あつまれどうぶつの森 水槽 重ね方。 「どうぶつの森が欲しい」だけで10万字耐久人体実験(10637/100000文字)|みどりのいぬ|note

どう森ってどう楽しめば良いの?KENTが語る「どうぶつの森」の魅力と遊び方!

あつまれどうぶつの森 水槽 重ね方

画面を初めて見た時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。 薄明かりに浮かぶ正方形の床。 青い木製のクローゼットやベンチ、ログハウス調の丸太テーブル、赤いハートで装飾されたピンク色のファンシーなベッド、観葉植物などが置かれた空間。 画面から選択した葉っぱが一瞬で赤いリンゴ型のテレビに変わり室内に飛び出す。 賑やかな音が流れ出し、番組らしきものが次々と変わる。 穴を掘って果物を埋めれば果物の木が生えてくる。 地面のひび割れを掘れば「化石」が出てくる。 不思議な言葉で話すどうぶつ達との交流。 それが、自分と『どうぶつの森』との出会いだった。 小学校に入学して初めて出来た友だちのアパートへ遊びに行った時、下の階に住む少し年上のお姉さんに誘われて、お姉さんの部屋でゲームを見せてもらったのが、その画面だった。 自分が知る「ゲーム」とは、闘ったり、ストーリーや決められた目標をクリアしていくものだった。 何をするか明確に決められていない、クリア目標もゴールもない。 レベル上げもタイプ相性を考えることもしなくていい。 制約なんかない。 何も決められていない。 何をしてもいい。 もともと競争はあまり好きじゃなかった自分にとって、「何をしてもいい、自分の好きなことを好きなようにしていい」 そんなゲームの内容は余りにも魅力的に映った。 親に頼みこんで、誕生日とお年玉で『ゲームキューブ』と『どうぶつの森+』を買ってもらった時の嬉しさは、その後どのゲームを買った時の記憶よりも強いものだったと思う。 木を揺すれば果物が落ちてくる、運が良ければ家具も。 たまにハチの巣が落ちてきて目が腫れるのはご愛嬌。 魚を釣り、虫を捕る。 海や川で特大の魚影が見えたときの快感、シーラカンスやイトウを釣り上げた時の達成感。 ある程度ベルが貯まっていれば博物館に寄贈した。 徐々に水槽や植物園が、変貌を遂げていくのが楽しかった。 つねきちのテントで絵画も集めた。 博物館の一角が美術館に変わっていくのが面白かった。 今でも美術館巡りが好きで、学生時代の芸術科目で美術を選択したのは、この時の影響が強いかもしれない。 南の島に行ける、ゲームキューブとゲームボーイアドバンスを接続する専用のケーブルがどうしても欲しかった。 「テストで5回100点を取ったら買ってあげる」の条件付き。 最後の1回が取れず、余りにも悔しくて日記に書いたら給食中の校内放送で読み上げられてしまい恥ずかしさに顔が熱くなった、なんてこともあった。 カッペイの独特のゆったりしたメロディは今でも口ずさめるくらい何度も聞いた。 見たことない虫や家具、住民。 何もかもが新鮮だった。 「むらびと」に友だちを登録して、ほぼ毎日、交代しながら遊んだ。 自分よりも家を早く改築していく友だちに嫉妬し喧嘩したこともあった。 とにかく毎日が楽しくて、明日がくるのを待ちわびていた。 ハードが変わっても、どうぶつの森だけはプレイし続けた。 DSでは、リアクションやメッセージを交換したり、全く見知らぬ人の個性的な村めぐりに夢中になった。 Wiiではオブジェ建設に凝ったり街の施設へ通い詰めた。 あの出会いから約四半世紀、毎日が追われるように過ぎていく。 当時遊んでいた、友だちは都会や別の地方に進学や就職で離れてしまった。 あの、ゲームを見せてくれたお姉さんが今どこで何をしているかも知らない。 自分の好きな時に好きなものを買えるようになり、お年玉や誕生日を待たなくても好きな時にゲームも買えるようになった。 switchも買えた。 けれど、何か足りない。 就職してから、リスクばかりを先に考えるようになった。 いくつものできないことを考えてから消去法で、できることを選ぶようになった。 理不尽を飲み込み、失敗を避けて、諦めを覚え、何か制約がある事を厭わなくなった。 そんな折に「『どうぶつの森』新作出るね!もちろん買うよね?」と、あの出会いのきっかけをくれた子が聞いてきた。 納期に追われ過ごす毎日に、新作が出ることなど全く知らなくて、急いでCM動画を見つけて再生した。 何度も聞いたあのゆったりとしたメロディ。 その途端に、当時のゲーム画面やメロディが、記憶と共に蘇ってきた。 『なにもないから、なんでもできる』 CMのフレーズに、なにか熱いものがこみ上げてくる。 きっとこのソフトの中に、あの頃の自分がいる。 数多の村でかつて村長だったみなさんにも、新しい島の長になるみなさんにも、あまた浮かぶ島でお会いできるのが楽しみです。 アマゾンレビューより こんなにも長い文章なのに、きっと最後まで読んでしまったんじゃないかと思う。 わたしなんて30歳になって初めて「どうぶつの森」というゲームをちゃんと知り、始めたにもかかわらずなぜか泣いてしまった。 笑 人それぞれであれども、どこかにかつての自分を重ねて読んでしまったんじゃないかと思う。 わたし自信もゲームといえば、スマブラのように速さやスキル、どちらが強いかを競うものが基本だと思っていた。 でもYouTubeのゲーム実況でどうぶつの森をはじめてちゃんと見たとき、こんなにもまったりしたゲームがあるのかと驚いた。 何を隠そうわたしは決められた基準で戦うより、自由になにかをつくりだせる世界が好きだ。 クリエイト気質なんだと思う。 決められたゴールよりも自分の個性を出すほどに良しとされて、誰もやっていないことをやるほどにおもしろいと思ってもらえる世界。 それがどうぶつの森なんだと2週間やってみて感じた。 まだまだ全然島発展してないけどww 特に心動いたのは4月1日〜10日までの期間だけ、島の桜が満開になっていたこと。 外出することができなくて落ち込んでいた気持ちが、どうぶつの森のおかげでちょっとだけ復活できた。 でも10日でさくらがなくなってしまうというのもまたまたリアルで良かった。 まあ日付を変えて進めることもできるんだけど、あえて現実と同じ日時にすることで外に出れない分、季節の移り変わりを楽しんでいる人も多いはずだ。 どうぶつの森について調べてみると、まだSNSというものの存在していなかった25年ほど前から、【誰かと交流すること】自体を目的としたゲームとして生まれたらしい。 任天堂とはすごい会社だなあ。 先見の明があるなあ。 単なるゲームという商品ではなく体験を売っている会社だ。 先日発売された最新作「あつまれどうぶつの森」はたった3日で188万本売上という記録もつくった。 しかもダウンロード版は含まれていないというし、YouTubeのゲーム実況を見てから買う人もいるので実際の数はこれの何倍もあると思われる。 それにゲーム機本体も在庫切れを起こしているほどの売れ行きだ。 でもそんな出荷本数の記録なんかより、最初の引用したリアルなレビューが届くほどの人の心を動かしたゲームであることの方が、この会社の凄さが伝わってくる気がした。 結局どれだけ世の中の働き方やかたちが変わろうが、人の心に感動を与え続ける立場でありたいと思わせられた。 ということで今日もあつ森がんばります!笑 島クリエイターが開放されたら、どんな可愛いファンタジーな島をつくろうか、クリエイター心が刺激されてワクワクしている。

次の

『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

あつまれどうぶつの森 水槽 重ね方

「虫」「魚」を捕まえて売却する• 木に成っている「くだもの」を売却する• 「化石」「ハニワ」を発掘して売却する• 財宝を発掘する• 依頼やアルバイトをこなす• カブを売買する など色々あります。 これらの手段を好きなようにこなしていけばRPGで経験値を稼ぐような感覚で楽しめるのではないでしょうか? 現実世界と同様、「どうぶつの森」の世界でもお金を持っていれば自由度が高まります。 ですので、お金稼ぎをして損をすることはありません。 自分好みの家を作ろう! 「『どうぶつの森』シリーズで特にリソースを割いている要素は何なのか?」 色んな答えがあると思いますが、ぼくは家のカスタマイズ関連だと思っています。 今どき、自分だけの家を持って部屋を好きなようにカスタマイズ出来るゲームは珍しくありません。 が、「どうぶつの森」ほど家を細かくカスタマイズ出来るゲームはほとんどないでしょう。 そう言い切っても良いくらい本シリーズでは家のカスタマイズ要素が作り込まれています。 特筆したいのが、家に設置出来る家具の種類が1,000を軽く超えていること。 しかも捕まえた「虫」や「魚」も虫カゴや水槽に入れて飾ることも出来るので、それらを家具と見なしたらさらに増えます。 え?飾るだけでは面白くないって? そこが「どうぶつの森」シリーズの凄いところで、多くの家具は干渉することができるんです。 椅子類は実際に座れたり、テレビ類は番組を鑑賞出来たり、レコード類は専用のBGMを流せたり・・・ 多くの家具は単なる飾りではなく、実用性も備えています。 そう考えると多くの家具を集めたくなってくるのではないでしょうか? それ以外にも家のカスタマイズ要素としては• じゅうたん• タイル などを好きなように描くことが出来ます。 ペイントツールとしては制約が多く感じますが、それを逆手に取って作ってみるのが面白いのですよ。 例えばDS「おいでよ どうぶつの森」からは村にタイルを設置出来るようになりました。 設置出来るマイデザインの種類は1プレイヤー毎に8種類と決まっているので、4人分のデータをフルに活用して32種類の絵を組み合わせた大作を地面に貼り付けてみるのはどうでしょうか? このように工夫次第で様々な表現が出来るので、色々試してみるのも良いと思います。 みんなの村へ遊びに行こう! とにかくカスタマイズ要素が充実している「どうぶつの森」シリーズですが、基準が無ければ何をどう変えたら良いのか分からないでしょう。 そこで!ある程度プレイしたらみんなの村へ遊びに行くことをおすすめします。 他人の村に行けば何かしらの感じられると思いますよ~。 そして、「ここはこうしたいな!」と思うことでしょう。 これは何に対しても言えることですが、慣れないうちは誰かの作品をお手本にして作れば良いのです。 さすがに丸パクリはモラル的にどうかと思いますが、部分的に参考するのは多くの方がやっていますから・・・。 え?ぼっちだから他人の村に行けないって? 3DS「」からは村コードを使って擬似的なお出かけが出来るようになりました。 ネット上には多数の村コードが公開されているので、試しに入力してみたらどうでしょうか? 村コードでのお出かけは相手との接点は無くても出来るので気軽だし様々な違いを発見出来ると思うのでおすすめします。 緩いコミュニケーションを楽しもう! 「どうぶつの森」シリーズはコミュニケーションが大きなテーマになっています。 ですので、他人とのコミュニケーションは積極的に楽しんでいきましょう! 手紙を送る、村の掲示板に書き込む、落とし穴を設置する、アイテムを販売する etc… 各作品には様々なコミュニケーション機能が搭載されているので、積極的に利用する人と繋がればグッと楽しくなりますよ~。 この手のコミュニケーション機能はSNSが浸透してからは魅力が薄れてきているように感じますが、「どうぶつの森」シリーズならではの魅力はまだ残されているように感じます。 家族内でデータ共有している人は村内で。 「どうぶつの森」シリーズをプレイしている人が友達にいる場合はお出かけやマルチプレイでコミュニケーション機能を活用していきましょう! 住人との会話を楽しもう 村には10匹前後の住人が生活しています。 カスタマイズ要素に興味がない場合、彼・彼女たちと会話を楽しんでみてはどうでしょうか? 住人は話をかける度に様々な話題を振ってくれます。 季節に関する話だったり、世間話だったり・・・。 さらに住人には性格が設定されているので、同じような話題でも相手が違うと内容が変化します。 ノーテンキな住人も居れば乱暴な住人も居たりするので、その違いを比べてみるのが面白かったりw 現実世界とのシンクロを楽しもう! 「どうぶつの森」シリーズは共通して時計機能を搭載しています。 おかげで現実世界とのシンクロを楽しむことが出来るので、最近プレイしていなくても季節が変わった時に起動してみたらどうでしょうか? この前まで緑だった木が茶色くなっていたり雪が積もっているかもしれませんよ? また、特定の日にはイベントが開催されることもあります。 代表的なのがクリスマス。 クリスマスと言えば1年の中でも特に盛り上がる1日なので、「どうぶつの森」の世界でも楽しいイベントが実施されます。 もし、余裕があればクリスマスに「どうぶつの森」シリーズをプレイしてみたらどうでしょうか? きっと、楽しいイベントを体験出来ますよ~! 現実世界で楽しい体験が出来なくたって「どうぶつの森」で楽しめれば良いのさっ! あれ、目から汗が出てくるぞ 虫や魚などをコレクションしよう! 現実世界との連動という意味では「虫」や「魚」のコレクションも欠かせません。 「どうぶつの森」の世界では様々な生き物が生息していますが、時期によって異なるんです。 例えばセミは夏にしか出現しません。 また、出現率が極端に低い「虫」や「魚」も存在します。 しかも「虫」や「魚」だけではなく「化石」「名画」も寄贈することが出来ます。 こちらのコンプリートを目指してみるのも面白いですよ~。 スポンサーリンク KENTが語る「どうぶつの森」の魅力と遊び方!のまとめ 以上!KENTが語る「どうぶつの森」の魅力と遊び方でした! これから「どうぶつの森」シリーズデビューされる方は是非、参考にしてください。 シリーズ作品によって出来ることや出来ないことがありますが、基本的な楽しみ方は変わりません。

次の

あつまれどうぶつの森、アマゾントップレビューに心動かされ泣いた😭|相羽みう@夫婦で楽しく起業ライフ|note

あつまれどうぶつの森 水槽 重ね方

「虫」「魚」を捕まえて売却する• 木に成っている「くだもの」を売却する• 「化石」「ハニワ」を発掘して売却する• 財宝を発掘する• 依頼やアルバイトをこなす• カブを売買する など色々あります。 これらの手段を好きなようにこなしていけばRPGで経験値を稼ぐような感覚で楽しめるのではないでしょうか? 現実世界と同様、「どうぶつの森」の世界でもお金を持っていれば自由度が高まります。 ですので、お金稼ぎをして損をすることはありません。 自分好みの家を作ろう! 「『どうぶつの森』シリーズで特にリソースを割いている要素は何なのか?」 色んな答えがあると思いますが、ぼくは家のカスタマイズ関連だと思っています。 今どき、自分だけの家を持って部屋を好きなようにカスタマイズ出来るゲームは珍しくありません。 が、「どうぶつの森」ほど家を細かくカスタマイズ出来るゲームはほとんどないでしょう。 そう言い切っても良いくらい本シリーズでは家のカスタマイズ要素が作り込まれています。 特筆したいのが、家に設置出来る家具の種類が1,000を軽く超えていること。 しかも捕まえた「虫」や「魚」も虫カゴや水槽に入れて飾ることも出来るので、それらを家具と見なしたらさらに増えます。 え?飾るだけでは面白くないって? そこが「どうぶつの森」シリーズの凄いところで、多くの家具は干渉することができるんです。 椅子類は実際に座れたり、テレビ類は番組を鑑賞出来たり、レコード類は専用のBGMを流せたり・・・ 多くの家具は単なる飾りではなく、実用性も備えています。 そう考えると多くの家具を集めたくなってくるのではないでしょうか? それ以外にも家のカスタマイズ要素としては• じゅうたん• タイル などを好きなように描くことが出来ます。 ペイントツールとしては制約が多く感じますが、それを逆手に取って作ってみるのが面白いのですよ。 例えばDS「おいでよ どうぶつの森」からは村にタイルを設置出来るようになりました。 設置出来るマイデザインの種類は1プレイヤー毎に8種類と決まっているので、4人分のデータをフルに活用して32種類の絵を組み合わせた大作を地面に貼り付けてみるのはどうでしょうか? このように工夫次第で様々な表現が出来るので、色々試してみるのも良いと思います。 みんなの村へ遊びに行こう! とにかくカスタマイズ要素が充実している「どうぶつの森」シリーズですが、基準が無ければ何をどう変えたら良いのか分からないでしょう。 そこで!ある程度プレイしたらみんなの村へ遊びに行くことをおすすめします。 他人の村に行けば何かしらの感じられると思いますよ~。 そして、「ここはこうしたいな!」と思うことでしょう。 これは何に対しても言えることですが、慣れないうちは誰かの作品をお手本にして作れば良いのです。 さすがに丸パクリはモラル的にどうかと思いますが、部分的に参考するのは多くの方がやっていますから・・・。 え?ぼっちだから他人の村に行けないって? 3DS「」からは村コードを使って擬似的なお出かけが出来るようになりました。 ネット上には多数の村コードが公開されているので、試しに入力してみたらどうでしょうか? 村コードでのお出かけは相手との接点は無くても出来るので気軽だし様々な違いを発見出来ると思うのでおすすめします。 緩いコミュニケーションを楽しもう! 「どうぶつの森」シリーズはコミュニケーションが大きなテーマになっています。 ですので、他人とのコミュニケーションは積極的に楽しんでいきましょう! 手紙を送る、村の掲示板に書き込む、落とし穴を設置する、アイテムを販売する etc… 各作品には様々なコミュニケーション機能が搭載されているので、積極的に利用する人と繋がればグッと楽しくなりますよ~。 この手のコミュニケーション機能はSNSが浸透してからは魅力が薄れてきているように感じますが、「どうぶつの森」シリーズならではの魅力はまだ残されているように感じます。 家族内でデータ共有している人は村内で。 「どうぶつの森」シリーズをプレイしている人が友達にいる場合はお出かけやマルチプレイでコミュニケーション機能を活用していきましょう! 住人との会話を楽しもう 村には10匹前後の住人が生活しています。 カスタマイズ要素に興味がない場合、彼・彼女たちと会話を楽しんでみてはどうでしょうか? 住人は話をかける度に様々な話題を振ってくれます。 季節に関する話だったり、世間話だったり・・・。 さらに住人には性格が設定されているので、同じような話題でも相手が違うと内容が変化します。 ノーテンキな住人も居れば乱暴な住人も居たりするので、その違いを比べてみるのが面白かったりw 現実世界とのシンクロを楽しもう! 「どうぶつの森」シリーズは共通して時計機能を搭載しています。 おかげで現実世界とのシンクロを楽しむことが出来るので、最近プレイしていなくても季節が変わった時に起動してみたらどうでしょうか? この前まで緑だった木が茶色くなっていたり雪が積もっているかもしれませんよ? また、特定の日にはイベントが開催されることもあります。 代表的なのがクリスマス。 クリスマスと言えば1年の中でも特に盛り上がる1日なので、「どうぶつの森」の世界でも楽しいイベントが実施されます。 もし、余裕があればクリスマスに「どうぶつの森」シリーズをプレイしてみたらどうでしょうか? きっと、楽しいイベントを体験出来ますよ~! 現実世界で楽しい体験が出来なくたって「どうぶつの森」で楽しめれば良いのさっ! あれ、目から汗が出てくるぞ 虫や魚などをコレクションしよう! 現実世界との連動という意味では「虫」や「魚」のコレクションも欠かせません。 「どうぶつの森」の世界では様々な生き物が生息していますが、時期によって異なるんです。 例えばセミは夏にしか出現しません。 また、出現率が極端に低い「虫」や「魚」も存在します。 しかも「虫」や「魚」だけではなく「化石」「名画」も寄贈することが出来ます。 こちらのコンプリートを目指してみるのも面白いですよ~。 スポンサーリンク KENTが語る「どうぶつの森」の魅力と遊び方!のまとめ 以上!KENTが語る「どうぶつの森」の魅力と遊び方でした! これから「どうぶつの森」シリーズデビューされる方は是非、参考にしてください。 シリーズ作品によって出来ることや出来ないことがありますが、基本的な楽しみ方は変わりません。

次の