具合を把握するのは重要と書きましたが、やっぱり場所と込み具合は重要な要素です。 お試し期間をしてから入会したほうが良いと思います。 お一人様でも大丈夫? 今までジムに通ったことがある人なら全く気にしない事と思いますが、ジムに通うこと自体が初めての方は気にするところだと思います。 男女関係なく全然一人でも問題ないです。 って、通いだしたら基本的に自分の時間の都合でジムに行くことになるので、友達と入会してもほぼ一人でトレーニングだと思います。 ただ、ジム内にトレーナーがうろうろしていてマシンの使い方とか教えてくれるような環境ではないので、最初の数回はトレーニングセッションに申し込んでマシンの使い方は覚えたほうが良いです。 関連記事• 後書き 僕はアメリカのジムを語るほどマッチョなわけじゃないので、あくまでも一般ユーザーが1年間アメリカのゴールドジムに通った体験談的な感覚で見てください。 それにしてもジムの会費が安いので、ジム通いを始めるにはアメリカは環境が良いと思います。 そして、今回の記事がこれからアメリカでジムに通う方の参考になれば幸いです。 それと、僕、一応クリアにしておきますが、趣味でジムに行っているだけでフィットネスブロガー的なポジションは狙っていません。 ってそもそも見た目が良くないので(笑) 関連記事.

次の

日本のゴールドジムは大丈夫?アメリカの倒産による影響はあるの?|こあらの散歩道

アメリカ ゴールド ジム

今日(2020年5月5日)の Yahooリアルタイムに突如として表示された「 ゴールドジム」というキーワード。 都内に住んでいる人であれば、いたるところで目にする 大手のスポーツジムなので、なにかあったのかな?と気になったかたも多いと思います。 日本国内にも 90店舗近くありますし、都内を中心として全国展開している 男性がやや多めで肉体改造に対する情熱が強めな印象があります。 今回はそんな ゴールドジムですが、トレンドの波に乗った理由は アメリカのゴールドジムの倒産によるものです。 この話題を聞くと、気になるのは 日本におけるゴールドジムへの影響はどうなるのだろうか?という疑問が湧きます。 今回はそんな国内でも良質なマッチョが集う ゴールドジムについて記事にしました。 ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• 日本のゴールドジムは大丈夫なの? 日本法人は上手いことやってくれ、頼んます。 5月分の会費は例え休業でもとってくれてええ。 私にとっては思い出の詰まったかけがえのない居場所なんすわ。 米法人ほんま上手いこと頑張ってくれ。 この言葉を信じます。 日本では日本の フィットネスショップがフランチャイズ契約をしているため、アメリカのゴールドジムが倒産したからといって日本も倒産ということでは無いという意見もあります。 日本のゴールドジムを愛用している人の中には死ぬまでにはアメリカ本国のゴールドジムを利用してみたかったという意見もありました。 しかし アメリカのゴールドジムも存続可能性がまだありますし、 日本のゴールドジムが連動して倒産するという可能性は低いようです。 日本のゴールドジムはアメリカの倒産よりも自粛警察が… 自粛警察の襲撃にご注意下さい。 今は感染症対策として 三密の予防などでスポーツジム自体の営業が困難になっています。 アメリカのゴールドジムとの関連性による影響よりも、 自粛の半ば強要のような空気感によって経営が困難であることは間違いありません。 上記のつぶやきにもあるように、今は 自粛警察や 自粛ヤクザという謎の正義を振り回した人たちや、より直接的で物騒な表現になった自粛を強要するヤクザ的な人々も増えています。 営業自粛による臨時休業はスポーツジムにとっても経営に大ダメージを与えている上に、営業を再開しようものなら、いまだにはこびる自粛警察などに 嫌がらせを受ける可能性もあります。 緊急事態宣言も昨日(2020年5月4日)の首相会見で延期が決まったばかりです。 なので、政府の目だけではなく自粛を強要する人たちの目もあり、ジムに通う人の気持ちに寄り添うことも難しく、経営難により最悪の事態もありうるかもしれません。 その理由は日本のゴールドジムは日本のフィットネスクラブがフランチャイズ契約をしているため巻き込まれないという考えが前提にあります。 それ以外にも力強く今後も日本のゴールドジムの存続を予感させる根拠としては、アメリカのゴールドジムは「 倒産」であって「 廃業」ではないということです。 倒産という言葉自体は「 財産を使い尽くして企業が潰れること」と辞書にはありますが、今回アメリカのゴールドジムの倒産は手続き上、 精算のための倒産ではなくて事業継続が前提のようです。 なので アメリカのゴールドジムはこれからも経営を立て直し復活する意欲が非常に強いのです。 倒産にも色々な法的手続きがあり、今回は 今後の可能性を秘めた前向きな経営措置だったようで、調べていて気持ちも前向きになれました。 僕もスポーツジムに通っていいましたが、健全な肉体には健全な魂が宿るとは本当にそのとおりでした。 僕自身は鍛え方が未熟でしたから健全な魂には遠く及びませんでしたが、己の体を鍛え込み、魅せる身体を練り上げている人の人格は、魂ですらムキムキで健全です。 自分の肉体を鍛え上げている方はお客様としての立場だけでなく、通っているジムへの愛着も強くてファンのようでいて、チームの一員のような暖かさがあります。 なので、今後の アメリカのゴールドジムの立て直しと、日本のゴールドジムの発展の可能性は未知数であることが前向きに見ることができます。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました^^ スポンサーリンク.

次の