なのは 小説。 裏道街堂 > 作品情報(更新状況別) > 魔法少女リリカルなのは

ゼルガーのおすすめ小説リンク集

なのは 小説

異形の怪物はツナにむかって触手で攻撃するが。 超ツナ「行くぜ!」 超ツナはグローブの炎を噴射し、触手が届く前に怪物の懐に一瞬で近づき正拳突きを叩き込み怪物の身体を数メートルまでぶっ飛ばす。 超ツナ・リボーン以外『!?』 怪物もなのはもイタチも驚いた今目の前にいた少年が一瞬で怪物の懐に到達しオレンジ色の炎を纏ったグローブで攻撃し怪物をぶっ飛ばした出来事に。 『大空の7属性』の中でも最も推進力を誇る『大空』の炎ならこのぐらい当然だと、リボーンは考えているがその事を知らないなのは達は唖然としていた。 そして怪物も目の前にいる少年の認識を改めた、目の前にいるコイツは自分の縄張りに入った「獲物」ではなく、自分を倒す「敵」であると。 モゾモゾモゾモゾ・・・・ゴバッッ!! 超ツナ・なのは・リボーン・イタチ『!?』 突然触手の数をさっきの数倍にした怪物の姿に全員が驚くが、ツナとリボーンはすぐ冷静さを取り戻しツナは襲いくる触手をかわし、炎の手刀で切りながら炎を纏った拳を怪物の身体に連打・手刀・遠心力を乗せた蹴りで攻撃するが怪物は受けたダメージと焼き切られた触手を再生させて攻撃をする。 なのはを守りながら怪物を観察し能力と攻撃パターンと弱点を分析していたリボーンは言う。 リボーン「これはヤベェな」 空中を縦横無尽に翔びオレンジ色の炎で舞うように戦う超ツナの姿に見惚れていたなのははリボーンの呟きを聞き我に返り問う。 なのは「ヤバいってどうゆうこと?えっと「リボーンだ」リボーン君?だってあの人すごく強いよ」 リボーン「アイツの再生能力が厄介だ、あのままじゃ先にツナのスタミナが切れちまう。 」 そう単純な実力ならツナの圧勝だがどれだけダメージを与えても怪物はすぐに再生してしまうので時間をかけるとツナのスタミナがなくなりやられてしまう、その事に気づいたなのはも焦る。 なのは「じ、じゃどうすればいいの?」 リボーン「ヤツの再生が追い付けない程のダメージを一度に与えれば勝てるが・・・・。 」 なのは「どうしたの?」 リボーン「その時はこの森が吹き飛ぶ。 」 なのは「!?な、なんで!?」 イタチ?「!?」 リボーンの言葉に驚きを隠せないなのはとイタチ。 リボーン「ツナの持つ大技ならヤツに強力なダメージを与えられるが威力は大砲みたいなものだ、ヤツは倒せるかも知れねぇが、ヤツの後ろにある森やその向こうにある民家にも被害が出る、ツナもその事が分かってるから攻めきれないんだ。 」 なのは「何か、何か森やお家の人達を舞い込まない方法はないの!?」 リボーン「ツナもその方法を考えているが、その方法を思い付くのが先か、ツナのスタミナが切れるのが先になるか分からねえな。 」 リボーンの言葉に言葉をなくすなのは、その時なのはの足元から声が。 イタチ?「方法ならあります!」 リボーン・なのは「!?」 リボーンは少しだがなのはは突然イタチが喋ったことに驚いた。 ユーノ「その方法をやるには彼女の力が必要です。 」 なのはを見て呟く。 なのは「わ、私?」 ユーノ「今の僕ではアレをどうにかする事はできません、でも彼女の力ならそれができます!」 リボーン「フム、なのはお前はどうする?」 なのは「え?」 リボーン「恐らく、あの怪物をどうにかするにはお前の力が必要のようだ、だが力を手にするとお前はこちら側の世界に踏み込むことになる、その覚悟はあるか?」 なのは「!?」 リボーンのその小さな身体から想像できない威圧感と言葉の重さがなのはの心にズシンと響く。 なのははそっと自分を守る為に戦うツナの姿を見つめる、そしてリボーンの目を見て答える。 なのは「覚悟とかよく分からないけど、でも私を守って戦ってくれている人の力になれるなら、私は戦います。 」 その真っ直ぐな目をみたリボーンはその答えで十分と言わんばかりに微笑み、ユーノに言う。 リボーン「(良い目をしてやがるこうゆう所は両親の遺伝だな)ユーノはじめろ!ツナがスタミナ切れ起こす前にアイツを何とかするぞ!」 ユーノ「は、はい!」 なのは「待ってて、必ず助けるから。 」 決意を込めた目をツナに向けながらなのはは呟く。 不屈の翼は今羽ばたく。 ーツナ視点ー ツナは内心少し焦っていた、怪物の実力は大した事ないが再生能力が厄介だからだ。 超ツナ(このままではジリ貧だ、こうなったら「ナッツ」の能力でヤツを石化させるか、いや「ナッツ」でもコイツの全身を石にするには時間が掛かるし、「ナッツ」がヤツの標的にされかねない。 ) 一か八かヤツを空中まで運びそこで大技をやろうと考えたがあの大技は時間が掛かる上にヤツが大人しくしているはずもないのでできないと判断した、他に方法がないか考えながら怪物の攻撃をかわしていたツナだが突然。 超ツナ「!?」 リボーンと少女がいた所で桃色の光が輝いた! 超ツナ「なんだ?」 怪物「!?」 ツナも怪物も突然の光に驚き戦闘をストップし、光の地点を見るとそこには、白いドレスを纏い赤い宝石が付いた杖を持った少女がいた! 超ツナ「あの子は!?」 ツナは驚いたさっき怪物に襲われそうだった少女が突然変身したのだ。 少女はツナに向かって叫ぶ。 なのは「あの怪物さんの動きを封じてくださーーい!」 超ツナ「何?」 なのは「あの怪物さんにはコアがあります!そのコアを封印すれば怪物さんを止められます!」 少女の言葉に嘘偽りがない事を「直感」したツナは静かに頷き、怪物の周辺を旋回する。 超ツナ「X(イクス)・ストリーム!」 オレンジ色の炎の竜巻を巻き起こし怪物の身体を焼き付くすツナ、竜巻が止むとボロボロの状態だが何とか再生しようとする怪物の姿があった、ツナはなのはのそばに着地すると静かに言う。 超ツナ「今だ」 炎の竜巻に見惚れていたなのははツナの言葉に我に返り杖を怪物に向け叫ぶ。 なのは「レイジング・ハート!!」 L・H「封印」 杖から電子声と光の魔方陣が現れるとピンクのりぼんが怪物にまとわりつき怪物の姿は消滅し、光る宝石だけが残り杖の中に吸い込まれていく。 L・H「封印完了」 杖の言葉と共になのはの姿は白いドレスから私服に変わった、なのははふーと息を吐いた。 なのは「良かった~、何とかなったの」 ツナ「君、大丈夫?どこか怪我してない?」 ツナは超状態を解除し、なのはに怪我はないか聞く。 なのは「あ、はい大丈夫です。 ・・・あの~さっきのお兄さんですよね?」 戦っていた時の凛々しい姿から気弱そうだが優しい顔をした少年になのはは同一人物なのか聞く。 ツナは苦笑いを浮かべ。 ツナ「あぁ、オレ戦っている時、性格変わるんだ、自分では自覚ないけど。 」 なのは「そうなんですか?」 リボーン「今のコイツの姿が本来のコイツだ、見るからにダメっぽさが出てるだろ。 (ニヤニヤ)」 二人のそばまで歩いてきたリボーンとユーノ。 ツナ「なんだよリボーン!そんな言い方ないだろ!」 リボーンに怒るツナ、だがリボーンは何処吹く風の態度、ギャーギャー言い合う(ツナが一方的に)二人を見ながらなのはは思う。 ユーノ「何ですか?」 ワナワナと震えながらツナはユーノを指差し。 ツナ「イ、イ、イタチが喋ってるーーーーーーー!!!!!」 忘れていたがツナだけはユーノが喋る事に今気づいたのだ。 だがユーノは別の部分をツッコム ユーノ「イタチじゃありません!」 リボーン「やはりオコジョか」 ユーノ「オコジョでもありません!」 なのは「やっぱりフェレットさんなの!」 ユーノ「違うってもう!ん」 ツッコミ疲れたユーノは何かの音に気づく、他の三人もなんの音なのか聞き耳を立てるが。 なのは「あの~、この音って・・・。 」 ツナ「パトカーのサイレンだよね?」 リボーン「そりゃ、あれだけ派手な音と炎の竜巻とピンクの光が起こればパトカー位くるな」 リボーン以外は顔を青ざめて慌てる、何しろこんな夜中に赤ん坊と小学生と中学生が歩いているのだ、補導されるのは間違い無し。 」 ツナ「え?この子がリボーンの知り合い?」 リボーン「その知り合いの娘だ、ほらとっとと行くぞ、警察に捕まると面倒だ」 ユーノを抱き上げツナの肩に乗るリボーン。 ツナ「う、うん、よしじゃ行こう。 」 なのは「ニャア!?」 いきなりなのはをお姫さま抱っこで走るツナ。 なのは「あ、あのあの!?(顔真っ赤)」 ツナ「道案内よろしくね、えっと「なのはです!高町なのはです!」なのはちゃん(ニコッ)」 なのは「は、はい~(ポ~)」 シュンと大人しくなるなのは、そのようすをニヤニヤ笑うリボーンとなのはの状態を見ていたユーノ。 リボーン(いきなりお姫さま抱っことはやるなツナ) ユーノ(もしかしてなのはって) なのはの家まで走って行くツナ達、その頭上にある夜空の星々は一段と美しく輝いていた。 この出会いを祝福するかのように。

次の

ゼルガーのおすすめ小説リンク集

なのは 小説

Wise Podcast Patch No• search Search the Wayback Machine Featured texts All Texts latest T• syosetu. (作者:こいし) 原作:さくら荘のペットな彼女 神田空太に変化が起きた。 元々の性格は何処へやら、彼は才能云々の話に疲れてしまったのだ。 故に変貌した空太はさくら壮にて騒動を起こす。 さて、どうなる 話数:31話/評価:/更新日時:2014年01月31日 金 16:• 「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」などにある二次創作(二次小説、SS、サイドストーリー等)やオリジナルのお薦めWeb小説、オンライン小説、オンラインノベル、やる夫まとめサイト、Webマンガのリストです。 追加を希望する小説&Webマンガなどやリンク切れなどがあれば、 までメールをください。 追加希望については、読んで面白ければアンテナに追加します。 このページはリンクフリーです。 評価基準 S:頻繁に読む(傑作) A:更新ごとに読む(名作) B:時々読む C:昔読んでた 評価基準は、上記の通り管理者の主観的な評価になっていますので、ご注意ください。 用語の意味は、「」を読めばだいたいわかります。 <グループ分けのルール> ・「(2次創作を除く)VRMMO世界へのトリップもの」は、「VRMMO」に分類しています。 ・「オリジナル」関連小説のうち、ダンジョン関連の小説は「オリジナル ダンジョン関連 」に分類しています。 ・グループに作品名がない2次創作の作品は、まとめて「2次創作」に分類しています。 (機動戦艦ナデシコ、ガンダム、ヒカルの碁、風の聖痕、GS美神、とあるシリーズ、エヴァンゲリオン、レギオス、ログ・ホライズン、ゲート、デルフィニア、艦これ、魔法科高校の劣等生、ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか、など) ・3作品以上の世界クロスや複数作品の世界への連続トリップものは、「2次創作」に分類しています。

次の

ゼルガーのおすすめ小説リンク集

なのは 小説

ミウラ・ケイタが選んだホテルは所謂《いわゆる》高級ホテルであった。 一階にはレストランがあり、地下にはバーがある。 一泊の料金は、一般社員の給料に結構なダメージを与える金額であり、レストランの方も有名料理人が創作料理を振るう高級レストランである。 そのレストランでミウラ・ケイタ、高町なのはは食事をして、そのまま宿泊するつもりなのだ。 表向きは今後の教導官同士での語り合いで、それは仕事である。 仕事である以上領収書を切るのだが、ミウラ・ケイタは自腹を切る事を決断していた。 それは、後々に余計な詮索を与えない為の対策である。 さらには、昨日高町なのはの友人たちに釘を刺されたのにも関わらず翌日にまさか約束を違えるとは思いもよらないであろう迅速行動であった。 だからこそ、二人きりでホテルに外泊できたのである。 事の始まりは意外にも、女性である高町なのはからであった。 唇を求め合う。 唐突ではあったが、そういった行為をすると約束をしていたので応じた。 お互いに管理局から支給された制服であったが、それはすぐに無くなり互いに生まれたままの姿になった。 「綺麗だ」 それが男の感想であった。 女性の身体という物を初めて直視したのだ。 綺麗だと言う感想意外に何も思いつかない。 高町なのはの素肌は透き通るような白。 シミひとつ無い肌に、女性らしいふくよかな胸。 腰回りは、細く引き締まっていた。 曲線的な美がある。 脚は、スラリと伸びており、灯りにより光沢感があった。 ベッドの上、恥ずかしそうに局部を手で防いで、高町なのはは顔を赤くしていた。 「明かり消して、恥ずかしい」 薄暗い光の下一つのベッドで重なりあう。 互いに初めてである。 それでも、男の方がリードする。 知識だけは人一倍あると自負する男は女の身体を喜ばせる事にした。 完全に受けるだけの女は初めての性感に不安と喜びがあった。 男は、不安を感じ取りゆっくりと、優しく女の躰を刺激する。 唇、首、鎖骨。 それぞれに、舌や、指で愛撫した。 始めて触る女性の素肌は、柔らかさとしっとりとしたものがあった。 胸は吸い付くような弾力と、感触。 グニュグニュと形を変えるが、しっかりと反発して、元の形に戻るのだ。 上半身から下半身へと愛撫が移動する。 腰から手を滑らせて、臀部へ。 胸より弾力があり、相手の反応も強い。 太股の外側から内側へ、手と舌で蹂躙する。 女性のモノは、しっとりと濡れていた。 丘があり、谷がある。 割れ目の谷には、舌を使った。 恐る恐る、という舌使いで谷を攻める。 泉から水が溢れ出る。 潤滑油を指に絡めて利用する。 谷の奥。 落とし穴に指をゆっくりと。 傷付けないように、細心の注意を持って進入させていく。 一方で、舌は、縦筋の谷にある、一つの突起物を刺激する。 相手の反応から、そこが最も刺激があると理解する。 だが、そこで相手から反撃があった。 それは、態勢の変化。 互いが互いの局部を攻める格好だった。 女は興奮した男の物を薄暗い中初めて直視する。 思った以上に大きい。 そして逞しいと感じる。 だが、愛おしいとも思う。 男と同じく、女も手と口でそれぞれ互いに刺激しあう。 初めて異性に触れられた同士達するのは早かったと言える。 それでも回復は早かった。 互いに準備は万全でついに互いの初めてが繋がったのだ。 「痛くない?」 「うん、大丈夫」 涙した。 それは嬉しさと痛さが交わったもので悲しいものではなかった。 二人は実感する。 繋がり合うことの愛おしさと快楽に心まで浸されて満足できるのだ。 高町なのはは自分の中に残る痛みと確かな心の温もりを感じて満足気に自室に戻る。 時計の針は五時を示しており、自室で寝ているはずの親友を起こさない様に静かに扉を開いたのだ。 「げ、フェイトちゃん?」 「おかえり。 なのは。 随分遅い帰りだね」 高町なのはとフェイト・テスタロッサ・ハラオウンは十年来の親友である。 その親友の感情が読めない。 高町なのははフェイトの無表情を貼り付けにした顔が怖いと思った。 「ち、ちょっとお仕事で、話が長くなってそのまま外泊しちゃった」 「ふーん……。 その話し相手って誰?」 正直に答えるべきか誤魔化すべきか迷う。 これ以上嘘を重ねるのは心苦しい。 「えーと、ケイタ君と、仕事の話を……」 「それって二人きりで、しかもお高いホテルで、一緒の部屋で! 泊まって! することなのかな?」 激昂だ。 だが、フェイトは急に感情を変えた。 「でも、結ばれた事をお祝いするのが親友かな?」 激高から涙。 どこで高町なのは達の情報を手に入れたか気にあるが、今は目の前の人物を落ち着かせないといけないと高町なのはは考えた。 相手は情緒不安定だ。 「落ち着いて、フェイトちゃん!」 「私、落ち着いてるよ? だからね、お願い聞いて?」 明らかに落ち着いていないが。 ここで問答してもしょうが無いと思った高町なのははフェイトの言い分を聞こうと思った。 「な、何かな?」 「なのはは私達との約束を破って裏切った。 だから私も裏切っていいよね?」 何を? と聞こうとしたが、フェイトが答えた。 「今度の休み。 ケイタ君貸して?」 無表情のままフェイトは告げた。 まさか約束を翌日に破られて、さらに膜まで破られているとは。 「さすが、エースオブエースや。 名実共に誰よりも先にいきおる。 こっから先は戦争や!」 それはつまり、どういうことか。 「手段、場所を選ばす、犯せ」 勝てば良いという目的のためには手段を選ばない卑劣な手だ。 「しかし、主はやてよ。 私達が先に、その、してしまってもかまわないのか?」 「かまわへんで。 何故なら、ヴォルケンリッターは私の所有物扱いや。 それを理解しているミウラっちは事後、必ず私の元へ来る。 すいません。 貴女の物に傷を付けてしまいましたと。 そこでや! 私は優しく答える。 別にいいんや。 男女の仲なんてどうなるかわからへん。 でもな、責任をとらないかん。 わかるな? 私の言うこと一つ聞けば許したる、と」 「で?」 興奮した様子の八神はやてにシグナムが問うた。 「それでや。 ミウラっちは言うことって何と聞く。 それは、私を娶ることや。 そうすれば万事解決。 所有者を妻にすればそれに連なるヴォルケンリッター付きや。 愛人3人やで? お得パックや。 これに乗らん男はおらへんやろ?!」 ああ、そうか。 主はやてはバカだ、と。 疑問が核心に変わったシグナムだった。 「はやてちゃん自体が攻めに行ったりしないんですか?」 シャマルがバカに問うた。 「は、恥ずかしいやん」 頬を朱に染めて顔を押さえる手は可愛らしいのだが。 「何を今更。 はやて。 私が一緒についていってやるぜ」 ヴィータもバカだった。 彼に幼女趣味があるかは知らないが、ヴィータは結構可愛がられている。 だからこそ近づきやすいと自負しているのだろう。 全く、とシグナムは溜息をついた。 ……私は剣術指南役で明日彼と会うというのに。 忘れているみたいだ。 それに言う必要ないはずだ。 一番槍は私が頂くとしようではないか。 シグナムは静かに決意した。

次の